2010年07月20日

民主党本部に向け糞尿弾を再投下した男を逮捕、電波に邪魔された怒りから犯行に及んだと供述

 各報道によると、20日10:00前、民主党本部前に向け糞尿が入ったビニール袋を投げ込んだ45歳(報道により48歳)の男の身柄が警備員により確保され警察に引き渡された。

 身柄を確保された男は元タイ軍人銀行付運転手で、6月2日にも民主党本部前に糞尿入りのビニール袋を投げ込んだとして逮捕され、その際に家の周辺で人が吸うタバコに悩まされ区役所や警察に対策を要請したにもかかわらず一切の対応が取られていなかった事に対する怒りや政府がマスコミに偏向報道を強いている事が気に入らなかった為犯行に及んだと供述していた。

 また、男は先の犯行で裁判所から犯行を認めている事を情状酌量し禁固期間を10日から5日に減刑すると共に1,000バーツの罰金の支払いを命じる判決が下されていた。

 警察によると、男は取り調べに対して、放送局や携帯電話、警察無線から発せられる電波に悩まされており、アピシット首相に対して対策を要請したにもかかわらず一切の対応が取られていなかった怒りから再度犯行に及んだと訳の分からない事を言っているという。

 6月2日に逮捕された際にVoice TVが行なった男の元妻とのインタビューによると、男は精神疾患を患っており、約10年間精神科治療の為に入院した事があったという。

posted by Jean T. at 15:55| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、3県を対象に非常事態令を解除 - バンコクを含む16県は施行継続

 各報道によると、政府は20日開かれた閣議の席上で、現在非常事態宣言が適用されているバンコクを含む19県の内、ラムパーン県、サコンナコン県及びローイエット県を対象に非常事態宣言の適用を解除する方針を決定した。

 引き続き非常事態宣言の適用が継続されるのは、バンコク、ノンタブリー県、アユッタヤー県、パトゥムターニー県、チェンマイ県、チェンラーイ県、ウボンラーチャターニー県、マハーサラーカーム県、ノーン・ブアラムプー県、ムクダハーン県、ウドンターニー県、ナコンラーチャシーマー県、チャイヤプーム県、コーンケーン県、チョンブリー県及びサムットプラーガーン県の16県。

posted by Jean T. at 15:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャルゥム氏、TPI不起訴を決定したDSI局長を更迭せよ - 解党審理への影響は無し

 各報道によると、プゥア・タイ党下院議員団長のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉は19日、明確な証拠があるにもかかわらず民主党が絡む迂回献金の献金元とされるTPIポーリン社の不起訴を決定した法務省特別捜査局のターリット局長を政府は更迭するべきであると指摘した。

 チャルゥム警察大尉によると、自分の手元にあるTPIポーリン社からメサイア・ビジネス・アンド・クリエーション社に振り出された香港上海銀行発行の小切手を初めとする証拠だけで十分に立件可能であったと指摘した上で、仮にプゥア・タイ党が政府であれば不起訴処分を決定したターリット局長を24時間以内に更迭していたと指摘した。

 しかし、チャルゥム警察大尉は、今回の決定が憲法裁判所の民主党解党審理の行方に影響を与える事は無いとの考えを示した上で、仮に民主党に対してシロの判決が下された場合は、次期総選挙でプゥア・タイ党が300以上の議席を獲得する事になると指摘した。

posted by Jean T. at 00:37| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DSI、民主党迂回献金の献金元であるTPI社の起訴を断念

 各報道によると、法務省特別捜査局のターリット局長は19日、民主党迂回献金疑惑の献金元とされるTPIポーリン社の起訴を断念した事を明らかにした。

 問題の案件は、TPIポーリン社から広告製作費やコンサルタント料名目で提供された2億6,300万バーツの献金が、民主党所属下院議員系のメサイア・ビジネス・アンド・クリエーション社を迂回して民主党に提供され、総選挙の費用として流用されていたとされるもので、この問題に絡んで検事総局は民主党の解党を要求する訴訟を憲法裁判所に提訴している。

 ターリット局長は、当時のTPI社の会計帳簿等から同社とメサイア社との間で正当な業務契約が交わされていた事は確認出来たが、両者が共謀関係にあった事を裏付ける十分な証拠が無かった為不起訴処分にしたとした上で、解党の是非が問われている民主党を救済する思惑が今回の決定の背景に無い事を強調した。

posted by Jean T. at 00:35| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DSI、逮捕されたセーデーンの配下が武器密売にも関与 - 共犯4人の逮捕状を別途申請

 各報道によると、法務省特別捜査局のターリット局長は19日、反独裁民主主義同盟の集会期間中に発生したルンピニー公園脇の検問所に向けたM79発射等の容疑で逮捕された、カッティヤ・サワディポン少将の配下とされるスラチャイ容疑者が、武器の密売にも関与していた事を明らかにした上で、武器密売容疑で共犯の4人に対して逮捕状の発行を申請する方針である事を明らかにした。

 先にターリット局長は、同容疑者が囮捜査官に武器を引き渡していた事を非公式に明らかにしていた。

 ターリット局長によると、特別捜査局と海軍との共同で6月10日にチョンブリー県サタヒップ郡内で行われた囮捜査の際に、6万バーツの代金でライフル2挺やM79発射装置等15点の武器類がスラチャイ容疑者及び4人の共犯から囮捜査官に引き渡されいたという。

posted by Jean T. at 00:32| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新たに1人の新型インフル感染者の死亡を確認

 各報道によると、公共保健省は19日、先週一週間の間に新たに1人の新型インフルエンザ感染者の死亡を確認し、昨年4月28日から今年7月10日までの間に累計で231人の死亡を確認した事を明らかにした。

 年度別内訳では、昨年4月28日から12月31日までに197人、今年1月1日から7月10日までに34人の感染者の死亡が確認された。

posted by Jean T. at 00:30| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パトゥムターニーで駐車中の記者の車に向け銃乱射

 各報道によると、19日4:30頃、パトゥムターニー県タンヤブリー郡プラチャーティパタイ地区の民家前に駐車してあった、デイリーニュース紙とテレビ局ch7を兼務するパトゥムターニー県常駐の記者(48)の車に向け10発以上の銃弾が撃ち込まれるという事件が発生した。

 銃弾が撃ち込まれた車は今月12日に購入したものだという。

 記者は、パトゥムターニー県の常駐記者として、県内の警察高官同士の対立や違法営業をしている娯楽施設を度々告発し、その告発が当該施設の摘発に繋がっていたという。

 尚、記者自身は取材活動絡みのトラブルを抱えた事は無いと語っているという。

posted by Jean T. at 00:28| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬を客や同僚相手に密売していたカラオケ店従業員の女を逮捕

 各報道によると、チョンブリー県シーラーチャー郡の警察は19日未明、カラオケ店内で27歳の従業員の女を麻薬密売容疑で、同僚の女4人を麻薬使用の容疑で逮捕し、麻薬ヤーバー86錠及びヤーアイス1.08グラムを押収した。

 麻薬密売容疑で逮捕された女は取り調べに対して、別の場所で売春をやっていた際に知り合った客からヤーバー1錠あたり160バーツ、ヤーアイス1gあたり3,000バーツで仕入れ、客や同僚相手にそれぞれ200-250バーツ、3,500バーツで転売していたと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:26| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僧侶相手に麻薬を密売していた女及び麻薬を使用していた僧侶等5人を逮捕

 各報道によると、チョンブリー県サタヒップ郡の麻薬取締当局は19日0:00過ぎ、寺の僧侶相手に麻薬を密売していた容疑で29歳の女を僧房から出てきたところで逮捕し、僧房内にいた20歳、21歳及び26歳の僧侶、19歳及び32歳の寺の使用人の男の計5人を麻薬使用の容疑で逮捕した。

 また、僧房内で行われた家宅捜索により、拳銃や刀剣、猥褻ビデオ等が押収された。

 逮捕された僧侶の内の1人は取り調べに対して、麻薬容疑で当局から身を追われていた為、逮捕から逃れる為に6月16日に出家した。逮捕された他の者全員も同じソーイ内に住む麻薬ネットワークに属している。出家後も毎日ソーイ内に住む母親の配下の者が麻薬を持ってきてくれていたが、まさか寺院内で逮捕されるとは思わなかったと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:24| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ人女性がサムイの国立公園内で強盗被害

 デイリーニュース紙によると、19日、21歳のドイツ人女性旅行者がスラーッターニー県沖合のサムイ島の警察署を訪れ、国立公園内で2人組のタイ人の男に脅され現金7,000バーツやカメラ、携帯電話、パスポートを強奪されたと訴えた。

 女性によると、友人7人と国立公園内のヒンラート滝の上に出かけていた際に、2人組のタイ人の男に銃や刃物で脅され現金等を強奪され、その後2人組は威嚇の為に銃弾2発を空に向け発砲した上で逃走していったという。

posted by Jean T. at 00:21| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

日本人宿泊客の部屋に賊が押し入り32万円等を強奪、パッタヤーで

 プーヂャッカーン紙によると、17日夜半、チョンブリー県パッタヤー地区にあるディスカバリー・ビーチ・ホテルで、日本人旅行者の部屋に空き巣が押し入り32万円や携帯電話2台等、タイバーツにして総額約20万バーツ相当を盗まれた。

 被害にあった日本人旅行者によると、食事の為に外出し部屋に戻ってみたら、部屋に押し入った者に金品等を盗まれていたという。

 監視カメラには、野球帽をかぶった若い男が警備員がいないスキを狙ってドアをこじ開けて部屋に押し入り、約20分後に部屋から出てくる模様が記録されていた。

posted by Jean T. at 10:06| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、非常事態令の適用地域の再縮小を示唆

 アピシット首相は18日放送された定例政見放送の中で、今週中に非常事態宣言が適用されている19県の内の一部の県に対して適用が解除される見通しである事を明らかにした。

 しかしアピシット首相は、国内を騒乱状態に陥れる事を意図している過激派が依然活動しているとして、非常事態対策本部や警察に対して油断する事無く引き続き情報の収集に努めるよう伏せて指示している事を明らかにした。

 また、先に反政府感情が根強い北部や東北部訪問の意向を示していたアピシット首相は、治安当局側に負担を強いたり、衝突の発生が予想される状況下では行かない方がメリットがあるとした上で、適切な時期を見極めた上で当該地域を訪問する考えである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:53| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

80%以上の青少年が国家に誇りを持つも政治に誇りを持つ者は11%から40%台

 私立アサンプション大学が行う世論調査エーベック・ポールが、全国の小学5年生から博士課程で学ぶ学生までの23,088人を対象に今年2月から7月にかけて行った調査で、調査対象となった各学齢層の80%以上が国家に誇りを持っていると回答する一方で、政治に対して誇りを持っていると回答した者は11%から40%台の間に留まっていた事が明らかになった。

 学齢別では、5年生以上の小学生の89.3%、マタヨン課程の学生の85.7%、職業訓練課程校及び高等職業訓練課程校の学生の83.8%、大学生の88.1%、修士課程以上の学生の92.7%が国家に誇りを持っていると回答し、5年生以上の小学生の41.5%、マタヨン課程の学生の25.7%、職業訓練課程校及び高等職業訓練課程校の学生の20.9%、大学生の15.7%、修士課程以上の学生の11.3%がタイの政治に誇りを持っていると回答した。

posted by Jean T. at 00:49| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートで駅舎に向け2発のM79、人的被害は無し

 各報道によると、17日21:50頃、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内にあるタイ国鉄ブーギット駅の駅舎に向け2発のM79が連続して撃ち込まれたが、幸い人的な被害は無かった。

 調べによると、軍関係者が駅舎周辺の警戒作業中に、人数不明のグループが駅舎から約150メートル離れた路上から駅舎に向け2発のM79を連続して発射し、1発目は駅舎から約5メートル離れたプラットホーム上に、2発目は駅舎近くの軍の臨時駐屯地側にあるランプータン畑に着弾、爆発した。

 この一年の間に3回にわたり同駅及び隣接する軍の臨時駐屯地に向けたM79発射が発生していた。

 また、同県スンガイ・ゴーロック郡中心部では18日未明、カラオケ店前で食事中だった同店のマレーシア人オーナー男性(57)が銃撃を受け死亡した。一緒に食事中だったタイ人の妻(28)は難を逃れた。

 調べによると、カラオケ店前に止まった乗用車から出てきた男が,男性に向け銃弾3発を発砲した上で、車に飛び乗り逃走した。

 警察側は、事業を巡るトラブルが背景にあると見て、南部情勢絡みの犯行の可能性を含めて捜査を開始した。

 殺害された男性は、スンガイゴーロック郡内に20軒前後のカラオケ店を経営する大物投資家として知られていた。

 一方、パッターニー県メーラーン郡内では18日、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性が、何者かに銃撃され死亡した。

posted by Jean T. at 00:45| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨よけの為に大木の下に避難した夫婦が雷の直撃を受け死亡

 各報道によると、17日夕方、ピヂット県県都内で、40歳と36歳の夫婦が雷の直撃を受け死亡するという事故が発生した。

 調べによると、夫婦がアカシアの苗の上を雨よけで覆う作業をしていた際に、雨脚が強くなり大木の下に退避したところで、雷の直撃を受けた。

 当時、妻は首にステンレス製のネックレスをつけていたという。

posted by Jean T. at 00:41| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットのバッグに詰められた女性の遺体発見に絡んでアメリカ人の男を逮捕

 各報道によると、6月24日にプーケット県県都内でペーチャブーン県出身のバービアで働く女性(33)の旅行バッグに詰められた遺体が発見された事件に絡んで、警察当局は17日同県県都内の住宅地に住むアメリカ人の男(37、報道により36)を逮捕した。

 男はアメリカの元軍人で、長期旅行者として住宅地内でタイ人女性とその連れ子と一緒に暮らす一方で、ニューハーフと性交渉を持つことを好んでいたという。尚、同居していた女性と子供は既にマハーサーラーカーム県の実家に帰っているという。

 男は取り調べに対して、バーから連れ出した女性が、積み重ねてあったタオルの中に隠しておいたナイフを取り出して自分に向けてきたため、身の危険を感じてナイフを取り上げ女性を殺害し、その後遺体をカバンに詰めて遺棄したと供述しているという。

* 報道画像
http://www.dailynews.co.th/content/images/1007/18/etc./078.jpg

参考
プーケットで発見された女性のカバン詰め遺体、実行犯として変態プレイ好き外人が浮上

posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賭博の借金返済の為に約4万錠の麻薬運搬を請け負った出所したての男を逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、チェンラーイ県メーヂャン郡の警察は17日、チョンブリー県ボートーン郡在住の男(32)を麻薬所持容疑で検問所で逮捕し、豆乳の紙パックやカップ麺の容器の中に隠されていた麻薬ヤーバー39,000錠を押収した。

 男は腰から拳銃を取り出し逃走をはかろうとしたが、最終的に警察に身柄を確保された。

 男は取り調べに対して、麻薬密売・所持で服役していたチョンブリー中央刑務所から出所したばかりで職が無く、サッカー賭博で負った借金を返済する金に困って5万バーツで運搬を請け負った麻薬をチェンラーイのメーサーイからパヤオに運ぶ途中だったと供述しているという。

* 報道画像
http://pics.manager.co.th/Images/553000010482301.JPEG

posted by Jean T. at 00:32| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

1,400万ドルを資金洗浄した容疑で本国から追われていた米国人をサムイ島で逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、警察当局は17日までに資金洗浄容疑でアメリカ当局から身を追われていたアメリカ人の男(39)をサムイ島内で逮捕した。

 男は1,400万ドルを資金洗浄した容疑でアメリカ当局や国際刑事警察機構から身柄を追われており、アメリカ大使館からの逮捕協力要請に基づき捜査を行った結果、スラーッターニー県沖合のサムイ島内に潜伏している事が判明した。

 男は容疑を認めており、今後アメリカとの間で締結されている国際犯罪者引渡条約に基づき身柄送還に向けた手続きに付される事になる。

posted by Jean T. at 01:45| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険会社のビルでエアコンの室外機が爆発し作業員3人が死傷

 各報道によると、17日昼前、バンコクのプラナコン区ラーチャダムヌゥン・ノーク通り沿いにある王室資産管理局系のテウェース保険会社のビル裏手でエアコンの室外機が爆発し、修理作業中だった作業員1人が死亡し、2人(報道により3人)が負傷した。

 調べによると、ビルの裏手で空調設備の修理の為に溶接作業が行われていた際に、室外機内にあるコンプレッサーから爆発が発生した。尚、初期報道段階では、溶接作業に使用される小型のガスボンベから爆発が発生したと報じられていた。

 警察側は、死亡した作業員の作業ミスが原因で爆発が発生した可能性を含めて事故原因の解明を進めている。

posted by Jean T. at 01:43| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速道路上でプジョーが街路灯に衝突し爆発炎上、運転手が死亡

 各報道によると、17日1:00頃、バンコクを通る高速道路上で、プジョー406が街路灯に衝突した衝撃で爆発、炎上し、車内に取り残された運転手の男性が死亡した。

 折からの雨の影響で路上が滑りやすくなっていた為に、カーブを曲がりきれずに街路灯に衝突した衝撃で、車に搭載されていたLPGガスが爆発したと見られている。

posted by Jean T. at 01:40| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。