2010年11月22日

プーケットで土地取引業女性運転の車に向け銃乱射、女性と娘が死亡

 各報道によると、20日19:30過ぎ、プーケット県ターラーン郡内の住宅地内で、人数不明のグループが土地取引仲介業の女性(42)一家が乗った車に向け銃を乱射し、女性と長女(20)が死亡し、次女(15、報道により14)が重傷を負った。

 これまでの調べで、女性一家が乗った車を後ろから追っていた小型トラックの後部荷台に乗っていた男が車に向け銃を発砲しているのが目撃されており、また現場や車内から回収された銃弾や薬莢から少なくとも2種類の銃が犯行に使用されたと見られている。

 警察は、女性が土地取引の仲介の傍らで現金の貸し付けを行っていたことから、女性が絡む事業絡みないしは借金の取り立て絡みの係争が事件の背景にあると見て捜査を開始した。

 警察によると、約2ヶ月前に女性一家が家に押し入った人数不明のグループにより暴行され負傷していた他、ほぼ同時期に女性が脅迫を受けていると警察に訴えていた事が確認されている。 

posted by Jean T. at 07:55| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

36歳男性、挙式後に妻に32万の結納金もろとも逃げられたと訴える

 各報道によると、21日、トラン県フワイヨート郡在住の男性(36)が地元の警察署を訪れ、チュムポン県ランスワン郡在住の女やその家族により結納金や金製指輪を騙し取られたと訴えた。

 男性によると、約5ヶ月前に地元の親戚宅を訪れていた女の母親の紹介で女と知り合い、約3ヶ月の交際期間を経て10月12日に結婚式を挙行し、その際に結納金や指輪等325,000バーツを女側に差し出したが、それから3日後に女が用事があると言って実家に帰り、戻ってくるように呼びかけても戻る気配が無かったため、同23日に直接実家に行き戻るように言ったところ、拒否されただけでなく結納金等の返却まで拒否されたという。

 警察は、両者に対する公正を期すために、当事者や親族、関係者等に詳細にわたる事情聴取を行った上で結婚詐欺での立件の是非を判断する方針である事を明らかにした。

* 被害にあった男性
http://goo.gl/SSqhP
* 男性が証拠として提出した結婚式の招待状
http://goo.gl/hLERH

posted by Jean T. at 07:46| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイク店前に展示されたバイクを盗んだ酔っぱらい男が住民から袋だたきにあう

 各報道によると、チョンブリー県パッタヤー地区に属するバーンラムン郡ノーンプルゥー地区内で、バイク販売店前に展示されていた新車のバイクを盗んだ男(26)が、捕らえた住民等により袋だたきにあった上で警察に引き渡された。

 警察が現場に駆けつけた時、男は酒ないしは麻薬で酩酊状態にあり、また住民等によると、男はアル中で知られていたという。

 調べによると、販売店前に自転車で現れた男は、店員の目を盗んでキーを差し込んだ状態で展示してあった新車のバイクを盗み逃走を図ったが、一部始終を目撃していた住民の声を聞いた店員や住民が男を追いかけ捕まえると共に、抵抗してきた男を取り囲み暴行を加えた。

 男は取り調べに対して、バイクを盗むつもりは無かったと主張しているという。

* 報道動画 (ネーション76)
http://goo.gl/8he05

posted by Jean T. at 07:43| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーの住宅地内でショーパブ経営者が銃殺

 各報道によると、21日2:00頃、チョンブリー県パッタヤー地区にある住宅地内で、車を運転中だった有名ショーパブ経営者の男性が7発前後の銃弾を撃ち込まれ殺害された。

 同乗していた妻及びその妹は難を逃れた。

 妻(42)によると、自宅前に着いたところで黒色のジャケットを着た30歳位の男が車に近づいてくるなり銃弾複数発を男性に向け撃ち込んできたという。

 警察は、事業絡みないしは個人的な係争が事件の背景にあると見て捜査を開始した。

* 報道動画 (ネーション76)
http://goo.gl/XJVTL

posted by Jean T. at 07:39| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー運転手宅屋根に爆発物が落下

 各報道によると、21日5:00頃、パトゥムターニー県タンヤブリー郡内の線路脇にあるスラム内で、どこからか飛んできた爆発物がタクシー運転手宅のトタン屋根を突き破りトイレに落下した。

 当時就寝中だった運転手(33)や妻子には被害は無かった。

 警察は、爆発物の種類を特定する為に解析を急ぐと共に、別方向に向けて投げられた爆発物が誤って男性宅に転落したと見て付近の聞き込みを開始した。

* 報道画像
http://goo.gl/6vgC6
http://goo.gl/zsA2g

posted by Jean T. at 07:37| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

パッタヤーのモスク前にある公衆電話から爆発、人的被害は無し

 各報道によると、21日1:30頃、チョンブリー県パッタヤー地区に属するバーンラムン郡ノーンプルゥー地区のモスク前にある公衆電話から爆発が発生したが、幸い人的な被害は無かった。

 近くに住む雑貨店の店主によると、数日前にも2-3人の若者グループが公衆電話前にたむろしていた後に爆発が発生していたが、その時は公衆電話機には被害を及ぼしていなかったという。

 警察は、不良若者グループが世間を騒がす目的で何らかの爆発物を公衆電話機の中に仕掛けたと見て捜査を進めているが、爆発物の種類に関しては、現場から回収された爆発により飛び散った破片等からは種類を特定できる成分は検出されていないという。

posted by Jean T. at 10:45| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パトゥムのコンサート会場で対立抗争、学生1人が銃弾を受け死亡 - ラノーンでは4人が重傷

 各報道によると、20日1:00頃、パトゥムターニー県タンヤブリー郡内のローイクラトンを祝うセーク・ローソーのコンサート会場内で、対立する職業訓練課程校生同士の対立抗争が発生し、ドゥシット・テクノ校の学生(17、報道により22)が搬送先の病院で死亡し、パトゥムターニー・テクノロジー校の学生(17)及び27歳と26歳の男性の3人が重傷を負った。

 調べによると、前日夜半に開始されたコンサートの最中に対立する職業訓練課程校生の間で発砲や爆竹の破裂が伴う喧嘩が断続的に発生し、その後コンサート終了後に会場外で再度銃の撃ち合いが伴う喧嘩が発生した際に4人が死傷した。

 一方、ラノーン県県都内中心部では19日23:30頃、ローイクラトン関連行事に参加していた若者グループ間で銃の撃ち合いが伴う対立抗争が発生し、15歳から16歳位の少年4人が銃弾を受け重傷を負った。

posted by Jean T. at 10:43| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

赤服、平穏裏に集会を終了 - 終了直後に爆発が発生しバイタク運転手が軽傷

 各報道によると、5月19日の強制排除から6ヶ月目を記念して19日夕方過ぎにバンコクのラーチャプラソン交差点に集結していた反独裁民主主義同盟・赤服軍団は、当初予定通りエラワン廟前での死亡したデモ参加者への追悼式典等を行い19:00前に解散を宣言し平穏裏に集会を終了した。

 集会には、狙撃され死亡したカッティヤ・サワディポン少将の娘の姿も見られた。

 また、集会終了宣言を終え参加者が引き上げを開始した19:15頃、グランド・ハイアット・エラワン・ホテル前の路上で爆発が発生し、近くを通りかかったバイクタクシー運転手の男性(41)が軽傷を負った。

 大型の爆竹状の物が使用されたと見られている。

 軽傷を負った男性によると、バイクに乗った黒い服を着た男が何らかの物を地面に投げつけた直後に爆発音が聞こえたという。

posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、アピラック前バンコク知事を補選に擁立 - コーンケーンにも候補者を擁立

 各報道によると、アピシット首相は19日、同日朝招集された民主党幹部会の席上でバンコク第2選挙区で行われる補欠選挙に前バンコク知事のアピラック・ゴーサヨーティン氏を擁立する方針を決定した事を明らかにした。

 先に憲法裁判所により下院議員欠格と判断され失職したソムキアット・チャーンターワニット氏が高齢を理由に補欠選挙への出馬の辞退を表明していた。

 また、アピラック氏に関しては、消防車・消火挺調達実行に必要な信用状に署名した事が職務遂行義務違反に該当するとして国家汚職防止取締委員会が検事総局に送検していたが、検事総局側はこれまでに起訴断念の方針を示していた。

 尚、今後検事総局と国家汚職防止委員会との合同協議をもってしても検察側が起訴断念の方針を変えなかった場合は、サノ・ティヤントーン氏が絡むアルパイン・ゴルフ上用地不正収容疑惑の場合と同様に同委員会側が独自に最高裁判所政治家刑事部に起訴する事もあり得る。

 また、アピシット首相は、コーンケーン県第5選挙区で行われる補欠選挙に議員経験が無いアティッパラット・タットピチャヤーングーン氏を擁立する事を明らかにした。

 教育者として地元の教育責任者を長年勤めてきた実績を評価した上での決定だという。

 これまで、プゥア・タイ党側は、民主党の東北部に於ける人気を図る上でも同党はコーンケーン県第5選挙区の補欠選挙に候補者を擁立するべきであると挑発し続けていた。

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーのゴーゴーバーを売春で摘発、18歳未満者や個室で乱交中の女等を逮捕

 各報道によると、入国管理警察局及び警察人身売買防止取締局の合同チームは19日0:00過ぎ、チョンブリー県パッタヤー地区にあるゴーゴーバーを売春斡旋容疑で摘発し、18歳未満の少女2人を含む19人の女を売春容疑で逮捕し、チャイヤプーム県出身の支配人の女(39)を管理売春容疑で逮捕した。

 この摘発は捜査協力者を投入した囮捜査により実現したもので、捜査官が店内に踏み込んだ時、女性従業員の一部が下着姿で踊っていた他、2階では、捜査協力者が売買春の話をまとめた上で個室に連れ込み裸になっていた25歳の女や別の個室で外国人客との間で乱交に及んでいた3人の女がその場で逮捕されている。

* 報道動画 (ネーション76)
http://goo.gl/kfbUk

* 店内の様子
http://goo.gl/uYEBG
* 乱交の最中に摘発された3人
http://goo.gl/yFJ2F

posted by Jean T. at 00:05| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

赤服6月24日グループ、来月11日の黄服集会を支持 - 趣旨を同じくする集会を同時開催

 各報道によると、赤服軍団6月24日グループ幹部のソムヨット・プルゥクサーガセームスック氏は18日、民主主義市民連合(黄服)が12月11日に計画しているタイ・カンボジア国境委員会枠組み合意メモの国会承認に抗議する為の集会に支持を表明した。

 先に連合は、枠組み合意メモによりタイ側が領土を失うおそれがあるとして同メモの承認に反対を表明すると共に国会承認された場合は抗議集会を開催する方針を明らかにしていた。

 ソムヨット氏は、国境問題に関しては連合側と同一のスタンスに立っているとした上で、12月11日に連合側が抗議集会を開催する場合は、赤服軍団側も別の場所で並行して抗議集会を開催する考えである事を明らかにした。

 一方、反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏が中心になって19日に計画している、強制排除6ヶ月目を記念したラーチャプラソン交差点での集会に関しては、同日9:00にクローンプレーム刑務所前を訪れ拘置中の同盟幹部等を激励した後に合流する方針である事を明らかにした。

 ラーチャプラソン交差点では、赤色の折り鶴を交差点周辺に結びつけたり、20羽の鳩を放つ活動を展開する予定で、1万人を超える赤服軍団が活動に参加する見通しだという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法改正審議国会、23日から24日の日程で開催 - 25日に決議

 各報道によると、与党、野党及び上院の国会対策委員会は18日行われた協議の席上で、憲法改正案審議の為の上下院合同議会を23日から24日の日程で開催し、25日に決議を行う方針を決定した。

 合同議会では、政府側から提出された下院議員の選出に関する条項及び条約締結事前承認を義務づけた条項の2件の改正案、ウェーン・トーヂラガーン氏(反独裁民主主義同盟幹部)を中心とした民主憲法改正推進団体提出の改正案及び下院議員102人の署名を添えて提出された改正案が審理の対象となる。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人女性研究者が観測塔から転落し重傷、ラムパーンで

 プーヂャッカーン紙によると、18日午後、京都大学研究者の日本人女性(34)が、ラムパーン県内の森林部にある気象観測用の塔から約20メートル下の地面に転落し重傷を負い病院に搬送された。

 報道時点では女性は依然意識不明で、病院当局はA型の血液の献血を呼びかけている。

 女性は約4年前頃からガセーサート大学でチークを中心にした品種改良の研究を行っており、当日はチークの光合成の状態を観測する為に1人で観測塔に上った後に誤って転落したと見られている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

与党、憲法改正審議の為の合同議会を23日から24日に開催

 各報道によると、与党国会対策委員会は17日、憲法改正審議の為の上下院合同議会を23日から24日にかけて開催する方針を決定した。

 この決定は、前日開かれた閣議の席上で政府が下院議員選出に関して定めた憲法93条から98条及び国際条約締結前の国会承認を義務づけた190条の改正を前進させる方針が確認された事を受けたもので、審議では政府案の他に、ウェーン・トーヂラガーン氏(反独裁民主主義同盟幹部)を中心とした民主憲法推進団体が提出した改正案や102人の下院議員の署名を添えて提出された改正案も審議の対象になる。

 一方、チャイ下院議長は、改正案が提出され次第、与野党及び上院の国会対策委員会と合同議会開催に向けた調整に動く方針を明らかにした上で、審議日程に関しては23日前後に開催できる見通しであるとしたがし、審議終了日に関しては、審議が長引くことが予想されるため、今国会期間が終了する28日まで審議が長引く可能性があるとの認識を示した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保健相、高級官僚が関わるセクハラビデオの事実関係調査を指示

 各報道によると、ヂュリン公共保健大臣は17日、省内の高級官僚とされる人物が大学生の女性に対してセクハラ行為に及んでいるビデオに関する事実関係を調査するよう指示した事を明らかにした。

 問題のビデオは、公共保健省次官のパイヂット・ウォラーチット氏に極めて似た人物が大学生の女性に対してセクハラ行為に及んでいるところを隠し撮りしたもので、当のパイヂット氏は公式には否定の会見を開いていないが、関係者に対して別人であると語っているという。

 パイヂット氏は、病院医師等からの強力な反対に晒されている医療事故被害者保護法の草案作成の総責任者でもある。

 ヂュリン大臣は、隠し撮りビデオ公開の背景に省内官僚間の激しい対立がある可能性を遠回しに示唆したが、対立に医療事故被害者保護法が関係している可能性に関しては、省内の対立は同法起草以前から存在していたとして無関係であるとの認識を示した。


* 関連報道動画 (途中でビデオのキャプチャー画像を見ることができる)
http://goo.gl/O3HAT
posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議員失職の2大臣、補選出馬前の大臣辞職を表明

 各報道によると、先に憲法裁判所の判決により下院議員を失職していたブンヂョン内務副大臣(プームヂャイ・タイ党)及びグゥアグーン運輸副大臣(チャート・タイ・パッタナー党)の両名は17日、正式に党決定に則り自らの失職により行われる補欠選挙に出馬する事を確認した上で、選挙出馬前に大臣ポストから辞任する意向である事を明らかにした。

 尚、グゥアグーン運輸副大臣に関しては、前日の時点で既に補欠選挙出馬前に大臣から辞職する意向を非公式に表明していた。

 ブンヂョン内務副大臣は22日付け、グゥアグーン運輸副大臣は19日付けで大臣から辞職する予定。

 また、両名とも大臣辞職は個人の判断に基づいたものであると語り、何らかの辞職圧力があったとの憶測を否定した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性村長運転の車が走行中に爆発も村長は軽傷

 各報道によると、16日22:30頃、プレー県デーンチャイ郡内で、路上を走行中だった女性村長(45)運転の車から爆発が発生したが、幸い村長は軽傷ですんだ。

 警察は、何らかの爆発物が車に仕掛けられていたと見て回収された爆発物の破片と思われる物の解析を進め爆発原因の特定を急ぐと共に、爆発の背景に情勢扇動、ないしは村長選挙が絡む政治的利権対立のいずれかがあると見て捜査を進めている事を明らかにした。

 村長は12月23日に任期を終えた後に再任を目指して村長選挙に立候補する意向を示しているが、爆発物が仕掛けられるようなトラブルは思い当たらないという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人相手に15歳未満少年売春を斡旋していた男を逮捕、パッタヤー

外国人相手に15歳未満少年売春を斡旋していた男を逮捕、パッタヤー

 各報道によると、警察は16日22:30頃、チョンブリー県パッタヤー地区にある映画館内で40歳の男を13歳未満者に対する性的暴行及び15歳未満者に対する売春の強要容疑で逮捕した。

 調べによると、パッタヤー地区内でネットカフェを経営する男は、15歳未満の少年の売春を斡旋していたとされ、これまでに少年に対する性的暴行容疑で逮捕された複数の外国人に対する捜査から売買春の斡旋元として男が浮かび上がり、先月28日にパッタヤー地方裁判所から逮捕状が発行されていた。

 男は全面的に容疑を否認しているという。

 男は今年7月にも同様な容疑で逮捕されていたが、その後保釈されていたという。

* 報道動画 (ネーション76)
http://goo.gl/SZ0tE

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア人男性2人組みが同国人女性の取り合いで殴り合いの喧嘩、両者とも重傷

ロシア人男性2人組みが同国人女性の取り合いで殴り合いの喧嘩、両者とも重傷

 プーヂャッカーン紙によると、17日、チョンブリー県パッタヤー地区内にあるハイソー・ホテルのプール近くで23歳と24歳のロシア人男性同士の激しい喧嘩が発生し、両者とも重傷を負い病院に搬送された。

 ホテルの警備員によると、男性2人がプールサイドで酒を飲み交わしていた際に、途中から合流した同国人女性の近くにどちらが座るかを巡って喧嘩になったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

赤服集会期間中に死亡した89人、内4件の死因に当局が関与している疑い - DSI

 各報道によると、法務省特別捜査局は16日、反独裁民主主義同盟の集会期間中に死亡した89人を死因別にデモ隊が死亡に関与している疑いがあるグループと当局側が死亡に関与しているグループとにわけて捜査を進めている事を明らかにした。

 当局側が死亡に関与している疑いがある件は、パトゥムワナーラーム寺内での3人の死亡、アヌソン交差点での兵卒の死亡、ドゥシット動物園前の死亡者、及び日本人カメラマンが死亡したケースで、法規程に基づき16日付けで国家警察本部に対して捜査の引き継ぎを要請済みだという。

 また、デモ隊が死亡に関与している疑いがある件は、ディンソーでの軍関係者の死亡、BTS線サーラーデーン駅に向けたM79攻撃による死亡、クルンタイ銀行シーロム支店前での銃乱射による死亡、ラーマ4世通りの検問所に向けた銃乱射による死亡、バンコク銀行本店前での狙撃による死亡、サーラシン交差点の検問所に向けたM79攻撃による死亡、セントラルワールド放火による死亡、BIG-Cラーチャダムリ支店前爆破による死亡の8件。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。