2010年08月28日

ヂャトゥポン氏、キングパワー爆破はバンコク地方選の票誘導を意識したもの

 各報道によると、プゥア・タイ党所属議員で反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は27日、前日深夜に発生したキングパワー前爆破事件は、29日に行われるバンコク行政評議会議員及び区議会議員選挙の票誘導を意識したものであると指摘した。

 ヂャトゥポン氏は、バンコク第6選挙区で行われた下院補欠選挙の前にもキングパワー前で爆発が発生していたと指摘した上で、赤服軍団の仕業であるとの印象を植え付けることによる票の誘導を意図している勢力が、政権に近く、爆発物を仕掛けやすいキングパワーをターゲットに利用したと指摘した。

 ヂャトゥポン氏によると、キングパワーは部外者の立ち入りは難しいものの、政権に繋がる者なら容易に立ち入ることが出来るという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

非常事態対策本部、キングパワー爆破の背景に29日のバンコク地方選

 各報道によると、非常事態対策本部本部長を兼務するステープ副首相は27日、前日23:00過ぎに発生したキングパワー前爆破に絡んで、29日に行われるバンコク行政評議会議員及び区議会議員選挙が爆破の背景に関係していると見て警察側が捜査を進めていることを明らかにした。

 また、爆破現場周辺に設置された監視カメラが機能していなかったり、実行犯特定に結びつく映像を記録していなかったことを受け、関係機関に対してバンコク全域に設置されている監視カメラの設置場所の見直しや改善を命じると共に29日のバンコク行政評議会議員及び区議会議員選挙まで緊密に情勢を監視するようウィチヤン次期国家警察本部長候補に命じたことを明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイカー使用者からの不評を受けBRTの新路線計画を見直す可能性

 各報道によると、バンコクのティーラチョン副知事は27日、鳴り物入りで登場した特別高速バス(BRT)の新路線設置計画の見直しを行う可能性があることを明らかにした。

 ティーラチョン副知事によると、この措置は、先にマイカー使用者を対象としたアンケート調査で60%の回答者がBRTに不支持を表明していたことを受けたもので、仮に再度の調査で大多数がBRTに不支持を表明した場合は、高速度電化鉄道の設置が計画されている路線と競合する路線を中心に新路線設置計画の白紙撤回を視野に計画を見直す考えだという。

 見直しの対象になる路線には、モーチットからヂェーンワッタナの合同庁舎行き、ミンブリーから同合同庁舎行きが含まれる見通しだという。

 また、同副知事は、9月1日から12月31日まで一律10バーツのBRT乗車料金、来年1月1日から乗車距離に応じて12バーツから20バーツの間で変動する乗車料金を徴収することを確認した。

 同副知事によると、1枚のチケットの返却により戻される1バーツのデポジットの社会貢献の為の寄付を利用者に呼びかける予定で、4ヶ月間で200万バーツの寄付が集まる見通しだという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラートの畑内で2人の惨殺体、運搬中の700万バーツのタバコがトラックもろとも不明

 各報道によると、27日朝、ナコンラーチャシーマー県スーンヌゥン郡内を通るミトラパープ通り脇のタピオカ畑内で、38歳と18歳の男性が頭部を銃で撃たれ死亡しているのが発見された。死後4時間以上と見られている。

 遺体は何れも、口や目をテープで塞がれ、手には手錠がかけられていた。

 遺体で発見された2人はトラック運転手と助手で、352箱、総額700万バーツ以上のタバコをコーンケーン県内に送り届ける途上で被害にあった。

 警察は、総額700万バーツ強のタバコを積載したトラックの所在が不明になっていることから、予め2人がタバコを運搬中であることを知っていた2人以上の者が犯行に関与していると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラヨーンでATM機1台が機械ごと盗まれる、被害総額は400万強

 各報道によると、27日2:00頃、ラヨーン県県都内のスクムウィット通り沿いにあるアユッタヤー銀行支店前に設定されていた2台のATM機の内の1台が機械ごと何者かに盗まれるという事件が発生した。

 盗まれたATM機内には、約430万バーツの現金が入っていたと見られている。

 当時現場周辺には強い雨が降っており、またATM機前に乗り付けた5人が乗った小型トラックから2人の黒い服を着込み覆面をした男が降りるところや、当該小型トラックに布に包まれたATM機と思われる物が積み込まれているところが目撃されている。

 尚、ネーション系の英語報道は、僅か15分間の間にATM機が盗まれたが、当時強い雨が降っていた為目撃者はいなかったと報じている。

 警察は、被害にあった銀行支店長の証言や、2台の監視カメラを使用不能にしたり紙をかぶせた上で犯行に及ぶ等の手口から、銀行内部に詳しい者が犯行に関与していると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム代をくれなかったことで暴れた戦闘ゲーム中毒の少年、止めに入った警官を刺す

 各報道によると、26日17:30頃、ピヂット県バーンムーンラマーク郡内で、マタヨン課程2年(日本の中2にほぼ相当)の少年が、ゲーム代をくれなかった祖父(74)に暴行を加えていた際に止めに入った巡査部長(49)を刃物で刺し負傷させた。

 警察は、巡査部長を刺した後に興奮状態にあった少年をゲーム店に連れて行き、そこで少年がはまっていた戦闘ゲーム"Special Force(SF)"をプレイさせ少年の気を落ち着かせた上で少年の身柄を確保し警察署に連行した。

 調べによると、少年はゲーム代をくれなかった祖父に暴行した上で、家の中から刃物を取り出して祖父を刺そうとした際に止めに入った巡査部長を刺し負傷させた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋人と遊ぶ為の金欲しさに麻薬を密売していたベトナム人男を逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、首都圏警察本部は27日、26日に囮捜査によりベトナム人の男を麻薬密売容疑で逮捕し、麻薬ヤーバー20,400錠を押収したことを明らかにした。

 男は取り調べに対して、押収された麻薬は、警察から追われていた小型トラックから投げ捨てられたもので、麻薬1錠あたり100バーツで転売し、売り上げはフューチャーパーク・ランシットにいる恋人と遊ぶために使用していたと供述しているという。

 男は約7ヶ月前にタイに密入国し、その後レストランの配車係として働いていたが、捨てられた麻薬を拾ったのを機に仕事を辞めていたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受刑者からの指示で麻薬を運搬していた3人を逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、麻薬防止取締警察局は26日夜、チャチュゥンサオ県県都内で囮捜査により35歳、31歳及び20歳の男3人を販売目的で麻薬を所持していた容疑で逮捕し、麻薬ヤーバー1,262錠やヤーアイス10.99グラム、現金8万バーツを押収したことを明らかにした。

 31歳の男は取り調べに対して、服役中のベーンなる男からの電話注文に応じて、チャチュゥンサオ県内の路上で受け取った麻薬を別の場所の路上脇に投げ捨てるという方法で麻薬の運搬を請け負っていた。これまでに1回につき1,000バーツの報酬で5-6回麻薬を運搬してきたと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。