2010年05月10日

同盟、殺人を命じたステープ副首相の警察出頭が集会解散の時

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は10日18:00過ぎ、反独裁民主主義同盟のデモ隊に対する武力行使を指示し、デモ隊や一般人、当局者に死亡者を出したステープ副首相が警察に出頭した日が集会解散の日であると宣言した。

 ナタウット氏は、同盟の幹部側が最高刑で死刑が下されるテロ容疑に対して司法の場で徹底的に闘う方針である事を確認した上で、同様に法の均衡の原則に基づき武力行使を指示し死亡者を出したアピシット首相及びステープ副首相が最高刑で死刑が下される殺人等の容疑で法的責任を問われる事が和解推進の前提条件であると指摘した上で、下院議員ではなく不逮捕特権が適用されないステープ副首相が警察からの出頭令状に基づき警察に出頭した日が集会を解散する日であるとした。

 更に、ナタウット氏は、1972年10月14日、1976年10月6日及び1992年の血の五月何れでも権力側が法的責任を追及される事が無かったと指摘した上で、アピシット首相及びステープ副首相に対して法的責任が追及されれタイの歴史上発の権力側の法的責任が追及されたケースにするべきであると指摘した。

 これに絡んで幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、同盟幹部とステープ副首相に対して保釈条件を初めとする司法手続きが等しく適用されるべきである。我々にはステープ副首相と一緒に留置場で寝る用意があると語った。

 また、ナタウット氏は、政府の和解提案、11月14日の総選挙日及び9月15日から30日の間の議会解散の全てを無条件で受け入れる事を確認した。

posted by Jean T. at 21:09| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

副相の警察出頭を集会解散条件に掲げた同盟発言関連Twitter投稿

Twilogを使用している為日時が日本時間になっています。また解散を開催と打ち間違えたところを修正してあります。

速:同盟ナタウット氏、どの様な状況下にあっても平和的手段を旨に活動を展開し、今後もこの方針を維持する。民主化を求める歴史的な活動を展開してきた。地方だけでなくバンコク住民、内外のマスコミからも活動に理解を得られてきた。 #ThaiRedJ

posted at 20:24:13

速:同盟ナタウット氏、しかしデモ隊が雇われている等の政府による中傷にも晒されてきた。我々はこれ以上の損失を望んでいない。これが同盟が政府提案の和解推進への合流を決定した理由。 #ThaiRedJ

posted at 20:24:21

速:同盟ナタウット氏、11月14日の総選挙実施を受け入れる。9 月15日から30日の間の議会解散提案を無条件に受け入れる。 #ThaiRedJ

posted at 20:25:26

速:同盟ナタウット氏、テロ容疑に対して徹底的に司法の場で闘う用意がある。首相、副相もも同一基準で衝突の際に武力の使用を許可しデモ隊、一般人、当局者を死亡させた事に対して同様に法的責任を追及されるべき。 #ThaiRedJ

posted at 20:30:20

速:同盟ナタウット氏、両者も公正な法の執行の原則に基づきテロと同様に最高刑で死刑が適用される罪状で追及されるべき。議員でない不逮捕特権が適用されないステープ副相は我々と同様に出頭令状に基づき警察に出頭するべき。 #ThaiRedJ

posted at 20:32:04

速:同盟ナタウット氏、1972,10,14、 1976.10.6、1992.5何れも権力側は法的責任を追及されなかった。今度こそ権力側も同様に法的責任を追及される初めてのケースとするべき。 #ThaiRedJ

posted at 20:34:14

速:同盟ナタウット氏、和解参加の最終条件はステープ副相が警察に出頭する事を宣言すること。宣言をし警察に出頭した時が集会解散の時。 #ThaiRedJ

posted at 20:35:21

同盟、ステープ副首相の警察出頭を集会解散の条件に提示。 #ThaiRedJ

posted at 20:37:36

速:同盟ナタウット氏、またピープルチャンネルの遮断措置の完全解除も条件の一つ。 #ThaiRedJ

posted at 20:38:46

速:同盟ナタウット氏、全ての層が受け入れられるメンバーで構成された独立調査委員会の設置を要求。 #ThaiRedJ

posted at 20:43:35

posted by Jean T. at 20:48| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バン銀ラチャダー・ラートプラーオ支店を狙ったM79爆破未遂が発生

 10日11:00過ぎまでに確認出来た各報道によると、同日未明バンコクのフワイクワーン区内にあるバンコク銀行ラチャダー・ラートプラーオ通り支店に向けM79と思われる爆発物が撃ち込まれるという事件が発生した。人的被害は確認されていない。

 10日2:00から4:00の間に約20メートル離れた地点から爆破物が発射され、支店の駐車場に着弾したと見られるが、幸い不発に終わった。

 また、支店正面のガラス部分にM16の発砲によるものと見られる銃弾痕が確認されているが、銃弾は発見されていない。

 警察側は、情勢扇動目的と見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 13:15| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委のアピチャート委員長宅に向け爆竹が投げこまれる

 各報道によると、9日23:30頃、バンコクのバーンスゥー区内にある選挙委員会のアピチャート委員長宅に向け爆竹が投げ込まれるという事件が発生した。人的な被害は無かった。

 アピチャート委員長一家は4ヶ月前から家を留守にしており、当時屋内には家の番人だけが滞在していた。

 アピチャート委員長邸正面で警戒に当たっていた警察官によると、バイクの通過音が聞かれた後に爆竹の破裂音が聞かれたという。

 警察側は、情勢扇動目的の犯行と見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 10:38| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半数近くが11月14日の選挙実現に懐疑的、スワン・ドゥシット調査で

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが全国1,508人を対象に行った調査で、44.48%の回答者がアピシット首相が提唱する和解推進プロセスが政治的緊張状態の軽減に多少は繋がる、49.19%の回答者が和解推進プロセスの発表により首相の支持率が向上すると回答する一方で、45.78%の回答者が、依然反独裁民主主義同盟幹部が明確な集会解散時期を示していない、依然議会解散に反対する勢力が存在している等の理由をあげ11月14日の総選挙実現に懐疑的であると回答しいた事が明らかになった。

 また、同盟の集会に関しては、60.29%の回答者が経済や投資に影響を与え国家の発展を停滞させたと回答し、また46.11%の回答者が仮に同盟が集会を中止しても総選挙の際に票の買収や住民を巻き込んだ選挙戦が展開される事に対する不安が残ると回答した。

posted by Jean T. at 00:31| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ党、軍将官のBとChがM79攻撃に関与との情報

 各報道によると、プゥア・タイ党のプロームポン報道官は9日、サーラーデーン交差点及びルンピニー公園周辺で銃撃、M79攻撃が連続して発生した事件にイニシャルにB(ボー・バイマイ)とCh(チョー・チャーン)が付く軍の将官2人や政府側の政治家及び下院議会の解散に反対する勢力が関与しているとの情報を安全保障当局筋から得ている事を明らかにした。

 プローンポン報道官によると、犯行の背景に和解推進プロセスや11月14日の総選挙を中止に追い込むと共に、反独裁民主主義同盟のデモ隊にテロリストが紛れ込んでいると思わせ、幹部に対する法の厳格な執行やデモ隊に対する強制排除を正当化させる狙いがあるという。

posted by Jean T. at 00:28| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルンピニーM79攻撃、首都警察が実行グループをほぼ特定

 各報道によると、首都圏警察本部のサンターン本部長は9日、7日深夜から8日1:00過ぎにかけてサーラーデーン交差点及びルンピニー公園周辺で銃撃、M79攻撃が連続して発生し、警察官2人が死亡した事件に絡んで、既に犯行に関与した2人を下らない実行グループを特定し、逮捕状発行請求の為に証拠固めを行っている事を明らかにした。

 これまでの捜査により、発砲及びM79の発射地点が特定されており、また今回発生した事件が、これまでに発生した一連のM79攻撃に結びついている事が確認されているという。

 しかし、カッティヤ・サワディポン少将が関与している可能性に関しては、現在捜査中であるとして明言を避けた。

posted by Jean T. at 00:24| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク副知事、15日からのBRT運行開始を確信 - 8月31日まで無料運行

 各報道によると、バンコクのティーラチョン副知事は9日、15日にサートン(チョンノンシー)からラーチャプルゥクまでの12駅の区間を走行する新大量輸送システムBRT線の運行を正式に開始できる事がほぼ確実である事を明らかにした。

 既に工事が99%終了しており、14日夕方までに全てを完了させる事ができる見通しだという。

 ティーラチャイ副知事によると、正式運行が開始される15日13:00から8月31日までは全区間運賃無料で運行する予定で、また無料運賃期間終了後の9月1日から年内一杯は全区間一律10バーツの運賃を徴収し、来年1月1日から利用区間に応じて12バーツから20バーツの範囲の運賃を徴収する予定だという。

 また、一日あたり35,000人以上の利用が見込まれ、一日あたり5,000台の運行区間の車両通行量減に貢献できる事が予想されているという。

参考
運行区間マップ
http://www.chinabrt.org/maps/maps-bangkok.aspx
プレゼン資料
http://bangkokbrt.multiply.com/video/item/4/Bangkok_BRT_Presentation

posted by Jean T. at 00:21| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

線路上に横たわり自殺を図った女性が保護される、スンガーイゴーロックで

 各報道によると、9日昼前、ナラーティワート県スンガイゴーロック郡内中心部で、自殺を図るために線路上に横たわっていた女性が救出された。現場は、スンガイゴーロック駅から約200メートル離れた線路上。

 保護されたのは、スリン県出身の45歳の女性で、4日付けのフワランポーン発スンガイゴーロック行きの列車の切符や2リンギット(約20バーツ)を所持していた。

 これまでの調べで、女性が4歳の娘を連れて4日にスンガイゴーロック入りし、その後マレーシアに渡り同地でコンピュータショップを経営するタイ人男性(47)に娘を預けた後にタイに再入国し、娘の教育費を受け取る為に郡内に出稼ぎに来ている夫の行方を捜したが見つける事ができず、更に現金も使い果たし5日間殆ど食事を取っていなかった為将来を悲観し自殺を図った事が確認されているという。

posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カメルーン人男、同国人の妻を殺害後に墜死

 各報道によると、9日朝、バンコクのバーンカピ区ソーイ・ラームカムヘーン52/2にあるコンドミニアム内で、カメルーン人の男(40)が、同国人の妻(28)を刺殺した上で隣接する別のコンドミニアムから飛び降り自殺するという事件が発生した。

 室内には、激しく争われた後があり、また妻は全身約40箇所を刺され死亡していた。

 警察は、嫉妬深い男と妻との間で日頃から口論が絶えなかった事から、夫婦喧嘩が発生した際に男が感情を抑えきれなくなり妻を刺殺した上で、全身に付いた返り血を洗い流し服を着替えた上で隣接するコンドミニアムから飛び降り自殺したとの見方を示した。

 カメルーン人会の会長によると、男性は母国宛に衣料品を輸出する事業を展開しており、また妻は語学学校でフランス語教師をしていたという。

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後の更新に関して

 本業の関係で毎日更新のペースを維持する事が難しくなっており、今後更新が遅れたり、更新が無い日が出てくる事が予想されます。

 まもなく別の国に転勤となりタイで発生している出来事を身近に感じたり、リアルタイムで情勢を追いかける事が難しくなるためです。

 現在フォローしている和解案件等については多少の遅れがあるかもしれませんが引き続き可能な限りカバーしていく予定でおりますが、最終的に国外でも大きく報じられているような出来事や事件関係の記事を時々掲載してページを存続させていこうと考えております。

 以上ご理解の程お願い申し上げます。

 因みに転勤先のニュースに特化したページの開設は考えておりません。一般的なニュースの入手が比較的楽で、また現地らしいニュースと言ってもせいぜい何処かのフラットの駐車場で○○さんが車内に閉じ込められ救出されたとか、どこどこで違法売春・路上賭博の集中摘発が行われ○○人や△△人が逮捕されたといったような話題しかないので。

posted by Jean T. at 00:08| バンコク ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。