2010年08月22日

フンセン首相、ASEMの場でアピシット首相と直接協議の用意

 各報道によると、カンボジアのプノンペンポスト紙は21日までに同国外務省報道官の言として、フンセン首相が、今年10月にベルギーで開催されるアジア欧州会合の場で国境紛争問題に関してアピシット首相と直接協議を行う用意があることを明らかにしたと報じた。

 カンボジア側は、第三者が介在しない二国間の直接協議を希望しているという。 

 これに先立ち、東南アジア諸国連合のスリン事務局長がカンボジアを訪問した際に、アジア欧州会合の場を利用して両国首脳間で国境紛争問題解決に向けた協議を行うべきであると提案していた。

posted by Jean T. at 01:20| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクで72歳女性が殺害、ミャンマー人の元使用人女が関与していると見て捜査

 各報道によると、21日朝、バンコクのプラナコン区にある印章・看板店が入居するビルの3階で、店主の母親でもある72歳の女性が両手を両足を縛られた状態で死亡しているのが発見された。

 死後6時間以上と見られ、また遺体に外傷や暴行を受けたあとが無かったことから、枕を顔に押しつけられたことによる窒息死と見られている。

 また、店主(54)によると、初期段階の調査で少なくとも金製アクセサリーやお守り等4万バーツ以上の金品が盗まれたと見られている。

 警察は、店主の証言から、2-3ヶ月前に店を辞めたミャンマー人の元使用人女(23)が犯行に関与していると見て捜査を開始した。

 店主によると、女は使用人として働いていた際に、病気で伏せっていた女性の面倒を見ており、また3-4日前に店に現れ再雇用を願い出ていたという。

posted by Jean T. at 01:16| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーで38歳女性を強姦しようとした男が住民等から袋だたきにあう

 各報道によると、21日2:00(報道により1:00)過ぎ、チョンブリー県パッタヤー地区内で、39歳女性宅に押し入り強姦しようとした男(29)が、住民等に取り押さえられ袋だたきにされた上で駆けつけた警察官に身柄を引き渡された。

 被害にあった、市場内で食料品を販売している女性によると、夫の為に部屋の鍵を掛けないで寝込んでいた際に、部屋に押し入った男から口を塞がれた上で性的暴行を受けそうになった為、大声で助けを求めたところ、住民等が救出に来たため男は脱ぎ捨てた服を手に逃走して行ったという。

 また女性によると、声をあげて助けを求めた際に男から顔面を殴られたり首を絞められる等の暴行を受けたという。

 男は取り調べに対して、部屋には入ったが言われているような性的暴行を加えようとした覚えは無いと主張しているという。

 男が取り調べの際に容疑を否認した際に、警察に駆けつけた女性の夫(39)がキレて男の顔面にパンチを喰らわす場面も見られたという。

* 報道画像
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/08/pdn61031.jpg

posted by Jean T. at 01:13| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15歳少女が実父から性的暴行を受けたと訴える、実父は容疑を全面的に認める

 各報道によると、21日、15歳の少女が28歳の姉に伴われラムパーン県のムゥアン・パーン郡警察署を訪れ、実父から性的暴行を受けたと訴えた。

 少女によると、5年前に一度酒に酔った父親から性的暴行を受けていたが、前日になって再度父親から暴力をふるわれた上で性的暴行を受けた為耐えられなくなり姉に事情を話した上で警察に訴えたという。
 
 少女によると、母親は1歳の時に亡くなっていたという。

 その後警察に出頭してきた父親は警察に対して容疑を全面的に認める供述を行っているという。

posted by Jean T. at 01:07| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。