2010年06月23日

前労相、将来の離党・新党結党の可能性を示唆

 各報道によると、先の内閣改造で閣外に出た前労働大臣のパイトゥーン・ゲーオトーン氏は22日、民主党から離脱し他党に合流する、ないしは党所属北部選出議員有志を集め小政党を結党する可能性がある事を示唆した。

 地盤であるピヂット県に帰郷し、地方リーダーや地方政治家、住民等から激励を受けたパイトゥーン氏は、先の内閣改造により閣外に出された事により心に傷を負った事を認めた上で、今後他党に合流する、ないしは民主党所属北部選出議員15-19人を集め小政党を結党し政権の組織に参画する事もあり得るが、これはあくまで将来の話で、現在は確実に任期を全うすると思われる政府を支える事に専念するべき時であると語った。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、外相補佐をバンコク補選に擁立

 各報道によると、民主党は22日、7月25日にバンコク第6選挙区で行われる補欠選挙に外務大臣補佐官のパニット・ウィギットセート氏を擁立する方針を決定した。

 この補欠選挙は、民主党所属のティワー・ングゥンユワン氏の病死を受け行われるもので、民主党の執行幹部会は、前バンコク知事のアピラック・ゴーサヨーティン氏を委員長とする候補者選抜委員会が推挙した6人の候補の中からパニット氏の擁立を決定した。

 民主党に入党して8年目となるパニット氏は、バンコク副知事時代にバンコク東部地区の洪水対策プロジェクト等に関与していた事でも知られる。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ICT相、2週間以内にタイコム買い戻しの是非が明確に

 各報道によると、ヂュティ情報通信技術大臣は22日、向こう2週間以内にシンガポールのテマセク社に売却されたタイコム社の買い戻しの是非に関する判断が下される見通しである事を明らかにした。

 現在省内に設けられた複数のチームが法律面や事業者免許との兼ね合いで起こりえる問題点等について検討を進めており、今週中に各チームの見解をまとめた上で、首相や財務大臣を交えて是非に関する検討を行う予定になっているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

末端価格2億、大量の白菜の下に隠された120万錠の麻薬を押収

 各報道によると、第5地区警察本部は22日、何れもミャオ族の31歳、23歳及び22歳の男3人を麻薬密売容疑で逮捕し、麻薬ヤーバー120万錠、末端価格約2億バーツを押収した事を明らかにした。

 調べによると、3人はヂンホー族のヂェーンなる男から雇われ、ミャンマーと国境を接するチェンマイ県ファーン郡のドーイアンカーンからパトゥムターニー県内のタラート・タイに向かっていたとされ、押収された麻薬はトラックに積載された大量の白菜の下等に隠匿されていた。

 3人は取り調べに対して、ヂンホー族の麻薬密売組織から一回につき30万バーツで麻薬の搬送を請け負った。押収された麻薬はパトゥムターニー県内のタラートタイで引き渡される予定になっていたと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬密売容疑で赤服地方幹部を逮捕

 各報道によると、ヂャンタブリー県県都の警察当局は22日、反独裁民主主義同盟ソーイカーオダーオ郡支部幹部の男を21日夜に逮捕し、麻薬ヤーバー1,000状を押収した事を明らかにした。

 この逮捕は、男が麻薬密売に長年関与しているとの捜査結果に基づき行われた囮捜査により実現したもので、囮捜査官が125,000バーツでヤーバー1,000錠入りの袋5袋を購入するとの話を持ちかけ、男が取引場所に現れ取引が終了し車で現場から立ち去ろうとした際に身柄を確保された。

 男は取り調べに対して、長年にわたり麻薬の密売に関与し、利益は自分用の麻薬購入やサッカー賭博、遊興費にあてていたと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。