2010年11月01日

憲裁判事が情実採用に関与していた事を裏付けるビデオが新たに公開される

 先にプゥア・タイ党が、憲法裁判所職員採用に絡む不正に同裁判所判事が関与している事を裏付けるクリップが存在している事を明らかにしていた事に絡んで、同裁判事が問題のクリップに関する対策を話し合っている模様を隠し撮りしたクリップがタイ時間30日までにYoutube上に公開された。

 公開されたクリップから、隠し撮りをしたのは、先に憲法裁判所裁判長付秘書官を解任されたパシット・サクダーナロン氏と見られ、またYoutube上に公開したのは、先に民主党解党裁判で憲法裁判所判事と民主党が癒着していた疑惑を裏付けるとされるクリップを公開していたohmygod3009。

 当局側は、先に公開されたクリップが香港からアップロードされていたこと、またパシット氏が香港に滞在中であることから、同氏がクリップの公開に関与している可能性もあると見ている。

 新たに公開されたクリップには、憲法裁判所判事2人及びパシット氏が登場し、主にプゥア・タイ党が入手したとされる、同裁判所判事の近親者の情実採用絡みのクリップに関する情報の収集や善後策について話し合う場面等が納められており、中にはプゥア・タイ党がクリップを公開した場合には、民主党解党裁判と結びつける事により憲法裁判所の信用を失墜させる為に編集されたクリップが公開されたと説明するべきであると話す場面や憲法裁判所の元高官にクリップ流出の責任を転嫁しようと画策する場面も見ることが出来る。

* 公開されたクリップ
http://www.youtube.com/watch?v=iP4r-1isXJs
http://www.youtube.com/watch?v=4mDnFau3UUQ
http://www.youtube.com/watch?v=bWQ9xT71sSU

posted by Jean T. at 08:33| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都圏住民の90%以上が与野党が抗争を一時中断し洪水対策にあたるべき

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、バンコク及び近郊在住の1,823人を対象に行った調査で、92.4%の回答者が政府と野党が抗争を一時中断し共同して現地で洪水対策にあたるべきであると回答していた事が明らかになった。

 また、組織別の洪水対策に関する評価に関しては、救助当局に対する評価が10点満点中7.52点と最も高く、以下、軍(7.28点)、公共保健省(7.07点)と続き、政府に対する評価は5.55点、野党に対する評価は4.54点に留まった。

 更に、政府の個別の水害対策に関すする評価に関しては、迅速な被災者支援が6.29点と最も高く、以下、対策予算の支出(6.08点)、被災者支援金の提供(5.87点)、包括的な対策(5.85点)と続き、透明な対策予算の支出に関しては最低の5.53点だった。

 一方、水害が深刻になった原因に関しては、46.3%の回答者がリゾートやビル建設といった土地開発をあげ、40.9%の回答者が関係当局の長期的視野にたった対策の欠如、38.7%の回答者が貯水施設建設を巡る汚職・不正をあげた。

posted by Jean T. at 08:27| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗り合いワンボックスカーが高速から転落炎上し8人が死亡

 各報道によると、31日7:00頃、バンコクのパヤータイ区サームセーンノーク地区内で、高速道路を走行中だった乗り合いワンボックスカーが地上のラーマ6世通り上に転落炎上し、子供2人を含む8人が死亡し、運転手を含む7-8人が全身火傷を負い病院に搬送された。

 ワンボックスカーが転落炎上した後に、燃料用ガスタンクへの引火により複数回にわたり激しい爆発が発生していた事が確認されている。

 当時車内にいた乗客の1人によると、ガス漏れによるものと思われる異臭がするとの乗客からの警告を聞いた運転手がブレーキをかけたところ、車が制御を失い高速道路から地上に転落したという。

 現場は、転落事故を含む事故が多発している地点で、今年初めには国家警察本部のワンボックスカーが深夜に転落事故を引き起こし死亡者を出していた。

posted by Jean T. at 08:24| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巡査部長、白昼の市場内で妻の浮気相手を銃撃し逃走

 各報道によると、30日11:00頃、ガーンヂャナブリー県県都中心部にある市場内で、鶏の唐揚販売店店主の男性(40)が、同県ターマガー郡内の警察署に所属する巡査部長(49)に銃撃され重傷を負った。

 現場の状況等から、5発前後の銃弾が発射されたと見られている。

 発砲した巡査部長は、バイクで逃走を図った際に、市場周辺地区を担当している交通警察官により身柄を確保された。

 巡査部長は取り調べに対して、妻の愛人である男性と問題解決の為に話し合っていた際に銃の取り合いになり、その際に銃が暴発したと主張しているという。

 警察は、巡査部長が、妻との手切れ金として1万バーツを男性に渡していたにもかかわらず、妻と別れようとしない男性の態度に怒り銃を発砲したと見て引き続き事情聴取を行う方針である事を明らかにした。

 男性には、妻と子供がいるという。

posted by Jean T. at 08:20| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。