2010年09月28日

ラチャダーの検事総局前に向け爆発物、朝になるまで誰も犯行に気づかず

 各報道によると、27日夜、バンコクのラチャダーピセーク通り沿いにある検事総局事務所前の芝地に向け爆発物が投げ込まれ、芝地や塀の一部等に被害をもたらしたが、人的な被害は無かった。

 初期調査段階ではM26が犯行に使用されたと見られている。

 27日20:00から20:30の間に付近で爆発音が聞かれていたが、当時大雨が降っており、また警備員がタイヤがパンクした音だと思い気に止めていなかった為、28日朝まで爆発物が投げ込まれていた事に気がついた者はいなかったという。

 前日夜にはウィチヤン国家警察本部長が警戒状況の視察の為に、現場に近いメジャー・ラーチャヨティンを訪問していた。

 警察は、バンコク内で連続して発生している一連の爆破事件と関係する犯行と見て捜査を行っている。

posted by Jean T. at 14:22| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補選出馬のステープ副相、現職のまま選挙戦

 先にスラーッターニー県第1選挙区で行われる補欠選挙への擁立が内定したステープ副首相は27日、副首相のポストのままで選挙戦を戦う方針である事を明らかにした。

 各報道によると、ステープ副首相は、憲法に違反しないとして副首相ポストのままで選挙戦を戦う意向であるとしたが、仮に法に違反する事が判明した場合は副首相辞任も吝かではないとした。

 選挙委員会のソトシリー委員によると、憲法及び選挙関連法は政治的ポストにある候補者の出馬を禁止していないことから、ステープ副首相の立候補を拒絶する事ができないという。

 尚、党としての最終公認は、バンヤット・バンタッターン氏を委員長とする擁立候補選抜委員会の選考を経て党幹部会の場で最終決定される予定。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワリット元首相、補選出馬のステープ氏の副相辞任の是非は本人が決めるべき問題

 ステープ副首相の補欠選挙出馬が内定した事を受け、政治的エチケットを重んじて同副首相は職を辞した上で選挙戦を戦うべきであるとの声が上がっている事についてプゥア・タイ党議長のチャワリット元首相は27日、同副首相自身が判断する事柄であると指摘した。

 各報道によると、チャワリット元首相は、ステープ副首相が副首相というポストを選挙戦に利用する事が無いと確信しているとした上で、仮に副首相に留まるのであれば、国家の為に働く立場としての責任をないがしろにするべきでは無いと指摘した。

 また、プゥア・タイ党側の補欠選挙への対応に関しては、ステープ氏が副首相のまま出馬する事を念頭に4-5人の候補者に絞って検討を進めている事を明らかにしたが、詳細は明らかにしなかった。

 一方、プームヂャイ・タイ党のチャワラット党首(内務大臣)が、将来政治的な事故(民主党解党)が起きた場合はプゥア・タイ党と手を組むこともあり得ると26日に発言している事に関しては、その時にならなければ分からない話であるとし、将来政権樹立の為に同党と手を組む可能性に関しては、自分は党執行部員では無いとしてコメントを避けた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聴覚障害男性殺害容疑者グループが実況検分中に野次馬から袋だたきにあい一部が病院に搬送

 各報道によると、26日昼過ぎ、ナコンパトム県サームプラーム郡内で、殺人容疑で逮捕された15歳から28歳の建設作業員の男7人が、殺害現場で行われた実況検分を終え警察の車に向かっていた際に、事件に怒った野次馬として集まっていた住民の一部が容疑者グループを取り囲み袋だたきにし、一部の容疑者が病院に搬送される事態になった。

 逮捕された7人は、26日0:00過ぎに、スヌーカー場からゲーム代金を踏み倒して出た際に、ゲーム代金請求の為に追いかけてきた店番をやっていた男性(24)に暴行し死亡させたとして逮捕されていたもので、殺害された男性は聴覚障害だった為、容疑者グループが男性の身振り手振りの訴えを理解出来ず、いらいらして暴行した、ないしは身振り手振りを襲ってくると勘違いして暴行したと見られている。

 一部報道によると、容疑者グループが踏み倒したゲーム代は僅かに45バーツで、そのゲーム代を払えるような持ち合わせが無いままスヌーカーをやっていたという。

 殺害された男性の父親は、現場を管轄するポーゲーオ署に所属する巡査部長だという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受け持ち地域内で下着泥棒に励んでいた文字通りの変態バイタク運転手を逮捕

 各報道によると、サムットプラーカーン県県都の警察は26日朝、女性用下着を盗んだ容疑でバイクタクシー運転手の男(46)を逮捕し、異様な臭気が漂っていた男の部屋から5,000着(報道により1万着)以上の女性用下着や寝間着を押収した。

 押収された下着は、ベッド上に積み重ねられれていただけで無く、一部は壁から吊り下げられていたり、飲料水用のペットボトルに入れられていたという。

 男は取り調べに対して、押収された下着の中には自分で買ったり、貰い受けた物も含まれているものの、多くが自宅の近所やバイクタクシーの受け持ち地区内にあるアパートや寄宿舎に干されていた物を失敬したものであると供述しているという。

 女性用の下着が好きで、見るだけで興奮してしまうと語る男によると、盗んで来た下着で自慰行為にふけっていたという。

 男の妻は、盗んで来た他人の下着の臭いを嗅ぐことを好んでいた男に対して止めるように言うと、男が劣化のごとく怒り出すため、暫くは放置していたが、最終的に男の振る舞いに我慢が出来ず家を出て行ったという。

 尚、報道によっては、男の部屋は下着で覆われており、僅かに残されたエリアで妻や心臓病を患う6歳の息子が寝起きしていたが、妻は男の振るまいを諫めると怒り出すため、男の好きにさせ終いには慣れて何とも思わなくなってしまっていたと報じるものもある。

* 報道映像
http://www.youtube.com/watch?v=dZKsomk6xhI
* 変態
http://www.krobkruakao.com/kkncms/uploaded/general_news/24502/imgr_1285495504.jpg
* 押収されたコレクションの山
http://www.krobkruakao.com/kkncms/uploaded/general_news/24502/imgr_1285495488.jpg

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビーチを取り仕切っていると言いがかりをつけ若者グループを刃物で襲った出所1日目の男を逮捕

 各報道によると、27日0:00過ぎ、チョンブリー県パッタヤー地区のビーチエリアで、若い男女を刃物で襲い妊娠5ヶ月の女性等を負傷させた男(30)が住民等に取り押さえられ警察に突き出された。

 調べによると、男は、地元では自分を知らない者がいないビーチエリアを取り仕切っている者であると凄みながら言いがかりをつけたにもかかわらず、相手から無視された事に怒り刃物で襲った。

 また、男は逮捕された際に、ズボンのポケットに隠してあったマリファナが押収されている。

 負傷した妊娠5ヶ月の女性の恋人男性(17)によると、男がいきなり現れて、地元では自分を知らない者がいないなどと言って凄んできたが、仲間の誰も男を知っている者がいなかった為、関わり合いになる事を避ける為に男を無視したところ、男が刃物で襲ってきたという。

 男は取り調べに対して、刃物で襲ったのは自分だが、言いがかりをつけてきたのは向こうの方だと主張しているという。

 男は、マリファナで服役し1日前に出所したばかりだったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーで民家に押し入った強盗がイタリア人女性を銃で殴り負傷させる

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、27日2:00頃、チョンブリー県パッタヤー地区に属するバーンラムン郡ノーンプルゥー地区にある民家内で、イタリア人女性(58)が家に押し入った強盗に銃で頭を殴られ負傷した。

 女性によると、就寝中に物音がした為、寝室を出て屋内を調べていた際に、家捜し中だった身長160cm位の懐中電灯と銃を持った男と出くわし、男が暴行してきた為、男との間で銃の取り合いを展開しながら大声で夫を呼んだところ、男が銃で自分の頭を殴った上で、何も盗らないまま家の塀を乗り越え裏手の林の方に逃げていったという。

 警察は、住宅地内の空き家や男が逃げた林を包囲し約1時間にわたって捜索を行っても男を発見する事ができなかったことから、男が地元に精通していると見て捜査を行っている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。