2010年04月22日

BTS線サーラーデーン駅を狙った連続爆破、外国人を含む4人前後が負傷

 21:00前迄に確認出来た各報道によると、同日バンコクのサーラーデーン駅内で22:00頃に3回、同22:45頃に1回爆発音が聞かれ、最初の爆発で外国人男女2人を含む3人、2回目の爆発で1人が負傷した。

 更に21:00前にドゥシターニーホテル、またはバンコク銀行支店近くで爆発が発生し、シーロムグループ3人から10人が負傷したとの報道もある。 
 
 また、2回目の爆発で負傷したのが外国人とする報道やシーロムグループ3人が負傷したとの報道もある。また、最初の爆発がレール上で発生したとの報道もある。

 爆発物に関しては公式にが明らかにされていないが、大方の報道がM79が使用された可能性が高いとの見方を示している。

 また、一部報道は、爆発発生前にシーロム・グループと赤服軍団との間で投石合戦が展開されていたと報じている。また、赤服軍団側から爆発物が撃ち込まれたとする報道もある。

 この爆発は受け、BTS線はシーロム線の国立競技場駅、サヤーム駅、ラーチャダムリ駅、サーラーデーン駅を閉鎖し、チョンノンシー駅からウォンウィアンヤイ駅間の折り返し運転に切り替えた。

 また、地下鉄線も21:00前迄にシーロム駅の閉鎖を決定した。

* 報道映像



posted by Jean T. at 23:03| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服俳優を武器不法所持で逮捕、ヘリで秘密の拘置施設へ移送

 各報道によると、パトロール警察は22日朝、反独裁民主主義同盟のメンバーで俳優のメティー・アモンラウティグン容疑者を武器類の不法所持容疑で逮捕した事を明らかにした。

 メティー容疑者は、10日に発生した軍と同盟のデモ隊との衝突の際に軍関係者が所持していた銃を奪い取ったとして非常事態宣言の手続きに則り逮捕状が発行されており、集会会場に向かうためにバンコクのクローンサン区内の路上を小型トラックで走行中に私服警察官に身柄を確保された。

 逮捕されたメティー容疑者は、平和維持本部が置かれている第11歩兵部隊近衛師団本部に連行された後に、ヘリコプターで秘密の拘置施設へ移送された。

 メティー容疑者は、過去にプゥア・タイ党本部前で選挙応援費用の支払いを要求していたソンクラーン県の票の取りまとめ役に暴行を振るった事で話題になったこともあった。

* その暴行時の報道映像



posted by Jean T. at 15:22| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、平和維持軍による赤服保護を国連に要請

 反独裁民主主義同盟幹部のウェーン・トーヂラーガーン氏は22日、ラーチャプラソン交差点の集会会場に集結しているデモ隊を政府による強制排除から守る為に、国際連合事務総長に対して平和維持軍の派遣を要請する書状を提出する方針である事を明らかにした。

 約2,000人のデモ隊を率いてマカワーンランサン橋際にある国連事務所に事務総長宛の訴状を提出する予定で、ウェーン氏の他にクワンチャイ・プライパナー氏を初めとする平和維持本部から逮捕状が発行されている幹部がデモ隊を率いる予定。

posted by Jean T. at 13:50| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、シーロム・グループは偽住民集団 - 独裁者に仕える犬野郎

 反独裁民主主義同盟幹部のウェーン・トーヂラーガーン氏は22日、前日深夜にサーラーデーン交差点でシーロム・グループと赤服軍団との間で衝突が発生した事に絡んで、衝突を仕掛けてきたシーロム・グループは、赤服軍団が過激な集団であるとのイメージを植え付ける為の情勢扇動を行うために独裁主義者に雇われた犬であると指摘した上で、赤服軍団に対して、かかる集団からの挑発に対して「雇われた犬野郎」との罵声を浴びせるだけに留め、決して砦外に出て応酬する事がないよう要請した。

 しかし、赤服軍団側がロケット花火を使用していた事に関しては、対抗する為の住民(赤服軍団)側の一つの知恵でしかないと語るに留めた。

 一方、ウェーン氏に伴われステージ上にあがったシーロム在住だという63歳の男性は、シーロム・グループにはシーロムの住民が殆ど参加していない、ミンブリーでロティーを販売するインド系を初めとする住民を自称するグループで、また日中に活動に参加している勤労者層は夕方には帰ってしまい夜間の活動に参加している者は殆どいないことを明らかにした。

posted by Jean T. at 13:11| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サーラーデーン交差点でシーロム・グループと赤服が衝突、シーロム側3人を逮捕

 21日23:00過ぎ、バンコクのシーロム通りとラーマ4世通りが交わるサーラーデーン交差点で、おりからルムピニー公園側に砦を築き警戒活動を展開している赤服軍団の一部と反赤服集会を訴えているシーロム・グループとの間で衝突が発生し、外国人を含む複数人が負傷した。重傷者はいない模様。

 シーロム・グループに合流する為に現場に到着した主にクローントゥーイ地区やクルンテープ橋たもとのトック通り周辺の若者グループを中心にした約100人の集団が赤服軍団を挑発した事がきっかけで両者間で石や瓶を投げ合う衝突に発展したと見られ、その際に砦の外側に出た一部の赤服軍団がバンファイやタライといったロケット花火を撃ち込む事態にまで発展したが、最終的にパーヤップ・パンゲート氏を初めとする反独裁民主主義同盟幹部が興奮状態にあった赤服軍団を抑え込み事態は鎮静化した。

 その後、警察は、鎮静化した後に赤服軍団に対してバイクで付近を周回するなどの挑発を行っていたシーロム・グループ側の3人の身柄を確保し、詰め所が置かれているドゥシターニーホテルに連行したが、この身柄確保に怒った一部のシーロム・グループがドゥシターニーホテルに詰めかけ抗議する場面も見られたという。

posted by Jean T. at 12:44| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、アヌポン陸司は王室の権威をかさに着た平民の殺人命令に耳を貸すべきではない

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は21日、アヌポン陸軍司令官が王室の権威をかさに着た"平民"からの圧力を受け、ラーチャプラソン交差点の集会会場に通じる全ての路上の封鎖に動こうとしていると指摘した上で、かかる平民の殺人命令に従うことは軍そのものに問題を引き起こす事になると警告した。

 ヂャトゥポン氏は、先にナタウット・サイグゥア氏が指摘したJ.Jなる高貴な女性が、王妃付女官のヂャルンヂット・テーカラ女史である事を明らかにした上で、同女史が我々と同じ平民であるにもかかわらず、不当に王室の権威をちらつかせてアヌポン陸軍司令官に赤服軍団の殺人をせまっていると指摘した上で、アヌポン陸軍司令官がそのような平民の戯れ言に耳を貸すべきでは無いと指摘した。

 その上で、ヂャトゥポン氏は、今後赤服軍団の集会への参加を妨害するような事があれば、殺人以外のあらゆる方法で対抗し赤服軍団の為に道を切り開き、場合によってはデモ隊を率いて第11歩兵部隊近衛師団本部に向かい強行突破する考えである事を明らかにした。

 また、幹部のウェーン・トーヂラーガーン氏は、未明の3:00、4;00頃から朝にかけて強制排除が行われるおそれがあると指摘した上で、赤服軍団に対して集会会場への集結と帰らずに最低でも常時3万人が会場内に留まっているよう呼びかけた。

 一方、最重要拠点であるサーラーデーン交差点前のラーマ6世像前エリアの責任者であるスポン・アッターウォン氏は、軍の強制排除に対して燃えたタイヤと竹槍で徹底抗戦する考えである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:39| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服に反対するシーロム・グループ等、23日16:00に大規模集会

 シーロム通りにあるセントラル・シーロム店前を中心に議会解散反対、反独裁民主主義同盟のデモ活動に反対する活動を連日展開しているシーロム・グループ及び様々な色グループは21日、23日16:00にドゥシット区内のアンポーン公園内で大規模集会を開催する方針である事を明らかにした。

 主催者によると、10万人が議会解散反対、赤服集会反対を訴える声なき大衆パワーを見せつける為に集結する見通しだという。

 また、シーロム・グループは、引き続き連日12:00から13:30までセントラル・シーロム店前で議会解散反対、赤服集会反対を訴える活動を展開する方針だという。

posted by Jean T. at 00:35| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上訴法廷、同盟幹部のスポン氏等に首相に対する名誉毀損で執行猶予付き1年の刑

 刑事裁判所上訴法廷は21日、元タイ・ラック・タイ党ナコンラーチャシーマー県選出下院議員で現反独裁民主主義同盟幹部ののスポン・アッターウォン氏及び同ウドンターニー県選出下院議員で元農業・協同組合大臣のティーラチャイ・セーンゲーオ氏に対して、アピシット首相に対する名誉毀損で両者に対して1年の禁固、執行猶予2年の刑を言い渡した。

 この裁判は、タクシン政権時代だった2002年に、2人の被告が不正蓄財していると虚偽の告発を行った事により名誉を毀損されたとして当時野党民主党所属議員だったアピシット首相が提訴していたもので、上訴法廷は名誉毀損を認め、それぞれの被告に1年の禁固、執行猶予2年及び2万バーツの罰金支払いを命じる判決を下した。

posted by Jean T. at 00:32| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。