2010年03月09日

政府、11日から23日にかけてバンコクを初めとする8県を対象に治安法適用を決定

 政府は9日招集された定例閣議の席上で11日から23日にかけてバンコクを初めとする8県を対象に国内治安法を適用する方針を決定すると共にステープ副首相を運用最高責任者に任命した。

 国内治安法が適用されるのは、バンコク及びノンタブリー県の全域、パトゥムターニー県、サムットプラーカーン県、サムットサーコン県、チャチュゥンサオ県、ナコンパトム県及びアユッタヤー県の赤服軍団の移動路上にある郡。

 また、政府は期間中に水上・陸上運輸法を初めとする18の法律を厳格に施行する方針を確認した。

posted by Jean T. at 15:57| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上院、黄服シンパ提出のソムチャーイ前首相罷免案を否決

 上院は9日、2008年10月7日に発生した民主主義市民連合のデモ隊に対する強制排除の責任を問われたソムチャーイ前首相の、首相罷免決議案を否決した。

 投票の結果、反対票は76票、賛成票49票、棄権・無効9票と要件とされる上院議員の5分の3に相当する決議案の支持を得られなかった。

 赤服軍団による大規模集会が控えている情勢の中でこれ以上情勢を煽りたくないとの思惑が票動向に影響を与えたとの見方もされている。

 この議案は、2万人の署名に基づき民主主義市民連合シンパとされる上院40人グループが中心になって提出していたもので、仮にソムチャーイ前首相の在任時にさかのぼって首相から罷免する決議が下された場合は、パラン・プラチャーチョン党の解党により剥奪された5年間の被選挙権剥奪期間に更に5年間の剥奪期間が加算される事になる。

posted by Jean T. at 15:08| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相宅に向け糞尿弾が再度投げ込まれる

 9日朝、バンコクのソーイ・スクムウィット・31にあるアピシット首相の私邸の塀に向け牛の糞が詰められた袋が投げ込まれた。

事件は首相が私邸を出てから約5分後に発生し、また投げ込まれた糞は塀にぶつかり壁前に転落した。

 同日9:30過ぎまでに確認できた報道によると、ノーンカーイ県出身の男が私邸の警備に当たっていた当局により身柄を確保された模様。

posted by Jean T. at 11:53| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、軍が赤服進行阻止の為にアユッタヤーに警戒線、GSに給油制限を強要

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は8日、7日にターポン陸軍副参謀長を議長として招集された対策会議の席上で、北部や東北部からバンコクに向かう赤服軍団の進行を阻止する為にアユッタヤー県ワンノーイ郡内に大規模な警戒線を敷くと共に赤服軍団の移動路上にあるガソリンスタンドに対して一日あたりのガソリン販売量を引き下げるよう働きかける方針が決定された事を明らかにした。

 ナタウット氏によると、軍内でどの様な謀議がおこなわれようと軍内の同志を通して情報が赤服軍団側に筒抜けなのだという。

 また、ナタウット氏は、12日からバンコク内のラクシー交差点(ロータリー)、首都圏警察本部トゥンソーンホーン署前、バーンナー交差点、ルンピニー公園、ディンデーンのタイ・日運動場及びウォン・ウィエン・ヤイのタークシン大王像前の6箇所に中小規模のステージを設営し集会活動を開始し、14日からパンファー橋付近のメインステージを中心に開催される大規模集会と並行して集会活動を継続させる方針である事を確認した。

 また、同盟の本部がおかれているインペリアル・ラートプラーオ店ビル内に全国で展開される集会の状況を監視する為のモニターセンターを設置し、ナタウット氏を中心に監視活動が行われる予定になっているという。

posted by Jean T. at 10:51| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ党、政府を人権侵害でUNHCRに告発

 プゥア・タイ党のピタヤー副報道官は8日、政府側が212人の人物を動向監視対象者に指定したとするブラックリスト疑惑に絡む政府による重大な人権侵害を国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)及びヒューマンライト・ウオッチに告発した事を明らかにした。

 ピタヤー副報道官によると、かかる告発を受け付ける機関がタイ国内に存在しない為UNHCR等へ告発する事になったという。

 問題とされるブラックリストは、タクシン元首相の近親者、プゥア・タイ党幹部・議員、反独裁民主主義同盟幹部及ぶ11人の僧侶が動向監視対象者としてリストされていると指摘されているが、政府側は同リストの存在を否定している。

 一方、同党のプロートプラソップ副党首は、党所属の50人以上の議員から尾行を受けているとの苦情が寄せられている事を明らかにした上で、政府側に対して対立を煽る事に繋がる監視行動を早急に止めるべきであると訴えた。

posted by Jean T. at 02:20| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄服シンパ、赤服幹部のアリスマン氏を治安を脅かした容疑で刑事告発

 民主主義市民連合傘下団体幹部のウィーラ・ソムクワームキット氏は8日、反独裁民主主義同盟幹部のアリスマン・ポンルゥアンローン氏を国内治安を脅かした容疑で刑事告発した。

 ウィーラ氏によると、1月29日及び同31日に赤服集会の場でアリスマン氏が、絶対王制型官僚主義者の一味に対する暴力や政府の主要人物、独立機関のメンバーの尾行、政府機関、独立機関の占拠、焼き討ちを集会参加者に呼びかけ、扇動した行為が国内治安を脅かした容疑に該当するという。

posted by Jean T. at 02:17| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違法入国カンボジア人74人を移送中だった4人を逮捕

 各報道によると、パッタルン県県都の警察当局は8日、カンボジア人違法入国者74人を移送中だったワンボックスカー4台を検問所で摘発し、運転していた4人のタイ人の男を逮捕した。

 4人は取り調べに対して、それぞれ1万バーツで雇われてマレーシアの就労先へ向かうカンボジア人違法入国者をサケーオ県からパッターニー県内の港まで移送する途中だったと供述しているという。

posted by Jean T. at 02:15| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬密売容疑で80歳老女を逮捕、生活費稼ぎの為と供述

 各報道によると、チョンブリー県サタヒップ郡の麻薬取締当局は8日朝、囮捜査により80歳の老女及び39歳の実娘を麻薬密売の容疑で逮捕した。

 老女は取り調べに対して、娘から1錠あたり200バーツで麻薬ヤーバーを仕入れ250バーツで転売していた。転売により得た利益は、食費や水道、電気代の支払いといった生活費に使用していたと供述しているという。また、娘は囮捜査官ですら殺害される事を恐れて捜査を忌諱する大物として知られる52歳の男から1錠あたり160バーツで麻薬を仕入れていたという。

 過去にヘロインを販売目的で所持していたとして1994年から11年と4日間に渡り刑務所に服役した事があるという老女は、最高齢だった自分の面倒を見てくれる医師等がいる刑務所の中にいた頃の方が遙かに幸せだった。17人の子供は一切自分に目を向けず、面倒を見ようとしないと不満をこぼしていたという。

posted by Jean T. at 02:10| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。