2010年03月12日

タクシン元首相は政治活動禁止違反でドバイから退去勧告? 外務省が事実関係の確認へ

 パニット外務大臣補佐官は11日、政府側の要請を受けドバイの当局がタクシン元首相に対して政治活動禁止違反で退去勧告をしたと伝えられている事に関する事実関係の調査に乗り出した事を明らかにした。

 これに先立ち、民主党のテープタイ党首付報道官が、アラブ首長国連邦の大使に対して、反独裁民主主義同盟や赤服軍団の集会でのタクシン元首相のビデオ演説を記録したビデオで如何にタクシン元首相がドバイを拠点に禁じられている政治活動を行っているか説明し、大使側から理解を得られていた事を明らかにしていた。

 また、退去勧告の噂に絡んで、タクシン元首相が既にドバイを出発し、赤服軍団の指揮を執るためにカンボジアのシエムリアップに向かったとの噂も広がっている。

 パニット補佐官によると、現在退去勧告の有無と共にタクシン元首相がカンボジアに向かった可能性に関しても調査を行っているという。

 一方、タクシン元首相付の法律顧問だったノパドン元外務大臣は、アラブ首長国連邦がタクシン元首相に退去を命じたという噂を否定した上で、あらためて同国と同元首相の関係が良好な状態にある事を確認した。

 また、タクシン元首相がカンボジアに向かう可能性に関しても、当面は予定が無いとした上で、近々娘に会うためにスイスに向かう予定になっている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 20:40| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラーで警察車両を狙った爆破、郡警察署長が死亡

 各報道によると、12日昼過ぎヤッラー県バンナンサター郡内で、人数不明の一味が警察車両を狙って爆発物を起爆すると共に銃を乱射し、同郡警察署長のソムティヤン・エーカソムヤー警察大佐が搬送先の病院で死亡し、警察中尉クラスを含む同乗していた警察官3人が重傷を負った。

 警察は、地元に拠点を置く分離主義組織関係者の犯行と見て捜査を開始した。

 死亡したソムティヤン警察大佐は、退官前の最後の1年間を故郷の警察署で奉職したいとして異動を希望し、内示を受けていたが、昨年10月に行われた定例人事異動で内示が反故にされたとして公正な措置を要求する書面を首相宛に提出し話題になっていた。

posted by Jean T. at 20:22| バンコク | 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上院、ノパドン元外務大臣罷免決議案を否決

 上院議会は12日、カンボジアとの共同コミュニケに絡んで国家汚職防止取締委員会から責任を問われたノパドン外務大臣の罷免決議案を否決した。

 採決の結果、罷免支持が57票と55票だった不支持を上回ったが、要件とされる上院議員3分の2に相当する90票の支持を得られず否決となった。尚、棄権・無効票は5票だった。

 先に上院議会は、民主主義市民連合のデモ隊に対する一斉排除行動で責任を問われたソムチャーイ前首相に対して提出されていた罷免決議案を否決していた。

posted by Jean T. at 16:11| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、12日の活動を17:00までに終了 - 14日に活動を再開

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は12日、バンコク及びノンタブリー県内6箇所の拠点を中心に展開されている活動を同日17:00までに終わらせる方針である事を確認した。

 大規模集会が予定されている14日に再集結する方針だという。

posted by Jean T. at 15:46| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク住民の39.2%の回答者が解散による解決を望むも33.2%の回答者が選挙後の首相再任を支持

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールがバンコク在住の1,226人の回答者を対象に行った調査で、41.7%の回答者が集会に飽きており興味がないと回答し、24.7%がどちらとも言えない、19.4%の回答者がフォローしたい位にわくわくする、12.0%の回答者がストレスを感じると回答していた事が明らかになった。

 また、47.0%の回答者が集会参加者の一部が過激な手段に出ると回答し、現在の政治情勢を過激化させる元凶に関しては、40.8%の回答者がタクシン元首相と反独裁民主主義同盟、20.4%の回答者が集会に乗じた扇動を計画している第三者をあげ、また、60.0%の回答者が政府及び安全保障当局が過激な情勢を抑え込む事が出来るとは思わないと回答し、46.6%の回答者がたとえ情勢が最悪化してもクーデターによる解決を望まない、19.9%の回答者がクーデターによる解決を支持できると回答した。

 一方、集会活動を終結させる最善策に関しては、最も多い39.2%の回答者が議会解散及び総選挙の実施をあげ、23.8%の回答者が政府が任務を継続させる事、8.7%の回答者が政権交代、4.1%の回答者がクーデターの実行をあげた。

 しかし、仮に解散・総選挙が行われた後に首相に就任して貰いたい人物に関しては最も多い33.2%の回答者がアピシット首相の名をあげ、23.0%の回答者が誰が適切かまだ分からない、22.1%の回答者がタクシン元首相、7.1%の回答者が中立的な新顔をあげた。

posted by Jean T. at 14:11| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スラーッターニー県3箇所で連続爆破、人的被害は無し

 12日10:00前迄に確認できた各報道によると、同日5:00過ぎ、スラーッターニー県県都内の路上脇3箇所で連続して爆発が発生した。情勢扇動目的の犯行と見られる。

 爆発は、2-3Kmの範囲内で連続して発生したが、この爆発による人的被害は確認されていない。

 一部報道は、3発の内の1発がステープ副首相の実弟宅から約500メートル離れた地点で発生したと報じている。

 また、初期捜査段階では携帯電話を使用した遠隔起爆式の爆発物が犯行に使用されたと見られている。

posted by Jean T. at 11:51| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャルゥム氏が帰国、クーデターを恐れての出国だった事を認める

 10日夜にシンガポールに向け飛び立ったチャルゥム・ユーバムルン警察大尉が、11日22:00頃にタイに帰国する予定になっている事が明らかになった。

 帰国前に行われた電話インタビューに対してチャルゥム警察大尉は、クーデターが計画されているとのデマに踊らされて急遽出国した事を認めた上で、自分だけが助かりたいとの思惑で国外に逃げた訳ではない事を証明する為に帰国する事にしたと語った。

posted by Jean T. at 00:33| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王室人工雨局、赤服集会にあわせ人工雨を降らせたとの指摘を否定

 王室人工雨局は11日、反独裁民主主義同盟・赤服軍団の集会にあわせて人工雨を降らせているとの指摘を否定した。

 この発言は、同盟関係者からバンコクで集会を開催する度に雨に祟られるのは人工雨を降らせているからではないかとの疑いの声が上がっている事を受けたもので、王室人工雨局側によると、そもそも重要施設が林立しているバンコク内で人工雨を降らせるために飛行機を飛ばすことは不可能なのだという。

posted by Jean T. at 00:30| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人とのチャットに嵌り家庭を崩壊させた恨みを晴らすために元妻に酸性液をかけた元夫を逮捕

 各報道によると、プレー県県都の警察当局は11日、10日に発生した准看護師の女性が2人組に酸性液をかけられ重傷を負った事件に絡んで、出頭してきたパタヤー容疑者(44)とソーラユット容疑者(29)を逮捕した事を明らかにした。

 調べによると、被害者の元夫でもあるパタヤー容疑者がソーラユット容疑者を500バーツで雇い、自らが運転するバイクの後部座席にソーラユット容疑者を乗せ、通り過ぎざまに元妻でもある准看護師の女性に酸性液をかけ重傷を負わせた。

 パタヤー容疑者は取り調べに対して、元妻が外国人とのネットチャットに嵌り家庭を顧みなくなった事により家庭が崩壊してしまった恨みを晴らす為に犯行に及んだと供述しているという。

 同容疑者によると、外国人とのネットチャットに嵌っていた元妻との間で口論が絶えず、躁鬱病になったこともあるという。また、昨年12月には元妻がチャットで知り合った外国人に会うために2人の間に出来た15歳と12歳の娘を連れてバンコクに行ったという話を聞きつけ復讐心を持つようになったという。

 一方、ソーラユット容疑者は、かけるように依頼された液体がトイレ用洗浄剤を水で割ったものだとしか聞かされていなかった為、実際にかけた液体が強力な酸性液だった事には気がつかなかったと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:29| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢の外国人女性が墜死、背景に夫のタイ人の恋人との同居を強いられた事に対する悩み?

 各報道によると、10日夜チョンブリー県パッタヤー地区にあるコンドミニアムの4階から73歳のノルウェー人の女性が転落し死亡した。

 女性は去年の11月から通報者でもある同国人の夫(63)とそのタイ人の恋人女性(45)と一緒にコンドミニアム内で暮らしていたという。

 夫は警察の事情聴取に対して、認知症を患っている妻が突然興奮状態に陥った後でベランダと部屋との間を行き来しながらタバコを吸っていたが、まさかベランダから飛び降りるとは思っていなかったと語っているという。

 警察は、女性が夫とタイ人の女性との関係や夫が認知症を患っている自分に対して関心を示さない事に悩み、発作的に飛び降りたとの見方を示した。

 一方、パッタヤー・デイリー・ニュースによると、11日2:00過ぎ、同じくパッタヤー地区内にあるショップハウスの4階部分から25歳のカナダ人男性が転落し重傷を負った。

 男性の部屋の中には飲み終えたビールの瓶2本が置かれているのが確認されているが、争われた後はなく、また遺書も置かれていなかった。

 警察側は、男性の意識が回復するのを待って事情聴取を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:26| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

非道トラック運転手、16歳少女を強姦し乳首を噛み切り逃走

 各報道によると、11日4:00過ぎバンコクのプラウェート区ラーマ9世通りソーイ59の路上脇にある草地で、16歳の少女がトラック運転手に性的暴行を受けるという事件が発生した。

 通りかかったタクシー運転手に救出された少女の全身に男から噛まれたあとがあり、また片側の乳首の先端部分が噛み切られていた。

 少女によると、ラーマ4世通り沿いで知り合った男に誘われるまま乗り込んだトラックでホテルに連れ込まれ、そこで男から性的暴行を受けた際に体中を噛まれたり、片側の乳首を噛み切られ、更にそれに満足しない男に現場となった草地に連れ込まれ再度性的暴行を受けたという。

 また、少女によると、草地に連れ込まれる前に男が運転するトラックが検問所を通過した際に、男からハサミを乳房に突き付けられ、助けを求めないよう脅迫されたという。

posted by Jean T. at 00:21| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。