2010年03月05日

首相が13日から17日までオーストラリアを訪問、ステープ副相を代行に指名

 アピシット首相は5日、予定通り13日から17日の日程でオーストラリアを公式訪問する事を確認した上で、ステープ副首相を期間中の首相代行に指名した事を明らかにした。

 14日に反独裁民主主義同盟が大規模集会を開催する事に絡んで予定を変更する考えは無いという。

 また、首相によると、現状では国内治安法の適用を考えておらず、また9日の閣議でも適用の是非に関して協議する予定は無いが、仮に状況により適用する事になっても国民生活に影響を与える事が無いよう配慮する考えだという。

posted by Jean T. at 15:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、パーンファー交差点のメインステージを中心にバンコク主要箇所にステージを設置

 反独裁民主主義同盟幹部でタクシー運転手団体代表のチンナワット・ハーブンパート氏は4日、14日に予定されている大規模集会が、パーンファー交差点に設置されたメインステージを中心に開催される予定になっている事を明らかにした。

 また、チンナワット氏は、メインステージの他に、ラクシー交差点、首都圏警察本部トゥンソーンホーン署前、バーンナー交差点、ルンピニー公園、ディンデーンの三つ叉交差点及びウォン・ウィエン・ヤイのタークシン大王像前の6箇所に小規模なステージを設置し並行して集会活動を行う予定であることを明らかにした。

 先に提出されたタクシン元首相の恩赦誓願に署名した者の内の3分の1にほぼ相当する100万人以上が集会に参加する見通しだという。

 また、14日の集会に先立って、12日に北部の赤服軍団がナコンサワン県、東北部の赤服軍団がナコン・シー・タンマラート県に集結した後に大挙してバンコクに向かって移動を開始する予定で、また東部及び西部の赤服軍団は14日未明にバンコクに向け移動を開始する予定になっているという。

 チンナワット氏は、昨年のソンクラーン期間中に独自裁量によりタクシー団体関係者を動員して戦勝記念塔前の交差点封鎖を指示した人物としても知られている。

posted by Jean T. at 13:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛人が本妻宅を襲撃、本妻が死亡し夫が重傷

 コム・チャット・ルゥク紙によると、4日17:00頃バンコク隣県のパトゥムターニー県クローンルワン郡内の貸し室で、押し入った41歳の女が40歳の女性を刺し死亡させ、更に間に入った43歳の男性に重傷を負わせるという事件が発生した。押し入った女も女性等に暴行を振るっていた際に重傷を負った。

 死亡した女性と重傷を負った男性は夫婦で、押し入った女は男性の愛人だという。

 貸し室のオーナー女性(28)によると、タクシーで現れた女と女性との間で殴り合いの喧嘩が発生した為、電話で男性を呼び出し止めに入ったところ、女が棒で男性の頭部を殴り男性に重傷を負わせ、その後暫くして室内から争う音が聞かれなくなったという。

 病院に搬送された男性は、一緒に暮らしている妻が自分にいるという事に愛人が気がつくとは思いもしなかったと語っているという。

posted by Jean T. at 12:27| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーのビーチでロシア人が男女3人組に暴行された上で財布を強奪される

 各報道によると、5日2:30過ぎチョンブリー県パッタヤー地区のビーチエリアで、ロシア人の男性(22)が男女3人組に暴行され現金約2,000バーツ入りの財布を強奪された。

 被害にあった男性によると、ビーチエリアを歩いていた際に話しかけてきた男女3人組を無視したところ、男2人に暴行されたため応戦したところ刃物で頭部を切りつけられ、更に現金約2,000バーツが入った財布を強奪されたという。

 警察側は、ビーチエリアで売春及び売春を斡旋していた3人組が、男性に斡旋話を持ちかけた後で暴行を振るったと見て捜査を開始した。

 男性は、警察が勧めた病院での治療を断り、必要な書類を揃えてから被害届提出の為に警察に戻るとの言葉を残して宿所に戻っていったという。

posted by Jean T. at 11:50| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケートーンへの逮捕状申請に絡みチャットログやサーバーを差押え

 警察テクノロジー犯罪防止取締局は4日、ケー・トーンことポンワット・トーンソムブーン容疑者がバンコク銀行4支店連続爆破事件が発生する前日の2月26日に連続爆破や市街戦の発生を予告する模様を収録したビデオがYouTube等に公開された問題に絡んで、ポンワット容疑者が参加しビデオクリップのオリジナルを投稿したとされるVoice of Changeと名付けられたチャットルームのチャット記録やサーバー等をCATテレコム社のデーターセンター内で差し押さえた。

 今後、ポンワット容疑者を含むチャット参加者のIPアドレス等の調査を進め、参加者に対して事情聴取を行う方針だという。

 また、タイTVの報道によると、Voice of Changeのチャットルームは赤服軍団支持者の情報交換の場として利用されていたとされ、警察側はチャットルーム内で情勢扇動に向けた計画の存在を裏付ける会話が為されていた可能性もあると見て、コンピュータ関連犯罪取締法の適用を視野に会話内容の分析を進めているという。

* 関連記事
セーデーン配下の男の逮捕状発行を申請、ビデオ内でバン銀連続爆破を予告?

posted by Jean T. at 00:26| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーラーチャーで囮捜査中の警官が麻薬密売犯に銃撃され2人が死傷

 各報道によると、4日未明チョンブリー県シーラーチャー郡内の路上で、囮捜査中の警察官が麻薬密売犯に銃撃され1人が死亡し、1人が重傷を負うという事件が発生した。

 警察との間で銃撃戦になった際に負傷を負ったと見られる麻薬密売犯は、近くをバイクで通りかかった住民に向け銃弾2発を発砲した上でバイクを強奪しレームチャバン工業団地方面に逃走した。

 調べによると、囮捜査中だった警察官が密売犯運転の車の前に回り込み逮捕に乗り出した際に、密売犯が逃走を図るために銃弾を乱射しながら車から出て、通りすがりのバイクを強奪し逃走した。

 尚、報道によっては、警察官が密売犯運転の車の前に回り込み逮捕に乗り出した際に、後部から追ってきた別の車に乗った人数不明の一味が警察官に向け銃弾を乱射したとするものもある。

posted by Jean T. at 00:23| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーの貸し室内で麻薬パーティーを開催していた家出少年少女等11人を逮捕

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は4日昼頃、貸し室2部屋を借りて集団で麻薬を使用していた14歳から18歳までの少年少女10人及び26歳の成人1人の計11人(男8人、女3人)を逮捕した。

 逮捕された内の1人であるスコータイ県出身の14歳の少女によると、逮捕された11人の殆どが家庭内に問題を抱え1年以上前に家出していた者達で、稼いだお金が貯まったところで皆で貸し室を借り、時には先輩が持ち込んだ麻薬を皆で使用する事もあったという。

 また、少女によると逮捕された11人は、主にパッタヤー地区内で一般請負労働で生活費を稼いでいたが、中には売春や観光客相手の物品販売で生活費を稼いでいた者もいるという。

* 報道画像
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/03/P115.jpg
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/03/Phot211.jpg

posted by Jean T. at 00:22| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パトゥムターニーの行政機構ビルに向けM79、評議会議長は与党支持派

 各報道によると、4日1:00頃バンコク隣県のパトゥムターニー県県都内で、県行政機構ビルに向けM79が撃ち込まれガラス等が損壊した。

 県行政機構ビル3階にある評議会議長の執務室を狙ってM79が撃ち込まれた可能性も指摘されている。

 M79が撃ち込まれた原因に関しては明らかになっていないが、県行政機構評議会議長のチャーン・プワンペート氏は連立与党のプームヂャイ・タイ党の支持者として知られ、前日夜に同県ラムルッカー郡内で行われた同党支部の開所式を兼ねたパーティーにも出席していた。

 また、開所式の際に、プームヂャイ・タイ党支持者の男性(32)が支部前に集まっていた赤服軍団関係者に暴行され頭部を負傷するという事件も発生していた。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

29歳女性、Hi5で知り合い同棲していた男に殺害

 カーオソット紙によると、3日18:00頃ナコンパトム県県都にある美容室内で、経営者の29歳の女性が何者かに刃物で刺され死亡しているのが発見された。

 女性が6歳になる息子を迎えに現れなかった事を不審に思った幼稚園で教師の研修中だった大学生の女性(21)が遺体を発見した。

 女性の実妹(27)によると、3年前に夫と別れた女性は約2ヶ月前からHi5で知り合った28歳の顔立ちの良い長髪の男と同棲しており、3日昼頃に女性宛に電話したところ、男が代わりに出て女性は現在外出中だと言われていたという。

 警察側は、現在バイクで逃走中と見られる男が、寝室内にある物を盗み出そうとしていた際に女性に見つかり罵声を浴びせられた事にキレて女性を殺害した上で寝室内にあった金目の物を盗み出して逃走したと見て捜査を開始した。

* 報道画像(気が弱い人は要注意)
http://www.khaosod.co.th/news-photo/khaosod/2010/03/p0103040353p1.jpg

posted by Jean T. at 00:17| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーンケーン中心部でオンラインを利用した闇カジノを摘発

 各報道によると、警察当局は3日夜コーンケーン県県都内中心部でネットを利用したバカラ賭博を開帳した容疑でネットカフェを摘発し、店員の女(25)及び賭博に興じていた9人の客を逮捕すると共に現金34,000バーツや利用者のパスワード等が記載された名簿等を押収した。

 逮捕された店員の女は黙秘権を行使しているという。

 警察によると、今回摘発されたネットカフェは県内最大規模の闇カジノで、長年に渡りネットカフェを表看板に掲げながら裏で闇カジノを開帳していたという。

posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。