2010年07月19日

日本人宿泊客の部屋に賊が押し入り32万円等を強奪、パッタヤーで

 プーヂャッカーン紙によると、17日夜半、チョンブリー県パッタヤー地区にあるディスカバリー・ビーチ・ホテルで、日本人旅行者の部屋に空き巣が押し入り32万円や携帯電話2台等、タイバーツにして総額約20万バーツ相当を盗まれた。

 被害にあった日本人旅行者によると、食事の為に外出し部屋に戻ってみたら、部屋に押し入った者に金品等を盗まれていたという。

 監視カメラには、野球帽をかぶった若い男が警備員がいないスキを狙ってドアをこじ開けて部屋に押し入り、約20分後に部屋から出てくる模様が記録されていた。

posted by Jean T. at 10:06| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、非常事態令の適用地域の再縮小を示唆

 アピシット首相は18日放送された定例政見放送の中で、今週中に非常事態宣言が適用されている19県の内の一部の県に対して適用が解除される見通しである事を明らかにした。

 しかしアピシット首相は、国内を騒乱状態に陥れる事を意図している過激派が依然活動しているとして、非常事態対策本部や警察に対して油断する事無く引き続き情報の収集に努めるよう伏せて指示している事を明らかにした。

 また、先に反政府感情が根強い北部や東北部訪問の意向を示していたアピシット首相は、治安当局側に負担を強いたり、衝突の発生が予想される状況下では行かない方がメリットがあるとした上で、適切な時期を見極めた上で当該地域を訪問する考えである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:53| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

80%以上の青少年が国家に誇りを持つも政治に誇りを持つ者は11%から40%台

 私立アサンプション大学が行う世論調査エーベック・ポールが、全国の小学5年生から博士課程で学ぶ学生までの23,088人を対象に今年2月から7月にかけて行った調査で、調査対象となった各学齢層の80%以上が国家に誇りを持っていると回答する一方で、政治に対して誇りを持っていると回答した者は11%から40%台の間に留まっていた事が明らかになった。

 学齢別では、5年生以上の小学生の89.3%、マタヨン課程の学生の85.7%、職業訓練課程校及び高等職業訓練課程校の学生の83.8%、大学生の88.1%、修士課程以上の学生の92.7%が国家に誇りを持っていると回答し、5年生以上の小学生の41.5%、マタヨン課程の学生の25.7%、職業訓練課程校及び高等職業訓練課程校の学生の20.9%、大学生の15.7%、修士課程以上の学生の11.3%がタイの政治に誇りを持っていると回答した。

posted by Jean T. at 00:49| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートで駅舎に向け2発のM79、人的被害は無し

 各報道によると、17日21:50頃、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内にあるタイ国鉄ブーギット駅の駅舎に向け2発のM79が連続して撃ち込まれたが、幸い人的な被害は無かった。

 調べによると、軍関係者が駅舎周辺の警戒作業中に、人数不明のグループが駅舎から約150メートル離れた路上から駅舎に向け2発のM79を連続して発射し、1発目は駅舎から約5メートル離れたプラットホーム上に、2発目は駅舎近くの軍の臨時駐屯地側にあるランプータン畑に着弾、爆発した。

 この一年の間に3回にわたり同駅及び隣接する軍の臨時駐屯地に向けたM79発射が発生していた。

 また、同県スンガイ・ゴーロック郡中心部では18日未明、カラオケ店前で食事中だった同店のマレーシア人オーナー男性(57)が銃撃を受け死亡した。一緒に食事中だったタイ人の妻(28)は難を逃れた。

 調べによると、カラオケ店前に止まった乗用車から出てきた男が,男性に向け銃弾3発を発砲した上で、車に飛び乗り逃走した。

 警察側は、事業を巡るトラブルが背景にあると見て、南部情勢絡みの犯行の可能性を含めて捜査を開始した。

 殺害された男性は、スンガイゴーロック郡内に20軒前後のカラオケ店を経営する大物投資家として知られていた。

 一方、パッターニー県メーラーン郡内では18日、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性が、何者かに銃撃され死亡した。

posted by Jean T. at 00:45| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨よけの為に大木の下に避難した夫婦が雷の直撃を受け死亡

 各報道によると、17日夕方、ピヂット県県都内で、40歳と36歳の夫婦が雷の直撃を受け死亡するという事故が発生した。

 調べによると、夫婦がアカシアの苗の上を雨よけで覆う作業をしていた際に、雨脚が強くなり大木の下に退避したところで、雷の直撃を受けた。

 当時、妻は首にステンレス製のネックレスをつけていたという。

posted by Jean T. at 00:41| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットのバッグに詰められた女性の遺体発見に絡んでアメリカ人の男を逮捕

 各報道によると、6月24日にプーケット県県都内でペーチャブーン県出身のバービアで働く女性(33)の旅行バッグに詰められた遺体が発見された事件に絡んで、警察当局は17日同県県都内の住宅地に住むアメリカ人の男(37、報道により36)を逮捕した。

 男はアメリカの元軍人で、長期旅行者として住宅地内でタイ人女性とその連れ子と一緒に暮らす一方で、ニューハーフと性交渉を持つことを好んでいたという。尚、同居していた女性と子供は既にマハーサーラーカーム県の実家に帰っているという。

 男は取り調べに対して、バーから連れ出した女性が、積み重ねてあったタオルの中に隠しておいたナイフを取り出して自分に向けてきたため、身の危険を感じてナイフを取り上げ女性を殺害し、その後遺体をカバンに詰めて遺棄したと供述しているという。

* 報道画像
http://www.dailynews.co.th/content/images/1007/18/etc./078.jpg

参考
プーケットで発見された女性のカバン詰め遺体、実行犯として変態プレイ好き外人が浮上

posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賭博の借金返済の為に約4万錠の麻薬運搬を請け負った出所したての男を逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、チェンラーイ県メーヂャン郡の警察は17日、チョンブリー県ボートーン郡在住の男(32)を麻薬所持容疑で検問所で逮捕し、豆乳の紙パックやカップ麺の容器の中に隠されていた麻薬ヤーバー39,000錠を押収した。

 男は腰から拳銃を取り出し逃走をはかろうとしたが、最終的に警察に身柄を確保された。

 男は取り調べに対して、麻薬密売・所持で服役していたチョンブリー中央刑務所から出所したばかりで職が無く、サッカー賭博で負った借金を返済する金に困って5万バーツで運搬を請け負った麻薬をチェンラーイのメーサーイからパヤオに運ぶ途中だったと供述しているという。

* 報道画像
http://pics.manager.co.th/Images/553000010482301.JPEG

posted by Jean T. at 00:32| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。