2010年08月30日

プゥア・タイ党、地下鉄を狙った大規模破壊活動が計画と警告

 各報道によると、プゥア・タイ党のプロームポン報道官は29日、バンコクの地下鉄線駅を狙った大規模な爆破攻撃が計画されているとの情報を安全保障当局筋から得ていることを明らかにした上で、政府及び安全保障当局に対して警戒態勢を強化するよう要請した。

 同報道官によると、計画は9月から10月にかけて実行されるおそれがあり、また計画の背景に、全ての責任を反政府勢力になすりつけると共に総選挙の早期実施を阻止したいとの思惑があるという。

posted by Jean T. at 11:01| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク議員選、民主が圧勝もラクシー区では無所属が当選 - タイ党は15区で議席を確保

 選挙委員会が30日4:00過ぎに発表した、前日行われたバンコク地方選挙の非公式集計結果によると、バンコク行政評議会議員選挙では、50区61選挙区(改選議席数61)中45選挙区で民主党、15選挙区でプゥア・タイ党、1選挙区(ラクシー区)で無所属が議席を確保する結果になった。

 行政評議会議員選挙の投票率は、41.94%だった前回を僅かに下回る41.15%で、最も投票率が高かったのがパシーヂャルゥン区の45.21%で、最も低かったのがワタナー区の35.03%だった。

 また、36区内で行われた区議会議員選挙では、改選総議席256の内、210議席を民主党、39議席をプゥア・タイ党、7議席を無所属が確保し、27区内で民主党が、5区内でプゥア・タイ党が全議席を確保した。投票率は42.04%だった。

posted by Jean T. at 08:46| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク地方選、民主党が優勢 - 区議選では24区で民主党、4区でタイ党が全議席を確保

 選挙委員会が21:00過ぎに発表した、同日行われたバンコク地方選挙の非公式集計によると、バンコク行政評議会議員選挙では、開票率64%の時点で50区内61選挙区(改選議席数61)の内、民主党が43選挙区、プゥア・タイ党が16選挙区、無所属候補が1選挙区で優勢に開票が進められている。

 尚、同日21:00現在、ディンデーン区内では開票作業が開始されていない。

 また、36区内で行われた区議会議員選挙の非公式集計結果によると、改選議席数256の内、民主党が210議席、プゥア・タイ党が39議席、無所属が7議席を獲得した。

 また、24区内で民主党が、4区内でプゥア・タイ党が全議席を獲得した。

posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヂャトゥポン氏、サムットプラーガーン選出2議員の党除名へ

 各報道によると、プゥア・タイ党所属議員で反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は28日、9月7日に招集される党綱紀委員会の場で、離党の意向を示しているサムット・プラーガーン県選出2議員の党除名の是非について検討される見通しであることを明らかにした。

 この発言に先立ち、同党サムット・プラーガーン県選出のヂラパン・リムサクンシリラット氏が、31日に同じくサムット・プラーガーン県選出で、元俳優のグルン・シーウィライ氏ことナティー・スティンプゥアック氏と共にプームヂャイ・タイ党の党会議に出席する予定であると語り、公式に離党の意向を示していた。

 ヂャトゥポン氏は、皮肉混じりに、両者のように予め離党の意向を示してくれれば綱紀委員会の招集が容易になるとした上で、共に何度も同じ釜の飯を食べた者として、党を離党した者が、葬儀の場から追い出されたり、挙式の場でペットボトルを投げられる様な運命を辿るということを自らの行動で証明してくれることを希望していると語った。

posted by Jean T. at 00:11| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くがボウト被告の容疑以上にタイ国内政治に結びつけられて報じられていると認識、ドゥシット調査で

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが、首都圏在住の1,521人を対象に26日から28日にかけて行った、死の商人ことビクトル・ボウト被告に関する意識調査で、57.71%の回答者が、政治家がボウト被告と面会するなど、同被告関連の報道が同被告自身に持たれている容疑以上にタイ国内の政治に結びつけられていると感じていると回答し、政治と結びつけられているとは感じないと回答したのは僅かに5.97%に留まっていたことが明らかになった。

 尚、36.32%の回答者が、同被告関連の報道を詳細に追っかけていないとして、どちらとも言えないと回答した。

 また、72.14%の回答者が、政治ゲームであるとしてボウト被告が絡む政府及び野党両者の言い分を信用することが出来ないと回答し、14.43%の回答者が、首相の側近であるとしてシリチョーク・ソーパー氏の言い分を信用できる、8.95%の回答者が、政府及び野党の言い分の両方とも信用できる、4.48%の回答者が、シリチョーク氏が下院議員としての立場を乱用して面会したとのヂャトゥポン・プロームパン氏(プゥア・タイ党)の言い分を信用できると回答した。

 一方、ボウト被告関連の報道に関しては、60.19%の回答者が興味を持って報道を追っかけていると回答し、また、37.13%の回答者が、タイがアメリカとロシアの超大国の板挟みになり困難な状況に置かれることになると回答し、27.49%の回答者が、問題の重要性に鑑み十分に時間をかけて真相解明を進めるべき、20.78%の回答者が、ボウト被告は超大国や武器密取引に関する機密情報を持つ重要人物、14.6%の回答者が、本件に関してアピシット首相がどの様な対応を取るのか知りたいと回答した。

posted by Jean T. at 00:09| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部で爆破・襲撃が相次ぐ、ナラーティワートでは2歳男児が死亡

 29日昼過ぎ、ナラーティワート県ランゲ郡内で、乗用車で移動中だった、国立公園局の森林保護員の男性一家に向けた銃乱射が発生し、男性の息子(2)が死亡し、男性(30)が重傷を負った。

 難を逃れた妻(25)によると、一家で車で移動していた際に、自分たちの車の前に回り込んできた小型トラック2台に分乗した人数不明のグループが銃を乱射してきたという。

 また、同県ルゥーソ郡内では29日2:00頃、警戒任務についていた村自警組織に所属する男性(41)が何者かに銃撃され死亡し、同県県都内では28日20:30過ぎ、ゴミ箱に仕掛けられていた爆発物の爆発を受け現場に駆けつけた警察官が、現場から約50-80メートル離れたカラオケ店前に駐車してあったバイクに仕掛けられていた爆発物を発見し、回収処理が行われた。

 一方、ヤッラー県県都内では29日昼過ぎ、バイクで路上を走行中だった、イスラム教大学に通う男性(25)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡し、同県ラーマン郡内では28日14:00過ぎ、路上の警戒作業中だった治安当局を狙った爆発が発生し、軍関係者1人が軽傷を負った。

 また、パッターニー県パナーレ郡内では29日朝、乗用車で移動中だった、何れも50歳の夫婦がバイクに乗った2人組に銃撃され両者とも死亡した。

 同県内では夫婦を狙った銃撃が相次いでおり、27日にはコークポー郡内で、バイクに乗った夫婦が銃解され両者が死亡し、23日には同じくコークポー郡内で、建設現場に向かう途上だった夫婦が銃撃され両者とも重傷を負っていた。

posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女児に対する猥褻行為等で本国から身を追われていた米人男を逮捕

 各報道によると、入国管理警察局は29日、女児に対する猥褻行為でアメリカのカリフォルニア州当局から身を追われていたアメリカ人の男(55)をバンコクのワントーンラーン区ラートプラーオ通りソーイ130にある居所で逮捕したことを明らかにした。

 調べによると、元警察官の男は、2007年に女児に対する猥褻行為でカリフォルニア州当局から身を追われていただけでなく、2005年には、13人のタイ人女性を騙してアイルランド内で違法就労させた容疑が持たれており、アメリカ大使館からの逮捕協力要請に基づき今回の逮捕になった。

* 逮捕された男
http://www.khaosod.co.th/online/2010/08/12830593491283059456l.jpg

posted by Jean T. at 00:03| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女児に対する猥褻容疑を持たれ16年間にわたり逃走していた男を逮捕

 マティチョン紙によると、バンコクの首都圏警察本部第9分署は29日、女児に対する猥褻容疑でトンブリー地方裁判所から逮捕状が発行されていた35歳の男の身柄を確保したことを明らかにした。

 調べによると、男は、1994年にヂャトゥヂャック公園に誘い出した女児を部屋に連れ込み、力尽くで猥褻行為に及んだとして身柄を追われていた。

posted by Jean T. at 00:02| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猥褻なショーを上演していた疑いがあるゲイバー3店を対象に一斉摘発、パッタヤーで

 各報道によると、29日0:00過ぎ、治安当局は、猥褻なショーが店内で上演されているとの通報に基づきチョンブリー県のパッタヤー地区パッタヤー・ランド通りソーイ1にあるゲイバー3店を対象に一斉摘発を行い、麻薬使用容疑で従業員18人を逮捕すると共に18歳未満の者1人の身柄を確保した。

 この摘発は、当該3店内で猥褻なショーが上演されているとの社会開発・人間の安全保障省や観光客等からの告発に基づき行われたが、摘発時には当該ショーの上演は確認出来なかった。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。