2010年10月17日

プゥア・タイ党、民主党議員による憲裁判事への働きかけ疑惑を裏付けるクリップを公開

 プゥア・タイ党は17日までに、民主党解党裁判に絡んで同党所属下院議員が憲法裁判所判事に働きかけを行っていた疑惑を裏付けるクリップをYouTube上に公開した。

 既に赤服軍団を中心に広く流布されているという。

 尚、プゥア・タイ党の公式記者会見は同日10:00過ぎに予定されている。

* プゥア・タイ党が公開したクリップ
http://www.youtube.com/watch?v=ntPWp9dC2cA
http://www.youtube.com/watch?v=k4095iNv-gY
http://www.youtube.com/watch?v=G3hSbZlnEo0
http://www.youtube.com/watch?v=BCM-01mdJyo
http://www.youtube.com/watch?v=yU80_T_G8D4

posted by Jean T. at 10:18| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不正疑惑の渦中にある内務次官内定者が内定を辞退

 各報道によると、内務省次官への就任が内定していた前自治局長のモンコン・スラッサッヂャ氏が16日、内定を辞退する意向を明らかにした。

 モンコン氏に関しては、国民の身分証明書発行用のコンピュータ調達に絡む利益誘導疑惑で調査の対象になっており、先に政府は、不正疑惑の解明終了まで次官内定の凍結を決定し、また法務省特別捜査局は正式に国家汚職防止取締委員会に対して疑惑調査を要求すると共に捜査資料を同委員会宛に提出していた。

 また、モンコン氏は、内務省を押さえているプームヂャイ・タイ党最高幹部のネーウィン・チットチョープ氏に近いとも言われていた。

 この不正疑惑についてモンコン氏は、調達の為の入札は公正に行われ、法に従って検察局等による所定の審査を経た上で落札業者に対して発注が行われていると語り、公明正大な調達が行われていた事を強調した。

 また、モンコン氏は、チャワラット内務大臣も自信の潔白を確信しており、同大臣から落札業者との発注キャンセルの交渉を委ねられている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 08:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレーム公邸近くで糞尿入り袋が回収

 各報道によると、16日6:00前、バンコクのドゥシット区シーアユッタヤー通り沿いにある、プレーム枢密院評議会議長公邸に隣接する陸軍クラブ前の路上で、黒色のビニール袋に入れられた不審物が発見され回収処理が行われた。

 ビニール袋の中には、紙切れや糞尿、使用済みの生理用品が入れられ、また袋にはプレーム議長を非難するメッセージが書かれていた。

 プレーム議長公邸付近では、今年7月8日にも、同議長を非難するメッセージが書かれた不審な段ボール箱が発見され回収処理が行われていた。

* 現場付近 (Google Map)
http://goo.gl/orKY

posted by Jean T. at 08:11| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒で両親を酔わせた上で未成年姉妹を強姦した近所の変態を逮捕

 各報道によると、チョンブリー県バーンラムン郡フワイヤイ地区の警察は15日、15歳と13歳の姉妹に対する性的暴行容疑で、48歳の男をチャチュンサオ県県都内の路上で逮捕した事を明らかにした。

 調べによると男は、9月19日夜半に近所に住む夫婦宅に酒やつまみを持って上がり込み、夫婦に酒を勧め酔わせ酩酊状態にさせた上で、15歳と13歳の姉妹に性的暴行を加え、その後姉妹に口外したら殺すと脅していたが、酔いから醒めたあとで姉妹の様子がおかし事に気がついた母親が問いただした結果、夫婦が酒に酔い寝込んでいた間に男が姉妹に性的暴行を加えていた事が分かり警察に通報していた。

 男は取り調べに対して、姉妹に性的暴行を加えようとしたが、射精できず未遂に終わったと主張しているという。

* 報道映像
http://76.nationchannel.com/playvideo.php?id=117046

* 被害者から指をさされる近所の変態
http://goo.gl/FpGr

posted by Jean T. at 08:09| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コピー・ユニフォームを通販していた英国人とタイ人の恋人女を逮捕

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、警察は15日昼過ぎ、サッカーチームのコピー・ユニフォーム等を通信販売していた容疑でイギリス人の男(39)とその恋人であるブリラム県出身の女(38)をチョンブリー県パッタヤー地区にあるアパート内で逮捕し、各国のサッカー・ナショナルチームのコピー・ユニフォーム504着、総額50万バーツ強を押収した。

 調べによると、2人はサイアム・サッカー・キッズなるサイトを開設し、コピー・ユニフォームを長年に渡り違法に販売していた。

 2人は取り調べに対して、アパートの部屋を商品保管及び発送作業の為に借り、違法にコピーユニフォームを販売していたと供述しているという。

* 逮捕された2人
http://goo.gl/hPfo

posted by Jean T. at 08:05| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。