2010年10月20日

働きかけ疑惑クリップにより民主党に対する好感度が低下、過半数が司法への信頼に影響

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、バンコク及び近郊在住の回答者1,056人を対象に17日から18日にかけて行った調査で、民主党解党裁判絡みの働きかけが行われていた事を裏付けるとされるクリップが公開された事により、半数を超える52,2%の回答者が民主党に対する好意があまり無い、または全く無いに変化したと回答し、依然民主党に対して非常、ないしは最大限な好意を持っていると回答した者が47.8%に留まっていた事が明らかになった。

 また、支持層別では、無党派層の63.8%、政府不支持層の89.9%が、民主党に対する好意があまり無い、または全く無いに変化したと回答し、政府支持層の75.8%が、民主党に対する好意の度合いには変化が無いと回答した。

 一方、クリップが公開された事による影響に関しては、54.0%の回答者が司法への信頼に影響を与える、46.0%の回答者が今以上に信頼に影響を与えることは無いと回答し、支持層別では、無党派層の62.0%、政府不支持層の80.6%が司法の信頼に影響を与える、政府支持層の64.5%が信頼性に影響を与えないと回答した。

 また、民主党が解党された場合の影響に関しては、59.6%の回答者が、政策の遂行が中断される、政権交代により政策が変化し全てがリセットされることになる、国内情勢が激化するおそれがある等の理由をあげ、国民が抱える問題に対する取り組みに影響を与える事になると回答し、40.3%の回答者が、未だ政府の明確な成果が見えておらず何も改善されていない、民主党以外の党でも政策遂行は可能である等の理由をあげ、影響を与えないと回答した。

 更に、解党裁判に関して司法側が取り組むべき事に関しては、81.5%の回答者が恣意的な判断が入らない公正な判決を下すべきであると回答した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑裁、元首相資産隠し裁判担当判事夫人に対する名誉毀損でコラムニストに有罪判決

 各報道によると、刑事裁判所は19日、軍保守派系新聞ネーオナー紙のコラムニストに対して、タクシン元首相の資産隠し裁判担当判事夫人の名誉を傷つけたとして、禁固18ヶ月、執行猶予1年及び3万バーツの罰金の支払いを命じる判決を下した。

 この裁判は、ネーオナー紙のコラムニストであるワチャラ・ペーチャラトーン氏が、2007年6月7日から15日にかけて同紙に掲載したコラムの中で、タクシン元首相の資産隠し裁判担当判事の1人であった元憲法裁判所判事のサック・テーチャーチャーン氏夫人のヂトラーポン女史が中小公社振興局長に抜擢された背景に、夫のサック氏が資産隠し裁判の際にシロ票を投じた事があると指摘した事により名誉を傷つけられたとして、ヂトラーポン女史がネーオナー紙及びワチャラ氏を相手取り提訴していた。

 ワチャラ氏は、審理中一貫して名誉毀損の事実は無いと主張してきたが、刑事裁判所は、証拠を精査した結果有罪であると判断し、禁固18ヶ月、執行猶予1年及び3万バーツの罰金の支払いを命じると共に、ネーオナー紙に対して3日間にわたり判決文の紙面掲載を命じる判決を下した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、内務次官内定辞退のモンコン氏を前ポストに据える人事を承認 - ネーウィン派の省内影響力に変化無し

 各報道によると、政府は19日開かれた定例閣議の席上で、先に内務省次官の内定を辞退したモンコン・スラサッヂャ氏を前任の自治局長に据え、内定辞退により空席のままになっている次官ポストに、先の定例人事で自治局長に就任したばかりのウィチヤン・チャワリット氏を据える人事を承認した。

 モンコン氏及びウィチヤン氏は、何れもプームヂャイ・タイ党最高幹部のネーウィン・チットチョープ氏に近いと言われており、また次官に就任するタンマサート大学政治学部出身のウィチヤン氏は、ブリラム県副知事、アムナートヂャルゥン県知事、スリン県知事を歴任してきた事で知られている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高級住宅街を中心に空き巣を働いていたコロンビア人4人を逮捕

 各報道によると、国家警察本部は19日、窃盗容疑で22歳から30歳までのコロンビア人4人を逮捕し、高級腕時計や携帯電話機、カメラ、ノートパソコン等計41点、総額約80万バーツを押収した事を明らかにした。

 警察は、100人単位のコロンビア人がタイに入国し、パスポートを変えてレンタカーを借りた上で高級住宅地等をターゲットに空き巣を働いているとの情報に基づき、予てから入国後にレンタカーを借りていた4人の尾行捜査を行っていた。

 4人組の内3人は、ノンタブリー県県都にあるプルゥクサー・ビレッジ内の高級官僚宅に押し入り金品を盗み出した後に、逮捕に乗り出した警察とカーチェイスを展開しながら逃走を試みたが、最終的に警察側に身柄を確保され、残りの1人は4人組みが盗み出した物の保管場所として使用していた宿舎内で逮捕された。

 4人組は取り調べに対して、これまでに2回空き巣を行い、盗み出した物の一部はタイ国内の闇市で換金し、残りは国外に送っていたと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喧嘩中の兄弟が8階のベランダから転落し兄が死亡し弟が重傷

 各報道によると、18日19:00頃、バンコクのヂャトゥヂャック区ヂョームポン地区にあるアパートの8階のベランダから30歳と28歳の兄弟が転落し、兄が死亡し弟が重傷を負った。

 当時兄弟と一緒に室内にいた姉によると、予てから素行不良で人の話を聞こうとしない弟の事で悩んでいた兄が、借金を巡った激しい喧嘩が兄弟間で展開されていた最中にキレてベランダから飛び降りようとした際に、それを阻止しようとした弟共々転落してしまったという。

 尚、報道によっては、姉の言として、ベランダで借金を巡った兄弟喧嘩が発生した際に両者が誤って転落したが、姉は当時部屋の外で電話中だった為、両者が転落したところは目撃していなかったとするものもある。


posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

チャイ下院議長、プーム党が連立から放逐される事は無いとの認識

 各報道によると、プームヂャイ・タイ党幹部のチャイ・チットチープ氏(下院議長)は18日、同党と民主党両党の幹部の間には依然良好な関係が維持されていると確信しているとし、同党が連立政権から放逐される事はあり得ないとの考えを示した。

 この発言に先立って、民主党がプームヂャイ・タイ党を連立から放逐し、代わりにプゥア・ペーンディン党の連立不参加議員を迎え入れ政権を維持する方向で動いているとの噂や、内務省内の汚職疑惑絡みで内務省の2人の大臣や政務官を解任するとの噂が広がっている中で、プームヂャイ・タイ党が民主党の職務遂行を監視する為の委員会の設置に動き出した事に対して、アピシット首相が、権利として監視する事は容認するが、もし不満があるのなら正式にこちら側にぶつけてくるべきだ。そうすれば連立からの放逐の是非に関して検討する事ができるようになると発言していた。

 この発言に対してチャイ氏は、先のアピシット首相の発言は、ちょっと口を滑らしただけの大きな問題と捉えるべきものではないと指摘した上で、政権を組織する事は容易な事ではなく、また連立政権内には対立や行き違いはつきものであり、また民主党とプームヂャイ・タイ党の幹部間で依然良好な関係が保たれていると確信していることから、同首相が連立の組織替えに動くことは無いとの認識を示した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法裁、民主議員と協議した秘書官を解任 - 専門調査委を設置

 各報道によると、憲法裁判所は18日、民主党が同党解党裁判について同裁判所に対して働きかけを行っていた疑惑を裏付けるクリップをプゥア・タイ党が公開したことに絡んで、問題のクリップに登場している同裁判所裁判長付秘書官のパリット・サクダーナロン氏を解任することを判事団の合議により決定した。

 また、問題の働きかけ疑惑を解明する為に専門調査委員会を設置した事を明らかにした。

 先に、働きかけを行ったとされる民主党所属議員のウィラット・ロムイェン氏は、下院専門委員会絡みの打ち合わせの模様を撮影したものであると説明した上で、隠し撮りは、民主党が働きかけを行っているとの疑惑をでっち上げる目的でPhとプゥア・タイ党が共謀して行ったと指摘し、案に隠し撮りにパリット氏が関与している事を示唆していた。

 一方、プゥア・タイ党所属議員で反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、クリップを隠し撮りした人物を激賛した上で、今回のパリット氏の解任だけでは全ての問題を終わらせる事ができないと指摘した。

 ヂャトゥポン氏によると、憲法裁判所内にいる3人を下らない良からぬ考えを持つ判事により、専門委員会による調査でシロ判断が下されるおそれがあるという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナコンサワンを飛び立った訓練機がターク県内で墜落、パイロットが死亡

 各報道によると、18日朝にナコンサワン県内の空軍基地を飛び立った後に消息を絶っていた訓練機F16Aの残骸が、同日昼前にターク県バーンターク郡内で発見され、操縦していたパイロット(空軍大尉)の死亡が確認された。

 残骸で発見された訓練機は、同日朝に他の3機と共にナコンサワン県内の空軍基地からチェンマイ県内の空軍基地に向け飛び立ち、同日10:00(報道により9:00頃)頃に消息を絶っていた。

 また、機体の残骸が発見されたバーンターク郡内の住民が、墜落する前に機体が火に覆われているとを目撃している。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイの飲食店前で2人組みがバンコクから来た4人組みに向け銃を乱射し3人が死傷、現場には23発の薬莢

 各報道によると、18日0:00過ぎ、チェンマイ県サンサーイ郡内の飲食店前の駐車場で、2人組みの男が、店内でトラブルになったバンコクから来た営業マンのグループに向け銃を発砲し、30歳の営業マンが死亡し、42歳の男性と飲食店の女性店員が負傷を負った。

 現場からは、合計で23発の薬莢が回収されている。

 調べによると、バンコクから来た4人組みの営業マングループと実行犯2人を含む4人組みとの間でグラスを投げ合う等の激しい喧嘩が発生し、一端は店員等が間に入りおさまったものの、その後営業マングループが会計を済ませ店を出たあとで、相手側グループの内赤服を着込んだ2人組みがあとを追いかけ、それぞれが銃を営業マングループに向け発砲した上でナンバーをつけていないワンボックスカーで逃走した。

 警察は、実行犯の中に治安当局関係者がいる可能性を含めて捜査を開始した。

 警察によると、地元住民が日曜日に好んで赤色の服を着ていることから、事件と政治との関係は極めて薄いという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16歳少女、少年僧5人を含む地元の若者11人から性的暴行を受けたと訴える

各報道によると、18日、16歳の少女が両親や児童福祉団体関係者等に伴われてナーン県県都警察署を訪れ、少年僧5人を含む村内に住む約11人の若者を性的暴行容疑で逮捕するよう要求した。

 少女の両親によると、9月25日に行われたボートレースの見学に少女と一緒に出かけ、その後一時所在が不明になった少女を見つけた際に、甥で住職付きの運転手の男(25)から性的暴行を受けていたことが分かり、警察に通報していたにもかかわらず、警察側からは一切の対応が取られていなかったという。

 事件後に児童福祉団体施設で心のケアを受け、ようやく事件の事について話す事ができるようになったという少女によると、実際には、運転手だけでなく少年僧5人を含む約11人の同じ村に住む若者グループから性的暴行を受けていたという。

 警察は、証拠固めを行った上で容疑者を召喚し事情聴取を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠中の18歳女性、自称警察官からあわやの強姦被害

 各報道によると、17日夜、妊娠3ヶ月になるノーンカーイ県出身の女性(18)が従兄(20)に伴われチョンブリー県パッタヤー地区の警察署を訪れ、警察官と名乗るタイ人の男から性的暴行を受けそうになったと訴えた。

 女性によると、従兄と一緒にバイクで家に向かっていた際に、バイクで前に回り込み進行を妨害してきたパッタヤー署所属の警察官であると名乗る30歳位の男が、盗難バイクの疑いがあると難癖をつけた上で、調書作成用写真撮影の為に署に行く必要があると言って自分だけ男のバイクに乗せられたという。

 その後、路上脇の人気の無い林の中に連れ込まれ性的暴行を受けそうになったが、抵抗し何とか逃げ出し通りすがりの車の運転手に助けを求め難を逃れる事ができたが、男に携帯電話等が入ったバッグを盗まれてしまったという。

* 報道映像
http://www.youtube.com/watch?v=PF4b3IF9f1c

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

タイ党が民主党のロビー疑惑クリップを公開 - 民主党はでっち上げ目的で隠し撮りされと指摘

 各報道によると、プゥア・タイ党のプロームポン報道官は17日、民主党解党裁判に絡んで、同党の裁判案件担当法務チームに所属する下院議員が憲法裁判所に働きかけを行っていた事を裏付けるクリップを公開した上で、かかる憲法裁判所の手続きに介入するという容認出来ない行為が行われていた事を同党の大物も承知していたはずであると指摘した。

 プロームポン報道官は、問題の議員と憲法裁判所裁判長秘書官とが協議を行っている模様を隠し撮りした映像を公開した上で、協議の際に議員側が選挙委員会のアピチャート委員長を被告側証人として採用するよう裁判長に働きかけて欲しいと要請していた事を明らかにした。

 一方、働きかけを行ったと指摘された、民主党のウィラット・ロムイェン氏は、問題のクリップは、下院地方自治委員会の顧問から依頼を受けた事項に関する協議を行っていた場面を撮影したものであるとし、解党案件絡みの働きかけを行ったものでは無いと説明した上で、問題のビデオは、憲法裁判所裁判長の個人秘書のPh(ポーパーン)が、プゥア・タイ党と共謀して疑惑をでっち上げる目的で隠し撮りされたものであると指摘した。

 また、アピシット首相は、解党裁判絡みの働きかけを行う必要性は無く、また党としてもそのような事を行う方針は無いとした上で、今後党内で問題のクリップに関する事実関係の調査に乗り出す考えである事を明らかにした。

参考
プゥア・タイ党、民主党議員による憲裁判事への働きかけ疑惑を裏付けるクリップを公開

posted by Jean T. at 00:11| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都圏の有権者は爆破関連のニュースに強い懸念

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、バンコク及び近郊の18歳以上の回答者1,498人を対象に13日から16日にかけて行った調査で、82.0%の回答者が連続爆破関連のニュースに対して懸念を感じると回答し、以下、64.6%の回答者がATM使用手数料の徴収関連、61.2%の回答者が天然災害関連、59.3%の回答者がタイとサウジアラビアの外交関連、53.5%の回答者が動物性成分が混入された偽精進料理(アハーン・ヂェー)用具材関連のニュースに対して懸念を感じると回答していた事が明らかになった。

 また、懸念を感じないニュースに関しては、79.8%の回答者が重要政治家の暗殺計画関連をあげ、以下、民主党の解党裁判関連(68.7%)、首相交替の動き関連(63.4%)、和解推進関連(60.3%)、マープタープット問題関連(53.5%)と続く結果になった。

 一方、ここ30日間の間にネット掲示板上に掲載されている政治関連のメッセージに関しては、89.9%の回答者が書き込みを行った事が無い、10.1%の回答者が書き込みを行った事があると回答し、また、書き込みを行った事がある回答者の内、33.8%が政府を支持する、50.3%が無党派層であると回答する一方で、書き込みを行った事が無い回答者の内、19.7%が政府を支持する、66.1%が無党派層であると回答する結果になった。

posted by Jean T. at 00:07| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレーム公邸近くの路上に糞尿入りの袋を放置した容疑で男を逮捕

 各報道によると、バンコクの首都圏警察本部は17日、16日未明にプレーム枢密院評議会議長公邸から約100メートル離れた陸軍クラブ前の路上に糞尿や使用済み生理用品等が入れられた袋が放置されていた事件に絡んで、ナコンパトム県のプッタモントン・サーイ2地区に住む植木販売業の40歳から50歳位の男を逮捕した事を明らかにした。

 放置されていた袋にはプレーム議長を中傷するメッセージが書かれていた。

 首都圏警察本部のピヤ報道官によると、この逮捕は、付近にあった複数の監視カメラ映像の解析により、実行犯が使用していた車のナンバーが判明した事により実現したもので、男は取り調べに対して、プレーム議長が嫌いだからやった。これまで5回にわたり同議長公邸周辺に汚物が入った袋を放置してきたと供述しているという。

 男は、赤服軍団の支持者で、常に集会に参加していたという。

 一部報道によると、男は5千バーツの罰金で既に釈放されている模様。

posted by Jean T. at 00:04| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17歳の職業訓練課程校生、護身用に所持していた自作の爆発物が暴発し死亡

 INNによると、ラノーン県県都内で、職業訓練課程校に通う17歳の少年が自作の爆発物の暴発により17日までに死亡していたことが明らかになった。

 少年が自作した爆発物は、爆竹や銃弾用の火薬を使用し、爆発が発生した際に小石や砂が飛び散るように製作された破壊力があるもので、16日夜半に、少年がライバルからの襲撃に備えて爆発物を護身用に所持して僧侶の行列をを送り出す儀式に参加していた際に、爆発物に使用されていた小石や砂等の摩擦により発生した火花により暴発したと見られている。

posted by Jean T. at 00:01| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

プゥア・タイ党、民主党議員による憲裁判事への働きかけ疑惑を裏付けるクリップを公開

 プゥア・タイ党は17日までに、民主党解党裁判に絡んで同党所属下院議員が憲法裁判所判事に働きかけを行っていた疑惑を裏付けるクリップをYouTube上に公開した。

 既に赤服軍団を中心に広く流布されているという。

 尚、プゥア・タイ党の公式記者会見は同日10:00過ぎに予定されている。

* プゥア・タイ党が公開したクリップ
http://www.youtube.com/watch?v=ntPWp9dC2cA
http://www.youtube.com/watch?v=k4095iNv-gY
http://www.youtube.com/watch?v=G3hSbZlnEo0
http://www.youtube.com/watch?v=BCM-01mdJyo
http://www.youtube.com/watch?v=yU80_T_G8D4

posted by Jean T. at 10:18| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不正疑惑の渦中にある内務次官内定者が内定を辞退

 各報道によると、内務省次官への就任が内定していた前自治局長のモンコン・スラッサッヂャ氏が16日、内定を辞退する意向を明らかにした。

 モンコン氏に関しては、国民の身分証明書発行用のコンピュータ調達に絡む利益誘導疑惑で調査の対象になっており、先に政府は、不正疑惑の解明終了まで次官内定の凍結を決定し、また法務省特別捜査局は正式に国家汚職防止取締委員会に対して疑惑調査を要求すると共に捜査資料を同委員会宛に提出していた。

 また、モンコン氏は、内務省を押さえているプームヂャイ・タイ党最高幹部のネーウィン・チットチョープ氏に近いとも言われていた。

 この不正疑惑についてモンコン氏は、調達の為の入札は公正に行われ、法に従って検察局等による所定の審査を経た上で落札業者に対して発注が行われていると語り、公明正大な調達が行われていた事を強調した。

 また、モンコン氏は、チャワラット内務大臣も自信の潔白を確信しており、同大臣から落札業者との発注キャンセルの交渉を委ねられている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 08:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレーム公邸近くで糞尿入り袋が回収

 各報道によると、16日6:00前、バンコクのドゥシット区シーアユッタヤー通り沿いにある、プレーム枢密院評議会議長公邸に隣接する陸軍クラブ前の路上で、黒色のビニール袋に入れられた不審物が発見され回収処理が行われた。

 ビニール袋の中には、紙切れや糞尿、使用済みの生理用品が入れられ、また袋にはプレーム議長を非難するメッセージが書かれていた。

 プレーム議長公邸付近では、今年7月8日にも、同議長を非難するメッセージが書かれた不審な段ボール箱が発見され回収処理が行われていた。

* 現場付近 (Google Map)
http://goo.gl/orKY

posted by Jean T. at 08:11| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒で両親を酔わせた上で未成年姉妹を強姦した近所の変態を逮捕

 各報道によると、チョンブリー県バーンラムン郡フワイヤイ地区の警察は15日、15歳と13歳の姉妹に対する性的暴行容疑で、48歳の男をチャチュンサオ県県都内の路上で逮捕した事を明らかにした。

 調べによると男は、9月19日夜半に近所に住む夫婦宅に酒やつまみを持って上がり込み、夫婦に酒を勧め酔わせ酩酊状態にさせた上で、15歳と13歳の姉妹に性的暴行を加え、その後姉妹に口外したら殺すと脅していたが、酔いから醒めたあとで姉妹の様子がおかし事に気がついた母親が問いただした結果、夫婦が酒に酔い寝込んでいた間に男が姉妹に性的暴行を加えていた事が分かり警察に通報していた。

 男は取り調べに対して、姉妹に性的暴行を加えようとしたが、射精できず未遂に終わったと主張しているという。

* 報道映像
http://76.nationchannel.com/playvideo.php?id=117046

* 被害者から指をさされる近所の変態
http://goo.gl/FpGr

posted by Jean T. at 08:09| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コピー・ユニフォームを通販していた英国人とタイ人の恋人女を逮捕

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、警察は15日昼過ぎ、サッカーチームのコピー・ユニフォーム等を通信販売していた容疑でイギリス人の男(39)とその恋人であるブリラム県出身の女(38)をチョンブリー県パッタヤー地区にあるアパート内で逮捕し、各国のサッカー・ナショナルチームのコピー・ユニフォーム504着、総額50万バーツ強を押収した。

 調べによると、2人はサイアム・サッカー・キッズなるサイトを開設し、コピー・ユニフォームを長年に渡り違法に販売していた。

 2人は取り調べに対して、アパートの部屋を商品保管及び発送作業の為に借り、違法にコピーユニフォームを販売していたと供述しているという。

* 逮捕された2人
http://goo.gl/hPfo

posted by Jean T. at 08:05| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。