2010年07月11日

国内治安維持本部、タクシン元首相の誕生日にあわせた不穏な動きに対する監視を強化

 国内治安維持部隊指令本部のディタポン本部長は10日、タクシン元首相の誕生日である26日にあわせた不穏な動きが計画されているおそれがあるとして、監視体制を強化した事を明らかにした。

 これはINNの質問に答えたもので、先にアピシット首相が、タクシン元首相の誕生日に合わせた不穏な動きに関する具体的な情報はないものの、油断する事無く警戒を強化する考えである事を明らかにしていた。

posted by Jean T. at 01:04| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工業会議所、非常事態令延長による投資家心理への影響は不可避

 各報道によると、タイ工業会議所のパユンサック会頭は10日、非常事態宣言の発令により投資家の心理に負の影響を与えてきていたと指摘した上で、たとえ政府側が施行の対象となる県を減らして施行期間の延長を決めようとも、今後の投資家心理への影響を避けることが出来ないとの認識を示した。

 しかし、パユンサック会頭は、依然政治的な不穏な動きがある事が政府側が非常事態宣言の施行期間の延長を決定した背景にあると信じていると語り、今回の延長決定に理解を示した上で、政府側が最善を尽くして早期に問題を解決してくれるものと確信していると語った。

posted by Jean T. at 01:03| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名パブで一斉摘発、男1人を麻薬所持で逮捕し男女22人を麻薬使用の疑いで連行

 各報道によると、警察は10日0:00過ぎ、バンコクのバーンコーレーム区ヂャルゥンラート通り沿いにあるパブ"ザ・スター(旧X-Zyte)"で一斉摘発を行い、尿検査により麻薬使用の疑いがある陽性反応を示した男女22人(男7人、女15人、報道により男5人、女7人の11人)を再検査の為に連行した。

 また、駐車場に駐車してあった車の中に麻薬ヤーアイスを隠匿していた容疑で21歳の男が逮捕されている。男は、麻薬は一緒に来た友人のものであると主張しているという。

 一斉摘発が行われた当時、店内には300人前後の男女がいたが、パブへの入店が禁止されている20歳未満の者はいなかった。尚、報道によっては、20歳未満者への入店許可及び法定営業許可時間外営業で11日間の営業停止命令がパブに対して下されたとするものもある。

posted by Jean T. at 01:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミャンマー人女を麻薬密輸容疑で逮捕しヤーバー28,000錠を押収

 各報道によると、ミャンマーと国境を接するターク県メーソート郡の警察は10日、麻薬密輸容疑でミャンマー人の女(48、報道により35)をムゥーイ川の船着き場で逮捕し、菓子箱等に入れられた麻薬ヤーバー28,000錠を押収した。

 女は取り調べに対して、1万バーツで雇われて麻薬をメーソート病院内の顧客に届ける為にタイに入国した。これまでにも複数回に渡り麻薬をタイに持ち込んでいたと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:58| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラートプラーオでオンライン・サッカー賭博を摘発

 各報道によると、9日夕方、警察当局は、かねてからの内偵結果に基づきバンコクのワントーンラーン区ラートプラーオ通りソーイ88にあるタウンハウス内で家宅捜索を行い、オンラインを使用したワールド・サッカー賭博を開設、運営していた6人の男を逮捕し、コンピュータ4台、銀行通帳10冊等を押収した。

 調べによると、逮捕された6人組は、ワールドカップ・サッカーの開幕とほぼ同時に複数のオンラインを使用した賭博サイトを開設し、サイトを通じて情報を提供し賭博に参加する会員を募っていた。

 6人組が開設したサイトは全てカンボジアのポーイペートにあるサーバーを利用していたという。

posted by Jean T. at 00:56| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貴金属店に刀剣を持った2人組が押し入り、総額837,000バーツの金製ネックレス等を強奪

 各報道によると、9日夕方、刀剣を持った2人組が,バンコクのラートブラナ区スクサワット通りソーイ26にある貴金属店に押し入り、総重量にして45バーツ、総額837,000バーツの金製のネックレス等を強奪し逃走した。

 僅かに26秒間の出来事だったという。

 調べによると、バイクで店の前に乗り付けたヘルメットで顔を隠した2人組の男が店内に押し入り、当時店内に1人でいた店員に刀剣をつきつけショーケース前から追い出した上で、金製ネックレス等を強奪し逃走していった。

 警察側は、2人組が目の前にある金製ネックレス等だけを強奪していることから、強盗のプロではない者がワールドカップサッカー賭博で負った借金の返済に困って犯行に及んだ可能性もあると見て捜査を進めている。

posted by Jean T. at 00:53| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。