2010年02月21日

末端価格2億6千万、大量のヤーバーやヤーアイスを所持していた容疑で夫婦を逮捕

 各報道によると、首都圏警察本部は20日、販売目的で麻薬を所持していた容疑で36歳と30歳の夫婦を逮捕し、麻薬ヤーバー78万錠やヤーアイス9Kg、末端価格約2億6,100万バーツを押収した。

 逮捕された夫婦は、予てから大物麻薬密売人として警察の内偵対象になっており、また押収された麻薬の殆どがバンコクのサーイマイ区内にある自宅内から押収された。

 夫は取り調べに対して、ランと名乗る男から10万バーツで雇われて顧客からの注文に応じて3回に渡り麻薬を引き渡してきた。逮捕される直前にもサーイマイ区内で20万錠のヤーバーを顧客に引き渡していたと供述しているという。

 警察によると、逮捕された夫婦は、2005年に約100万錠のヤーバーを所持していた容疑で第一地区警察本部に摘発されていた3人の男女と同じ麻薬密売組織に所属しており、また、この摘発に絡んで妻に対して逮捕状が発行されていたという。

* 報道画像
http://pics.manager.co.th/Images/553000002625201.JPEG

posted by Jean T. at 01:04| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アパートの同じ階に住む13歳少女を性的暴行目的で拉致した3人組を逮捕

 デイリーニュース紙によると、20日バンコクのバーンボーン区内にあるアパートで、同じ階に住む13歳の少女を性的暴行目的で拉致監禁した容疑で22歳、21歳及び18歳の男3人を逮捕した。

 被害にあった少女によると、20日3:00頃に、前日夕方に市場内で知り合い携帯電話番号を交換していた18歳の男と一緒に食事を取り、その後男の運転するバイクでアパートに戻った際に、合意の上で男の部屋で性的な関係を持ったという。

 その後、男は自分の部屋に戻ることを許してくれないだけでなく、更に2人の友人を部屋に呼んで「夕方まで順番にやり続けようぜ」と言って3人が代わる代わる自分に対して性的暴行を加えた為、すきを見て友人に電話で警察への通報を要請し救出されたという。

posted by Jean T. at 01:02| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サタヒップで何者かが暴走族に向け銃を乱射、5人が負傷

 各報道によると、20日1:00頃チョンブリー県サタヒップ郡内の路上で、何者かがバイクで路上を走行中だった暴走族グループに向け銃を乱射し、グループに属していた15歳から20歳までの男性5人が負傷した。

 銃弾で負傷した5人の内の1人によると、約20台のバイクを連ねてスクムウィット通りを走行中に、後部荷台に約6人が乗った小型トラックや乗用車及びバイク1台が合流するところが見えたところで銃弾がグループに向け乱射されてきたという。

 警察側の捜査によると、約40発の銃弾がグループに向け発砲されたという。

 警察は、日頃からグループによる暴走行為に不満を持っていた地元の若者グループが銃の乱射に関与している疑いがあるとの情報に基づき実行グループの行方を追っているとした。

* 報道画像
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/02/P178.jpg
 病院に集まった仲間
http://www.khaosod.co.th/online/2010/02/12666435141266643559.jpg

posted by Jean T. at 01:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オランダ在住タイ人女性、医師処方の目薬により右目を失明したと訴える

 タイラット紙によると、19日オランダ国内で同国人の夫と暮らすローイエット県出身の女性(37)が児童・女性権利擁護財団を主宰するパウィーナー・ホンサグン女史のもとを訪れ、ローイエット県内のクリニックで処方された目薬により右目を失明したと訴えた。

 女性によると、2003年に目にかゆみを覚えると共に両目が腫れだした為ローイエット県県都内のクリニックで二種類の目薬を処方して貰い、その後夫と共にオランダに住むようになってからも母親に頼んで目薬を送ってもらい使用し続けていたが、昨年になって急に右目が腫れ出すと共に頭痛を覚えるようになった為、オランダ国内の病院で診察して貰ったところ、使用していた目薬の成分であるステロイド剤により右目がほぼ失明状態にあると診断されたという。

 その後、急いでタイに帰国し処方した医師のところに行き問いただしたところ、医師側が責任を認めず損害補償の支払いを拒否する代わりに無料での診察を申し出てきた事に納得できなかった為、警察に訴えると共にパウィーナー女史に被害を訴えたという。

 女性によると、処方された目薬には警告文や成分表等は一切貼り付けられていなかったという。

* 報道画像
http://www.thairath.co.th/media/content/2010/02/19/630/66081.jpg

posted by Jean T. at 00:56| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。