2010年10月31日

スラーッターニーの補選、ステープ前副相が12万7千票差で当選

 選挙委員会が発表した、30日にスラーッターニー県第1選挙区で行われた補欠選挙の非公式集計によると、民主党から出馬した前副首相のステープ・トゥアックスバン氏が149,458票を獲得し、プゥア・タイ党から出馬したウォーラウット・ウィチャイディット氏の21,956票を大きく引き離し当選を決め、同選挙区の民主党の議席を維持した。

 尚、12,060票が誰にも投票しない、2,481票が無効票だった。

 今回行われた補欠選挙は、県都、ガンヂャナディット郡、バーン・ナーサーン郡、ゴ・サムイ郡、ゴ・パンガン郡、ドーンサック郡及びウィヤンサラ郡で行われ、投票率は53%だった。

posted by Jean T. at 09:48| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴走族が警察の摘発から逃れる為に川に飛び込み1人が死亡し1人が行方不明

 各報道によると、30日0:00過ぎ、バンコクのバーンスゥー区内で、集団走行準備の為に集まっていた暴走族グループの一部が、摘発に乗り出した警察官から逃れる為にヂャオプラヤー川に飛び込み、17歳の少年が死亡し、24歳の男性が行方不明になった。

 調べによると、6-7人の警察官がスラム内に集合していた暴走族の摘発に乗り出した際に、逃げ場を失った暴走族に属していた3人が川に飛び込み、1人だけが自力で陸上にあがった。

 死亡した17歳の少年の恋人(17)によると、警察官の内の1人が、陸にあがろうとしていた3人に銃を向け罵声を浴びせていた為、3人は陸に上がろうにも上がることが出来ない状態だったという。

 また、摘発に乗り出した警察官は、川に飛び込んだ3人の内2人の姿が川から消えたにもかかわらず、行方捜索に乗り出すことなくバイク2台を押収して引き揚げて行ったという。

 首都圏警察本部バーンポー署は、暴走族の摘発に乗り出したタオプーン署の警察官に職務遂行義務違反があった疑いがあると見て、当該警察官を召喚し事情聴取を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 09:45| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

フンセン首相、赤服幹部潜伏情報に関する事実関係の調査を約束

 各報道によると、東南アジア首脳会議出席の為にベトナムのハノイを訪問中のアピシット首相は29日、前日夜にサイドラインで行われたカンボジアのフンセン首相との二者会談の席上で、フンセン首相が、反独裁民主主義同盟幹部のアリスマン・ポンルゥアンローン氏を初めとする幹部が同国内に潜伏しているとされている事に関して調査する意向を示すと共に、潜伏が確認された場合はタイ側からの要請に基づき本国送還に応じる意向を示していた事を明らかにした。

 また、国境紛争問題に関しては、2000年に両国間で交わされた覚書きに則り、国境紛争地内に於ける兵力増強や居住地、市場等を拡大する動きの見直しを要請し、フンセン首相側から良好な反応が得られた事を明らかにした。

posted by Jean T. at 09:39| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーのショッピングセンター内でロシア人女(25)が万引容疑で逮捕

 各報道によると、29日1:00頃、チョンブリー県パッタヤー地区にあるショッピングセンター"マイク・ショッピング・モール"内で革製財布や蛇皮の日除け帽等総額14,740バーツ相当を万引きしたロシア人の女(25)が店員に取り押さえられ警察に突き出された。

 女を取り押さえた皮革製品店の店員によると、同国人の恋人と一緒に店に現れた女が、店員の目を盗んで商品を万引きし店を出たが、直ぐに店内の商品が女により万引きされていた事に気がつき追いかけ身柄を確保したという。

 最終的に、妊娠4ヶ月であるため刑務所に入りたく無いので被害額を全額弁済するから事件にしないで欲しいとの女の懇願を店側が受け入れたため、女は警察署内で調書を取られた上で即日釈放されている。

* 捕まった女
http://goo.gl/lB2g
* 捕まえた店員
http://goo.gl/2ZWp

posted by Jean T. at 09:36| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15歳未満少女に対する性的暴行容疑でロシア人男(51)を現行犯逮捕

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察は29日1:00頃、15歳未満少女に対する性的暴行容疑で51歳のロシア人の男を逮捕し、使用済みのコンドームを証拠品として押収した。

 警察は、男が15歳未満少女に対して常習的に性的暴行を加えているとの捜査結果に基づき予てから男の動向を監視していた。

 逮捕された時、男は15歳未満の少女と性行為に及んでいる最中だった。尚、INNは、16歳の少女と一緒だったと報じている。

 当時男と一緒にいた少女は警察に対して、ビーチエリアで知り合った男に強引に車に乗せられ、男の部屋で無理矢理性的暴行を受けて以来男との間で5回にわたり性的関係を持ち、その都度男から500バーツを受け取っていたと語っているという。

* 報道動画 (Youtube)
http://goo.gl/UVak

posted by Jean T. at 09:30| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

(更新)セントラルワールで補修作業用の足場が倒壊し4人前後が負傷、2人が死亡との報も

 29日11:00過ぎまでに確認出来た各報道によると、同日10:00頃、バンコクのラーチャプラソン交差点にあるセントラル・ワールドの補修作業現場で、鋼材で組み立てられた作業用の足場が倒壊し4-5人が負傷した。

 2人前後が死亡したとの報道もある。

 現場では、反独裁民主主義同盟のデモ隊強制排除の際に発生した放火による火災により崩落・損壊した部分の補修作業が行われていた。
posted by Jean T. at 13:14| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偽造ビザを使用したオランダ人男が国境検問所で摘発、ビザ取得代行サービスを利用

 各報道によると、サケーオ県アランヤプラテート郡の入国管理当局は、偽造されたビジネスビザを使用した容疑でオランダ人の男(45)を国境検問所で逮捕した。

 男がカンボジアに向け出国する為にパスポートを係官に提示した際に、パスポートに貼られていたイギリスのグラスゴーにある領事館で発行されたビジネスビザが偽造されたものである事が発覚した。

 男は取り調べに対して、ビジネスの為にグラスゴーの領事館でビジネスビザを取得した後にタイに入国していたが、ビザを更新する際に、バンコクのプラカノーン地区にある旅行代理店が約5,000バーツで提供している、パスポートだけ預ければ自分は出国せずに国外発行のビザを取得する事ができるサービスを利用して新規のビザを取得したが、まさか偽造されたものだとは思わなかったと供述しているという。

 入国管理警察局は、外国人を騙して偽造パスポートや偽造ビザを掴ませる組織が存在しているとして外国人観光客に対して注意を呼びかけると共に、ビザの更新は自分自身で国外で行うものであるという事に留意するよう要請した。

* 逮捕された男
http://goo.gl/m9eL

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

養女に対する性的暴行で本国から身を追われていた英国人男を逮捕

 各報道によると、入国管理警察局は28日、イギリス大使館からの逮捕協力要請に基づき、養女に対する性的暴行容疑で同国から身柄を追われていた65歳の同国人の男をバンコクのバーンナー区にあるコンドミニアム内で逮捕した事を明らかにした。

 男は、現在30歳になる養女が8歳だった頃から15歳だった頃にかけて性的暴行を加えていた容疑で本国から身柄を追われ、2005年にタイに逃亡していた。

 男のタイ国内の銀行に開設された口座には、本国から定期的に送金があっただけでなく、タイ人からも送金があった事が確認された事を受け、送金人のタイ人に事情聴取を行った結果男の居所が分かり今回の逮捕となった。

* 逮捕された男
http://goo.gl/losL

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラの中に麻薬を隠し持っていた女を逮捕、水害避難ついでに密売する予定だったと供述

 プーヂャッカーン紙によると、プーケット県タラーン郡の警察は28日、麻薬所持容疑でスパンブリー県在住の女(24)を逮捕し、着用していたブラジャーの中に隠されていた麻薬ヤーアイス8.48グラムや車内にあった麻薬吸引器具等を押収した。

 女は取り調べに対して、洪水により地元では仕事が無いため、職探しの為にプーケットに行く機会を利用して麻薬を密売する予定だったと供述しているという。

* 報道画像
http://goo.gl/bK27

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バービア嬢に全財産を奪われた復讐の為にオフした女性から金品を脅し取っていたパキスタン人を逮捕

 各報道によると、チョンブリー県の警察は27日21:00過ぎ、パッタヤー地区内のバービアから連れ出した女性を脅し金品を強奪していた容疑で42歳のパキスタン人の男を逮捕し、現金9,000バーツや純金ネックレス、純金ブレスレット等を押収した。

 22日未明に被害にあった、パッタヤー地区のウォーキングストリートにあるバービア従業員の女性(24)によると、男から店外オフされた後に車で林に連れ込まれ、そこで刃物を突き付けられ純金ネックレスや純金ブレスレットを奪われたという。

 男は取り調べに対して、過去にバービア嬢に全財産を騙し取られた上で逃げられた復讐の為に、金目の物を身につけているバービア従業員の女性をターゲットに店外にオフした上で金品を脅し取り、その後無理矢理服を脱がせた女性を現場に放置し逃走するという手口で犯行を繰り返していたと供述しているという。

 男が連行された警察署内では、男逮捕の報を受け駆けつけた21歳と19歳の被害者女性2人の内の1人が男の顔に平手を喰らわす場面も見られた。

* 報道動画 (Youtube)
http://goo.gl/ls1s

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクム3周辺でアフリカ系外国人の一斉摘発、30人を不法滞在容疑で逮捕

 各報道によると、首都圏警察本部は27日深夜、バンコクのスクムウィット通りソーイ3及び5で不法滞在アフリカ系外国人の一斉摘発を行い、パスポートを所持していなかった30人を不法入国の容疑で逮捕した。

 今回行われた一斉摘発は、外国人による犯罪を未然に防ぐ目的で行われたもので、特に犯罪に関与していたアフリカ系外国人の多くが不法入国者だったため捜査に支障を来していたという。

 逮捕された30人は、強制送還手続きの為に入国管理警察局に身柄が引き渡される予定になっている。

* 報道画像
http://goo.gl/zQqw

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8万バーツ相当を万引きしたイラン人2人組みが逮捕される、万引き警報装置が作動

 各報道によると、27日深夜、チョンブリー県パッタヤー地区にあるBig-C南パッタヤー店内で、文房具や化粧品、財布等、総額約8万バーツ相当を万引きした39歳と32歳のイラン人の男2人が、警備員により身柄を確保され警察に引き渡された。

 調べによると、2人は客を装って店内に入り、約10点の商品の会計を終え出ようとしたところで、万引き警報装置が作動し万引きが発覚した。

 逮捕された2人は容疑を全面的に認めているという。

* 逮捕された2人
http://goo.gl/8BWc

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

女性歌手が麻薬所持で逮捕と各紙が一斉に報じるも実はハーフのそっくりさん

 各報道によると、27日昼過ぎ、ライブTV所属女性歌手のグワーンことグルワン・スッティウォンさん(22)がバンコクの首都圏警察本部チョークチャイ署を訪れ、自分が私的使用目的で麻薬ヤーアイスを所持していたとして逮捕された事実は無いと訴えた。

 これに先立ち、各メディアが27日4:30頃にグワーン(28)が麻薬所持容疑でラートプラーオ区内で逮捕され、本人は麻薬は既に止めていると主張したが尿検査の結果麻薬の使用が確認されたと報じていた。

 拘置中の麻薬所持で逮捕された"グワーン"と面会した本物のグワーンさんによると、余りにも逮捕された女が自分の顔にソックリだったので驚いたという。

 またグワーンさんによると、逮捕された女は自分と同名のパヤオ県出身の外国人とのハーフで、警察に対して歌手であるとは一言も語っていなかったという。

* 本物のグワーンのビデオ (Youtube)
http://goo.gl/2knO

* 本物のグワーン
http://goo.gl/Mwiy
* 偽物のグワーン
http://goo.gl/jd6Q

posted by Jean T. at 00:37| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジット不正使用の男女に対して1,562年の刑、法規程により20年に減刑

 各報道によると、刑事裁判所は27日、他人のクレジットカードを不正に使用したとして起訴されていた何れも29歳の男女の被告に対して1,562年の禁固を命じた上で、経済事犯に対する20年を超える禁固を禁じた法規程に基づきそれぞれに対して20年の禁固に減刑する判決を下した。

 起訴状によると、恋人同士だった男女は共謀して2006年5月31日(報道により2006年9月4日)から2007年12月17日にかけて、男が勤務する会社が社員に支給していたガソリン給油用のクレジットカードを利用して、合計29人の社員の署名を偽造し1,533回にわたり私用目的でガソリンを給油し、総額2,100,665バーツの損害を会社にもたらした。

 刑事裁判所は、29人分の署名偽造行為及び1,533回にわたるクレジットカードの不正使用行為に対して合計で1,562年の禁固を命じた上で、法規程に則り20年に減刑する判決を下した。

posted by Jean T. at 00:35| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカートの中を盗撮していた変態中国人を逮捕、パッタヤーで

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、26日20:00頃、チョンブリー県パッタヤー地区にあるショッピングセンター"セントラル・フェッスティバル・パッタヤー・ビーチ"内で、携帯電話機のビデオ撮影機能を使用して女性のスカートの中を盗撮していた中国人の男(37)が、被害にあったタイ人女性から通報を受けた警備員に取り押さえられ警察に突き出された。

 調べに対して男は、自分で見る為に盗撮したが、他の者に見せる為に公開するつもりは無かったと供述しているという。

 警察は、被害にあった女性が、盗撮画像の全消去を条件に刑事告発を見合わせる意向を示していることから、男に対して盗撮画像の全消去と女性に対する謝罪を命じると共に、他人に対する迷惑行為違反で500バーツから1,000バーツの罰金を男に課した上で釈放する方針である事を明らかにした。

* 報道映像 (Youtube)
http://goo.gl/YXCD

posted by Jean T. at 00:32| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孝行者と評判の男性が路上で惨殺

 各報道によると、27日0:30頃、プラヂュアップキーリーカン県県都内の路上で、バイクで走行中だった36歳の男性が何者かに銃弾7発を撃ち込まれ死亡しているのが発見された。

 死亡した男性は、酒やタバコもやらずに認知症の母親の面倒を見ている孝行息子として地元では知られていたという。

 警察は、実行犯が執拗に銃弾を男性に向け撃ち込んでいることから、殺害の背景に何らかの怨恨があると見て捜査を進めているが、初期の捜査段階では男性が絡むトラブルは確認されていないという。

posted by Jean T. at 00:30| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

首相、アリスマン氏のカンボジア潜伏を確信 - フンセン首相と本国送還に向けた協議へ

 各報道によると、アピシット首相は26日、反独裁民主主義同盟幹部のアリスマン・ポンルゥアンローン氏がカンボジア国内に潜伏している事を裏付ける十分な証拠がある事を明らかにした上で、近々フンセン首相との間で同氏の本国送還に向けた協議を行う考えである事を明らかにした。

 これは、25日から26日にかけて、各メディアがアリスマン氏がカンボジアのビザを申請した、同氏が第三国亡命の為に24日にカンボジアビザを取得した等と報じている事について聞かれた際に明らかにされたもの。

 デイリーニュース紙が、カンボジアのポーイペートの軍消息筋からの情報として伝えたところによると、アリスマン氏のパスポートは、24日夕方にポーイペートの入国管理当局者によりアランヤプラテートにあるカンボジア領事館に持ち込まれ、同日中にビザが発給されていたという。またアリスマン氏のパスポートに押されていたタイ入国管理当局の出国スタンプは偽造されたものである疑いがあるという。

 先にアリスマン氏は、タイ国内に潜伏中であると主張していたが、同消息筋によると、同氏は現在シェムリェップ県内の大手ホテルに滞在中で、カンボジアの当局関係者やタイ人のボディーガードが24時間体制で同氏の警護にあたっているという。

 この情報に関してアピシット首相は、既にフンセン首相に対してアリスマン氏がカンボジアのビザ申請の動きを見せていると警告済みであるとした上、関係省庁に対して報道の事実関係の確認を指示した事を明らかにし、またサケーオ県の県知事も既にアランヤプラテートにあるカンボジア領事館に対して、アリスマン氏が偽造されたタイの入出国印が押されたパスポートを使用してビザ申請をするおそれがあると警告していた事を明らかにしている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、強制排除から半年目となる11月19日にバンコクのラーチャプラソン交差点に集結

 各報道によると、反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、5月19日の強制排除から6ヶ月目となる11月19日に、強制排除の場となったバンコク中心部のラーチャプラソン交差点で集会を開催する方針である事を明らかにした。

 10万人規模の赤服軍団の集結を確信しているという。

 また、地方展開の一環として、近日中にコーンケーン県やウドンターニー県でも集会を開催する予定で、同様に10万人規模の赤服軍団の集結が見込まれるという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、逃走中の同盟幹部の政治難民認定を国連事務総長に要求

 各報道によると、26日、国連ビル前に集結した6月24日グループ幹部のソムヨット・プルゥクサーガセームスック氏を中心とした反独裁民主主義同盟・赤服軍団は、国際連合の潘事務総長に対して、現在国外に逃走しているとされるアリスマン・ポンルゥアンローン氏、スポン・アッターウォン氏及びヂャラン・ディッターアピチャイ氏の同盟3幹部の政治難民認定及び国連の保護下での第三国への亡命を認めるよう要求すると共に、国連に対して世界人権宣言に従っていないタイ政府による人権侵害状況を緊密に監視するよう要求する書状を提出した。

書状は潘事務総長の代理人が受け取った。

 また、前後して同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、国連による強制排除に関する調査を要請する書状を代理人宛に提出した。赤服軍団に対する強制排除と類似した1980年の光州事件を経験している韓国人である潘事務総長であれば問題の解決方法を心得ているはずだという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界的に知られたカリスマ美容師が刺殺、同性愛相手の犯行と見て捜査

 各報道によると、25日、チュムポン県トゥンタゴー郡内で、カリスマ美容師として知られるアヂャーン・ヂョーことタナガリット・シースバット氏(44)が自宅内で全身数ヶ所を刺され死亡しているのが発見された。

 死後10時間以上と見られ、また室内には物色されたあとがあった。また、現場の状況から、実行犯は家の裏口から押し入った、ないしは逃走したと見られている。

 タナガリット氏は、美容講師としてだけでなく、ヘアーデザイナーとして世界的に知られており、内外でヘアーデザイン関連の各種賞を受賞した後に日本を初めとする各国で美容室やヘアデーザイン講習等のビジネスを展開し、これで得た資金を元手に出身地でパームやゴム農園、犬や猫の繁殖事業を展開していた。

 警察は、同性愛者でもあるタナガリット氏の自宅に複数の若い男性が出入りしていた事から、自宅に出入りしていた者が自宅内にある金目の物目当てに犯行に及んだ、ないしは同氏に金をせびったところ、断られた為カットなって殺害した上で金品を盗み逃走したと見て捜査を進めると共に、24日に姿が目撃されて以降所在が不明になっているロートなる若い男性が何らかの事情を知っていると見て行方を追っている事を明らかにした。

* 報道画像 (気が弱い人は要注意)
http://goo.gl/ehpM

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。