2010年03月20日

同盟と政府の直接協議が22日に実現、同盟幹部のウィーラ氏が確認

 反独裁民主主義同盟幹部のウィーラ・ムシッカポン氏は20日夕方、22日正午に政府との間で協議が行われる見通しになった事を明らかにした。

 政府側は既にサーティット首相府大臣を代理人に任命しており、同盟側からはウェーン・トーヂラーガーン氏が代理人として協議に出席する見通しになっている。

 発言の中でウィーラ氏は、上院議員と政府側から直接協議の場を設ける旨打診があり、無いよりはあった方が良いと考え協議の申し出を受け入れた事を明らかにした上で、20日に行われたパレードにより政府に対して議会解散の決心を迫る十分な圧力を加えることが出来たとの考えを示した。

posted by Jean T. at 19:48| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、移動ルートを再々見直し - 再度トンブリーをカバー

 20日10:00頃から隊列の進行を進めている反独裁民主主義同盟は、再度移動ルートを見直した。

 同日10:00過ぎ現在の移動ルートは、ペッブリー通りのアソーク交差点を左折しラチャダーピセークをタートプラーオ交差点に進み、その後ラームカムヘーンを経由した後にスクムウィット71を進行し、プラカノーン交差点を経由してラーマ4世通りに入り、その後クローントゥーイでラーマ3世通りに入り、クルンテープ橋を経由してトンブリーに入り、タープラの交差点、ウォンウィアンヤイを経由してタークシン橋を通ってヂャルゥングルン通りに入りヤーオワラート経由でパンファー橋に戻るというもの。

 一方、同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は、赤服軍団信用失墜を狙った謀略にはめられるおそれがあるとして、シリラート病院周辺地区へ隊列を進行させる方針が無いことを明らかにした。

posted by Jean T. at 13:25| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーンケーンのプレーム学校で爆破、人的被害は無し

 デイリーニュース紙によると、19日深夜コーンケーン県ナムポーン郡内にある、枢密院評議会議長のプレーム・ティンスラーノン大将の名を冠した学校の石製看板付近で爆発が発生した。

 この爆破により、看板や周囲の樹木に被害がもたらされたが、人的な被害は確認されていない。

posted by Jean T. at 12:18| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相、平民という言葉を使用しないよう同盟幹部に要請

 タクシン元首相は19日夜行われたビデオ演説の中で、平民層と絶対王制型官僚主義者との階級闘争の幕開けを宣言している反独裁民主主義同盟3幹部に対して、「平民」という単語の使用を自粛するよう要請した。

 平民という単語の使用によりバンコクの住民の嫌悪感を煽る恐れがあるため、むしろこれまで使用されていた「草の根層」という単語を使用する事が望ましいという。

 また、タクシン元首相は、嘗て黄服を着ていた人たちが同盟への支持に回り始めていると指摘し、赤服と黄服との共闘が可能であるとの認識を示した上で、20日にバンコク内で予定されているパレードが勝利への端緒になるとの認識を示した。

posted by Jean T. at 11:57| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2騎兵隊に向け火焔瓶が投げ込まれた事件に絡んでタクシー運転手を逮捕

 各報道によると、18日深夜に第2騎兵隊近衛師団本部に向け火焔瓶が投げ込まれた事件に絡んで首都圏警察本部は19日夜、火焔瓶の投げ込みに関与したと見られる3台のタクシーの内の1台を運転していた男(37)を逮捕した事を明らかにした。

 男は取り調べに対して、赤服軍団の支持者で、度々集会に参加していた事を認めた上で、これまでに面識が無かった男性から頼まれてタクシー3台を連ねて第2騎兵隊近衛師団本部前に乗り付け、そこから車に乗っていた男性が火炎瓶を投げつけたと供述しているという。

 また、運転手によると、他のタクシー2台の運転手とは理想を一つにしているものの、これまでに面識が無く、火炎瓶を投げ込んだ後に件の2台が何処に走り去っていったかは分からないという。

posted by Jean T. at 11:42| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンテネグロの野党が同国外相にタクシン元首相市民権付与に関する事実関係確認を要求

 各国外報道によると、モンテネグロの野党は19日迄に同国の外務大臣に対して、タクシン元首相に市民権を付与したとされている事に関する事実関係の確認を要求した。

 この動きは、先にモンテネグロの警察当局が既に市民権と同国のパスポートがタクシン元首相に付与されていると発言した事を受けたもので、野党側は国外で1年以上の実刑判決を受けた者に対する市民権、パスポートの付与は違法であると指摘すると共に、市民権を持たないままモンテネグロの住民として長年暮らしている者達に対する不公平な措置であると指摘している。

posted by Jean T. at 11:14| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、隊列の移動経路を大幅に縮小

 反独裁民主主義同盟は20日朝までに隊列の移動経路を大幅に縮小した事を明らかにした。

 全長60Kmに及ぶ隊列で移動経路全てを一時的に赤に染める事を狙っているとの見方もある。

 最新の移動経路では、パンファー橋を出発した隊列がヨムマラートからペッブリー通りに入り、アソーク通りとの交差点に到達したところで右折しアソーク通りをラーマ4世通りに向け進行し、ラーマ4世通りに入った後にルムピニー公園前を経由しサーラーデー交差点で左折しシーロム通りに入り、その後バーンラック交差点で右折しヂャルゥンクルン通りをヤーオワラート経由で進行し、パンファー橋に戻る予定で、16:00頃にパレードを終了させる予定であるとしている。

posted by Jean T. at 10:51| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。