2010年05月31日

ナコンパノムで赤服地方幹部が銃撃により重傷

 各報道によると、30日21:30頃、ナコンパノム県シーソンクラーム郡内で、赤服軍団地元幹部の男性(40)が、小型トラックで現れた何者かに銃撃され重傷を負った。

 調べによると、男性が友人2人と共に自宅前で酒を飲み交わしていた際に、自宅前に駐車した小型トラックに乗った2人組が村長宅への道順を聞く振りをして、男性を車の近くにおびき寄せた上で銃弾1発を発砲し逃走していった。

 警察側は、男性が赤服軍団の幹部で、また過去に県行政機構評議会議員選挙に出馬した事があったことから、何らかの政治的な対立が事件の背景にあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 12:56| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイの歩行者天国で爆発、人的被害は無し

 各報道によると、30日20:30頃、チェンマイ県県都内プラシン地区内の歩行者天国で爆発が発生し、付近に駐車してあったバイクに被害を及ぼしたが、幸い人的な被害は無かった。

 現場は毎週日曜日に歩行者天国として開放されているソーイ・ワットチャイヤプラギアットの入り口から約5-10メートル離れた地点で、約100メートル離れた場所にはチェンマイ県警察本部や本部長邸がある。

 爆発物は、爆発した際に釘が飛び散るように製作された手製のものが使用されたと見られている。

 警察側は、情勢扇動目的の犯行と見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 11:01| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABACポール、総幸福量が下降 - 不審任審議を契機とした情勢激化を懸念

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、17県内在住の1,137世帯を対象に行った調査で、3月度調査時点で10点満点中7.15点だった総幸福量が6.46点に下降していた事が明らかになった。

 また、87.6%の回答者がデモ隊により放火・破壊された施設や民家に対する支援・補償の為に予算を投下するべきであると回答する一方で、73.9%の回答者が政府予算には限界があると回答し、また、71.8%の回答者がデモ隊による騒乱により影響を受けた者に対する支援・補償の為に政策施行の為の予算が削減される事になると回答する一方で、89.2%の回答者が天然災害による被害を受けた農業部門の支援の為の政府は予算を投下するべきであると回答したが、84.5%の回答者が騒乱対策の為の予算投下により天然災害による被害を受けた農業部門の支援の為の予算確保が十分に出来ない状況に置かれることになると回答した。

 更に、57.3%の回答者が過激な動きに対する当局側の効率的、迅速的な対応に疑問を持っている一方で、73.1%の回答者がタイ人同士は依然愛し合っており、平穏な状況の中での共存を希望していると回答し、また、51.7%の回答者が騒乱の発生抑止を意図したタイ人同士が愛し合い助け合う事を目指したキャンペーンに参加し、他人の参加を促す用意があると回答し、24.3%の回答者がキャンペーンのみに参加する用意があると回答した。

 一方、31日から予定されている不審任決議案審議に関しては、74.9%の回答者が突破口の模索に繋がる建設的な審議を希望すると回答する一方で、51.8%の回答者が審議を契機に情勢が更に激化する事を懸念していると回答した。

posted by Jean T. at 00:29| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドゥシット・ポール、ステープ副相に対する審議に注目も政治に変化はもたらさない

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが全国1,516人を対象に27日から29日にかけて行った調査で、52.02%の回答者が野党による不審任決議案の提出を支持すると回答し、また不審任決議案審議の対象となるべき閣僚に関しては、最も多い42.13%の回答者が副首相兼平和維持本部長のステープ副首相の名をあげ、以下、アピシット首相、チャワラット内務大臣、ソーポン運輸大臣、ガシット外務大臣、ゴーン財務大臣と続く結果になっていた事が明らかになった。

 また、審議を通して知りたいことに関しては、61.20%の回答者がデモ隊に対する強制排除関連をあげ、また審議の際に最大限に任務を遂行して欲しい追及側の人物については、74.56%の回答者がチャルゥム・ユーバムルン警察大尉をあげ、以下、ヂャトゥポン・プロームパン氏、スナイ・ヂュラポンサトン氏の名をあげた。

 一方、57.04%の回答者が審議中に与野党から提供されるこれまでに公開された事が無い画像やビデオ等の資料を通して真相を知ることが出来ることを期待していると回答する一方で、42.79%の回答者が過度な追及合戦により再度対立が引き起こされる事を懸念している、60.81%の回答者が与野党両者の考えが一致しておらず、両者が勝つことにのみとらわれていることから、審議によってしても政治に大きな変化をもたらすことは無いと回答した。

posted by Jean T. at 00:26| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、第一四半期に記録的な成長率を達成も通年見通しは3.5-4.5%に下方修正

 アピシット首相は30日朝放送された定例政見放送の中で、今期第一四半期に、30%以上の成長率を達成した輸出部門や観光部門の成長等に支えられシンガポールに次ぐと思われる12%という世界最高レベルの国内総生産成長率を達成し、危機から立ち直った事を明らかにした。

 しかし、通期の成長率見通しに関しては、第二四半期入りと前後して開始された政治集会による情勢不安により、観光部門や国内信用に大きな影響をもたらされた事を考慮し、当初見込みの6-7%から3.5-4.5%に成長率を下方修正した事を明らかにした上で、引き続き経済再生に全力を尽くしていく考えである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:23| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄服派幹部、赤服過激派が東北部をターゲットにした不穏な動きを計画

 INNによると、民主主義市民連合シンパでタイは一つ協会代表のタイゴン・ポンスワン氏は30日、東北部に拠点を置く反独裁民主主義同盟の過激派が、東北部を南部国境三県域と同様な状況に陥れる為に、夜間外出禁止令解除後に不穏な動きを計画しているおそれがあると警告した。

 タイゴン氏によると、同盟幹部の指揮下にある過激派が暴動を引き起こすための訓練をカンボジア国内で受けると共にサコンナコン県内に指令本部を設置し夜間外出禁止令解除後の不穏な動きに備えているとの情報を同盟の最高幹部筋から得ているという。

posted by Jean T. at 00:21| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、赤服議員3人の罷免動議を提出

 各報道によると、民主党ラヨーン県選出下院議員のサーティット・ピトゥテーチャ氏は30日、31日に開始が予定されている内閣不信任決議案審議に先駆けて、同日9:00に反独裁民主主義同盟に関係しているプゥア・タイ党所属のヂャトゥポン・プロームパン氏、ウィチヤン・カーオカム氏及びガールン・ホーサグン氏の3下院議員の罷免を要求する動議を上院議長宛に提出する方針である事を明らかにした。

 一方、反集会派の様々な色グループ幹部のポヂャナパン・ミッサッヂー女史は30日、同盟の集会で演説を行ったり、司法制度を中傷するなどの重要な倫理違反があったとして、プゥア・タイ党所属の10人の下院議員の罷免を要求する為に2万人の署名を集める方針である事を明らかにした。

 対象となるのは、アピワン下院副議長、アヌディット・ナーコンタップ空軍大佐、スラポン・トーウィヂャックチャイヤグン氏、スナイ・ヂュラポンサトン氏、スチャート・ラーイナムングゥン氏、ソムチャーイ・プートプラスゥト警察中佐、ソムキット・バーントーソン氏、ウティポン・チャーイセーン氏、ウィサーラディー・テーチャティーラーワット女史、ピーラパン・パールスック氏の10人。

posted by Jean T. at 00:16| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

国際刑事警察機構、政略的な逮捕要請は拒否

 国際刑事警察機構に加盟する188国間の捜査の手配に関与している消息筋はAFPの取材に対して、機構の規則として加盟国からの政略的な逮捕要請を受け付けない事を確認した。

 これに先立ち、タクシン元首相は26日にオーストラリアのラジオ局と行われたインタビューの中で、国際刑事警察機構は、タイ側の自身に対する逮捕要請を政略的と見なし拒否する事になるとの認識を示していた。

 一方、同機構のロナルド事務局長は28日、テロ容疑で逮捕状が発行されているタクシン元首相の逮捕協力要請が未だタイ側から寄せられていない事を確認した上で、仮に協力要請があった場合は、機構内の規則に基づいた通常の手続きに付される予定である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:19| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BRTが開業も信号制御システムの不具合で一般車両が渋滞に巻き込まれる

 各報道によると、29日に特別高速バスBRTが正式に運行を開始したが、交通信号の自動制御システムの不具合により一般車両が渋滞に巻き込まれるという事態になった。

 首都圏警察本部のパーヌ副本部長によると、渋滞は、システム担当者がBRTの運行を最優先する為に信号を5分間隔で切り替わるよう設定した為に発生したもので、既にBRTの技術担当者に対して対策を要請しているという。

 尚、BRTは、8月31日まで無料で運行し、9月1日から来年1月1日まで一律10バーツ、来年1月2日から乗車距離に応じて12バーツから24バーツの乗車料金を徴収する予定。

posted by Jean T. at 00:17| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディンデーンの軍用車包囲事件の際にライフを強奪した容疑で35歳男を逮捕

 各報道によると、首都圏警察本部のスメート副本部長は29日、今月14日にバンコクのディンデーン三つ叉交差点で発生した反独裁民主主義同盟のデモ隊による軍用車両包囲及び軍関係者への暴行事件の際に強奪された2挺のライフルの内の1挺を隠匿していた容疑で、35歳の男を28日に逮捕すると共に、引き続き共犯関係にあると見られる3人の行方を追っている事を明らかにした。

 スメート副本部長によると、男が強奪したとされるライフルは、集会解散後の20日にパトゥムワナーラーム寺内で行われた捜索の際に、ござの下に隠されていたもので、その後軍で調査を行った結果、ディンデーン三つ叉交差点で発生した軍用車包囲の際に強奪されていた事が確認されていたという。

posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

首相、夜間外出禁止令の解除を発表 - 非常事態令は継続施行

 各報道によると、アピシット首相は29日昼過ぎ、バンコクを含む非常事態宣言が発令されている24県を対象に施行されていた夜間外出禁止令を解除し、延長施行しない事を明らかにした。

 しかし、非常事態宣言に関しては、情勢掌握の為に継続して施行する方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 16:40| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク知事、集会により公共資産に約1億8千万バーツの損害

 各報道による、バンコクのスクムパン知事は28日、反独裁民主主義同盟による集会活動及び強制排除を契機とした暴動により、道路や歩道橋、バス停等の民間関連を除く公共資産に対して初期段階の見積もりで約1億8千万バーツの損害がもたらされていた事を明らかにした。

 また、これまでに集会により影響を受けた約1,500人の住民ががバンコクの行政当局に登録を済ませている他、6月3日には、1万バーツの支援金の支給対象になる、集会により影響を受けた事業者の登録を受け付ける予定になっている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:11| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地下鉄線、集会により影響を受けた事業者に無料で販売用スペースを半年間提供

 タイ大量輸送電化鉄道公社は28日、地下鉄線を運行しているバンコク電化鉄道社と共同で、集会により影響を受けた事業者に対して商品販売用スペースを6ヶ月間にわたり無料で貸し出す方針である事を明らかにした。

 無料で貸し出されるのは地下鉄線ヂャトゥヂャック駅にあるメトロ・モール内の200の販売用スペースで、28日から来月1日にかけてメトロ・モール内で希望者の受付を行う予定だという。

posted by Jean T. at 00:09| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服射殺容疑でプームヂャイ党幹部秘書を逮捕

 各報道によると、コーンケーン県の警察当局は27日、プームヂャイ・タイ党下院議員団長で前副農業・協同組合大臣のプラヂャック・グレーオグラーハーン氏の自宅内で銃を発砲し、赤服軍団1人を死亡させた容疑で、同氏付秘書の男を逮捕した。

 調べによると、男は、19日にバンコクで行われた反独裁民主主義同盟のデモ隊に対する強制排除に怒った武装した赤服軍団がプラヂャック氏の自宅前を包囲し、放火しようとした際に銃を屋内に押し入ろうとした赤服軍団に向け乱射し、赤服軍団関係者1人を死亡させ、13人を負傷させた。

 尚、プラヂャック氏の自宅前に集結していた赤服軍団は、火焔瓶や石を屋内に投げつけ放火すると共に銃弾を屋内にむけ発砲した上で立ち去っていた。

posted by Jean T. at 00:07| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尼僧強姦殺害容疑で僧侶を逮捕、カーラシンで

 各報道によると、第四地区警察本部及びカーラシン県の警察当局は27日、48歳の尼僧を殺害した容疑で50歳の僧侶(逮捕後に還俗)を逃走先のナコンサワン県メープゥン郡内で逮捕した。

 僧侶は21日夜半から22日未明にかけて兼ねてから交際していた尼僧に性的暴行を加えた上で殺害したとされ、25日朝に尼僧の全裸死体が僧房内で発見された事を受け逮捕状が発行されていた。

 僧侶は取り調べに対して、兼ねてから思いを寄せていた尼僧がチャイヤプーム県内の別の僧侶に思いを寄せている事を知り、そのことを問い詰めたところ、尼僧が事実であると認めた為嫉妬と怒りから無理矢理尼僧に性的暴行を加えた上でタオルで首を絞めて殺害したと供述しているという。

 警察によると、僧侶は1980年に13歳の少女に対する強姦殺人で8年の刑を、更に1991年には妻の母親に対する殺人未遂及び監禁で14年の刑を受け、出所後に出家していたが、結婚の為に一時還俗し、その後離婚を契機に再度出家していたという。

posted by Jean T. at 00:05| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

本部、首都を対象にした外出禁止令解除に関しては更なる情勢の分析が必要

 各報道によると、平和維持本部のサンスゥン報道官は27日、28日で期限を迎える夜間外出禁止令が適用されている地域の内、バンコクに関してのみ、更に情勢の分析を行った上で適用延長の是非を検討する方針である事を明らかにした。

 尚、バンコク以外の非常事態宣言が施行されている地域を対象に適用されている夜間外出禁止令に関しては、27日の時点で第二及び第三国軍本部や対象県の県知事を交えて情勢を分析した限りでは、再延長の必要が無いことで意見が一致しているという。

posted by Jean T. at 00:08| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟幹部が休憩に使用していたコンドからライフル等を押収

 各報道によると、警察当局は27日、反独裁民主主義同盟幹部のクワンチャイ・プライパナー氏及びパーヤップ・パンゲート氏が集会期間中に休憩場所として使用していたコンドミニアム内で家宅捜索を行い、銃器類や銃弾を押収した。

 家宅捜索が行われたのは、ラーチャプラソン交差点の集会会場に近いパトゥムワン区ソーイ・ランスワン5にあるサワディー・ランスワン・インで、室内にあるトイレの天井裏から拳銃1挺や8発の銃弾、覆面が入ったカバンが、4階通路(報道により4階の階段)の天井裏からアサルトライフル1挺やマガジン6個、98発の銃弾、銃剣1本、赤十字のマークが入ったベストが押収された。

posted by Jean T. at 00:05| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

公安、地下組織化した赤服軍団に対する監視を強化

 各報道によると、公安警察局のタリート局長は27日、地下組織化した赤服軍団の動向に関する具体的な情報を得ている事を明らかにした上で、過激な動きを未然に防ぐためにゴーソン副局長を首班とする特務班に対して地下組織の動きを全国に渡って緊密に監視するよう指示した事を明らかにした。

 しかし、地下組織に関する情報の詳細については、公安警察側の職務遂行の障害になるおそれがあるとして明らかにする事ができないとした。

posted by Jean T. at 17:02| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外相補佐官、モンテネグロを訪問し元首相の身柄引渡を要請 - 二重国籍問題が障害

 パニット外務大臣補佐官は27日、国交15年目となるモンテネグロとの関係緊密化を期すために同国を訪問する際に、先にテロ容疑で逮捕状が発行されたタクシン元首相のタイへの身柄送還への協力を要請する考えである事を明らかにした。

 尚、訪問時期に関しては、現在モンテネグロ国内で選挙が行われている為未だ同国から回答が来ておらず、またタクシン元首相がタイとモンテネグロの二ヶ国の国籍を持っているため、国際犯罪人としての同元首相の引渡に関する交渉に困難が予想されるという。

 パニット補佐官によると、モンテネグロは自国の市民権を持つ者を国外で法的措置を受ける為に送還した事が一度も無いという。

posted by Jean T. at 16:48| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、タクシン政権時代の大量殺戮案件の再捜査を指示

 各報道によると、アピシット首相は27日、タクシン政権時代の大量殺戮案件の再捜査を法務省に指示した事を明らかにた。

 発言の中でアピシット首相は、タクシン元首相は最も人権侵害を侵してきた人物であると指摘した上で、スラユット政権時代に一度は真相解明委員会を組織して解明が進められていた、タクシン政権時代に発生した2,500人の麻薬密売組織関係者に対する殺害案件の捜査を前進させるよう法務省に指示した事を明らかにした。

posted by Jean T. at 15:23| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。