2010年10月27日

販売目的で麻薬を所持していた女子大生を逮捕、麻薬は服役中の男の手配で入手

 各報道によると、首都圏警察本部は25日、販売目的で麻薬を所持していた容疑で、有名私立大学4年生の女(24)をバンコクのバーンコーレーム区ヂャルゥンクルン通りソーイ107内で逮捕し、麻薬ヤーバー錠2,000錠を押収した事を明らかにした。

 女は、逮捕に乗り出した警察官を見て車を急発進させ逃走を試みたが、前方のタクシーに追突した衝撃で発生した玉突き衝突により逃げ道を塞がれ逮捕となった。

 女は取り調べに対して、遊ぶための金欲しさから、服役中のジョーと名乗る男を通して転売用の麻薬を仕入れたが、このような事をするのは今回が初めてであると供述しているという。

 女によると、ジョーなる男がどこの刑務所に服役しているか知っておらず、また麻薬はジョーから指示を受けた手下の者から引渡されたという。

* 報道画像
http://goo.gl/76UU

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

南部国境三県内でゴム農園を狙った連続爆破が発生し16人前後が死傷

 各報道によると、25日1:00過ぎから10:30過ぎにかけてナラーティワート県7郡内にある10箇所前後のゴム農園内で連続して爆発が発生し、農園内で作業中だった住民1人が死亡し、12人前後が負傷した。報道により負傷者の内2人が警察官とするものもある。

 また、パッターニー県サーイブリー郡内では25日6:30過ぎに2箇所のゴム農園内で連続して爆発が発生し、作業中だった何れも50歳の男性2人が負傷し、ヤッラー県ラーマン郡内では25日6:00過ぎにゴム農園内で爆発が発生し、作業中だった70歳(報道により72歳)の男性が負傷した。報道により男性が爆発物を踏んだ衝撃で爆発が発生したとするものもある。

 一方、24日8:00前、ヤッラー県県都内の路上で、人数不明のグループが走行中のワンボックスカーに向け銃を乱射し、運転していたイスラム教徒の男性(55)及びその姪(13)が負傷した。男性は姪を学校に送り届ける途上だった。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガムペーンペートで寝たきり男性が押し入った強盗に殺害

 マティチョン紙によると、25日、ガムペーンペート県県都の民家内で、全身麻痺で寝たきりだった58歳の男性が、押し入った強盗に殺害されるという事件が発生した。

 男性の妻(50)によると、商いの為に1:00頃に市場に出かけ、夫の食事の世話の為に7:00頃に家に戻ったところ、入り口がしっかりと閉められていなかった為不審に思い大急ぎで部屋に入ったところ男性が後ろ手に縛られた状態で殺害されていたという。

 警察は、部屋が荒らされていたことから、一家の動向や家の中の状態を知っている者が強盗目的で押し入った後に口封じの為に男性を殺害したと見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬を局部に隠し密輸をはかった女がメーサーイで逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、チェンラーイ県メーサーイ郡の入国管理警当局は、25日までにブリラム県出身の女(33)を麻薬密輸容疑で逮捕し、麻薬ヤーバー錠2,900錠を押収した。

 ミャンマー領内から国境検問所を通過しようとしていた女の挙動を不審に思った係官が、女性係官に身体検査を要請した結果、2枚のコンドーム内に詰められていた2,900錠の麻薬が女の局部に挿入されていた。

 女は取り調べに対して、22日から2人の姉と一緒にミャンマー領内のカジノで賭博に興じていたが、自分の持ち金が無くなった為、自分だけ帰国する為に移動していた際に、ミャンマー人の女から3万バーツでバンコクまでの麻薬の運搬を請け負わないかと誘われ、賭博で持ち金が尽きていた為女の話に乗ってしまったと供述しているという。

* 報道画像 (マスク姿が女)
http://goo.gl/KNUw

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーの路上で若者グループ同士の撃ち合いが発生し男女4人が負傷

 各報道によると、25日4:30(報道により5:00)頃、チョンブリー県パッタヤー地区の路上で、不良若者グループ同士の銃の撃ち合いが発生し、30歳、19歳及び14歳の男性及び流れ弾に当たった26歳の女性が負傷した。

 負傷した30歳の男性は、同時に負傷した2人と一緒にカラオケ店で酒を飲み終え、帰宅の為にバイクの3人乗りで移動中に、約5台のバイクに分乗した若者グループに追いかけられ停車を命じられた為、逃げたところ追いかけてきたグループに銃撃されたと証言する一方で、同じく負傷した14歳の少年は、移動中に走行を妨害してきた7-8台のバイクに分乗した若者グループを南パッタヤー地区まで追いかけ、そこで両者間で殴り合いの喧嘩になった際に相手側が撃った銃弾により1人が負傷し、更に負傷した者を病院に搬送する際に、後から追いかけてきたグループに再度銃撃され2人が負傷したと証言している。

 警察は、流れ弾に当たり負傷したホテル従業員の女性や住民から、負傷した3人はバイクで集団走行していたグループ内の者で、別のグループと撃ち合いになった際に負傷したとの証言が得られていることから、2人が虚偽の証言をしていると見て、あらためて詳細にわたる事情聴取を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーのホテル内でタイ人女性の絞殺体、恋人のイラン人の身柄を確保

 各報道によると、24日22:30頃、チョンブリー県パッタヤー地区のホテルの客室内で、ガーラシン県出身の24歳の女性が首を絞められ死亡しているのが発見された。死後1時間以内と見られている。

 ウォーキングストリートでホテルまで送って欲しいと申し出てきた、死亡した女性の恋人であるイラン人の男(30)をホテルに送り届けた行政執行官が、ホテルのスタッフと共に部屋に入った際に遺体を発見した。

 男はホテルに到着するなり意識を失い倒れたが、警察は、男が殺害に関係していると見て男の身柄を確保し、回復を待って事情聴取を行う方針である事を明らかにしている。

 ホテルスタッフによると、男がホテルを出る前に激しい喧嘩が女性との間で展開されていたという。

* 報道映像
http://www.youtube.com/watch?v=mqnI_PGXeyk

* ホテルに到着するなり倒れた男
http://goo.gl/cYkL

posted by Jean T. at 00:03| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

高所得者層より低所得者層、政府不支持層より支持層の方が幸福、 ABAC調査

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、28県内在住の5,001人を対象に9月から10月にかけて行った調査で、女性の平均幸福量が10点満点中6.64点と6.50点だった男性の幸福量を上回っていたことが明らかになった。

 また、50歳以上の幸福量が6.74点と最も高い一方で、大学卒業間近及び就職したばかりの年齢層の幸福量が6.37点と最も低く、また学歴別では、高卒以下の幸福量が6.63点と、それぞれ6.27点と6.30点だった大卒及び修士終了以上の幸福量を上回った。

 更に、所得別では、最低の収入レベルである月5,000バーツ未満の収入の回答者の幸福量が6.75点と、6.43点だった月2万バーツを超える収入の回答者の幸福量を上回り、また月5,000万バーツ未満の収入の回答者の個別幸福量に関しては、国王に対する敬意が9.43点と最も高く、以下、家族関係(7.97)、精神衛生(7.71)、健康(7.67)、文化(7.56)と続く結果になり、更に職業別では、定年退職層及び主婦の幸福度が6.88点と最も高い一方で、失業者及び民間企業従業員の幸福量が6.35点と最も低かった。

 一方、政治的スタンス別の幸福量に関しては、政府支持層が7.00点と最も高く、以下、無党派層の6.42点、政府不支持層の6.22点と続く結果になった。

 今回の調査対象者の内、31.2%の回答者が政府を支持する、15.1%の回答者が政府を支持しないと回答し、半数を超える53.1%の回答者が無党派層であると回答した。

posted by Jean T. at 07:40| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18歳の暴走族男性、バイクで走行中に何者かに撃たれ死亡

 INNによると、23日深夜、ノンタブリー県バーングルワイ郡内の路上で、バイクで路上を走行中だった18歳の男性が、何者かに銃撃され死亡した。

 事件発生当時に付近を通りかかったタクシーの運転手によると、40台以上のバイクが爆音を鳴らして路上を走行していた際に、1発の銃声が聞こえると同時に男性のバイクが転倒し、その後残りのバイクは散り散りに現場から退散して行ったという。

 警察は、若者グループ間の抗争の際に発砲された、ないしは暴走族に不満を持つ付近に住む住民が発砲したかのいずれかと見て捜査を開始した。

 現場周辺の路上では、毎週土曜日の23:00頃に暴走族が出没していたという。

posted by Jean T. at 07:34| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16歳少年、4歳女児を強姦後に殺害し逃走

 デイリーニュース紙によると、23日16:00頃、プラチュアップキーリーカン県フワヒン郡の林の中で、4歳の女児が下半身裸の状態で殺害されているのが発見された。

 死後約2時間と見られ、また遺体の状況から顔を殴られたり、首を絞められるなどした上で性的暴行を受けたと見られている。

 また、現場から約200メートル離れた地点で女児が着用していたショートパンツが発見されている。

 警察は、現場付近で姿を目撃された後に所在が不明になっている、村内に住む16歳の少年が犯行に関与していると見て行方を追っている。

posted by Jean T. at 07:32| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

スワンナプーム空港から乗せた外人観光客のバッグから金品を盗み取った夫婦を逮捕

 各報道によると、警察中央捜査局は23日、スワンナプーム国際空港で乗せた外国人観光客の旅行用バッグから金品を盗み取った容疑で36歳と21歳の夫婦を逮捕し、3,040米ドル(約9万バーツ)を押収した事を明らかにした。

 調べによると、夫婦はチャーターバス運行会社に所属する運転手と乗員で、21日にスワンナプーム国際空港からチョンブリー県パッタヤー地区内のホテルに向かう為に車をチャーターした外国人観光客の旅行用バッグから金品を盗み取った。

 夫は取り調べに対して、故郷のシーサケット県内の農民に転売する化学肥料の仕入れ代金捻出の為に金品を盗んだが、このような事をやったのは今回が初めてであると供述しているという。

 夫によると、乗せた客をバッグと共にホテル前で降ろした後に、車内に降ろし忘れた3個のバッグがあることに気がつき、大急ぎで車を発進させ、ガソリンスタンド内でバッグの中を物色した上で、その場に車を乗り捨て故郷に逃げ帰っていたという。

 警察は、同様な被害報告が複数件あがっていることから、今回が初めてであるとする夫の証言を信用する事が出来ないとして、引き続き事情聴取を行うと共に、他にも同様な犯行に及んでいる者がいると見て捜査を進める方針である事を明らかにした。

* 逮捕された夫婦
http://goo.gl/Ortj

posted by Jean T. at 08:20| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水害被災者支援のふりをしてバイクを盗んだ3人組みを逮捕

 各報道によると、第三地区警察本部は23日、水害被災者支援のふりをしてバイクを盗み出した容疑で3人の男をナコンラーチャシーマー県県都内で逮捕した事を明らかにした。

 調べによると、3人は、水害被災者支援として水害により故障したバイクの修理サービスを提供すると言って被害者に近づき、被害者の前でバイクの修理を行い、修理完了後に試験運転だと言って修理したバイクを運転して逃走するという手口で犯行を重ねていた。

 3人は取り調べに対して、盗んだバイクを1台につき5千バーツから7千バーツで転売していたと供述しているという。

 警察によると、3人は殺人未遂で服役し、最近出所したばかりだった。

posted by Jean T. at 08:16| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

22歳男性、ステープ邸警備の警察官に銃撃され妻が負傷したと訴える

 各報道によると、22日2:00頃、22歳の男性が妻の母親(46)を伴いバンコクの首都圏警察本部タリンチャン署を訪れ、前日23:00過ぎに帰宅の為に車で移動中に制服を着た警察官に銃撃され妻(23)が負傷したと訴えた。

 男性によると、家族等6人と飲食を終え帰宅の為に車を運転していた際に、路上脇に駐車した車の脇に立っていた2人の制服を着た警察官が高速度で逃走して行く小型トラックに向け2発の銃弾を撃つのが見え、その後2人が別の小型トラックに制止を命じている最中に現場脇をスピードを落として通過しようとした際に、2人の内の1人の警察官が自分の車に向け銃を発砲し、助手席側のドアを貫通した銃弾により、当時8ヶ月の子供を抱いていた妻が負傷したという。

 調べによると、男性の車に向け銃を発砲したのは、ステープ前首相私邸の警備を担当している二等巡査で、男性が被害届を提出している最中に署に戻ってきた二等巡査は、男性の車に向け発砲した事を否定した上で、当時暴走族グループとの間で銃の撃ち合いになっていたことから、いずれかから撃たれた流れ弾が当たったのではないかと話しているという。

 警察は、二等巡査が所持している拳銃を押収し解析を進め、発砲が確認された場合は殺人未遂での立件を視野に捜査を進める方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 08:38| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝突事故で死亡した女性の下着の中から大量の麻薬

 各報道によると、22日朝にガンヂャナブリー県県都内で発生した、女性3人が乗った乗用車が立木に激突した際に死亡した女性の下着の中から、麻薬ヤーバー2,000(報道により2,600)錠やヤーアイス46グラムが発見された。

 この事故により、運転していた30歳の女性が重傷を負い、29歳と26歳の女性が死亡したが、麻薬は衝突の衝撃で現場から約10メートル飛ばされ死亡した26歳の女性の下着の中に隠されていた。

 警察は、死傷した3人が、前日夜にラーチャブリー県内の刑務所内に向け麻薬を外から投げ込もうとして逮捕されたガンヂャナブリー県在住の男と関係している可能性もあると見て捜査を進めている。

 22日朝には、先に逮捕された男の自宅の家宅捜索が行われる予定になっており、死傷した3人は家宅捜索の際に摘発される事をおそれて、麻薬を隠し持って逃走する途上だった疑いがあるという。

 また、警察は、麻薬の入手経路や取引先等を突き止めるたに、3人が所持していた3台の携帯電話の通話記録の解析を行うと共に、重傷を負った女性の回復を待って事情聴取を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 08:34| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

ヂャトゥポン氏、監視カメラ設置受注でも民主党と憲裁が癒着

 各報道によると、プゥア・タイ党所属議員で反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は21日、先に公開された民主党解党裁判に対する民主党による働きかけ疑惑を裏付けるクリップに絡んで、新たに憲法裁判所による6,600万バーツ規模の監視カメラやコンピュータ・システムの発注に絡んだ同裁判所と民主党の癒着疑惑がある事を明らかにした。

 ヂャトゥポン氏によると、公開されたクリップには、働きかけを行ったとされる民主党所属議員のウィラット・ロムイェン氏の他に、入札により監視カメラやコンピュータ・システムを憲法裁判所から受注した企業に関係しているウォラウット・ナワポーキン氏の姿があり、また両者を含むクリップに登場する者全てが大物政治家に近い人物だという。

 また、民主党最高顧問のチュワン元首相が、クリップを流布した者の告発及び流布に関与したプゥア・タイ党に対する解党要求を視野に資料収集を進めている事を明らかにしている事に関しては、実際にクリップ内で発生している事から目をそらさせようとする行為であると指摘した。

 一方、憲法裁判所の一部判事の不正行為を裏付ける3つのクリップの公開時期に関しては、法的責任を問われるおそれがあること、また別の勢力内の者の手にも渡っているおそれがあることから、現時点では公開時期を明確にする事ができない事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:31| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貸し金返済を拒否した友人を殺害し貸し金代わりに携帯電話等を盗んだ男を逮捕

 各報道によると、チョンブリー県サタヒップ郡の警察は21日3:00過ぎ、前日に24歳の男性を鈍器で殴り殺害し、ブラックベリー製携帯電話機やポータブルDVDプレイヤー等を盗んだ容疑で30歳の男を逮捕した。

 男は取り調べに対して、男性に貸していた3,200バーツの返済を催促したところ、男性が返済するつもりは無いと強気に出てきた事をきっかけに両者間で喧嘩になり、その際に勝てないと思い男性の部屋の中にあった棒で男性の頭を2回殴り気絶させた上で、貸した金の代わりに携帯電話機等を奪い逃走したが、まさか男性が死ぬとは思わなかったと供述しているという。

* 報道画像
http://goo.gl/2dxc

posted by Jean T. at 00:28| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンブリー県内で下着泥棒を逮捕、自ら着用する為に盗んだと供述

 デイリーニュース紙によると、シンブリー県県都の警察は21日、43歳の男を女性用下着を盗んだ容疑で逮捕した。

 検問所の警察官が、ショルダーバッグ2個をぶら下げてバイクを運転していた男を見て不審に思い、
男のバッグの中を調べた結果、中から大量の女性用下着が出てきた事を受け男の身柄を確保した。また、逮捕後に行われた男の自宅内での捜索で、2つの袋に入れられた大量の女性用下着が押収された。

 男は取り調べに対して、4-5年前に離婚して以来仕事が休みの時を利用して宿舎や家屋の外に干されている下着を盗んでいた。盗んだ下着は日替わりで着用していたと供述しているという。

 男によると、妻は男の性癖に耐えきれずに逃げていったという。

* 取調中に盗んだ下着を着用して見せる男
http://goo.gl/5RV1

posted by Jean T. at 00:24| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

ロシア人実業家殺人容疑で同国人2人を逮捕

 各報道によると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察は20日1:00頃、ロシア人実業家男性(36)を金銭強奪目的で誘拐し殺害した容疑で、36歳と32歳(報道により36歳と27歳)のロシア人の男2人を逮捕した。

 殺害された男性は、不動産業を営む裕福な人物として知られ、14日に消息を絶ち、同日夕方過ぎに男性の母親(71)が警察に被害届を出していた。また、男性は同性愛者としても良く知られた存在だったという。

 被害届を受けた警察は、消息を絶った男性のATMカードを使用して10万バーツが引き出されていた事が確認された事を受け、男性が口座を開設した各銀行に対して引き出し限度額を1日あたり2万バーツに設定するよう要請すると共に、男性のATMカードの使用状況の監視を行った結果、20日1:00前に2人のロシア人の男が男性のATMカードで現金を引き出そうとしている事が分かり、付近一帯を包囲した上で2人の逮捕に乗り出した。

 警察が逮捕に乗り出した際に、銃を撃ちながら逃走を試みた2人の内の1人が警察が撃った銃弾により右足首と右手を負傷した。

 逮捕された2人は、共犯のもう1人のロシア人の男(34)と共謀して、部屋から連れだした男性をオフィス内に監禁し、強制的にATMカードの暗証番号を言わせた上で、男性を鈍器で殴ったりUSBケーブルで首を絞めるなどして意識を失わせ、その後サタヒップ郡内で銃弾2発を男性の体に撃ち込んんだ上で土中に遺体を遺棄したと供述しているという。

 2人によると、まだ逮捕されていない男から現金1万ドルと男性から盗んだATMカードを成功報酬として受け取る約束で雇われて犯行に荷担していたという。

 警察は、事件に、未だ逮捕されていない男以外にも数人が犯行に関与しており、また国際犯罪組織が犯行に関与している可能性もあると見て捜査を進めている。

* 報道動画
http://www.youtube.com/watch?v=deUoLY8BuVA

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬密売容疑で2ヶ月前に出所したばかりの夫婦を逮捕、洪水の為大急ぎで売り切る必要があったと供述

 マティチョン紙によると、アユッタヤー県プラナコン・シー・アユッタヤー郡の警察は20日、販売目的で麻薬を所持していた容疑で48歳と46歳の夫婦を逮捕し、麻薬ヤーバー8,000錠等を押収した事を明らかにした。

 取引先に向かう途上で逮捕された夫婦は取り調べに対して、麻薬はラムパオラム地区内でトゥムと名乗る女から64万バーツで仕入れたもので、大雨による洪水により麻薬の一部が濡れてしまった為、大急ぎで売り切る為に取引場所に向かっていた際に逮捕されてしまったと供述しているという。

 夫婦によると、両者とも販売目的で麻薬を所持していたとして服役し、僅か2ヶ月前に出所したばかりだったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイクで走行中の女性が引ったくり被害、借金返済用の現金等5万バーツを盗まれる

 プーヂャッカーン紙によると、20日、トラン県フワイヨート郡内の路上で、バイクに乗った2人組みの若い男が、同じくバイクで走行中だった27歳の女性のショルダーバッグや金製ネックレスを通り過ぎざまに引ったくり逃走するという事件が発生した。

 女性は、借金返済に向かう途上で、引ったくられたバッグの中には借金返済用の現金3万バーツが入っており、一緒に引ったくられた1バーツ重量の金製ネックレスを含め約5万バーツ相当の被害にあった。

 現場付近の路上では、15日前にも同様な引ったくり事件が発生していたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未成年者売春斡旋容疑で古式マッサージ店を摘発し支配人の女を逮捕

 各報道によると、警察人身売買行為防止取締局は20日3:00過ぎ、未成年少女の売春を斡旋していた容疑でチョンブリー県パッタヤー地区内にある古式マッサージ店を摘発し、支配人のブリラム県出身の女(34)を管理売春容疑で逮捕すると共に、使用済み1枚を含む8枚のコンドームや現金2,000バーツ等を押収した。

 この摘発は、店内で外国人相手に未成年少女の売春斡旋が行われてるとの通報に基づき行われた囮捜査により実現したもので、タイ人男性の捜査協力者が店内で15歳少女との間で売買春話をまとめ、少女が売春代金1,300バーツ(報道により2,000バーツ)を受け取ったところで摘発となった。

 逮捕された女は、一ヶ月前に雇われて店の管理をまかされているだけで、店内で売春が行われている事は知らなかった。押収されたコンドームはマッサージ嬢の物で、自分は一切関知していないと語り容疑を否認しているという。

 摘発された店の上階部分は個室になっており、各部屋にはコンドームや潤滑用ジェル、シャワー用品、性欲刺激用具等が備え付けられていたという。

* 逮捕された女
http://goo.gl/xM38

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。