2010年09月08日

ポヂャマーン夫人が和解に向けた直接協議の裏交渉に関与?

 プゥア・タイ党と政府との間で和解推進に向けた直接協議が行われる機運が高まっていることに絡んで、タクシン元首相の元夫人であるポヂャマーン・ナ・ポーンペート女史やチンナワット家関係者が直接協議実現に向けた交渉を水面下で行っているとの憶測が各メディアでが伝えられている事に関して、プゥア・タイ党サムットプラーガーン県選出議員のプラチャー・プラソップディー氏は7日、水面下で何らかの交渉が行われているとの話を聞いていることを認めた。

 プラチャー氏は、ポヂャマーン女史等が関与しているという話までは聞いていなが、何らかの交渉が水面下で行われているという話を聞いているとした上で、既にタクシン元首相がプゥア・タイ党を提案者とした和解推進に賛意を示しており、また党内の大者との相談無しでプロートプラソップ副党首が単独で和解推進案を提案し、政府に直接交渉を呼びかけているとは考えにくいことから、水面下の交渉にポヂャマーン女史が関与している可能性は大いにあり得るとの認識を示した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党内から直接協議に反対の声、党は和解推進参加を確認

 各報道によると、プゥア・タイ党ロッブリー県選出議員のスチャート・ラーイナムングゥン氏は7日、和解推進の為のプゥア・タイ党と政府との直接協議に反対を表明した。

 スチャート氏によると、プゥア・タイ党側の和解推進案は、党所属議員の殆どが知らない状態でプロートプラソップ副党首が先走って発表した、依然党内で十分に協議が行われていないもので、おそらく自分を含む大多数の党所属議員が反対を表明することが見込まれるという。

 また、スチャート氏は、和解推進そのものには反対していないと断った上で、プゥア・タイ党が和解推進のきっかけを作る実行者ではなく、まず権力者たる政府側が和解推進のきっかけ作りの実行者として総選挙実施の為に議会を解散し、これまでに発生した犠牲に対する責任を認めることが必要であると指摘した。

 一方、プゥア・タイ党は7日招集された党会議の席上で、和解推進への参加を正式に確認した。

 尚、直接協議の参加者に関しては選出に至っていない。プロームポン報道官によると、候補者の人選は終了しており、何れにしても政府が受け入れ難い人物を参加させる方針は無く、協議には必ず参加する方針だという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デーンサヤーム、民主党・プゥア・タイ党の直接協議は単なる猿芝居

 各報道によると、同盟離脱派のデーンサヤーム幹部のソムヨット・プルゥクサーガセームスック氏(6月24日グループ幹部を兼任)は7日、民主党とプゥア・タイ等との和解推進の為の直接協議は単なる猿芝居でしかないとしてデーンサヤームの名で反対を表明した。

 ソムヨット氏は、和解実現の為には非常事態宣言の解除、政治的受刑者の釈放といった和解に向けた雰囲気作りが必要であるが、赤服軍団関係者が連日死亡し、自由権が無い雰囲気下では和解の実現は不可能であると指摘した上で、己の利益のみを追求した民主党側の和解推進の為の条件をプゥア・タイ党が受け入れるということは、過ち、ないしは王室崩壊や国家の焦土化を目指しているとする嫌疑を自ら認めるに等しい狂気の沙汰であると言わざるを得ないと指摘した。

 また、ソムヨット氏は、プゥア・タイ党側を和解推進案の提案側として直接協議が行われる背景に特別なシグナルがあると指摘されていることに関しては、仮に事実であればそれは制度外の権力によるものであると考えられると指摘した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、国連総会のサイドラインでフンセン首相と会談、両国高官は同席せず

 各報道によると、パニターン政府報道官代行は7日、24日からニューヨークで開催される第65回国連総会の場を利用してアピシット首相とカンボジアのフンセン首相との会談が行われることを明らかにした。

 非公式会談は、国境紛争問題に精通している両国の高官を交えずに行われる予定で、この会談により、国境紛争問題や国境交易問題、観光開発問題を初めとした長年積み重ねられてきた問題解決に道が開かれることが期待されているという。

 また、両首脳は10月初旬にブリュッセルで開催されるアジア欧州会合の場でも会談を行う予定だという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、鉄道網改善の為に中国に4億米ドルの借款申し込みを決定

 各報道によると、政府は7日の閣議で、鉄道網改善の為に4億米ドルの借款を中国輸出入銀行に申し込む方針を決定した。

 スパチャイ政府副報道官によると、4億ドルの借款額の内1億9,500万ドル(約65億6,200万バーツ)が45年以上の機齢を迎えている機関車のディーゼル・電気機関車への交換及び必要パーツの調達、1億3,200万ドル(約44億2,380万バーツ)がピッサヌロークからチェンマイ間のレールシステムの改善、8,000万ドル(約26億8,000万バーツ)がトゥンソンからハート・ヤイ間のレールシステムの改善に使用される予定だという。

 また、スパチャイ報道官は、運輸省の枠組みに基づいてラヨーンや南部からバンコク及びノーンカーイを経由して中国に通じる高速度鉄道建設計画の交渉を中国と行っていく方針が同日の閣議で確認されたことを明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金製アクセサリーを盗んだ夫婦、逃走に使用したタクシーの運転手により警察に突き出される

 各報道によると、7日4:00頃、パトゥムターニー県県都内で、従妹宅訪問中に5サタン重量の金製アクセサリーを盗んだ夫婦が、逃走の為に使用したタクシーの運転手により警察に突き出された。

 調べによると、警察に突き出された45歳と31歳の夫婦は、従妹宅を訪問した際に金製アクセサリーを盗みタクシーで逃走を図ったが、そのタクシーの運転手がたまたま従妹の夫と知り合いで、従妹のの夫から電話で連絡を受けた運転手が走行中に目に入ったパトロール警察官に夫婦を引き渡した。従妹の夫もタクシー運転手だという。

 逮捕された妻は、従妹宅を訪問していた際に、全員が仕事で出かけたすきをみて家捜しをし金製アクセサリーを盗んだ上で逃走を図ったが、まさか乗ったタクシーの運転手と従妹の夫が知り合いだとは思わなかったと供述しているという。

 被害にあった従妹(27)によると、夫婦は手癖が悪く、これまでに2回にわたり夫の現金が盗まれても一度も警察に通報したり、夫婦を責めたことは無かったが、今回の件で堪忍袋の緒がキレてしまったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パトゥムターニーでライバル学生が乗ったバスに向けピンポン爆弾を投げ込んだ20人を逮捕

 各報道によると、パトゥムターニー県県都の警察は7日8:00過ぎ、ライバル校の学生が乗った33番路線バスに向けピンポン爆弾を投げ込んだり学生に暴行を加えた容疑でパトゥムワン・テクニック校の学生20人を逮捕した。

 通報を受けた警察は、バス停前でパトゥムワン・テクニック校の学生4-5人の身柄を確保し、更に同校の学生(18)運転の小型トラックに乗っていた十数人の学生の身柄を確保した。

 尚、警察が現場に駆けつけた時は、バスが出発したあとだった。

 逮捕された学生の1人は、ライバル校の学生が乗ったバスが停留所を出発した後に路上でピンポン爆弾が爆発した為、バスに乗った学生の仕業だと思ってバスのあとを追いかけただけだったにも関わらず逮捕されてしまったと語っていたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬密売容疑でナイジェリア人を逮捕、パッタヤーで

 各報道によると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察は7日4:00頃、レンタルルーム前でナイジェリア人の男(30)を販売目的で麻薬を所持していた容疑で逮捕し、麻薬ヤー・アイス7.3グラムを押収した。

 警察は、男が観光客を装ってパッタヤー地区に滞在しながら麻薬を密売していた大物麻薬密売人であると見て、男に仲間がいる可能性を含めて捜査を行っていることを明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。