2010年07月26日

70%以上が消費税上げに反対、37%強が政府の安定性に対する確信が低下

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、12県内在住の15歳から60歳までの回答者2,250人を対象に16日から24日にかけて行った調査で、71.8%の回答者が付加価値税の税率上げに反対すると回答し、税率上げを支持すると回答した者が僅かに2.8%に留まっていた事が明らかになった。

 尚、25.4%の回答者が回答を保留した。

 また、48.8%の回答者が今期下半期の個人収入が上半期より減少する、43.7%が同水準、7.5%が増加すると回答し、世帯収入に関しては、48.0%の回答者が上半期より減少する、41.7%が同水準、10.3%が増加すると回答した。

 一方、政府の安定性に関する確信度に関しては、47.2%の回答者がこれまで通りと回答し、37.2%の回答者が低下した、15,6%の回答者が向上したと回答した。

posted by Jean T. at 01:45| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域リーダーは民主党支持が上回るも一般住民は民主・タイ党支持がほぼ横並び

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが全国のガムナン、村長、タムボン行政機構評議会議員等の地域リーダー865人及び一般住民1,898人を対象に6月から7月にかけて行った調査で、現在選挙が行われるとしたらどの政党の候補者に投票するかとの質問に対して、地域リーダーの内民主党候補者に投票すると回答した者が34.9%で、11.7%だったプゥア・タイ党候補者に投票すると回答した者を上回る一方で、一般住民に関しては、民主党候補者及びプゥア・タイ党候補者に投票すると回答した者がそれぞれ32.5%と31.9%とほぼ横並びの結果になっていた事が明らかになった。

 尚、地域リーダーの内12.9%の回答者が両党以外の党に投票する、40.5%の回答者がまだ投票する党を決めていないと回答し、また一般住民の10.7%が両党以外の党に投票する、24.9%の回答者がまだ投票する党を決めていないと回答した。

 しかし、地域リーダーを対象にいま選挙が行われるとしたら他人に投票に行くよう勧めるかと質問したところ、57.9%が勧めないと回答し、勧めると回答した者は42.1%という結果になった。

posted by Jean T. at 01:44| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補欠選挙、約15,000票差で民主党候補が当選を決める

 選挙委員会が25日発表したバンコク第6選挙区で25日行われた補欠選挙の非公式集計によると、民主党所属のパニット候補が96,480票を獲得し、81,776票を獲得したプゥア・タイ党所属のゴーゲーオ候補を引き離し当選を決め第6選挙区内の民主党の議席を維持した。

 投票率は49.5%だった。

posted by Jean T. at 01:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーでロシア人夫婦が引ったくりと格闘、夫が刺され負傷

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、25日朝、30歳と32歳のロシア人夫婦がチョンブリー県パッタヤー地区警察署を訪れ、妻の金製ネックレスを引ったくろうとした2人組の男と格闘になった際に夫が刃物で頭部等を刺され負傷したと訴えた。

 夫婦によると、外出中にバイクに乗った20歳から25歳位の2人組の男が通り過ぎざまに妻の金製ネックレスを奪おうとしたため、夫が防御に入ると共に2人組を取り押さえようとした際に刃物で刺されたという。

 訴えを終えた後に妻は、昨年にもバッグの引ったくり被害にあい常日頃から警戒を怠っていなかった事を明らかにした上で、国際観光地であるパッタヤー警察の犯罪抑止能力に対して不満を述べていたという。

* 英語版では不満を述べていたのが夫という事になっていますが、オリジナルと思われるタイ語版に基づき妻としてあります。

posted by Jean T. at 01:36| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。