2010年02月23日

同盟、判事買収疑惑指摘の新政治党に対する法的措置を要求

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は22日、最高裁判所政治家刑事案件部の判事団に対して、一部判事がタクシン元首相から買収されていると指摘した民主主義市民連合系の新政治党に対して法的措置を講じるよう要求した。

 ヂャトゥポン氏は発言の中で、先の新政治党の指摘は、差し押さえ資産の国庫没収を認めない判決が下された場合に備えた、裁判所を攻撃する為のネタふりでしかないと指摘した。

posted by Jean T. at 01:26| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DSI、判事買収問題及び赤服への資金移動に関する調査を開始

 法務省特別捜査局のターリット局長は22日、タクシン元首相が資産差し押さえ案件で有利な判決を引き出すために50億バーツを投下して最高裁判所の5人の判事を買収したと民主主義市民連合系の新政治党が指摘している事に絡んで、この告発の事実関係の調査を開始した事を明らかにした。調査期間に関しては継続的に調査を行うと語るに留め明言を避けた。

 同局長によると、今後資金洗浄防止取締委員会と共同で調査を進める事になるが、現時点では不審な点は発見されていないという。

 また、同局長は、専門のチームを設置して国外からハンドキャリー等の手段で反独裁民主主義同盟・赤服軍団に活動資金が提供されていた疑惑の調査を進めている事を確認した。

posted by Jean T. at 01:24| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服系コミュニティー局が電波遮断措置に抗議する為に官邸前に集結

 22日昼過ぎ、100人以上の赤服軍団系コミュニティーラジオ局関係者が首相官邸前に集結し、コミュニティーラジオの送信に使用されている3つの電波に対して遮断措置を講じた政府に抗議する為の活動を開始した。

 関係者側は、遮断措置はサーティット首相府大臣による差別的な措置であると指摘した上で、同大臣に対して、早急にコミュニティーラジオ局に対する脅迫行為を止めると共に自らの責任を認め大臣を辞職するべきであると訴えている。

posted by Jean T. at 01:22| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相、赤服の勝利を確信 - 年末までに帰国

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は22日、タクシン元首相が赤服の勝利による真の民主主義の回復を確信している事が、同元首相が年末までに帰国する意向を示した背景にあるとの認識を示した。

 また、ヂャトゥポン氏は、あらためて24日に招集される同盟の幹部会で可及的速やかな民主主義の取り戻しを目指す為の大規模集会の日程が明確になる見通しであることを確認した。

posted by Jean T. at 01:20| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウドンの赤服、来月1日にバンコクに集結

 ウドンターニー県内最大の赤服軍団"コン・ラック・ウドン"を率いているクワンチャイ・プライパナー氏は22日、3月1日に約2,000台の乗り合い小型トラック(ソーンテーオ)を連ねてバンコク入りする方針である事を明らかにした。

 2,000台の小型トラックの内1,000台はコン・ラック・ウドン関係者及び傘下の赤服軍団の移動に使用され、残りの1,000台は県選出プゥア・タイ党議員傘下の赤服軍団の移動に使用される予定だという。

 尚、28日にナコン・ラーチャシーマー県、ナコンサワン県及びチョンブリー県で同時に開催される赤服軍団の集会には合流する予定は無いという。

 また、クワンチャイ氏は、26日に予定されているタクシン元首相の資産差し押さえ案件裁判の判決に絡んで、24日から25日にかけて県都内で集会を開催する方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 01:17| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフル、新たに3人の死亡を確認し累計で209人に

 ヂュリン公共保健大臣は22日、1週間の間で3人の新型インフルエンザ感染者の死亡を確認し、累計で209人の感染者の死亡を確認した事を明らかにした。

 また、これまでに33,336人の感染が確認された。

 新たに死亡が確認されたのは、バンコク在住の慢性肺炎を患っていた2歳の幼児、チェンマイ県在住の糖尿病と腎臓病を患っていた65歳の女性及び持病が無かったピッサヌローク県在住の3歳の男児。

posted by Jean T. at 01:14| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害対策局、14県を渇水警戒地区に指定

 内務省災害対策局は22日、北部7県、東北部3県、中部3県及び南部1県の計14県を渇水警戒地区に指定した。

 今回指定された14県内だけで約1,025,000人が渇水による影響を受けているとされ、北部のナコンサワン県では渇水によりキュウリ畑を捨て他の生計手段を探さなければいけない状況に置かれている農家が少なからずおり、またターク県メーソート郡のミャンマーと国境を分けるムゥーイ川の一部では、歩いて対岸のミャンマーに渡れる位に水位が下降しているという。

posted by Jean T. at 01:12| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14歳のラオス人少女をカラオケ店内で無給で働かせていた男女を逮捕

 デイリーニュース紙によると、警察人身売買防止取締局は22日、14歳のラオス人の少女をピヂット県内にあるカラオケ店内で無給で働かせていた容疑で、何れもカラオケ店を経営する64歳と56歳の男女を逮捕した事を明らかにした。

 調べによると、女が少女を騙して自らが経営するカラオケ店内で無給で客の接客をさせ、その後5,000バーツで少女を男が経営しているカラオケ店に売り飛ばしていた。

 女は取り調べに対して、少女は自ら応募して他の従業員と同様に店内で接客をしていたが、その後店を抜け出して以降は何をやっているのか知らなかったと主張、更に男も、店内では店員による接客を行っておらず、少女に対して売春を強要した事がなかったと主張し何れも容疑を否認しているが、警察側は両者の供述を信用する事が出来ないとして、引き続き共犯者がいないか捜査を進めていく方針である事を明らかにしている。

* 逮捕された2人
http://www.dailynews.co.th/content/images/1002/22/AMG_0002.jpg

posted by Jean T. at 01:10| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。