2010年03月03日

新型インフル、新たに3人の死亡を確認し累計で212人に

 ヂュリン公共保健大臣は3日、1週間の間に新たに3人の新型インフルエンザ感染者の死亡を確認し、累計で212人の感染者の死亡を確認した事を明らかにした。

 死亡が確認されたのは、腎臓病や心臓肥大、肝硬変の持病を持つチェンマイ県在住の28歳の男性、何れも感染してから約4日遅れて医師からの診察を受けていたチョンブリー県在住の28歳の女性と55歳の男性。

 また、ヂュリン公共保健大臣は、1週間の間に新たに937人が新型インフルエンザに感染した事を明らかにした。

posted by Jean T. at 13:45| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相、国際司法裁判所への提訴を断念

 タクシン元首相は2日夜、ネットラジオやピープルチャンネル等を通して配信された番組の中で、資産一部没収判決関連案件の国際司法裁判所への提訴を断念した事を明らかにした。

 断念した理由に関しては、先に国際司法裁判所へ提訴する意向を表明したのは雑多な情報により混乱していた為だったと語るに留め、詳細な理由に関しては、反対派側にネタを与える事になるとして明らかにしなかった。

 また、タクシン元首相は番組の中であらためて、先の資産一部没収判決が判事の意志ではなく、政治を超えた人物の思惑を受け下された異常なものであったと指摘した上で、引き続き正義を勝ち取るために徹底的に戦っていく考えである事を確認した。

posted by Jean T. at 12:52| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国人男性(62)、残高500万バーツの通帳を持って失踪した妻の捜索を要求

 デイリーニュース紙によると、2日イギリス人の男性(62)がコーンケーン県内の県都警察署を訪れ、1週間位前に家を出てから行方不明になっている、病を患っているタイ人の妻を探して欲しいと要求した。

 男性によると、妻はある程度の現金や500万バーツ以上の残高がある銀行通帳を持ったまま所在不明になっているという。

* 報道画像
http://www.dailynews.co.th/content/images/1003/2/09.jpg

posted by Jean T. at 12:29| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノンタブリーで2人組の麻薬密売犯との間で銃撃戦、密売犯1人が死亡し1人が逃走

 カーオソット紙によると、3日バンコク隣県のノンタブリー県県都内で、囮捜査中だった警察官と2人組の麻薬密売犯との間で銃撃戦が発生し、25歳位の密売犯1人が死亡し1人がバイクで逃走した。

 調べによると、麻薬ヤーバー2万錠、総額200万バーツの取引を持ちかけた囮捜査官が、取引先にバイクで現れた若者2人組の内の1人から麻薬を引き渡された事を受け2人組の逮捕に動いたところで、引渡役の男が逃げながら捜査官に向け銃弾を発砲した事をきっかけに銃の撃ち合いになり、引渡役の男が現場で死亡し、残りの1人が銃の撃ち合いが発生した際にバイクで逃走した。

posted by Jean T. at 12:11| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、今週中に2万人の署名を集めて資産一部没収判決を下した9判事の罷免を要求

 反独裁民主主義同盟幹部のヂュトゥポン・プロームパン氏は2日、今週中に2万人の署名を集めてタクシン元首相に対して資産一部没収の判決を下した最高裁判所政治家刑事案件部の判事9人全員の罷免を要求する書状を上院議長宛に提出する考えである事を明らかにした。

 ヂャトゥポン氏によると、1997年憲法に則り携帯電話事業免許料の名目を物品税に変更する法改正が合憲であるとの判断が憲法裁判所により下されているにも拘わらず、最高裁判所政治家刑事部の判事がクーデター勢力によって制定された憲法に則り先の憲法裁判所の判断を無視して、かかる法改正に絡んで職権乱用があったとの判断を下した事が、憲法裁判所の判断が国会や下級裁判所を初めとする各国家機関の決定に優先するとする憲法の条項に反しているのだという。

posted by Jean T. at 01:15| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、バン銀連続爆破はGT200調達キャンセルに不満を持つ軍関係者の犯行

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は2日、2月27日に発生したバンコク銀行4支店連続爆破・同未遂事件に爆発物検知装置GT200の追加調達中止により利益機会を喪失した軍関係者が犯行に関与している疑いがあると指摘した。

 GT200の追加調達中止の決定をした調査委員会を率いていた科学技術大臣のガラヤー・ソーポンパーニット女史はバンコク銀行オーナー一族に繋がる人物として知られ、同盟側は予てから同女史が関係するバンコク銀行が民主主義市民連合の活動を資金支援していたと指摘していた。

 また、バンコク銀行の名誉会長はプレーム枢密院評議会議長。

posted by Jean T. at 01:13| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬20万錠所持で逮捕された3人組、200万で警察の買収を図るも逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、警察麻薬防止取締局は2日、販売目的で麻薬を所持していた容疑で27歳、28歳及び29歳の男3人をナコンサワン県パユキーリー郡内で逮捕し、麻薬ヤーバー20万錠や3人組が警察官を買収しようとした際に提示した200万バーツの現金等を押収した事を明らかにした。

 警察によると、検問所で査察を行った車の中から20万錠のヤーバーが発見された事を受け29歳と28歳の男2人を逮捕し、2人の証言に基づき麻薬の受け取りに現れた27歳の男を逮捕したが、その際に27歳の男が200バーツの賄賂と引き換えに身柄の解放を要求してきたという。

 最初に逮捕された2人の内の1人は取り調べに対して、一回につき30万バーツの成功報酬で麻薬を積んだ車を指定場所に駐車させ、取引相手に車ごと引き渡す任務を請け負っていたと供述しているという。

posted by Jean T. at 01:11| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫の女性関係に悩んだ25歳女性、夫の目前で焼身自殺を図り重傷

 各報道によると、2日11:00頃バンコクのクローントゥーイ区内にある民家内で、25歳の女性が焼身自殺を図り重傷を負い、助けに入った夫(26)が右手に火傷を負うという事件が発生した。

 警察のこれまでの調べによると、夫婦の間では夫の女性関係を巡った口論が絶えず、当日は夫が遅くに帰宅した事を巡った激しい口論が夫婦間で展開されていた際に、妻が自宅裏手にあった瓶に入ったガソリンをかぶり焼身自殺を図ったものと見られている。

 尚、報道によっては、夫婦間で口論が発生した後で夫が寝ているすきを見て妻が下の階の台所にあるガソリンをかぶって焼身自殺を図ったとするものや、2人は夫婦ではなく恋人同士とするもの、更には夫の火傷には一切触れていないものもある。

* 報道画像
http://www.thairath.co.th/media/content/2010/03/02/630/68234.jpg

posted by Jean T. at 01:09| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DSI、麻薬密売容疑で本国から追われていた中国人男を逮捕

 法務省特別捜査局のターリット局長は2日、麻薬密売容疑で中国当局から身柄を追われていた中国人の男(42)の身柄をチェンラーイ県内で確保した事を明らかにした。

 男は、2009年7月6日に6人と共謀して総重量にして300Kgのケタミンを密売したとして広東省の当局に身柄を追われていた。

posted by Jean T. at 01:07| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬を肛門に隠し密輸しようとしたラオス人2人を逮捕

 各報道によると、ナコンパノム県タートゥパノム郡の警察当局は2日、麻薬を肛門に隠して密輸入しようとした容疑で18歳と27歳のラオス人の男2人を国境域に設けられた検問所で逮捕し、麻薬ヤーバー1,940錠等を押収した。

 警察によると、検問所でバンコク行きの長距離バスの査察を行っていた際に、2人が不審な挙動を見せた為、身柄を確保し病院で検査を行った結果、2人の肛門からコンドームに詰められたヤーバーが発見されたという。

 2人は取り調べに対して、ラオス人から12,000バーツで雇われてヤーバーをバンコクの顧客に送り届けるところだったと供述しているという。

* 逮捕された2人
http://www.dailynews.co.th/content/images/1003/2/1.jpg

posted by Jean T. at 01:06| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーのウォーキングストリートで一斉摘発、花売りやミャンマー人娼婦等32人を摘発

 各報道によると、パッタヤー地区の警察当局は2日未明娯楽施設が林立するウィーキングストリートで一斉摘発を行い、外国人観光客相手に花を売り歩いていた14人を初めとする合計32人を逮捕した。

 今回行われた一斉摘発は、外国人にまとわりついて花を売りつけようとする集団等に対する取締を要求する苦情が多数寄せられている事を受け行われたもので、今回の摘発により花を売り歩いていた者14人、売春を行っていたミャンマー人の女9人、街娼を行っていたニューハーフ6人、取引が禁止されている小型猿を販売していた2人及び物販行為を行っていた外国人1人の計32人の身柄が確保された。

 警察署に連行された32人は、何れも調書を取られた上で500バーツの罰金を支払い釈放されている。

* 連行された皆さん
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/03/Phot24.jpg
(ミャンマー人等の外国人に対する処分に関しては報道からは確認する事が出来ませんでした。報道のままでいくと500バーツで即日釈放されたという事になるかもしれません。)

posted by Jean T. at 01:04| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。