2010年10月16日

キャンペーン嬢のスカウトであると騙し学生を強姦した自称大学教授を逮捕

 各報道によると、首都圏警察本部バーンケーン署は15日、有名大学に通う女性に対する性的暴行及び窃盗容疑で、31歳の男を囮捜査により逮捕した事を明らかにした。

 調べによると男は、9月15日に、自分はガセーサート大学の教授であると名乗り有名大学に通う女性に近づき、ある販売会社の代理人としてキャンペーンガールの仕事を紹介できると言って騙し、大学の人目につかない場所でインタビューを行う振りをしながら、女性がトイレに行った時を見計らってトイレに押し入り刃物を突き付けた上で性的暴行を加え、その後女性が所持していた携帯電話2台や現金2,500バーツを盗み逃走した。

 尚、報道により、インタビューの為だと言って大学構内の部屋に女性を導き入れ、部屋の鍵を閉めた上で犯行に及んだとするものもある。

 警察は、男が、ネット上にキャンペーンガールになりたいとのメッセージを投稿した女性に近づき犯行に及んでいた事が捜査により判明した事を受け、囮捜査官を使って男をおびき出し、14日に男が大学構内に現れたところで身柄を確保した。

 男は取り調べに対して、容疑を全面的に否認すると共に司法の場で全てを明らかにすると主張しているが、警察は、逮捕の知らせを聞いた複数の女性が警察に被害を届けに現れていることから、男にはかなりの余罪があると見ている。

* 逮捕された自称大学教授
http://goo.gl/T2Mu

posted by Jean T. at 08:59| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子トイレを隠し撮りしていた変態男が学生グループ等に取り押さえられる、パッタヤーで


 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、14日15:30頃、コンビニエンスストアーのトイレ内で用足し中だった大学に通う女性を隠し撮りしていたノーンカーイ県出身の27歳の男が、ピッサヌローク県内の大学に通う学生の女性や引率の教授等のグループに取り押さえられ警察に引き渡された。

 学生グループが男から取り上げた携帯電話機には、グループ内の女性が用足し中だった模様を隠し撮りした動画が保存されてあった。

 男は取り調べに対して、故意は無かったと主張し容疑を否認しているという。

* 報道動画
http://www.youtube.com/watch?v=MohJHdAKtZM

posted by Jean T. at 08:55| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

タクシン元首相、ブリラムの議席を制覇し一党単独政権の樹立を目指す

 タクシン元首相が12日にプゥア・タイ党本部で開かれた下院議員総会の際に行なったビデオ演説の中で、自らを総指揮官として次期総選挙を戦い、依然自分に対する支持が固い東北部及び北部の議席を席捲することにより、一党単独政権を樹立し、自らの帰国を実現させる意向を示していた事が明らかになった。マティチョン紙を初めとする各メディアが13日から14日にかけて、党内消息筋からの情報として報じた。

 また、タクシン元首相は、単独政権樹立の為には議会内で単独過半数を確保する必要があるとした上で、他党と議席を分け合っているバンコクやウボンラーチャターニー県、ナコンラーチャシーマー県及び東部地区の議席増を目指すと共に、特にプームヂャイ・タイ党の東北部での勢力拡大を阻止する為に、同党の強固な地盤となっているブリラム県内の全議席確保を目指す必要があると指摘した。

 更に、タクシン元首相は、自らが経済政策チームを率いる考えである事を明らかにすると共に、次期総選挙を"最終戦争"と位置づけ、議会の解散と同時に全国各地で選挙戦に打って出る事が出来るような体制をつくるために党内構造改革に乗り出すと共に各地の立会演説会場でビデオ演説を行う考えである事を明らかにした。

 一方、タクシン元首相が次期総選挙でブリラム県内の全議席を制覇し、プームヂャイ・タイ党の東北部内における勢力を押さえつける意向を示したと伝えられていることについて、同党幹部のソーポン・チャーラム氏(運輸大臣)は14日、選挙とは、被選挙権者各人の職務成果に基づいた国民の評価により決せられるものであるとして、タクシン元首相の発言に対して特に懸念を抱く必要は無いとの認識を示した。

 しかし、東北部に於けるプームヂャイ・タイ党の人気が芳しくないとの調査結果が出ているとの伝えられている事に絡んで、有権者の意見を聞いて党の改善に取り組む用意がある事を確認した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服戦闘部隊員の武装訓練に6人の赤服幹部が関与していた疑いが浮上

 各報道によると、法務省特別捜査局のターリット局長は14日、39人の赤服軍団関係者がカンボジア領内で武装訓練を受けていたとされる問題に絡んで、6人の赤服軍団幹部が武装訓練の背後で関与している疑惑が浮上している事を明らかにした。

 6人は何れも赤服軍団の最前線に立つ幹部クラスで、39人を武装訓練に行かせただけでなく、破壊活動による体制転覆を主眼とした思想教育を39人に施すよう命じた疑いがあり、また6人は何れも赤服軍団の活動を資金支援している疑いがある人物として過去にリストに記載されていた事があるという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際テロ組織に関係している容疑で逮捕された15人のパキスタン人の内4人が国連監視対象者リストに

 各報道によると、国内治安維持部隊第4地区前線指令本部は14日、13日にヤッラー県内で国際テロ組織と関係している容疑で身柄を確保された15人のパキスタン人の内、4人が国際連合の資金の流れ監視対象者リストに掲載されている者と姓名が一致している事を明らかにした上で、国家資金洗浄防止取締局に対して事実関係の確認と4人が関係する凍結口座に関する情報の提供を要請した事を明らかにした。

 15人は、銀行から国際テロ容疑者宛に現金を振り込んでいたとして身柄を確保され、ヤッラー県内で行われていた戸別訪問式の募金活動絡みの違法就労容疑で拘置され事情聴取が行われていた。

 逮捕された際に15人は、パキスタン水害で孤児になった者や水害対策の為に募金を募る為に当地に来たと話していたが、募金活動の際には宗教学校建設の為に募金を募っていると住民に説明していたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デブ痩せタクシー強盗を逮捕、11件の犯行に関与

 各報道によると、パトゥムターニー県の警察は13日、太った男と痩せた男の2人組がラムルッガー郡クーコット地区を中心に連続してタクシー強盗事件を引き起こしていた件に絡んで、何れもクーコット地区在住の26歳と22歳の男を逮捕し、模造拳銃等を押収した。

 調べによると2人は、客を装って乗車したタクシーの運転手から現金や携帯電話等を強奪し、運転手を車外に放り出した上でタクシー車両で逃走した後に同車両を乗り捨てるという手口で、今年9月2日から10月2日にかけて11回にわたり犯行を繰り返してきた。

 逮捕された2人は取り調べに対して、酒代が欲しかったことと、翌朝にデブ痩せコンビ強盗の記事が紙面を飾ることにより、ヒーローになった気分や自分たちを逮捕できない警察に対してスカッとした気持ちになれる為犯行を繰り返してきたと供述しているという。

* 逮捕されたデブ痩せコンビと指さす被害にあった運転手達
http://goo.gl/Ldir

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットで購入した薬を使用して堕胎した高三少女が危篤状態に

 各報道によると、13日昼過ぎ、バンコクのフワイクワーン区内にあるコンドミニアムの室内で、有名マタヨン課程校6年(日本の高3にほぼ相当)の少女(17)が自己流の堕胎により意識を失い危篤状態に陥った。14日昼過ぎまでに確認出来た一部報道によると、少女は危険を脱し安定した状態にあるという。

 室内からは、ビニール袋に入れられていた、堕胎したと見られる胎児の遺体が発見されている。

 妊娠8ヶ月だった少女が堕胎した部屋は同級生の恋人(17)の部屋で、また胎児は少女の前の恋人の少年との間に出来た子供だという。

 当時室内に一緒にいた恋人の少年によると、少女に対して妊娠している事を両親に打ち明けるよう勧めていたが、少女側に打ち明ける勇気がなかった為、自分たちで問題を解決する為に2日前にネットを通して5,000バーツで購入した堕胎用の薬の使用を開始し、最後の薬を使用しトイレ内で胎児を流産した直後に意識を失ったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

45歳女性を強姦し殺害した16歳少年を逮捕、ノーンカーイで

 各報道によると、ノーンカーイ県ワタナワーピー郡の警察は14日までに、45歳の女性に対する強姦殺人容疑で同じ村内に住む16歳の少年を逮捕した。

 少年は8月29日深夜に、女性宅に押し入り鈍器で女性を殴り気絶させた上で性的暴行を加え、その後女性の首を絞め殺害したとされ、女性の陰部から採取された実行犯の体液や陰毛から検出されたDNAに基づき、村内に住む18人の若者から採取されたDNAと照合した結果、少年が実行犯として浮かび上がり今回の逮捕となった。

 少年は取り調べに対して、18:00頃から22:00頃まで家の中で酒を飲んだあとで、散歩の為に外に出て、1人住まいの女性宅近くにさしかかったところで、急にムラムラとしてきたため、女性宅の床下にあった80センチくらいの長さの棒を手に屋内に押し入り、寝ていた女性を棒で2回殴り気絶させた上で性的暴行を加え、その後犯行がばれるのが怖くなり布で首を絞めて殺害したと供述しているという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1年以上に渡り10歳の養女を性的虐待してきた廃品回収業の60歳男を逮捕

 各報道によると、首都圏警察本部チャナソンクラーム署は13日夜、10歳の少女に対する性的虐待容疑で、バンコクのドゥシット区ナコンチャイシー地区在住の廃品回収業の男(60)を逮捕した事を明らかにした。

 被害にあった少女は、男と事実婚関係にある女性の連れ子だという。

 調べによると、男は、昨年5月に同居中の女性が外出しているすきを狙って少女に対して猥褻行為に及んだのを手始めに、度々少女を性的虐待した上で少女に対して口止めをしていたが、耐えられなくなった少女から相談を受けた女性が13日朝にチャナソンクラーム署に通報したことから事件が明るみになっていた。

 男は取り調べに対して、容疑を全面否認しているという。

 男によると、運河脇の掘っ立て小屋に住んでいる為、他人の目に触れるようなふしだらな行為に及ぶわけがないのだという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☔| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

RPG隠匿容疑で逮捕状が発行されていた男が出頭、容疑を全面否認

 各報道によると、バンコクのプゥア・タイ党旧本部近くの貸家内でRPG発射装置や同弾頭等が発見されたことに絡んで、武器類の隠匿容疑で逮捕状が発行されていた男が12日夜までにチュムポン県内の警察に出頭した。

 出頭した男は、RPG発射装置等が発見された貸家の借り主のポーンことスクサン・ランウィレーン容疑者(19)。

 男は取り調べに対して、プゥア・タイ党の警備員だった事は認めたが、発見されたRPG発射装置等に関しては一切知らないと語り容疑を全面否認しているという。

 男によると、今年1月から5月までプゥア・タイ党の警備員を務めた後に、5月に部屋を引き払い父親が療養中のチュムポン県に移動していたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットで修理作業中の観光船から爆発が発生し7人が負傷

 各報道によると、13日10:00過ぎ(報道により10:50頃)、プーケット県県都内のディロク観光埠頭に修理のために停泊中だった観光船ラダーワン2から爆発が発生し、修理作業員や船員7人が負傷した。内1人は全身火傷で重体だという。

 また、折からの強風や埠頭へ通じる道路の狭さにより消火作業に困難を来す場面も見られたという。

 当時現場にいた船員によると、燃料漏れの修理のために溶接作業を行っていた際に、溶接作業中に発生した火花により溶接機用ガスタンクが爆発したという。

* 爆発炎上した船(しっかりラダーワン2と書かれているのに画像を掲載したポストトゥデーと同系のバンコクポストはマリワン2と記している)
http://goo.gl/ocvG

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猥褻ビデオ販売容疑でミャンマー人等を逮捕、児童ポルノや獣姦ビデオが販売されているとのユニセフからの告発を受け

 各報道によると、首都圏警察本部第5分署は13日、猥褻ビデオ販売の容疑で28歳と29歳のミャンマー人の男及び20歳のタイ人の女を逮捕し、28歳の男から猥褻ビデオ160枚、29歳の男と20歳の女から猥褻画像本40冊を押収した事を明らかにした。

 今回の摘発を受け首都圏警察本部第5分署は、猥褻ビデオ販売業者と所轄警察署との間に癒着が無かったか調査するために専門調査委員会を設置する方針を明らかにした。

 先にユニセフがバンコクのスクムウィット通りソーイ3から21(報道によりソーイ5から9)にかけての路上で、大人が児童や動物相手に性交する模様を撮影したビデオが販売されているとして、タイ当局に対して厳格な取り締まりを要請していた。今回の摘発は、この告発を受けた捜査結果に基づき行われたもの。

 逮捕された3人は、猥褻ビデオを1枚あたり100バーツ、5枚の場合は500バーツで販売していたと供述しているという。

* 逮捕された3人
http://goo.gl/S0qY

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14歳の母親、誤って死なせた生後23日の男児を土中に埋めた上で虚偽の通報をする

 カーオソット紙によると、13日、ナコンラーチャシーマー県コンブリー郡内の民家で、生後23日の男児の遺体が土中に埋められているのが発見された。

 調べによると、男児の母親である14歳の少女が郡警察署に対して、就寝中に子供が行方不明になったと通報してきた事を受け行われた現場検証の際に、土の固まりや、掘られたあとがある事を不審に思った捜査員が、掘り返したところ土中から男児の遺体を発見した。

 虚偽の通報をした少女は取り調べに対して、男児の父親でもある18歳の恋人と自分との間に男児を寝かせて眠りに就いた際に、無意識に男児の上に折り重なり男児を死なせてしまったため、罪に問われるのが怖くなり、男児の遺体を土中に埋めた上で虚偽の通報をしてしまったと供述しているという。

* 3人が寝ていた部屋
http://goo.gl/twZn

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノルウェー人男性が2人組みに襲撃され重傷、男性がからかったタイ人女性の恋人が犯行に関与か?

 ネーション系のタイ語速報によると、13日2:30頃、チョンブリー県パッタヤー地区の小路内で、酒に酔ったノルウェー人男性(56)が、2人組みのタイ人男に鈍器で殴られ重傷を負うという事件が発生した。

 被害にあった男性によると、同じ小路内にあるバービアの開店祝いパーティーへの出席を終え、自分のアパート前についたところで2人組みに襲われ、その後2人組みに金品を盗まれそうになったが、自分が何も持っていない事が分かり、何も盗らずに逃走して行ったという。

 男性の友人によると、男性がパーティーに出席していた際に、からかっていたタイ人女性の恋人のタイ人男が犯行に関与しているのでは無いかという。

 友人によると、被害にあった男性は過去にタイ人の女性と一緒に寝たことがあったが、当日は女性の恋人のタイ人男がパーティーに一緒に来ていたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイクに乗った男が若者グループのバイクに向け銃を発砲し後部座席に乗っていた14歳少女が重傷

 各報道によると、12日夜、プラーヂンブリー県県都内の路上で、バイク4台で走行中だった若者グループのあとを追っていた男が撃った銃弾が14歳少女に命中し、少女が重傷を負うという事件が発生した。

 当時少女を後部座席に乗せバイクを運転中だった恋人の少年(15)によると、少女を含む友人8人とスヌーカー場を出たあとで、友人宅に向かう為にバイク4台に分乗して路上を走行していた際に、バイクで自分たちのあとを追いかけてきたアームという名の男が撃った銃弾が少女に命中したという。

 その後も執拗に銃を発砲しながら自分たちを追いかけてくるアームを交わすと共に少女の手当をするために近くの家に逃げ込み、警察に通報したという。

 アームは、警察が現場に駆けつけてくるのを見て、自分の恋人を後部座席に乗せて逃走して行ったという。

 警察は、過去に少年グループとトラブルがあったアームが、復讐のために犯行に及んだと見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12歳少女に対する性的暴行容疑で34歳男を逮捕、競争しようと騙して畑に連れ込み暴行

 各報道によると、ブリラム県の警察当局は12日、12歳少女に対する性的暴行容疑で同県ケーンドン郡在住の男を逮捕した。

 調べによると男は、同日朝に、池に魚を捕りに行くために自転車で移動中だった少女と11歳の友人少女の2人にバイクと一緒に競争しようと話しかけ、道路から約2Km離れたトウモロコシ畑に2人を連れ込んだ上で両者に性的暴行を加えようとしたが、途中で11歳の友人が逃げため12歳の少女だけが被害にあった。

 その後途中で逃げた友人が住民に助けを求めたことから事件が明るみになり、警察と住民との合同で行われた捜索により少女が救出されると共に現場付近に身を潜めていた男の身柄が確保された。

 警察によると、男には村内に住む女性に対する性的暴行の前科があったという。

* 親族・住民によるリンチを警戒し50人の警官を動員して行われた実況検分の模様
http://goo.gl/VJpT

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

赤服俳優、殺すと脅してきたヂャトゥポン氏の保釈取り消しを要求

 各報道によると、12日午前、反独裁民主主義同盟の集会期間中に目撃された黒服集団と関係している容疑で身柄を確保され、その後保釈された元俳優のメティー・アモンラウティグン容疑者が法務省特別捜査局のターリット局長のもとを訪れ、電話で殺すと脅してきた同盟幹部でプゥア・タイ党議員のヂャトゥポン・プロームパン氏の保釈を取り消すよう要求した。

 ターリット局長との面会を終えた後に開かれた記者会見の中でメティー容疑者は、ヂャトゥポン氏から電話で赤服軍団の裏切り者と非難された上で殺すと脅迫された事を明らかにした上で、むしろ赤服軍団が逮捕され、困難に晒されている時に何もしなかったのはヂャトゥポン氏の方であると非難した。

 またメティー容疑者は、ヂャトゥポン氏は、タイコム前での活動の時に街宣車上から指示を飛ばし赤服軍団を壊滅に追い込んだだけでなく、4月10日のコークウア交差点の衝突の際には赤服軍団を助けようとせず、ラーチャプラソン交差点に留まっていただけだったと指摘した上で、同氏は大衆から票を集めるためのスタンドプレイを即座に止めるべきであると指摘した。

 更に、赤服支持者の女性が集会期間中に死傷した参加者支援のために寄付した6,800万バーツの現金が、同盟幹部会議長のウィーラ・ムシッカポン氏の実妹と名乗る女性に持ち逃げされたと訴えている問題に関しては、ヂャトゥポン氏を含む3人がこの問題に関与しており、また現金を預かった者は既にマレーシアに逃亡している事を明らかにした。

 尚、寄付金紛失問題に関しては、特別捜査局側は民事案件であるとして不介入の方針を示している。

 一方、この告発に対してヂャトゥポン氏は、脅迫電話をかけたとのメティー容疑者の告発を否定した上で、寄付金をマレーシアに持ち去ったとされる同盟幹部の名前を明確にするよう要求した。

 ヂャトゥポン氏によると、実際に受け取った寄付金の総額は3,700万バーツで、既に集会終了前に全て使用されていたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア、赤服戦闘部隊員への武装訓練に関する事実関係の調査に応じる意向

 各報道によると、パニターン政府報道官代行は12日、チェンマイ県内で逮捕された赤服戦闘部隊員とされる11人が、カンボジア領内で武装訓練を受けていたと供述していると伝えられていることについて、カンボジア側がタイ側の要請に応じ事実関係の調査に乗り出す意向を示している事を明らかにした。

 また、今月末にベトナムのハノイで開催される東南アジア諸国連合首脳会議の際に、アピシット首相とカンボジアのフンセン首相との間でこの問題について協議される予定になっている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラーの警察、外国のテロ容疑者宛に現金を振り込んでいた15人のパキスタン人を逮捕

 各報道によると、ヤッラー県県都の警察を中心とした警察と軍の合同チームは12日、県都内にあるヤッラー・マイ・ハウス・ホテルの4部屋に別れて宿泊中だった15人のパキスタン人を国外テロリストと関係している容疑で逮捕した。

 この逮捕は、宿泊中のパキスタン人が外国のテロ容疑者の口座宛に現金を振り込んでいるとの銀行からの通報を受け進められていた内偵結果に基づき行われたもの。

 15人は初期段階の取り調べに対して、パキスタン水害により孤児になった者や水害対策の為の寄付を募るためにヤッラーに来たと供述しテロとの関係を否認しているという。

 警察は、関係各署とコンタクトを取り、15人がテロ組織と関係していない事が確認され次第全員を釈放する方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤー警察、ビーチでの立ちんぼ集中取締により50人以上の本物や偽物の女性を逮捕

 各報道によると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は11日深夜から12日未明にかけて、ビーチエリアで売春の客引きをしている女性やニューハーフの一斉取締を行い、50人以上の身柄を確保し事情聴取及び麻薬使用検査のために警察署に連行した。

 北パッタヤー地区のビーチの外れから南パッタヤー地区のサパーン・ガオまで広範囲にわたって一斉に行われた今回の集中取締は、外国人やタイ人の観光客から、売春を勧誘する女性につきまとわれるだけでなく、中には金品をスリ取る者までいて辟易としているとの苦情が数多く寄せられている事を受け行われた。

* 署に連行された皆さん
http://goo.gl/BlLi

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。