2010年06月07日

DSI民主党迂回献金疑惑捜査チーム長の車から捜査資料が入ったノーパソが強奪

 各報道によると、法務省特別捜査局の民主党が絡む2億5,800万バーツの迂回献金案件捜査チーム長のウォラチャイ・アーラックラット警察中佐の私用車内に置いてあったノートパソコンが何者かに盗まれていた事が6日明るみになった。

 ウォラチャイ警察中佐が5月中旬に首都圏警察本部パホーンヨティン署に提出した被害届によると、私用車であるベンツをラチャダーピセーク通り上に駐車していた際に、何者かが車のガラスを割り車内に置いてあったノートパソコンを盗んでいったとされ、また実行犯が車内にあった他の金目のものに一切手をつけていない事から、当初から民主党の解党申請要件となった迂回献金疑惑に関する捜査資料が保存してあったノートパソコン目当てに犯行に及んだ可能性が指摘されている。

 一方、迂回献金疑惑関連の捜査資料が保存してあるノートパソコンが盗まれた事に関しては選挙委員会のアピチャート委員長は7日、まだ事実関係を確認していないと断った上で、仮に実行犯が捜査資料に記録されている証人に関する情報に基づき脅迫する事を意図していたとしても、既に選挙委員会側でも証人に対して尋問を行い記録を保存している事から、民主党に対する解党申請手続きに影響を与える事は無いとの認識を示した。

posted by Jean T. at 15:20| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABACポール、60.6%が中立 - 政府支持は僅かに24.2%

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、17県内の1,237世帯を対象に4日から5日にかけて行った調査で、60.6%の回答者が政治的に中立であると回答し、政府を支持すると回答した者が24.2%、政府を支持しないと回答した者が15.2%だった事が明らかになった。

 また、政府の公共政策の評価に関しては、和解推進策が10点満点中5.87点と最も高い評価を得られ、以下、貧困対策(5.69点)、麻薬対策(5.64点)と続き、国民の生命・財産の保障及び不正・汚職対策に関しては、それぞれ4.77点、4.12点と落第点の評価が下された。

 更に、内閣改造に関しては、53.8%の回答者が今回の内閣改造によって利益を受けることは無いと回答し、利益を受ける事ができると回答した者は32.8%に留まった。

posted by Jean T. at 01:47| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドゥシット・ポール、75%近くが集会解散・不信任審議終了後も政治情勢に変化は起こらない

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世路調査スワン・ドゥシット・ポールが全国1,446人を対象に2日から5日にかけて行った調査で、反独裁民主主義同盟の集会活動の中止及び野党が提出した不信任決議案審議終了後の政治情勢に関して、74.53%の回答者が、施政にあたる政治家の顔ぶれに変化が無く、考え方にも変化がない等の理由をあげ変化は起こらないと回答し、13.18%の回答者が、これまでの経験が生かされる、誰もタイ人同士が傷つけあうことを希望していない等の理由をあげ改善する、12.29%の回答者が、情勢最悪化に繋がり得る未解決の政治問題が存在している等の理由をあげ悪化すると回答していた事が明らかになった。

 また、現政権が存続するべき期間に関しては、最も多い34.83の回答者が和解推進への取り組み終了後に議会を解散するべきと回答し、30.38%の回答者が当初約束された通り11月の総選挙実施まで存続するべき、24.71%の回答者が任期を全う前、10.08%の回答者が任期を全うするべきであると回答した。

posted by Jean T. at 01:45| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク区議会議員選、民主党が14区中10区の全議席 - タイ党は3区の全議席を制す

 6日にバンコク内14の特別行政区を対象に行われた区議会議員選挙の非公式集計によると、民主党が10区内で全議席、プゥア・タイ党が3区内で全議席を確保し、ミンブリー区のみ民主党が4議席、プゥア・タイ党が3議席を確保する結果になった。投票率は37.42%に留まった。

 今回行われた14区内の区議会議員総数105人中、民主党が79議席、プゥア・タイ党が26議席を確保した。

 民主党が全議席を確保した区は、ラートプラーオ区、ラクシー区、サーイマイ区、サパーンスン区、ワントーンラーン区、クローンサムワー区、バーンケーン区、バーンカピ区、ブゥングム区、ヂャトゥヂャック区。

 プゥア・タイ党が全議席を確保した区は、カンナーヤーオ区、ラートグラバン区、ドーンムァン区。

posted by Jean T. at 01:43| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警官と名乗り外人から現金を強請取ろうとした2人を逮捕、被害者も麻薬で逮捕

 各報道によると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は6日1:00過ぎ、警察官であると名乗って住宅地内の貸家に住んでいる外国人に難癖をつけ金銭を強請取っていた容疑で33歳と39歳のタイ人の男を逮捕し、麻薬ヤーアイス0.85g、同ヤーバー20錠を押収した。

 この逮捕は、4人組の偽警察官が外国人から金品をゆすり取ろうとしているとの住宅地の警備員の通報により実現したもので、4人組の内2人は警察官の姿を見て現場から逃走した。

 また、警察は現場の貸家内からヤーバー6錠やマリファナ29gが発見された事を受け、被害者でもあるノルウェー人の男(37)及び恋人のタイ人女(32)、ニューハーフのタイ人男(29)の身柄を確保した。

 麻薬所持使用容疑で逮捕されたタイ人女は取り調べに対して、4人組が麻薬取締中の警察官と名乗って現れ、見逃し料として10万バーツの支払いを要求してきたが、持ち合わせが無かった為スキを見て警備員に警察への通報を依頼したという。

 女によると、4人組は最初に自分のところに現れ2万バーツを要求してきたが、持ち合わせが無く口封じの為に殺されると思い、その場から逃れる為に同じく麻薬を使用している恋人のノルウェー人宅を捜索した方が良いと4人組に言ってしまったが為に"証人"として友人のニューハーフと共にノルウェー人宅に連れてこられたという。

posted by Jean T. at 01:41| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーのホテル内で叔父の部屋に向け銃弾を発砲した豪人男(21)を逮捕

 各報道によると、パッタヤー地区の警察当局は6日3:00過ぎ、ホテル内の客室のドアに向け銃弾を発砲した容疑でオーストラリア人の男(21)を逮捕した。

 調べによると、男は、同じホテル3階に宿泊中の同国人の叔父(45)の部屋のドアに向け銃弾を発砲したとされ、逮捕された時男は酒に酔った状態だった。

 叔父によると、前日夜に外へ酒を飲みに出かけた男が、酒に酔った状態で拳銃をドアに向け撃ち込んできたが、拳銃の入手先等に関しては心当たりが無いという。

 警察は、男が叔父との喧嘩の際に抱いた怒りを晴らす為に酒の勢いを借りてタイ人から入手したと思われる拳銃を発砲したとの見方を示した。

posted by Jean T. at 01:38| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。