2010年08月29日

首相のウォールペーパー、元首相と武器密取引との関係を問いただしたことを認める

 各報道によると、アピシット首相側近のシリチョーク・ソーパー氏は28日、死の商人ことビクトル・ボウト被告と面会した際に、タイ国内で摘発された武器密輸に関与していたグルジア籍航空機絡みでタクシン元首相と武器密取引との関係について質問したことを認めた。

 これは、前日にボウト被告が妻を通して外国人記者クラブで発表した、自らに持たれている容疑は全てアメリカによりでっち上げられたものであるとする声明文の中で、アピシット首相の側近(シリチョーク氏)と面会した際に、タクシン元首相と武器密取引との関係について質問を受けていたことを明らかにした事を受けたもので、シリチョーク氏は、同元首相が訪問していたスリランカの野党議員から提供された情報に基づいて、昨年12月12日にタイ国内で摘発された北朝鮮からスリランカへの武器密輸途上にあった航空機と同元首相との関係について質問したが、あくまで事実関係の確認を目的としたもので、同元首相と武器密取引とを結びつける意図は無かったと語った。

 また、面会の際に首相の側近であると語ったとボウト被告が指摘していることに関しては、事実では無く、あくまで下院議員の職務として面会したとし、また面会日に関してはボウト被告側の指摘通り4月15日だったとし、4月11日とするプゥア・タイ党のヂャトゥポン・プロームパン氏の指摘を否定した。

 シリチョーク氏によると、4月11日は、スリランカの野党議員がタクシン元首相とタイ国内で摘発された武器密輸途上の航空機との関係を指摘する記者発表を行った日だという。

 尚、ボウト被告の妻が、同被告とシリチョーク氏が面会した模様を記録したテープが存在していると発言していることに関しては、同被告側が声明文の中で事実では無いと指摘している。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーで米人男性が服毒死、先に転落死した息子の後追いか?

 各報道によると、28日、チョンブリー県パッタヤー地区にあるコンドミニアムの室内で、40歳のアメリカ人男性が成分不明の薬物を大量に服用し死亡しているのが発見された。

 死後6時間位と見られ、また室内には「息子を愛している」と書かれた遺書が残されていた。

 当時4歳だった男性の息子が、24日にパッタヤー地区にあるコンドミニアムから誤って転落し死亡していたことから、息子が死んだことを悲観した男性が後追い自殺をしたと見られている。

 調べによると、男性は、息子が転落死した翌日の25日に今回遺体で発見されたコンドミニアムに移って以来終日室内に籠もりっきりの生活を送っていたという。

* 参考
パッタヤーのコンドからアメリカ人男児が転落し死亡

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンクラーの小5少女強姦殺人事件、10件以上の強姦前科がある男を逮捕

 各報道によると、ソンクラー県の県警察は28日、22日にハートヤイ郡内の竹藪内で性的暴行を受けた上で殺害された小学校5年生の少女の遺体が発見された件に絡んで、28日までに元ボランティア・レンジャー部隊員の男(33)を逮捕したことを明らかにした。

 男は取り調べに対して、強姦・強盗目的で餌食になる女性を捜していた際に目に入った少女に親しげに話しかけ、家に送り届ける振りをして竹藪に連れ込み、そこで力尽くで性的暴行を加えようとしたしたが、少女が叫んだり激しく抵抗してきた為、近くにある石で少女の頭部を殴り殺害した上で、竹棒等で遺体を隠し逃走したと供述しているという。

 警察によると、男は、これまでに10回以上にわたり強姦・強盗事件を引き起こしているが、その内被害者が被害届を提出しているのは僅かに4件で、また少女を殺害した後にも1件の強姦・強盗事件を引き起こしていたという。

 また警察によると、男は、性的な欲望を自制することが出来ないと取調官に語っていたという。

* 逮捕された男(前方真ん中)
http://www.innnews.co.th/local/241656%5B0%5D.jpg

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。