2010年03月04日

70歳のスイス人男性、ホテルに連れ込んだ娼婦2人から薬物を仕込まれ現金等を盗まれる

 各報道によると、4日0:00過ぎチョンブリー県パッタヤー地区にあるカールトン・ホテルの客室内で、70歳のスイス人男性が室内に連れ込んだ娼婦2人に薬物を仕込まれ750ユーロや800スイスフラン、4,000スイスフランのトラベラーズチェック等を強奪されるという事件が発生した。

 男性によると、前日夜半にビーチエリアで知り合った娼婦2人をホテルの客室に連れ帰った際に、娼婦から精力剤になるといわれて差し出されたチョコレートを食べた後で意識を失い、気がついたら現金等を強奪されていたという。

 警察側はホテルの監視カメラに記録された映像に基づき2人の行方を追っているとした。

* 被害にあった男性
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/03/Phot210.jpg

posted by Jean T. at 16:34| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャルゥム氏、不審任審議の一切を取り仕切る意向 - 旧党幹部の口出しは無用

 プゥア・タイ党下院議員団長のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉は3日、党内の合意に基づき自らが不審任決議案審議の一切を取り仕切る考えである事を明らかにした上で、旧タイ・ラック・タイ党幹部グループに対して審議への介入を控えるよう呼びかけると共に審議の際に指名される首相候補を党内から選出するよう要求した。

 また、チャルゥム警察大尉は、14日に大規模集会の開催を計画している反独裁民主主義同盟・赤服軍団と不審任決議案は一切無関係であると断った上で、依然審議に関する新しい情報を外部の情報源から収集中である為、審議案の提出が3月末頃までずれ込む見通しである事を明らかにした。

 チャルゥム警察大尉によると、現在審議対象に据えているアピシット首相やガシット外務大臣、チャワラット内務大臣の他に更に1人の閣僚を審議対象に含める方向で準備を進めているという。

posted by Jean T. at 01:02| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟離脱派、バンコク銀行連続爆破は赤服軍団強硬派の仕業

 反独裁民主主義同盟3幹部と袂を分かったデーンサヤームを率いるスラチャイ・セーダーン氏は3日、2月27日に発生したバンコク銀行4支店連続爆破事件に赤服軍団関係者が関与している疑いがあると指摘した上で、14日に大規模集会の開催を計画している同盟3幹部に対して集会への合流が見込まれる強硬派に対する対策を怠るととてつもない損害を赤服有志にもたらす事になると警告した。

 スラチャイ氏によると、過激な手段による問題解決を指向している、赤服軍団内では少数派に属する強硬派が連続爆破に関与している可能性があるという。

 更に、スラチャイ氏は、同盟3幹部が計画している集会に過激な手段で政府に挑むことを計画している外郭系の赤服軍団強硬派が合流するおそれがあると指摘した上で、3幹部に対してこのような強硬派に対する対策を怠ると集会参加者に多大な犠牲を強いる事になるだけでなく、計画そのものが失敗に終わる事に繋がり得ると指摘した。

posted by Jean T. at 00:59| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北部の赤服、5日18:00にコーラートのプレーム議長別邸に向けデモ行進

 反独裁民主主義同盟東北部支部は3日、5日18:00にナコンラーチャシーマー県県都内にあるタオスラナリー像前に集合した後にプレーム枢密院評議会議長別邸前に向けデモ行進を行う予定である事を明らかにした。

 デモ行進には3万人以上の赤服軍団が参加する予定で、元レンジャー部隊出身者を中心にした約500人の自警組織がデモ隊の警備に当たる予定だという。

posted by Jean T. at 00:55| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セーデーン配下の男の逮捕状発行を申請、ビデオ内でバン銀連続爆破を予告?

 首都圏警察本部は3日、2月27日に発生したバンコク銀行4支店連続爆破に先立つ同26日に連続爆破を予告するビデオを投稿していたケー・トーンことポンワット・トーンソムブーン容疑者に対して、公共に対する脅迫行為容疑で逮捕状の発行を申請した事を明らかにした。

 ポンワット容疑者は、2月26日にYouTubeに投稿されたビデオの中で、27日から爆破が連続して発生する事になると語っていたとされる。

 ポンワット容疑者は、度々政府や独立機関等を狙った爆破攻撃を警告していたカッティヤ・サワディポン少将の配下として知られ、先に同少将宅で行われた家宅捜索の際に銃器や銃弾等を所持していた容疑で逮捕され保釈されていた。

* ポンワット容疑者
http://pics.manager.co.th/Images/553000003215001.JPEG

* 問題のビデオ



posted by Jean T. at 00:53| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャットで知り合った未成年少女と同棲していた男を猥褻目的誘拐で逮捕

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、3日警察当局はチョンブリー県パッタヤー地区にあるアパート内で、29歳の男をチャットプログラムで知り合ったナコンサワン県在住の15歳の少女を猥褻目的で誘拐した容疑で逮捕した。

 この逮捕は、巡査部長でもある少女の父親が、少女を誘い出した男の逮捕を要求した事により実現したもので、少女は父親のノートパソコンやデジタルカメラを盗んで家出していたという。

 父親によると、少女が家出したあとで、少女が使用していたコンピュータに記録されたチャットプログラム"QQ"のデータを調べた結果、男の名前が浮かび上がっていたという。

 逮捕された男は取り調べに対して、QQを通して少女と知り合い、2月末頃にナコンサワン県内で少女に会い、その後一緒にバンコクに移動しホテルで一泊した後に少女が持ってきたノートパソコンやデジタルカメラを換金し、パッタヤーに移動しアパートを借りて一緒に住みながら仕事を探していたと供述しているという。

* 逮捕された男
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/03/IMG_3488.jpg
 
* これがQQですか?
http://qq.sanook.com/

posted by Jean T. at 00:50| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬密輸容疑で有名女性お笑い芸人を逮捕、サケーオの国境検問所で

 各報道によると、軍当局は2日20:00頃、カンボジアと国境を接するサケーオ県アランヤプラテート郡内にある国境検問所で、有名女性お笑い芸人のノック・チュゥンイムことワニダー・セーンスック容疑者(42)を麻薬密輸容疑で逮捕し、乾燥大麻0.58グラムや麻薬ヤーアイス0.56グラムを押収した。

 過去にも麻薬で逮捕された事があるというワニダー容疑者は取り調べに対して、カンボジア領内のカジノで負けた悔しさを紛らわすために麻薬を使用していたと供述しているという。

* 逮捕した軍関係者と一緒に写真に収まる容疑者
http://www.thairath.co.th/media/content/2010/03/03/630/68430.jpg

posted by Jean T. at 00:47| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運河で水遊び中だった中1少年2人が感電死

 各報道によると、3日昼前バンコクのバーンスゥー区内を流れるプレーム運河で、水遊び中だった何れもマタヨン課程1年(日本の中学1年にほぼ相当)の少年2人が感電死するという事故が発生した。

 調べによると、水遊びを終えた2人が運河から出る為に運河脇のはしごを登っていた際に、バランスを崩した1人が転落防止の為に電線を掴んだ為に感電したものと見られている。

 尚、報道によっては、2人の少年が運河から出る為に垂れ下がっていた電線を掴んだところで、電線が切れ感電したと報じるものもある。

* 報道画像(気が弱い人は要注意)
http://pics.manager.co.th/Images/553000003218801.JPEG

posted by Jean T. at 00:44| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーで闇賭博に興じていた男女15人逮捕

 各報道によると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は3日0:00過ぎ、南パッタヤー地区内にある貸し室内で闇賭博に興じていた男11人、女4人の計15人を逮捕し、賭博用具や現金100バーツ等を押収した。

 闇賭博を開帳していた43歳の男は取り調べに対して、長年に渡り賭博好きな友人等を相手に賭博を開帳していたと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:43| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供をだしに小銭を稼いでいたカンボジア人物乞いを一斉摘発、パッタヤーで

 各報道によると、チョンブリー県パッタヤー地区の観光警察当局は2日夜、ビーチエリアで同日行われた一斉摘発により9歳から12歳の子供7人、男3人、女7人の計17人のカンボジア人の物乞いの身柄を確保した事を明らかにした。

 摘発された大人の物乞いは、何れも子供達は自分の子供でサケーオ県から一緒にタイに入国し物乞いを行っていたと供述しているという。

 警察側は、摘発された子供が通行人の同情を惹くための道具として他人から借り受けた、ないしは誘拐されていた可能性があると見て捜査を進めている。

* 摘発された物乞い
http://pics.manager.co.th/Images/553000003194801.JPEG

posted by Jean T. at 00:42| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。