2010年11月17日

サケーオの治安当局、タイ領内で窃盗や強姦を繰り返していたカンボジア人を射殺

 プーヂャッカーン紙によると、サケーオ県の警察と軍の合同チームは16日、タイ領内で窃盗や強姦を繰り返していた武装したカンボジア人の男1人をアランヤプラテート郡内で射殺した。

 調べによると、射殺された男はもう1人のカンボジア人の男と共謀して銃や刃物で武装してバイクを運転中の女性を襲い性的暴行を加えた上でバイクを奪い逃走する、商店に押し入り金品を強奪するなどの手口で犯行を繰り返していたとされる。

 当日は、3:30頃に住宅地内をバイクで周回していた2人が、当局による職務質問要請を振り切り逃走し、その後朝になって木陰に身を潜めていた、2人の内の1人の男が身柄確保に動いた当局側に銃を発砲してきた事から両者間で撃ち合いになり、その際に男が死亡した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寺院の遺体安置所に袋に詰められた100体以上の胎児の遺体、違法中絶医が遺棄したと見て捜査

 各報道によると、16日、バンコクのバーンコーレーム区ヂャン通りソーイ43にあるパイングゥン寺敷地内にある遺体安置所で、黒色のビニール袋に詰められた100体(報道により50体)以上の妊娠後5-8ヶ月と見られる胎児の遺体が発見された。

 警察は、違法中絶を請け負っているクリニック関係者が遺体の遺棄に関与していると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

露人実業家が2人組みの女に薬物を仕込まれ1千万バーツの金品を盗まれる

 各報道によると、16日10:00(報道により11:00)頃、チョンブリー県パッタヤー地区にあるロイヤル・クリフ・ビーチ・リゾートに宿泊中のロシア人の実業家男性(46)が、2人組みの女に薬物を仕込まれ1千万バーツ以上の金品を強奪されたとの通報がパッタヤー署にあった。

 被害にあった男性は現場に駆けつけた警察官に対して、前日夜半にウォーキングストリートにあるバービアで知り合った2人のタイ人の女と1人あたり1,500バーツで一緒に寝る事で合意しホテルに連れ帰ったが、その後一緒に寝るために服を脱いでいた際に女の1人が差し出した水を飲み終えた後に意識を失い、気がついたら金庫に入れて置いたルビーの指輪や宝石付き腕時計など合計1千万バーツ以上の金品が盗まれていたという。

 尚、報道によっては、2人の女がコンドームを装着しようとしながら差し出した水を飲んだ後に意識を失ったと男性が証言しているとするものもある。

 警察によると、2人の女がホテルのフロントに提示した身分証明書は偽造されたものだったという。また監視カメラ映像から、15日23:40頃に男性が2人の女を連れホテルに戻り、16日1:19頃に2人の女がホテルから出て行ったのが確認されているという。

* 報道動画 (ネーション76)
http://goo.gl/chwVQ

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬所持容疑でスコットランド人を逮捕、摘発逃れの為に麻薬を飲み込もうとする場面も

 各報道によると、15日22:00頃、チョンブリー県パッタヤー地区の警察は、スコットランド人の男(28)を麻薬所持容疑で逮捕し、麻薬ヤーアイス0.95グラムを押収した。

 住民から麻薬密売に関与している疑いがある男がいるとの通報を受けた警察が男の所持品検査をしようとした際に、男が証拠を隠滅する為に下着に隠してあったヤーアイスを取り出し飲み込もうとしたという。

 男は取り調べに対して、麻薬は転売する為では無く自分で使用する目的で所持していたと供述しているという。

 男によると、麻薬はキムと名乗る国籍不明の男から1グラムあたり3,200バーツで入手していたという。

* 報道動画 (ネーション76)
http://goo.gl/V20mc

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナーナーホテル内で英国人男性とタイ人女性の変死体、麻薬の過剰摂取か?

 各報道によると、15日昼過ぎ、バンコクのスクムウィット通りソーイ4にあるナーナーホテル2階客室内で、イギリス人男性(38)とタイ人女性(20)が死亡しているのが発見された。死後5時間以内と見られている。

 何れの遺体にも争われたあとはなく、また何れも服を着たままベッド上に横たわるように死亡していた。

 ホテル側によると、前日6:00頃に死亡した男女と35歳から40歳位のタイ人女性の3人がチェックインし、その後同日15:00頃に1人の女性が出て行ったが、死亡した2人は夜通し部屋の中に居たという。

 警察は、室内に麻薬と思われる白い粉状の物が入った袋が残されていたことから、麻薬の過剰摂取により2人が死亡したとみて、白い粉状の物の成分解析を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

27万バーツ相当が入ったオーナーのバッグを盗んだオカマのマッサージ師を逮捕

 各報道によると、バンコクの首都圏警察本部チャナソンクラーム署は15日夜半、古式マッサージ店の女性オーナー所有の284,000バーツ相当の金品が入ったバッグを盗んだ容疑で古式マッサージ師のニューハーフの男(25)を逮捕した。

 調べによると、男は12日に、古式マッサージ店の女性オーナーが店内に置いておいた274,500バーツ相当の金品が入ったバッグを手に取り、店主から持ってくるように頼まれたと言って店を出てそのまま姿を眩ました。

 男は取り調べに対して、賭博の借金返済費用を捻出する目的でバッグを盗んだと供述しているという。

 警察によると、男はカオサンやスクムウィット、バーンラックエリアにある古式マッサージ店に応募しマッサージ師の職を得た後に、機会を見て外国人客の所持品をスリ取るという手口で犯行を繰り返しており、これまでに2箇所の裁判所から逮捕状が発行されていたという。

* 逮捕された男
http://goo.gl/F6ust

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

連立2党、議員失職の2大臣の補選擁立を決定 - 大臣辞職の是非は本人任せ

 各報道によると、連立与党のチャート・タイ・パッタナー党及びプームヂャイ・タイ党は15日、先に憲法裁判所の判決により下院議員欠格と判断され失職した2人の大臣を補欠選挙に擁立する方針を決定した。

 補欠選挙に擁立される事が確認されたのは、チャート・タイ・パッタナー党所属のグゥアグーン運輸副大臣とプームヂャイ・タイ党所属のブンヂョン内務副大臣で、補欠選挙出馬の際に大臣を辞職するべきかの判断に関しては、両党とも当人の判断に委ねるとして党としての方針確認を保留している。

 一方、両党の決定を聞いたアピシット首相は、あらためて現職の大臣が補欠選挙に出馬する場合は、大臣ポストを辞した上で出馬するのが一般常識上最も適切な対応であると語った。

 首相によると16日に両氏と面会する機会を持つ予定だという。

 尚、タイの法律では大臣職のままでの補欠選挙への出馬や政府許認可事業関連株式所有で下院議員を失職した議員の補欠選挙への出馬を禁止していない。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国王、ステープ氏を再度副首相に据える閣僚人事を認証

 各報道によると、国王は15日までに民主党幹事長のステープ・トゥアックスバン氏を12日付けで副首相に再度据える閣僚人事を認証した。

 認証式典は19日17:30にシリラート病院内で行われる予定。

 ステープ氏は、先にスラーッターニー県内で行われた補欠選挙に出馬する為に副首相を辞職していた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遊ぶ金欲しさに盗んだバイクを転売していた英国人男を逮捕、サムイ島で

 各報道によると、スラーッターニー県沖合のサムイ島の観光警察は15日、盗んだタイ人男性所有のバイクを換金する為に外国人旅行者に転売した容疑でイギリス人の男(65)を逮捕した事を明らかにした。

 男は取り調べに対して、夜遊び代を得るために盗んだバイクを30,500バーツで転売したと供述しているという。

 調べによると、男は、これまでに救助当局の証明書を偽造して被災者支援金を騙し取り夜遊び代金として使用したり、サムイ島内の住民宅で窃盗を働くなどしており、また男のパスポートにはタイ入国の証となるスタンプが押されていなかったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイクに乗った学生服を着た2人組みが27番バスに向け爆発物、乗客1人が死亡

 15日18:00過ぎまでに確認出来た各報道によると、同日17:00頃、バンコクのミンブリー区ソーイ・セーリータイ87近くを走行中だった27番路線バスに向け爆発物が投げ込まれ、乗客の男性1人が死亡し、7人前後が負傷した。

 尚、報道により、バスはカーンナヤーオ区内のバーンチャン工業団地前を走行中だったとするものや、負傷者多数と報じるものがある。

 乗客等の証言から、バイクに乗った学生服を着た2人組みがバスに追いつきざまに爆発物を車内に向け投げ込んだ。

 報道時点では警察側のコメントは得られていない。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22歳女性が下着で首を絞められ殺害

 各報道によると、15日午前、ノンタブリー県バーンブワトーン郡内にある貸し室内で、建設資材会社に勤務する22歳の女性がブラジャーで首を絞められ殺害されているのが発見された。

 第一発見者でもある女性と同居している恋人男性によると、女性が所持していた1サルゥン重量の金製ブレスレットや現金4,000バーツ、携帯電話が部屋から無くなっているという。

 これまでの調べで、15日0:00頃にバイクで現れた2人組みの男性が女性の部屋に入っていくのが確認されているが、争われている音が聞かれるなどの異常は確認されていない。

 警察は、女性と知り合いと思われる2人組みの男性が何らかの事情を知っていると見て行方を追っている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

タクシン元首相、スーチー女史の釈放がタイ国内の民主主義の状況に波及効果をもたらす

 各報道によると、タクシン元首相は14日、ミャンマー政府によるアウン・サン・スーチー女史の釈放がタイ国内に於ける人権や民主主義の状況に波及効果をもたらすことになると指摘する声明を法律顧問のノパドン・パッタマ氏を通して発表した。

 声明の中でタクシン元首相は、国民から愛されている民主主義の象徴であるスーチー女史の釈放をミャンマー政府が決定した事を歓迎すると共に、この釈放を機に同国政府により残された政治犯が早期に釈放される事を希望するとした。

 その上でタクシン元首相は、民主化への流れは国民に安定した政治・経済をもたらす世界的な流れであると指摘すると共に今回のスーチー女史の釈放が、ミャンマー国内の国内和解推進及び真の社会的公正の実現へ向けた端緒になると指摘した上で、今回のミャンマーの動きが東南アジア域内、特に国民が民主主義と社会的公正の実現を熱望しているタイ国内の人権や民主主義の状況に段階的に波及効果をもたらすことになると指摘した。

 一方、この声明に対して民主党所属のアタポン・ポンラブット氏は、もしタクシン元首相がスーチー女史の政治的理想の半分だけでも持ち合わせていたなら国外に逃亡する羽目に陥ることは無かったと指摘した。

 指摘のなかでアタポン氏は、タクシン元首相が人権や民主主義に対して真摯な姿勢を持ち合わせているのであれば、首相在任中にミャンマー政府に対してスーチー女史の釈放を働きかけていたはずであるにもかかわらず、実際には同国政府と手を組んで自分の息子や傘下のネットワークへの利益供与に奔走していたと指摘した上で、そのような人物はスーチー女史の釈放に乗じて自らとスーチー女史を重ねあわせるような声明を発表するべきでは無いと指摘した。

posted by Jean T. at 00:12| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くが憲裁判事不正疑惑告発クリップの公開は人権侵害行為、政治ゲームと認識

 ラーチャパット大学が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが、1,149人の回答者を対象に10日から13日にかけて行った調査で、36.28%の回答者が、憲法裁判所判事と解党審理の対象になっている民主党との癒着疑惑や情実採用疑惑を裏付けるクリップを公開する行為は人権侵害行為、違法行為、道義にかける行為である、25.53%の回答者が、当該クリップの公開行為は相手側の信用失墜を狙った、事前に準備されていた政治的ゲームであると回答していた事が明らかになった。

 また、14.60%の回答者が、クリップの公開により不正疑惑の根拠を画像及び音声で知ることが出来た、12.93%の回答者が、クリップには本物の部分と編集された部分が存在しているため、その信憑性に関しては見る者側の判断に委ねられている、10.66%の回答者が、攻撃対象になっている者は社会に真相を明らかにするべきであると回答した。

posted by Jean T. at 00:09| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミャンマー国境線で軍と密売組織との間で銃撃戦

 各報道によると、14日5:00頃(報道により7:00頃)、メー・ホーン・ソーン県パーンマパー郡のミャンマーとの国境線近くで、軍と10人前後と見られる麻薬密売グループとの間で約10分間にわたる銃撃戦が発生し、密売グループ側5人が死亡した。また、残りのメンバーは、すきを見てミャンマー領内に逃走した。

 密売グループは、ミャンマー領内のワ州連合軍傘下の麻薬密売組織に所属していると見られ、銃撃戦終了後に現場から麻薬ヤーバー40万錠やライフル2挺、銃弾等が押収された。

 軍側は、14日朝にミャンマー領内の麻薬密売組織関係者がタイ国内の顧客に麻薬を送り届ける為にタイ領内に侵入するとの情報に基づき、国境線に軍関係者を配置し動向を観察していた。

posted by Jean T. at 00:07| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライバル襲撃を終え逃走中だったピックアップが衝突事故、1人が死亡11人が負傷

 各報道によると、14日未明、ナコンパトム県ガムペーンセーン郡内で、高速度で走行中だった小型トラックが、トラクター販売店の鉄扉や電柱に連続して衝突し、トラックの荷台に乗っていた男性(20)が死亡し、重傷者4人を含む11人(男9、女2)が負傷した。

 調べによると、小型トラックに乗っていた若者グループが、娯楽施設を出たあとに過去にトラブルがあった別のグループを追走しながら銃撃し、その後高速度で逃走していた際に事故を引き起こした。

 負傷者の内の一部は襲撃の際に相手側が撃った銃弾により負傷したと見られている。

 また、事故を引き起こした若者グループは、娯楽施設内でも先の襲撃相手とは別のグループとの間でトラブルになっていたという。

posted by Jean T. at 00:05| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ヤッラーで民兵が手を縛られ、口を塞がれた上で射殺

 各報道によると、13日、ヤッラー県ラーマン郡ヂャグワ地区で、学校の警戒作業中だった村自警組織に所属するイスラム教徒の男性(18)が、学校に押し入った武装した7人組みに拉致され学校裏手の林内で射殺された。

 調べによると、学校に押し入った7人組みは、当時学校の警戒作業にあたっていた4人の村自警組織員が所持していた銃器等を強奪した上で、男性を連れ出し、学校の裏手で男性の手を縛り、口を塞いだ上で銃弾2発を男性に撃ち込み殺害した。

 また、7人組みが軍服状の服を着用していたとする報道もある。

 治安当局側は、地域に潜伏する分離主義組織関係者が地域内に於ける影響力拡大と村自警組織に対して恐怖心を植え付ける目的で犯行に及んだと見て捜査を開始した。

 また、ナラーティワート県スンガイ・パーディー郡内では13日早朝、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性(48)が何者かに銃撃され死亡した。

 男性は、南部情勢が激化した後にマレーシア領内に逃れた131人のイスラム系住民の1人で、帰国後は、マレーシア領内にある建設材料店で働くために毎朝国境を通過していたという。

posted by Jean T. at 08:04| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペーチャブリーの民家で同性愛女性の変死体

 ネーション系のタイ語速報によると、ペーチャブリー県カオヨーイ郡にある貸家の浴室内で、29歳の女性が死亡しているのが発見された。

 遺体には傷跡は無く、僅かに左腕に引っ掻かれたあとがあった。

 第一発見者でもある、女性と同居しているおなべの女性(25)によると、死亡した女性が所持していた純金製ネックレスや指輪がなくなっているという。

 警察は、女性と顔見知りの者が、強盗目的ないしは交友関係を巡るトラブル解消の為に女性を殺害した可能性もあると見て、あらためて同居している女性に対して詳細にわたる事情聴取を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 08:01| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分を神だと思い込み宿舎前で大声を上げて騒いでいた英国人を保護、パッタヤー

 各報道によると、13日0:00過ぎ、チョンブリー県パッタヤー地区内の宿舎前で、上半身裸になって大声を上げて騒いでいたイギリス人男性(47)が警察に身柄を確保され病院に搬送された。

 当時男性は自分を神だと思い込んでおり、大声を上げながら神に化身しようとしていたという。

 宿舎のオーナーによると、約3ヶ月前に男性が宿舎に住み始めてから連日のようにタイ人女性や麻薬を使用していると思われる仲間を部屋に連れ込んでいたが、当日はまるで麻薬中毒者のように宿舎前で上半身裸になり騒ぎ始めたという。

* 報道動画 (ネーション76)
http://goo.gl/alJYJ

posted by Jean T. at 07:57| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

日泰ハーフの6歳男児が水路に転落、助けに入った乳母共々溺死

 各報道によると、12日19:00過ぎ、ノンタブリー県パークレット郡内で、タイ人の母親と日本人の父親との間に生まれた6歳の男児が住宅地内を流れる水路に転落し、助けに入ったミャンマー人の乳母(23)共々溺死するという事故が発生した。

 母親(42)によると、男児は同日夕方頃に乳母と一緒に散歩の為に家を出ていたという。

 警察は、男児が水路近くで乳母と一緒に遊んでいた際に誤って水路に転落し、男児を助ける為に水路に飛び降りた乳母共々溺死したとの見方を示した。

* 報道動画 (ネーションch)
http://goo.gl/b39CQ

posted by Jean T. at 13:15| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノルウェー人男性がプーケットのホテルから転落し死亡

 各報道によると、12日11:00頃、プーケット県ガトゥー郡パートーン地区にあるプーケットパレス・ホテルの14階部分からノルウェー人男性(26)が転落し死亡した。

 男性は、2日から同ホテルの3階にある部屋に宿泊していた。

 男性の部屋にいた、パートーン地区にあるバービヤ従業員のタイ人女性(29)によると、男性から妻子と別れた後にタイに来たと聞かされていたが、特に何かに悩んでいた様子は見られなかったという。

 女性によると、5日に男性と知り合い、その後部屋で一緒に宿泊するようになったという。

 警察は、男性が1人で14階に上った後に飛び降りていることが監視カメラ映像から判明していること、また男性が宿泊していた部屋に争われたあとがなかっことから、男性が何らかの解決不能な個人的な問題に悩み自殺を図ったとの見方を示した。

posted by Jean T. at 09:33| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。