2010年09月30日

チョンブリーの工場に爆発物が投げ込まれ車6台等が損壊

 各報道によると、29日20:30頃、チョンブリー県県都内にある工場に向け爆発物が投げ込まれ、駐車中の車6台等に被害をもたらしたが、人的被害は無かった。

 小型トラックから通り過ぎざまに爆発物が投げ込まれたと見られている。また、犯行のM26が使用されたとする報道もある。

 警察は、工場が関係する何らかのトラブルが事件の背景にある可能性が高いと見て捜査を進めている。

posted by Jean T. at 10:54| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクで発生した連続爆破の内少なくとも4件は同一グループの犯行の可能性

 各報道によると、国家警察本部及び首都圏警察本部の合同捜査チームは28日、今年3月下旬からバンコク内で連続して発生している爆破事件の内、少なくとも4件が同一グループの犯行である可能性が高い事を明らかにした。

 同一グループの犯行と見られる4件の爆破は、3月27日に発生した陸軍系テレビ局を狙ったM67の投下、同30日に発生したプレーム枢密院評議会議長系の功労政治家財団へのM67の投下、7月30日に発生したキングワパー社前の爆破及び今月21日に発生したスパーワディー・タワー・コンドミニアムの爆破で、監視カメラ映像等からそれぞれの事件で形状が似た着衣をまとった同様な姿態の実行犯が同様な形状のバイクを使用していた事が確認されているという。

 捜査チームによると、4件の爆破事件に関する捜査が進展しており、現在実行グループの摘発に向けた証拠固めが行われている段階だという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武装集団が果樹選別作業中の仲買人等に向け銃を乱射し8人が死傷、パッターニーで

 各報道によると、28日19:30頃、パッターニー県サーイブリー郡内で、人数不明の武装集団が、ロンゴン畑の倉庫内で果樹の選別作業中だった仲買人や畑関係者に向け銃を乱射し、仲買人の女性1人を含む5人が死亡し、10歳と8歳の姉弟を含む3人が負傷した。

 死傷した8人の内、仲買人の4人は全員南部国境三県域外の者で、また残りの4人はイスラム教徒の畑関係者だった。

 調べによると、小型トラックで現れた5人前後と見られる治安当局者風の衣装を着込んだ男が、作業中だった8人に向け銃を乱射すると共に倉庫前に駐車してあった車に油をかけ火を放った上で逃走した。

 治安当局は、分離主義組織関係者による犯行と見て捜査を進めている。

 一方、28日8:50頃、ヤッラー県グロンピナン郡内で、児童送迎用の小型トラックを狙った爆発が発生したが、当時車内にいた50歳と45歳の運転手夫婦には被害は無かった。

 運転手によると、爆発発生前に付近の林に人が潜んでいるのを目撃しており、また小型ラックを軍関係者のものと勘違いして爆発物を起爆したのではないかという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻から逃げられ馬鹿にされている鬱憤晴らしに女性連れの男性を刃物で襲っていた男を逮捕

 各報道によると、サムットプラーガーン県県都内サムローンヌゥア地区の警察は29日、恋人連れで歩いている男性を狙って刃物で襲っていた容疑で32歳の警備員の男を現行犯で逮捕した事を明らかにした。

 警察は、24日から28日の間に4人の被害者から、後ろからつけてきた警備員風の男に刺されたとの通報を受け、犯行時間とされる6:00から8:00の間を中心に警戒を強化していたところ、恋人と一緒に歩いていた男性(31)を男が襲うところに出くわし、格闘のすえ男の身柄を確保した。

 男は取り調べに対して、女性と一緒に歩いている男性を見るとイライラする為、鬱憤を晴らす為に男性の後をつけて背中から刺していた。これまでに10回以上同様な犯行を繰り返してきたと供述しているという。

 男によると、最近妻から逃げられた事をネタに同僚からからかわれていた為、不満が鬱積していたという。

* 逮捕された男
http://tinyurl.com/25euy67

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17歳少年、手に取り眺めていた友人のペン型銃が暴発し死亡

 各報道によると、28日20:30頃、チョンブリー県バーンラムン郡タキヤンティヤ地区の貸家内で、17歳の少年がペン型銃の暴発により死亡した。

 調べによると、少年が友人宅内で酒を飲んでいた際に、ペン型銃を手に取り、顔の方に銃身を向けて眺めていた最中にペン型銃が暴発し銃弾が顔面を直撃した。

 暴発したペン型銃は、友人が人から預かっていたものだという。

* ペン型銃のイメージ
http://www.pattayadailynews.com/th/wp-content/uploads/2010/09/jk.jpg
http://www.pattayadailynews.com/en/wp-content/uploads/2010/09/2117.jpg

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヂャンタブリーで前選挙委員長の叔父の他殺体が発見される、所在不明のカンボジア人2人が関与か?

 プーヂャッカーン紙によると、ヂャンタブリー県マカーム郡で28日、果樹園内の炭焼炉の中で果樹園オーナーの男性(73)が死亡しているのが発見された。男性はワサナー前選挙委員会委員長の叔父だという。

 死後約3日と見られ、右側の耳の付け根付近を鈍器で殴られ殺害されたものと見られている。

 警察は、殺害後に男性所有のバイクと共に所在不明になっている2人のカンボジア人の男が犯行に関与していると見て捜査を開始した。

 所在不明になっている2人は、半月前に雇われたばかりだったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県庁舎内の女性用トイレを覗き見していたラオス人を逮捕、罰金500バーツで即日釈放

 プーヂャッカーン紙によると、ルゥーイ県県都の警察は28日、県庁舎内にある女性用トイレを覗き見した容疑でラオス人の男(27)を逮捕した。

 県庁舎の敷地内で草刈り職人として働いていた男は取り調べに対して、テレビで見た方法を見習って2回にわたり覗き見をしたと供述しているという。

 警察は、違法入国で男を立件する方針を確認すると共に、他人に対する迷惑行為で500バーツの罰金の支払いを男に命じ、同日中に男を釈放した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

麻薬で逮捕の日本人役員、予てから警察が動向を監視 - 男はバッグは拾ったものと主張

 日本人の会社役員の男(46)が麻薬所持で逮捕されたとネーション系のタイ語速報が28日に報じていることに関して、その後に確認出来たマティチョン紙の報道により、男が逮捕されたのは28日18:20頃で、会社を出てスクムウィット通りソーイ39にある自宅に帰る途上だった事が明らかになった。

 また、麻薬ヤーアイス0.57グラムの他に吸引用器具として使用される瓶やストロー、タバコ用ホイルが押収されている。

 タイ人の運転手(33)は、自分は単なる運転手で麻薬の事は知らないと話しているという。

 警察は、予てから男がサラブリー県内のマッサージ師からヤーアイスを受け取っているとの捜査結果に基づき男の動向を監視していたが、男は、ヤーアイスが入っていたバッグは会社で拾ったもので、自分のものでは無いと主張しているという。

 尚、先に確認出来たネーション系のタイ語速報は、日本人の同僚に麻薬を転売していたと男が供述していると報じている。

参考
麻薬所持容疑で日本人会社役員を逮捕、日本人の同僚に転売していたと供述

posted by Jean T. at 10:53| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬所持容疑で日本人会社役員を逮捕、日本人の同僚に転売していたと供述

 ネーション系のタイ語速報によると、アユッタヤー県バーンパイン郡の警察は28日、日系企業役員の日本人の男(46)を麻薬所持容疑で逮捕し、麻薬ヤーアイス0.57グラムを押収した。

 当時男はタイ人運転手運転の車で移動中で、ヤーアイスは男がしっかりと握りしめていた革製のクラッチバッグの中に入っていた。

 男は取り調べに対して、サラッブリー県内のエージェントから一回あたり2-3万バーツで麻薬を仕入れ、会社内の日本人の同僚に転売していたと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党、党首の息子でもある赤服集会進行役を補選に擁立

 各報道によると、プゥア・タイ党は28日招集された、スラーッターニー県第1選挙区で行われる補欠選挙擁立候補者選抜委員会(委員長チャワリット元首相)の席上で、ウォラウット・ウィチャイディット氏を擁立する方針を決定した。

 同党ヨンユット党首の息子で、反独裁民主主義同盟・赤服軍団の主要メンバーでもあるウォラウット氏は、今年3月中旬から5月19日にかけてバンコクのパンファー橋やラーチャプラソン交差点で開催された同盟の集会で司会進行役を務めていた事でも知られている。

 擁立決定後ウォラウット氏は、この機会を利用して南部の狂信的な民主党信者により住民に届けられていない真実を伝えていくつもりであると抱負を語った。

 また、同党のアピワン副下院議長は、たとえ勝利を期待できなくても、スラーッターニー県という大物が支配している地で選挙戦を戦う事ができる機会を利用して、政府による不正を訴えていく考えである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、ステープ副相の補選擁立を決定 - 来月8日に副首相を辞任

 各報道によると、民主党幹部会は28日、全会一致でスラーッターニー県第1選挙区で行われる補欠選挙にステープ副首相を擁立する方針を決定した。

 この決定を受け、ステープ副首相は、選挙公示前まで副首相としての職務を全うし、10月8日に副首相を辞任する意向である事を明らかにした。

 副首相ポストのままで補欠選挙戦に出馬する事は法的には違反していないが、政治的エチケットに反するとの声が各方面から上がっており、また副首相のポストのままで出馬する事にかこつけた選挙違反の告発が増えるおそれがある(選挙委員会)、同ポストのままで出馬した事に絡む国会内での追及合戦により国会が空転する事になる(プゥア・タイ党ヂャトゥポン氏)等の指摘の声も上がっていた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイポスト紙記者がカラオケ店前で射殺、殺人で"保釈"中の男を実行犯と特定

 各報道によると、28日2:00過ぎ、ナコンパトム県県都内にあるカラオケ店前の路上で、50歳の男性が店内でいざこざがあった男から銃撃され死亡した。

 死亡した男性は、タイポスト紙の地方記者や地元週刊新聞の編集長をやっている傍らで分譲住宅販売のビジネスを展開していた。また、男性が所持していた現金や純金ネックレス、ブレスレット等は盗まれていなかった。

 男性が飲食していたカラオケ店の女性従業員等の証言から、店内で酒に酔っていた男性と後から店に入ってきた別の男2人組との間でいざこざが発生した際に、2人組の内の長身の男が男性を素手やビール瓶で殴り店の外に放り出した上で男性に向け銃弾5発を発砲していた事が確認されている。

 警察によると、男性を射殺した長身の男は、これまでに2-3人の殺害事件に関与していた43歳の男である事が確認されており、最近では2ヶ月前にトラック運転手を殺害した後に警察に出頭し、保釈されていた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酔った女性をターゲットに店から連れ出し強姦していた大物実業家を自称するラオス人を逮捕

 各報道によると、首都圏警察本部は28日、娯楽施設から連れ出した女性に性的暴行を加え、その模様をビデオ撮影し他言しないよう脅迫していた容疑で45歳のラオス人の男を逮捕した。

 直接の逮捕容疑は、25日にバンコクのエーカマイ通りにある店に客として来ていた、酒に酔っていた女性を無理矢理連れ出し、スクムウィット通りソーイ29にある宿舎内で朝まで何回かにわたり性的暴行を加え、その模様をビデオ撮影していたというもので、警察の捜査により、男が、自らが開設したサイトを見せながら、自分はラオス人の大物実業家で複数のタイ人実業家の顧問でもある夜遊び好きの者であると言って女性に近づき、その後女性が酒に酔い、用足しを終え1人でトイレから出てきた際に身柄を確保し、自分の部屋に連れ込んでいた事が確認されていた。

 警察は、男の自宅から押収されたビデオから、10人以上の女性が同様な被害にあっていると見て捜査を進めている。

 男が女性に見せていたサイトに掲載されていた企業関係者は全て男の事を知らないと語っており、またビエンチャンにある男の豪邸も他人のものを撮影したものだったという。また、男は大金持ちを自称していたが、バンコクでは月2,800バーツの宿舎に住んでいたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借金返済から逃れる為に嘘の盗難届けを出した女を逮捕

 タイラット紙によると、ナーン県県都の警察は27日、虚偽の盗難届けを提出した容疑で39歳の女を逮捕した。

 女は24日に、バイクに乗った2人組の男に暴行された上で20万バーツが入ったバッグを引ったくられたと訴えた上で病院に入院したが、女性が主張するような負傷のあとが見られないとの病院の医師からの報告を受けた警察側が女を警察に連行し事情聴取を行った結果、最終的に虚偽の届け出だった事を認めた。

 女によると、今年8月に隣人から借りた20万バーツの返済期限が迫っていたが、手持ちが無かった為、返済を逃れる為に虚偽の届けを出してしまったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18歳女性をナイフで脅し強姦した鬼畜兄弟を逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、ラヨーン県の県警察は27日、マタヨム課程6年(日本の高3にほぼ相当)の女性(18)に対する性的暴行容疑で、同県グレーン郡内在住の22歳と20歳の兄弟をチョンブリー県ボートーン郡内の逃走先で逮捕した。

 調べによると、兄弟は同日、バイクの2人乗りでワンヂャン郡内の路上を走行中に、学校の制服姿で反対車線をバイクで走行中だった女性の前に回り込み、強制的にバイクを停止させた上で、ナイフで脅しながら女性を道路脇のパイナップル畑内に連れ込み、性的暴行を加えた。

 最初に弟を見張り役として兄が性的暴行を加え、その後弟に代わった際に、女性が手を合わせて止めるよう懇願してきた為、弟は暴行をあきらめていたという。

 兄弟は取り調べに対して、ラヨーン県バーンカーイ郡内でも、同様な手口で2回カラオケ店で働く女性に対して性的暴行を加えた事があると供述しているという。

* 逮捕された兄弟
http://pics.manager.co.th/Images/553000014414102.JPEG

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

ラチャダーの検事総局前に向け爆発物、朝になるまで誰も犯行に気づかず

 各報道によると、27日夜、バンコクのラチャダーピセーク通り沿いにある検事総局事務所前の芝地に向け爆発物が投げ込まれ、芝地や塀の一部等に被害をもたらしたが、人的な被害は無かった。

 初期調査段階ではM26が犯行に使用されたと見られている。

 27日20:00から20:30の間に付近で爆発音が聞かれていたが、当時大雨が降っており、また警備員がタイヤがパンクした音だと思い気に止めていなかった為、28日朝まで爆発物が投げ込まれていた事に気がついた者はいなかったという。

 前日夜にはウィチヤン国家警察本部長が警戒状況の視察の為に、現場に近いメジャー・ラーチャヨティンを訪問していた。

 警察は、バンコク内で連続して発生している一連の爆破事件と関係する犯行と見て捜査を行っている。

posted by Jean T. at 14:22| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補選出馬のステープ副相、現職のまま選挙戦

 先にスラーッターニー県第1選挙区で行われる補欠選挙への擁立が内定したステープ副首相は27日、副首相のポストのままで選挙戦を戦う方針である事を明らかにした。

 各報道によると、ステープ副首相は、憲法に違反しないとして副首相ポストのままで選挙戦を戦う意向であるとしたが、仮に法に違反する事が判明した場合は副首相辞任も吝かではないとした。

 選挙委員会のソトシリー委員によると、憲法及び選挙関連法は政治的ポストにある候補者の出馬を禁止していないことから、ステープ副首相の立候補を拒絶する事ができないという。

 尚、党としての最終公認は、バンヤット・バンタッターン氏を委員長とする擁立候補選抜委員会の選考を経て党幹部会の場で最終決定される予定。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワリット元首相、補選出馬のステープ氏の副相辞任の是非は本人が決めるべき問題

 ステープ副首相の補欠選挙出馬が内定した事を受け、政治的エチケットを重んじて同副首相は職を辞した上で選挙戦を戦うべきであるとの声が上がっている事についてプゥア・タイ党議長のチャワリット元首相は27日、同副首相自身が判断する事柄であると指摘した。

 各報道によると、チャワリット元首相は、ステープ副首相が副首相というポストを選挙戦に利用する事が無いと確信しているとした上で、仮に副首相に留まるのであれば、国家の為に働く立場としての責任をないがしろにするべきでは無いと指摘した。

 また、プゥア・タイ党側の補欠選挙への対応に関しては、ステープ氏が副首相のまま出馬する事を念頭に4-5人の候補者に絞って検討を進めている事を明らかにしたが、詳細は明らかにしなかった。

 一方、プームヂャイ・タイ党のチャワラット党首(内務大臣)が、将来政治的な事故(民主党解党)が起きた場合はプゥア・タイ党と手を組むこともあり得ると26日に発言している事に関しては、その時にならなければ分からない話であるとし、将来政権樹立の為に同党と手を組む可能性に関しては、自分は党執行部員では無いとしてコメントを避けた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聴覚障害男性殺害容疑者グループが実況検分中に野次馬から袋だたきにあい一部が病院に搬送

 各報道によると、26日昼過ぎ、ナコンパトム県サームプラーム郡内で、殺人容疑で逮捕された15歳から28歳の建設作業員の男7人が、殺害現場で行われた実況検分を終え警察の車に向かっていた際に、事件に怒った野次馬として集まっていた住民の一部が容疑者グループを取り囲み袋だたきにし、一部の容疑者が病院に搬送される事態になった。

 逮捕された7人は、26日0:00過ぎに、スヌーカー場からゲーム代金を踏み倒して出た際に、ゲーム代金請求の為に追いかけてきた店番をやっていた男性(24)に暴行し死亡させたとして逮捕されていたもので、殺害された男性は聴覚障害だった為、容疑者グループが男性の身振り手振りの訴えを理解出来ず、いらいらして暴行した、ないしは身振り手振りを襲ってくると勘違いして暴行したと見られている。

 一部報道によると、容疑者グループが踏み倒したゲーム代は僅かに45バーツで、そのゲーム代を払えるような持ち合わせが無いままスヌーカーをやっていたという。

 殺害された男性の父親は、現場を管轄するポーゲーオ署に所属する巡査部長だという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受け持ち地域内で下着泥棒に励んでいた文字通りの変態バイタク運転手を逮捕

 各報道によると、サムットプラーカーン県県都の警察は26日朝、女性用下着を盗んだ容疑でバイクタクシー運転手の男(46)を逮捕し、異様な臭気が漂っていた男の部屋から5,000着(報道により1万着)以上の女性用下着や寝間着を押収した。

 押収された下着は、ベッド上に積み重ねられれていただけで無く、一部は壁から吊り下げられていたり、飲料水用のペットボトルに入れられていたという。

 男は取り調べに対して、押収された下着の中には自分で買ったり、貰い受けた物も含まれているものの、多くが自宅の近所やバイクタクシーの受け持ち地区内にあるアパートや寄宿舎に干されていた物を失敬したものであると供述しているという。

 女性用の下着が好きで、見るだけで興奮してしまうと語る男によると、盗んで来た下着で自慰行為にふけっていたという。

 男の妻は、盗んで来た他人の下着の臭いを嗅ぐことを好んでいた男に対して止めるように言うと、男が劣化のごとく怒り出すため、暫くは放置していたが、最終的に男の振る舞いに我慢が出来ず家を出て行ったという。

 尚、報道によっては、男の部屋は下着で覆われており、僅かに残されたエリアで妻や心臓病を患う6歳の息子が寝起きしていたが、妻は男の振るまいを諫めると怒り出すため、男の好きにさせ終いには慣れて何とも思わなくなってしまっていたと報じるものもある。

* 報道映像
http://www.youtube.com/watch?v=dZKsomk6xhI
* 変態
http://www.krobkruakao.com/kkncms/uploaded/general_news/24502/imgr_1285495504.jpg
* 押収されたコレクションの山
http://www.krobkruakao.com/kkncms/uploaded/general_news/24502/imgr_1285495488.jpg

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。