2010年06月18日

パッタヤーで邦人男性が韓国人と名乗る男から睡眠薬強盗被害にあう

 パッタヤー・デイリー・ニュース紙によると、16日未明チョンブリー県パッタヤー地区で、日本人男性(36)が、韓国人と名乗る35歳位の男に薬物を仕込まれ現金12万円やノートパソコン等を強奪されるという事件が発生した。

 被害にあった男性によると、南パッタヤー地区の第二パッタヤー通り沿いにあるホテルに泊まるためにバスで向かっていた際に、韓国人と名乗る35歳の男と親しくなり、ホテルの部屋に遊びに来ないかとの男からの誘いを信用して受け入れたが、途中でコンビニい立ち寄った際に男が買った缶コーヒーを男の部屋の中で飲んだあとで意識を失い、約7時間後に意識が醒めたときに、男が部屋から消えていると共に現金12万円やクレジットカード、携帯電話、ノートパソコン、腕時計が盗まれているのに気がついたという。

 男性によると、男が缶コーヒーに睡眠薬を仕込んでいたのではないかという。

* 報道画像
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/06/pdn-022.jpg

posted by Jean T. at 01:39| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売春婦を狙って強奪・強姦を繰り返していた男を逮捕、過去に騙された仕返しの為と供述

 カーオソット紙によると、首都圏警察本部第一分署及び同マッカサン署は16日、女性を騙して誘い出した上で、刃物で脅し金銭等を強奪した上で、被害者の後ろ手に手錠をかけ性的暴行を加えた容疑で、チャイナート県出身の男(31)を逮捕した事を明らかにした。

 調べによると、男は2日3;00から4:00頃に、誘惑した女性を車に乗せた上で刃物で女性を脅し、1,600バーツ入りの財布や携帯電話、ATMカードを奪った上で、女性の後ろ手に手錠をかけ性的暴行を加えようとしたが、女性がその場から逃れる為に病気の母親を至急病院に連れて行かなければならないと言って男をビルまで送らせ、男がビルの警備員と話しているスキを見て手錠の片側を外し車から飛び降り逃走し警察に通報していた。

 男は取り調べに対して、以前1,500バーツで寝る約束をした売春婦が、自分が物を買いに店に入っているスキに1バーツ重量の金製ネックレスを盗んで逃げ出すという目に遭い悔しい思いをさせられた為、復讐の為に売春婦を狙ってマッカサン署管内で3回、ルンピニー署管内で2回にわたり犯行を繰り返してきたと供述しているという。

 警察によると、男はこの2年間の間に少なくとも20回から30回にわたり同様な犯行を繰り返していたと見られ、これまでに11人の被害者が面通しの際に男から被害にあった事を認めているという。

 また被害者の証言から男が人身売買に関与していた疑いが浮上しており、バンコク内で行方不明になっている5-6人の売春婦の消息を知っている疑いがあると見て事情聴取を行っているが、男は行方不明への関与を否定しているという。

* 報道画像
http://www.khaosod.co.th/news-photo/khaosod/2010/06/p0110170653p1.jpg

posted by Jean T. at 01:35| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。