2010年07月22日

多くが景気が悪化し物価が上昇すると認識、ABAC調査で

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、12県内在住の15歳から60歳までの回答者2,250人を対象に16日から20日にかけて行った調査で、半数を超える54.9%の回答者が今期上半期よりも景気が今後悪化すると回答し、更に78.8%の回答者が向こう3ヶ月の間に物価が上昇すると回答していた事が明らかになった。

 尚、景気に関しては、33.9%の回答者が上半期と同じ水準を保つ、11.2%の回答者が上半期よりも景気が上昇すると回答し、また向こう3ヶ月間の物価に関しては、14.9%の回答者が同水準、6.3%が低下すると回答した。

 また失業率に関しては、48.7%の回答者が好転する、43.8%の回答者が同水準、7.5%の回答者が悪化すると回答し、また世帯収入に関しては、48.1%の回答者が悪化する、41.6%の回答者が同水準、10.3%の回答者が好転すると回答した。

 一方、57.8%の回答者がお金を貯めていないと回答、42.2%の回答者がお金を貯めていると回答し、またお金を貯める手段に関しては、上位から銀行預金、保険、宝くじと続く結果になった。

 また、仕事・生業に対する幸福量は10点満点中6.82点と、現在の仕事や生業に対して概ね満足しているという結果になった。

posted by Jean T. at 00:55| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟顧問弁護士、セーデーンの本物の右腕を紹介するとの発言は単なる冗談

各報道によると、反独裁民主主義同盟顧問弁護士のカーロム・ポンタグラーン氏は21日、カッティヤ・サワディポン少将の本物の右腕とされる人物を伴い今週中に記者会見を開くとする20日の発言は、単なる冗談で、そのような記者会見を開く予定が無い事を明らかにした。

 カーロム氏によると、当局側がこれまでに逮捕された複数の人物に対して、ぞれぞれカッティヤ少将の右腕であると発表していた事を皮肉る為に、プゥア・タイ党側も本物の右腕の存在を暴露しなければならないと発言した事がマスコミに誤解して受け止められただけで、そのような人物も存在を認知しておらず、また記者会見を開いて右腕を紹介する考えも無いのだという。

posted by Jean T. at 00:52| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑裁、タクシン元首相がガシット外相を相手取った名誉毀損訴訟の受理を決定

 各報道によると、刑事裁判所は21日、タクシン元首相がガシット外務大臣以下3名を相手取り提訴していた名誉毀損訴訟の受理を決定した。

 タクシン元首相側は、2008年11月に首相官邸を占拠して行われていた民主主義市民連合の集会の演台上で、当時連合の主要な論客の1人だったガシット外務大臣が、受刑者たるタクシン元首相はあらゆる手段を講じてタイを自分の財産にしようとしていると発言し、更にその発言がASTVを通して生中継された事により名誉を毀損されたとして訴えていたもので、刑事裁判所は訴訟の受理を決定すると共に9月6日9:30に第一回公判を開く方針を決定した。

 尚、ガシット外務大臣のタクシン元首相が南部のムスリムを根絶やしにしようとしたとする発言や麻薬撲滅戦争で虐殺を行ったとする発言により名誉を毀損されたとしてタクシン元首相が訴えている件に関しては、刑事裁判所は、当該発言が公人だった人物に対する論評行為に該当すると判断し訴訟の不受理を決定している。

posted by Jean T. at 00:50| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク第6地区補選は民主候補が優勢、ドゥシット及び公安調査で

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが、25日に補欠選挙が行われるバンコク第6選挙区在住の有権者2,519人を対象に、17日から18日にかけて行われた期日前投票日及び同投票日前に行った調査で、51,05%の回答者が民主党所属のパニット・ウィギットセート氏に投票すると回答し、34.30%が投票すると回答したプゥア・タイ党所属のゴーゲーオ・ピグントーン氏を引き離していた事が明らかになった。

 尚、10.20%の回答者が投票をする人を未だ決めていないと回答した。

 また、民主党及びプゥア・タイ党を除く政党から出馬している4人の候補者の何れかに投票すると回答した者は僅かに1%で、誰にも投票しないと回答した3.77%をも下回る結果になった。

 一方、公安警察局は21日、独自に行った調査により第6選挙区の民主党とプゥア・タイ党の候補者に対する支持率がそれぞれ60%及び40%という結果が出た事を明らかにした。

 公安警察局によりと、投票日前日まで2日単位で支持率動向に関する調査結果を発表する予定だという。

posted by Jean T. at 00:46| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売春代金の一部を踏み倒したゲイを殺害した男を逮捕

 各報道によると、パトゥムターニー県の警察は21日、今月7日にゲイの男性(36)を殺害した容疑で28歳の男を逮捕した。

 男は取り調べに対して、男性とは3日にFacebookを通して知り合い、一回につき1,500バーツで関係を持つことで合意し、一緒にランシットのフューチャー・パークで食事をしたり映画を見たりした後に男性と関係を持ったが、翌日になって男性は約束していた1,500バーツの内1,200バーツしか支払わなかった。その後5日に再度化粧品を取りに来たと行って男性が家に現れたため、残りの金額を支払うよう催促したところ、一緒に寝た後で払うと言って無理矢理服を脱がそうとしてきたため、男性を刃物で刺し殺害してしまったと供述しているという。

* 逮捕された男
http://www.khaosod.co.th/show_image.html?image=online/2010/07/12796992371279699483l.jpg

posted by Jean T. at 00:43| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー運転手から性的暴行を受けた女性が住民に救出される

 各報道によると、21日未明、バンコクのラートブーラナ区スクワワット通りソーイ11内で、タクシー車内で運転手から性的暴行を受けていた女性が住民等に救出されるという事件が発生した。

 女性を救出した住民によると、ソーイ内に駐車してあったタクシー車両から争う音や女性の悲鳴が聞こえたため救出に向かったところ、女性に暴行していた30歳位の運転手が女性を足蹴にして車外に放り出すと共に逃げようとした為、刃物を持った住民が車の後部を刃物で突くなどしながら追いかけたが逃げられたという。

 救出された女性は、家に帰ってシャワーを浴び着替えてから警察に被害届を出すと言ってバイクタクシーに乗って帰宅したが、その後所轄署には被害届の提出に現れていないという。

posted by Jean T. at 00:39| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15歳少女が合意の上で18歳男と性的関係、両親は男に対する法的処分を要求

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、20日1:00頃、46歳と41歳のブリラム県出身の建設作業員夫婦がチョンブリー県パッタヤー地区の警察を訪れ、15歳になる娘が男に誘惑され貸し室内で性的関係を持ったと訴えた。

 この訴えに基づき少女と共に貸し室内にいるところで身柄を確保された、ナコンラーチャシーマー県出身の18歳の男は取り調べに対して、2人は愛し合っており、合意の上で1回だけ性的関係を持ったが強姦したり、無理強いをした覚えは無いと供述し、一緒にいた少女も男の供述は事実であると主張しているが、少女の両親側は、まだ少女が結婚適齢期には無いとして警察に対して男に対する法的処分を要求しているという。

* 報道画像
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/07/pdn1103.jpg

posted by Jean T. at 00:34| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。