2010年06月24日

誕生1年6ヶ月目の政府に対する評価は落第点、バンコク大調査で

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールが、全国全ての地区に住む1,395人を対象に17日から20日にかけて行った、政権誕生1年6ヶ月目の満足度調査で、政府に対する評価が10点満点中3.79点と低い評価が下されていた事が明らかになった。尚、6ヶ月目の時点では4.06点、1年目の時点では3.87点の評価が下されていた。

 アピシット首相に対する評価は、1年目の調査時の点数から0.22点下げた4.48点だった。

 また、個別の満足度に関しては、外交関連が3.97点(6ヶ月:4.58、1年:3.75)と最も高く、以下、社会・生活関連が3.95点(6ヶ月:4.13、1年:3.76)、経済関連が3.78点(6ヶ月:3.95、1年:4.41)、安全保障関連が3.65点(6ヶ月:3.73、1年:3.73)、法の遵守が3.61点(6ヶ月:3.91、1年:3.71)と続く結果になった。

 更に、評価できる成果を上げた省庁に関しては、最も多い13.2%の回答者が教育省をあげ、以下、財務省(8.8%)、観光・スポーツ省(6.1%)と続く結果になった。

 一方、与野党の成果に関しては、与党第一党(民主党)に対しては4.21点(6ヶ月:4.38、1年:4.23)、連立政党に対しては3.26点(6ヶ月:3.40、1年:3.44)、野党に対しては3.36点(6ヶ月:3.46、1年:3.37)の評価が下された。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党、拘置中同盟幹部のゴーゲーオ氏のバンコク補選擁立を決定

 各報道によると、プゥア・タイ党は23日、7月25日にバンコクの第6選挙区で行われる補欠選挙に、反独裁民主主義同盟幹部で、現在拘置中のゴーゲーオ・ピグントーン氏を擁立する方針を決定した。

 当初、同じく同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏が有力と見られていたが、選挙区内の居住者要件等で欠格になる恐れがあると判断され擁立が見送られた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーム党本部前爆破、依頼者を特定 - 殺害される恐れがあるとして出頭を呼びかけ

 各報道によると、首都圏警察本部のサンターン本部長は23日、22日に発生したプームヂャイ・タイ党本部ビル前で果物等の搬送用カートから爆発が発生した事件に絡んで、自ら負傷した男にカートの持ち込みを依頼した男を特定した事を明らかにした上で、口封じの為に殺害される恐れがあるとして、自ら警察に出頭するよう呼びかけた。

 サンターン本部長によると、依頼したのはチョンブリー県シーラーチャー郡レームチャバン地区周辺に住みガムポンなる名の男で、携帯電話番号が判明しているが不通になっているという。

 また、前後して国家警察本部のアサウィン本部長補佐が、依頼した男がムゥアントーン交差点付近にあるバイクタクシースタンドのリーダーのガムポン・カムコン容疑者(42)で、バイクタクシー運転手の傍らで反独裁民主主義同盟レームチャバン支部の自警組織に幹部として参加していた事を明らかにした。

 尚、使用された爆発物に関しては、これまでの調べで、ガソリンが充填された調理用ガスボンベとTNT火薬が使用された遠隔操作式の物が使用された可能性が高い事が判明している。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13歳少年をリーダーとするバイク窃盗団を摘発、サッカー賭博の為と供述

 各報道によると、第四地区警察本部は23日、転売目的でバイクを盗んでいた容疑で13歳の少年をリーダーとする13歳から21歳の5人組の男をコーンケーン県バーンパイ郡内で逮捕した事を明らかにした。

 調べによると、5人組はバーンパイ郡や隣接する郡内で盗み出したバイクを解体しエンジンを他の盗んだバイクのものと交換した上で再度組み立て、色を塗り直した上で市場内で低価格で転売していた。

 5人組は取り調べに対して、サッカー賭博用の資金を得るために犯行に及んだと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬密売容疑で乳飲み子がいる女と妊娠4ヶ月の女を逮捕、サタヒップで

 各報道によると、チョンブリー県サタヒップ郡の麻薬取締当局は23日、囮捜査により麻薬密売容疑で乳飲み子がいる20歳の女と妊娠4ヶ月の19歳の女を逮捕し、麻薬ヤーバー錠10錠及び現金2,300バーツを押収した事を明らかにした。

 逮捕された20歳の女は取り調べに対して、3ヶ月前に出産して以来生活費の確保に困っていた為、出産準備費用に困っていた19歳の女を誘って麻薬の密売を始めた。麻薬はバーンサレー地区内で26歳の男から1錠あたり190バーツで仕入れ、230バーツから250バーツで転売していたと供述しているという。

* 報道画像
http://pics.manager.co.th/Images/553000009150701.JPEG

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服女性が兵士に強姦されたとプゥア・タイ党に訴える

 各報道によると、反独裁民主主義同盟の会員女性(40)がプゥア・タイ党を訪れ、集会の警戒に当たっていた兵士に性的暴行を受けたと訴えた。

 女性によると、5月15日18:00頃に集会会場から帰宅しようとした際に、検問所でタクシン元首相の写真や同盟の会員証を所持していたとして身柄を拘束され、その後いつになったら帰らせてくれるのかと不満混じりに叫んだところ、兵士1人に連れ出されマーブンクローンセンター近くで腹部を2回殴られた上で性的暴行を受けたという。

 また、女性によると、既に5月16日に警察に被害届を提出済みで、また児童・女性権利擁護財団を主宰するパウィーナー・ホンサグン女史にも告発したが、虚偽の告発であるとして門前払いを喰らっていたという。

 尚、プゥア・タイ党側は、警察側の対応を待つべきであるとして女性の支援要請を拒絶すると共に女性に対して次回に党を訪れる際には、他の者と同様に事前にアポイントを取ってから訪れるよう要請した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。