2010年03月11日

赤服、解散無き場合は15日にバンコク内の全幹線を封鎖 - 16日には更なる行動

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は11日、政府側が14日中に議会の解散に応じなかった場合は、15日に100万人の赤服軍団を動員してバンコク全域の幹線の封鎖に乗り出し、それでも解散に応じなかった場合は16日以降に段階的に活動レベルを引き上げて政府に対する解散圧力を強めていく方針である事を明らかにした。

 また、ナタウット氏は、バーンナー交差点上での演台設置中止決定を取り消した事を明らかにした上で、12日にはラクシー交差点(プラープガボット記念塔)、ウォン・ウィエン・ヤイ、バーンナー交差点、ルンピニー公園、ディンデーン・タイ日競技場(ディンデーン三つ叉交差点)の5箇所に集結し、各拠点からパホンヨーティン通り、ウィパワディー・ランシット通り、スクムウィット通り等に向けたデモ行進やch11(NBT)前の演説活動が展開される予定になっているという。

posted by Jean T. at 18:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステープ副相、軍施設の占拠行為に対しては容赦なく火器を使用して制圧

 国内治安法運用総責任者のステープ副首相は11日、赤服軍団による政府関係機関の包囲・占拠行為に対して強制排除で臨む方針である事を確認した上で、特に武器類が保管されている軍関係施設に対する占拠行為に対しては、テロ目的であると見なし火器類を使用して制圧する方針である事を明らかにした。

 また、国内治安法に則った赤服軍団の動向監視の為に、バンコクのバーンケーン区内にある陸軍第11歩兵部隊司令部内にに情勢監視センターを設置した事を明らかにした。

 アピシット首相も13日から14日にかけて同センターに詰めて情勢の監視にあたる予定だという。

posted by Jean T. at 17:30| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、陸上運輸法を厳格施行 - イーテーンや人を荷台に載せたトラックのバンコク入りを阻止

 ステープ副首相は11日、陸上運輸法を厳格に施行し国内治安法が適用されている地域内へのイーテーンや人を荷台に載せたトラックの進入を徹底的に阻止する方針である事を確認した。

 先に政府は、国内治安法の11日からの適用を決定した際に、陸上、水上運輸法を初めとする関連法を適用地域内で厳格に施行する方針を確認していた。

 この方針に対して反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、北部や東北部からバンコクに向かう赤服軍団の車列の主要な合流点であるアユッタヤー県ワーンノーイ郡内の警戒線上に於ける当局と赤服軍団との衝突は避けられないとの認識を示した。

posted by Jean T. at 17:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、2箇所の演台設置を断念 - バンコク内4箇所に設置

 反独裁民主主義同盟は10日夜までに、当初計画されていた首都圏警察本部トゥン・ソーン・ホーン署前及びバーンナー交差点での演台を設置した集会活動の展開を断念した事を明らかにした。

 当初、同盟側はバンコク内6箇所に中小規模の演台を設置しメイン会場と並行して集会活動を展開する方針を明らかにしていたが、今回の措置によりウォン・ウィエン・ヤイ、ラクシー交差点(プラープガボット記念塔があるロータリー)、ルンピニー公園及びディンデーン・タイ日競技場の4箇所に中小規模の演台を設置し集会活動が展開される事になる。

 尚、中止になった2箇所に集合する予定だったデモ隊は、それぞれラクシー交差点及びサムットプラカーン県庁前の集会に合流する予定。

 同盟によると、12日12:00頃から上記4箇所で集会活動を開始すると共にメイン会場のパンファー橋周辺でも暫定的に小規模の演台を設置し集会活動を展開する予定だという。

posted by Jean T. at 16:40| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相、赤服は政治を理解し自主的に民主主義の為に闘っている

 タクシン元首相は11日、政治のことなんか殆ど分かっていない住民を動員した闘いは民主主義の為の闘いとは言えないとした上で、彼らはタクシン元首相の道具として利用されているだけであるとする外国人と思われる読者からの指摘に対して、あなたはタイの地方部の事を分からずに彼らを侮辱している。彼らは現在の政治に我慢できなくなり、このような情勢を変えたいと思って民主主義の為の活動に参加しているとの回答を即座に返した。

 この回答に対して件の読者氏は、彼らを侮辱したのではなく、誤った情報を掴まされている彼らを哀れに思っているとの回答を投稿した。

 件の読者氏は、先の指摘を投稿する前にタクシン元首相に対して、家族を国外に脱出させる一方で赤服軍団に対して集会への合流を呼びかけているということは、つまり同元首相は彼らを自分の道具であるとしか思っていないということなのかとの質問を投げかけ、タクシン元首相から無視されていた。

posted by Jean T. at 15:57| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンロップ大将、エンターテイメント集会だけでは赤服に勝機は無し

 プゥア・タイ党主要党員のパンロップ・ピンマーニー大将は10日、現状では軍からの支持を得ている政府に対して赤服軍団が勝てる見込みは極めて薄いとの考えを示した。

 タイTVのインタビューの中でパンロップ大将は、反独裁民主主義同盟が計画している大規模集会をトークショーに喩えた上で、このようなエンターテイメント集会だけでは、既にゴム弾の準備を終え制圧の為の訓練を施している軍からの支持を受けている政府に対して解散圧力を加えることは不可能であると指摘した。

posted by Jean T. at 12:57| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ人から180万バーツ相当の現金を強奪したオカマを逮捕

 コム・チャット・ルゥク紙によると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は11日1:00過ぎ、トルコ人から180万バーツ相当の現金を強奪した容疑で身柄を追われていたニューハーフの男(27)を宿舎内で逮捕し、ズボンのポケットの中にあった現金15,000バーツを押収した事を明らかにした。

 この逮捕は、犯罪者集中的発の一環として行われたもので、男は、昨年4月22日にトルコ人男性から61,000スイスフラン、タイバーツにして約1,830,000バーツ相当の現金を強奪した容疑で逮捕状が発行されていた。

 男は取り調べに対して、別のニューハーフの友人と共謀してウォーキングストリートで知り合ったトルコ人男性と一緒に寝るためにホテルに入り、男性と事に及んでいる際に、予めすきを見てベッドの下に隠れていた友人が男性が所持していた現金を盗み出した。盗んだ現金は2人で分け合った後にマレーシアへ仕事に行くための航空券の購入や家族の物品購入等の為に使用したと供述しているという。

* 逮捕されたオカマ
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/03/p041.jpg
posted by Jean T. at 12:39| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャルゥム氏も国外脱出? 本人は友人に会うためと説明 - チャワリット元首相は入院

 10日夜、プゥア・タイ党下院議員団長のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉がシンガポールに向け飛び立った事が明らかになった。

 同日21:25発のシンガポール航空便で飛び立ったチャルゥム警察大尉は、出発前に行われたマスコミの取材に対して、シンガポール国内の友人に会うための渡航であると説明していたという。

 しかし、帰国時期に関しては「情勢が安定してから」と語るに留め明らかにしなかったが、その際にプラヂュッアップキーリーカン県内の基地から派遣された3師団が、情勢監視の為に11日朝5:00頃から自宅近くの寺に詰める予定になっているとの情報を得ていると語り、我が身に起こりえる"万が一の事態"を避ける為の国外脱出である事を示唆した。

 また、出発前に、9日にプラモングットグラーオ病院で白内障の手術を受けた党議長のチャワリット元首相のもとを見舞った際に、反独裁民主主義同盟の大規模集会期間中にプゥア・タイ党の情勢監視委員会に出席できない旨報告したという。チャワリット元首相も入院治療の為に情勢監視委員会に出席できないという。

posted by Jean T. at 00:49| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治情勢に対する幸福量が最低点を記録、ABAC調査で

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、17県内在住の1,962人を対象にタクシン元首相に対する資産一部没収判決が下された直後の2月28日から今月9日にかけて行った幸福量調査で、王室に対する幸福量が10点満点中9.05点を記録する一方で、経済情勢に対する幸福量が5.65点、政治情勢に対する幸福量が4.95点と最低点を記録していた事が明らかになった。尚、全体の幸福量は7.15点だった。

 また、家庭内の雰囲気に対する幸福量が8.31点、健康に対する幸福量が8.31点、精神衛生に対する幸福量が7.98点、職業に対する幸福量が7.96点と高得点を記録する一方で、自分が住むコミュニティー内の人現関係に対する幸福量が7.11点、家計に対する幸福量が7.08点、教育制度に対する幸福量が6.95点、外国人の目に映るタイ人の子供のイメージに対する幸福量が6.18点と低い点を記録する結果になった。

 一方、反独裁民主主義同盟が大規模集会の開催を計画している事に絡んで、90%以上の回答者が大規模行動を契機とした情勢の最悪化により全ての階層の国民が困窮する事になると回答した。

posted by Jean T. at 00:22| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワンナプーム空港、集会期間中の2-4時間前チェックインを利用客に要請

 スワンナプーム国際空港は10日、反独裁民主主義同盟が計画している大規模集会による空港利用客の足への影響が懸念されている事に鑑み、11日から23日までの期間中に同空港発の航空便を利用する客に対して早めに空港に到着しチェックインを済ましておくよう呼びかけた。

 空港当局側は、国際線利用客に対しては3-4時間前の空港到着、国内線利用客に対しては2-3時間前の空港到着を心がけるよう呼びかけると共に、円滑な出国手続き及び検査手続きの為に、あらかじめ渡航に必要な書類を整えておくと共に機内に持ち込む液体類やジェル、スプレーを所定のビニール袋に封入しておくよう呼びかけた。

posted by Jean T. at 00:19| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨンマラートの入り口付近で灰色のワンボックスが首相一行の車列の進行を妨害

 10日夜、バンコクの高速道ヨンマラート入り口付近で灰色のワンボックスカーが首相一行の車列に割り込もうとするなどの進行妨害を試みたが失敗に終わった。

 また、高速道路上でも同様に進行妨害を試みたが失敗に終わった。

 ワンボックスカーの運転手は警察が使用するタイプの無線機を使用し何者かと交信しながら進行妨害を試みていたのが確認されている。

posted by Jean T. at 00:17| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラム教委員会、バンコク189箇所のモスクに警戒強化を要請

 14日に計画されている反独裁民主主義同盟の大規模集会に乗じたモスクを狙った攻撃が指摘されている事を受け、バンコクのイスラム教委員会は10日、アルン委員長名でバンコク内198箇所のモスクの指導者に対してモスク及び近隣のコミュニティーに対する警戒強化を要請した。

 一方、民主党バンコク選出下院議員のサマイ・ヂャルゥンサーン氏は、ロンドンに拠点を置く人物がバンコク内7箇所にあるモスクの攻撃を計画していると指摘したチャルゥム・ユーバルン警察大尉に対して、攻撃を未然に防ぐためにも具体的な首謀者の名前を明らかにするべきであると指摘した。

posted by Jean T. at 00:16| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服が暴れた時の責任は? タクシン元首相が学生の質問に回答

 タクシン元首相は10日、仮に赤服軍団側が暴力的な手段を講じた場合に同元首相はどの様な責任をとるのかとの質問をTwitter上で寄せてきた女子学生に対して、赤服軍団がガンジーの非暴力主義を標榜し、また全員が昨年のソンクラーンの様な事態に至る事を望んでいない事を強調した上で、注意しなければならないのは警察官や軍関係者に青服を着せ赤服軍団に攻撃を仕掛けてくる"2匹の悪魔"であると語り、あらためて情勢激化の責任が赤服軍団や自分に帰せられる事は無いとの考えを示した。

 また、カッティヤ・サワディポン少将の事を一度も信用したことが無いという読者から、同少将がドバイでタクシン元首相と面会した模様をサイト上に公開している事について聞かれた同元首相は、自分に会うためにドバイを訪れてくれる黄服や政府側の人物と同様にタイ人として訪問してくれることを嬉しいと思うと語るに留めた。

posted by Jean T. at 00:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピッサヌロークの赤服が王室中傷ビラを配布? 住民グループが不敬罪で刑事告発

 各報道によると、10日ピッサヌローク県プロームピラーム郡の住民20人が県警察本部を訪れ、王室を中傷するビラを配布した郡内の赤服軍団を不敬罪で刑事告発した。

 証拠として提出された「今日の真相」と書かれたビラには、王室を中傷する記述と共に反独裁民主主義同盟郡支部への寄付を募る記述があったという。

* 問題のビラ(読み取れないようにぼかしが入っています)
http://pics.manager.co.th/Images/553000003606001.JPEG

posted by Jean T. at 00:12| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ・ヤイ族の女性を監禁し友人から金銭を強請取ろうとした大学学長の息子を逮捕

 各報道によると、首都圏警察本部は10日、ラチャダーピセーク通り周辺の娯楽施設で働くタイ・ヤイ族の女性に薬物を仕込んだ上で拉致、監禁し、女性の友人に20万バーツの身代金支払いを強要した容疑で、ナコンパトム県在住の26歳と23歳の男2人を逮捕した事を明らかにした。

 26歳の男の父親はナコンパトム県内にある有名大学の学長で、また23歳の男は26歳の男と同じ地区に住む後輩だという。

 調べによると、26歳の男は、昨年6月に予てからつきあいがあった女性に薬物を仕込んだ上で監禁し、度々手や口を使った猥褻行為を強要すると共に麻薬容疑でパッタヤーの警察に逮捕された女性を保釈する為に必要だと言って20万バーツの支払いを複数回に渡って女性の友人に迫っていた。

 26歳の男は取り調べに対して、友人から借りた金を返す為と過去に結婚していたタイ・ヤイ族の女性から騙されて以来持っていた、特に娯楽施設で働くタイ・ヤイ族に対する恨みを晴らすために犯行に及んだと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラビーで夫婦の撲殺体、背景に夫の元妻が絡む男女関係のもつれ?

 プーヂャッカーン紙によると、10日クラビー県クローントーム郡内の林の中で36歳と41歳の夫婦の撲殺体が発見された。

 現場の状況等から、2人以上と見られる実行犯が同県カオパノム郡内にある夫婦宅に押し入り鈍器で殴り殺害した上で、遺体を林の中に遺棄したものと見られる。

 警察側は、事件前に夫婦宅を訪れた40歳位の夫の元妻が夫婦との間で激しい口論を展開しているところが目撃されていることから、元妻が絡む男女関係のもつれが事件の背景にあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:08| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通り過ぎざまに通行人から金のネックレスを引ったくったバイタク運転手を逮捕

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、チョンブリー県バーンラムン郡の警察当局は10日、パッタヤー地区に属する同郡ノーンプルゥー地区内の路上で、通行人の男性(30)からバイクで通り過ぎざまに3バーツ重量の金のネックレスの一部を引ったくった容疑でペーチャブーン県出身のバイクタクシー運転手の男(28)を逮捕した。

 男は、逃走する際に転倒事故を引き起こしたバイクを乗り捨て、走って逃げ込んだ住宅のベッドの下に隠れているところを通報を受けた警察官により逮捕された。

 男は取り調べに対して、客の減少によりバイクタクシーの収入が減り、分割払いで購入したバイクの2回分の支払いにも困っていた為に犯行に及んでしまったと供述しているという。

 また、男は、これまでに麻薬関連で2回逮捕されているが、ひったくりをやったのは今回が初めてだと主張しているという。

* 逮捕された男
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/03/P222.jpg

posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

28歳男性、外国に働きに出る妻を射殺後自らのこめかみを撃ち抜き自殺

 各報道によると、10日朝アユッタヤー県ウタイ郡のタウンハウス内で、28歳の男性が29歳の妻を射殺した上で自らのこめかみを撃ち抜き自殺するという事件が発生した。

 警察側は、顔立ちが良い妻が外国に働きに出ることにより、妻に新しい男性ができ夫婦関係がめちゃくちゃになると心配した男性が、無理心中を図ったとの見方を示した。

posted by Jean T. at 00:04| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。