2010年06月22日

プーム党前で爆発、自ら負傷した実行犯は雇われて犯行に及んだと供述

 各報道によると、22日11:00前、バンコクのパホンヨーティン通りソーイ43にあるプーム・ヂャイタイ党本部ビル前で爆発が発生し、15Kgのガスボンベが積まれた揚げバナナや果物販売用のカートを押していたラヨーン県出身の男(27、報道により28)が重傷(報道により軽傷)を負い病院に搬送された。

 爆発が発生したのは、ネーウィン・チットチョープ氏を初めとする党最高幹部専用駐車場出入口脇の食堂前。

 病院に搬送された男は初期段階の事情聴取に対して、人から雇われてプーム・ヂャイタイ党本部内で爆発を発生させる為にチョンブリー県から移動してきたが、本部内に入る前に折からの雨から逃れる為に本部脇のソーイに逃れていた際に爆発が発生してしまったと供述しているが、雇った人物や受け取った金額に関しては語っていないという。

 尚、報道によっては、人から雇われてカートを駐車場内に置いてくる予定だったと男が供述しているとするものもある。

 警察側は、犯行の背景に政治的な思惑があると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 16:47| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、逃走中の同盟幹部の動向を情報当局が追っている事を確認

 各報道によると、アピシット首相は21日、情報当局が逃走中の反独裁民主主義同盟幹部の動向の追跡や情勢再激化に繋がり得る動きの監視を行っている事を確認した。

 この発言は、先にアジア・タイムスが同盟筋からの情報として、カンボジアに逃走中とされるアリスマン・ポンルゥアンローン氏やスポン・アッターウォン氏が、2009年4月の大規模集会後に国外逃亡したヂャクラポップ・ペンケー氏と手を組んで次なる段階の抵抗に向けた計画を練っていると報じた事を受けたもの。

 ヂャクラポップ氏は、過去に国外メディアに対して武装地下闘争の用意ができていると発言していた事でも知られている。

posted by Jean T. at 00:59| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DSI、同盟を経済的に支援した疑いがある83人に対して出頭令状

 各報道によると、法務省特別捜査局のターリット局長は21日、反独裁民主主義同盟に対して資金支援をしていた疑いがある83人に対する出頭令状が発行された事を明らかにした。

 非常事態対策本部長を兼務するアヌポン陸軍司令官が出頭令状に署名した。

 出頭令状発行の対象になった83人は、タクシン元首相の親族、同盟・赤服軍団幹部、政治家、官僚・軍・警察関係者、ビジネス関係者の5つのグループに分類されている。

posted by Jean T. at 00:57| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違法中絶医から仕入れた水子を転売していた女を逮捕

 マティチョン紙によると、ウボンラーチャターニー県県都の警察当局は21日、違法中絶医から仕入れた水子を転売していた容疑で女を逮捕し、女が関係する廃屋の中で1本につき1体の胎児の遺体が入った大型の広口瓶14本を押収した。

 この逮捕は、廃屋内に胎児の遺体が入れられた大型の広口瓶が多く置かれているとの住民からの通報に基づき行われた聞き込み捜査により実現したもので、女は取り調べに対して、長年にわたり違法中絶を行っている女から1体につき1,000バーツで水子を仕入れ、呪術等に使用する為に胎児の遺体を必要としている者に転売していたと供述しているという。

 女の供述を受け警察は、アムナートヂャルゥン県出身の違法中絶に関与していた女の行方の捜索を開始した。

 警察によると、違法中絶を行っていた女は約7ヶ月前に違法中絶で逮捕され保釈中だったという。

posted by Jean T. at 00:48| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイク転倒事故を引き起こした女性及び救おうとした男性が10輪車に轢かれ死亡

 カーオソット紙によると、21日2:00頃、プラヂュアップキーリーカン県県都内の路上で、バイク事故を引き起こした女性(20)とそれを救うために路上に降りた男性が10輪トラックに轢かれ死亡するという事故が発生した。

 死亡した男性の友人によると、10輪トラックを運転中にバイクを運転中だった女性が転倒事故を引き起こすのが見えた為、車を止めると共に男性が救助に向かった際に、後方から高スピードで走ってきた18輪の石油運搬車が後部に衝突した衝撃で押し出された自分たちの10輪トラックに男性と女性が轢かれたという。

posted by Jean T. at 00:45| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイの歩行者天国で手投げ弾を所持していた17歳男を逮捕

 各報道によると、チェンマイ県県都の警察は21日までに、毎週日曜日に歩行者天国になっているラーチャダムヌゥン通りソーイ1で、爆発物を所持していた17歳の男を逮捕し、こぶし大の手製手投げ弾2発を押収した。

 ラーチャダムヌゥン通り沿いでは、先に爆発物が投げ込まれる事件が発生して以来警戒が強化されていた。

 男は取り調べに対して、手投げ弾が入っていたバッグは友人から預かったもので、手投げ弾が入っているとは知らずに歩行者天国に入ってしまったと供述しているが、警察は男の供出が信用できないとして、引き続き男が先に発生した爆破に関与していた可能性を含めて捜査を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:42| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケ店員女性が店の前で銃撃され重傷、トランで

 各報道によると、21日0:00過ぎ、トラン県県都内にあるカラオケ店前で店員の女性(36)が何者かに銃撃され重傷を負った。

 同僚の店員によると、女性とその恋人(34)、同僚店員4人で店の前に座り談笑していた際にバイクで現れた2人組の男が女性に向け3発の銃弾を発砲した上で逃走していったという。

 警察側は、スタイルや顔立ちが良い女性に言い寄ってくる男性が多くいた事から、事件の背景に男女関係のもつれがあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。