2010年07月24日

連合が政府に最終警告、領土をカンボジアから死守せよと

 各報道によると、民主主義市民連合は23日、政府に対してカンボジアとの間で係争を抱えている地上及び海上のタイの主権を死守せよとする最終警告を政府に突き付けた。

 最終警告の中で連合は、25日に開かれる第34回世界遺産会議に絡んで、フランスが一方的に線引きをしたカオプラウィハーン遺跡周辺の国境線を無効化し、タイ領土内に侵入しているカンボジアの国民や軍を放逐し主権を守ると共にタイ湾のエネルギー資源から得られる恩恵を確保する為に海上主権の死守に努めるよう要求している。

 連合によると、世界遺産会議でカオプラウィハーン遺跡の世界遺産登録が認められることにより、カンボジア側にタイ領土占有のきっかけを与える事に繋がるおそれがある事から、政府側は世界遺産会議に代表を送りカオプラウィハーン遺跡の世界遺産登録を徹底的に阻止するべきだという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DSI、セーデーンのもう1人の右腕を逮捕

 各報道によると、法務省特別捜査局は23日までに武器密売及びテロ容疑で、カッティヤ・サワディポン少将に近い男の身柄を確保した模様。

 各報道が一斉に特別捜査局筋からの情報として伝えたところによると、逮捕された男は、プラヂュッアプキーリーカン県プラーナブリー郡内にある第15歩部隊シースリヨータイ基地に所属するゴップことラチョット・ウォンヨート伍長で、軍から特別捜査局に身柄が引き渡された。

 ラチョット伍長には、先に反独裁民主主義同盟の集会期間中に発生したルンピニー公園脇の検問所に向けたM79発射及び武器密売等の容疑で逮捕されたスラチャイ・テーワラット容疑者と共にテロや武器密売に関与した容疑が持たれている。

 一部報道によると、ラチョット伍長はカッティヤ少将の運転手だった事があるという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パトゥムターニーの私大前で女子学生同士の喧嘩で1人が刺され死亡

 カーオソット紙によると、23日、パトゥムターニー県クローンヌゥン地区の私立バンコク大学近くの食堂で女子学生同士の喧嘩が発生し、その際に同大学3年の女性(21)が胸部等を刺され死亡した。

 同じ大学に通う友人女性(21)によると、死亡した女性を含む女の友人7人で寄宿舎前の食堂で食事中に、別のテーブルで食事中だった同じ大学の3人組の女の内の1人が自分たちのテーブルのところに来て、静かにしてくれないかと文句を行ってくると共に10人くらいの仲間の女を呼んでテープルをひっくり返すと共に暴行を振るって来た事から両者入り混じった喧嘩になり、その際に相手側の内の1人の女が刃物で女性を刺したという。

 警察によると、相手側のグループは酒に酔っており闘志満々で女性のグループに暴力を仕掛けてきたという。

 また、警察によると、事件が発生した食堂があるソーイ内の寄宿舎内で血痕が確認された事を受け、居住者に対する捜査を行うと共に血痕のDNA鑑定を行う方針だという。

* 事件が発生した食堂
http://www.khaosod.co.th/show_image.html?image=online/2010/07/12798762791279876414l.jpg

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国に古式マッサージの仕事があると騙し売春を強要していた女を逮捕

 カーオソット紙によると、イサラ社会開発・人間の安全保障大臣は23日、韓国に古式マッサージの仕事があると騙して韓国に送り込んだ女性に売春を強要していた容疑でナコンパノム県出身の40歳の女を逮捕した事を明らかにした。

 被害にあった女性によると、女及びその仲間から韓国に月あたり5万から7万バーツ稼げる古式マッサージの仕事があると言われ、友人2人を誘って3人で合計30万バーツを支払って韓国に行ったところ、韓国の受け入れ先のマッサージ店のオーナーからパスポートを取り上げられ、逃げられないように鉄柵が張り巡らされた部屋に住まわされた上で24時間休み無しで売春をするよう強要されたという。

 女は取り調べに対して、9年前に韓国国内の製造業で働いた経験がある為、女性から韓国国内で働くことについて相談を受けたが、仕事を斡旋したり、斡旋料を受け取った覚えが無く、何故自分が訴えられたのか分からないと語り容疑を否認しているという。

* 報道画像
http://www.khaosod.co.th/show_image.html?image=online/2010/07/12798733901279876522l.jpg

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バス停に縛り付けられていた女性を保護、背後に僧侶との関係と主張も過去に精神科の通院歴

 各報道によると、23日2:30頃、バンコクのラートプラーオ区ヂャラケーブワ地区で、バス停脇の広告看板に手足を縛り付けられ放置されていた38歳の女性が通報を受けた警察官により保護された。

 現場は、ラートプラーカオ寺前のバス停。

 保護された女性は警察に対して、ラートプラーカオ寺内で水浴中に寺の僧侶の弟に身柄を取り押さえられ手足を縛られた上でキャスターに乗せられ寺前のバス停まで連れてこられ、そこで広告看板に縛り付けられたと語っているという。

 女性によると、男の兄である僧侶とは2年前から男女の関係にあり、最近になってその僧侶が別の女性と逢い引きをしていたという。

 件の僧侶に関しては、予てから女性関係絡みの苦情が住民から寺に寄せられていたという。

 警察側は、女性の証言に基づき寺側に事実関係の確認を要請すると共に、女性には過去に精神科の通院歴があり、また精神不安定な状態にあることから、女性を病院に送致し精神科の検査を受けさせる方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。