2010年08月26日

ヂャトゥポン氏、死の商人と面会したシリチョーク氏を権利乱用で罷免請求

 各報道によると、プゥア・タイ党所属議員で反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、武器密売等の容疑で拘束されている死の商人ことビクトル・ボウト被告と面会したとされる、首相側近のシリチョーク・ソーパー氏を権利乱用で罷免請求する方向で調整する考えであることを明らかにした。

 これは、ボウト被告の顧問弁護士の発言を追認する形でシリチョーク氏が4月11に同被告と面会していたことを認めたことを受けたもので、ヂャトゥポン氏は、シリチョーク氏が下院議員という立場を利用して面会時間外に同被告と面会するという規則違反を犯したと指摘した上で、アピシット首相に対して適切な措置をシリチョーク氏に対して講じるよう要求すると共に、同氏の罷免請求を視野に党の法務チームと今後の対応について協議する考えであることを明らかにした。

 尚、シリチョーク氏側は、下院議員としての職務としてボウト被告と面会したことは認めたが、面会は通常の手続きを経て所定の面会時間内に行われており、また言われているような同被告が絡む武器の流れとタクシン元首相とを結びつける意図は無かった語っている。

 また、ボウト被告の顧問弁護士も、シリチョーク氏が同被告と面会した際にタクシン元首相とを結びつけるような話が一切出ていなかったことを確認している。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア、フンセン首相がタイ人3人の釈放を命じたとの報道を否定 - スリン県知事は26日の釈放を確認

 各報道によると、カンボジアの首相府付き報道官は25日朝までに、フンセン首相が、狩猟中に国境線を越えたとしてカンボジア当局に拘束された3人のタイ人の釈放を命じたとの報道を否定した。

 同報道官によると、フンセン首相は司法に介入する権限を持っておらず、2-3日以内に3人を釈放するよう命じたという報道はタイ側によって捏造されたものだという。

 しかし、スリン県のラピー知事は25日午後、カンボジア側に拘束されている3人のタイ人が26日に釈放される予定になっていることを明らかにした上で、身柄引き取りの為に同日10:00に同国のシエムリアップに赴く予定であることを明らかにしている。

 既にフンセン首相が3人の釈放許諾署に署名しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14-15歳位の少年、盗難防止用の電流柵に接触し感電死

 プーヂャッカーン紙によると、25日、ソンクラー県ハートヤイ郡の民家裏で、見慣れない14歳から15歳位の少年が感電により死亡しているのが発見された。

 これまでの調べで、前日22:30頃に現場に近い線路脇を歩いていたのが目撃されていた3人組の少年の内の2人が大急ぎで逃げていくのが確認されている。

 近隣住民によると、飼育されているアヒルや鶏、炊飯や調理用の鍋が盗まれるという事件が頻発していたことを受け、現場周辺に220Vの電流を流した鉄線を張り巡らしていたことから、少年が電流が流れていることを知らずに鉄線に接触したことにより感電死したものと見られている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイの警察、麻薬密売容疑でオーストリア人を逮捕

 ネーション系のタイ語速報によると、チェンマイ県県都の警察は25日までにオーストリア人の男(39)を販売目的で麻薬を所持していた容疑で逮捕し、ヘロイン163.62グラムを押収した。

 調べによると、男は、県都内中心部の娯楽施設や駐車場で主に外国人観光客相手に麻薬を密売していたとされ、男が小型トラックで駐車場に入ったところで警察が車内の捜索を行い、ヘロインが発見されたところで逮捕となった。

 男は取り調べに対して、チェンラーイ県内で姓名不詳のタイ人から麻薬を仕入れ、ジェーと名乗る本名不明の40歳の外国人の男に10万バーツで転売する為に麻薬を運搬する途上だったと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタルンで貸金業の男性が自宅前で刺殺

 各報道によると、25日、パッタルン県クワンカヌン郡内にある店舗兼住宅前で、家主の男性(19)が何者かに刺され死亡し、恋人の女性が重傷を負うという事件が発生した。

 調べによると、男性は貸金業を営んでおり、学校に通っている恋人と共に帰宅し門の鍵を開けようとしていた際に、バイクに乗った2人組の内の1人が男性や恋人を刃物で刺した上で逃走した。

 警察は、男性が絡む高利での貸借関係、ないしは男女関係のもつれが事件の背景にあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4-5歳の甥に麻薬を運ばせていた25歳女を逮捕

 各報道によると、チョンブリー県サタヒップ郡の麻薬取締当局は24日、4-5歳の甥2人に麻薬を運ばせていた25歳の女を逮捕し、麻薬ヤーバー25錠や2,200バーツの現金を押収した。

 この逮捕は、麻薬使用の容疑で逮捕された男の供述により女が仕入れ元として浮かび上がったことを受け行われた囮捜査により実現したもので、女は4-5歳の子供2人に麻薬を持たせて取引場所に向かわせ麻薬を引き渡そうとした。

 子供によると、叔母でもある女は飴玉だと言って麻薬を持たせていたという。

 女は取り調べに対して、生まれたばかりの子供の養育費を稼ぎ出すために、甥に麻薬を持たせて取引するという方法で麻薬を密売していた。麻薬は20歳位の男から180バーツで仕入れ、220バーツから250バーツで転売していたと供述しているという。

* 家宅捜索の様子
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/08/pdn558.jpg

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。