2010年11月18日

与党、憲法改正審議の為の合同議会を23日から24日に開催

 各報道によると、与党国会対策委員会は17日、憲法改正審議の為の上下院合同議会を23日から24日にかけて開催する方針を決定した。

 この決定は、前日開かれた閣議の席上で政府が下院議員選出に関して定めた憲法93条から98条及び国際条約締結前の国会承認を義務づけた190条の改正を前進させる方針が確認された事を受けたもので、審議では政府案の他に、ウェーン・トーヂラガーン氏(反独裁民主主義同盟幹部)を中心とした民主憲法推進団体が提出した改正案や102人の下院議員の署名を添えて提出された改正案も審議の対象になる。

 一方、チャイ下院議長は、改正案が提出され次第、与野党及び上院の国会対策委員会と合同議会開催に向けた調整に動く方針を明らかにした上で、審議日程に関しては23日前後に開催できる見通しであるとしたがし、審議終了日に関しては、審議が長引くことが予想されるため、今国会期間が終了する28日まで審議が長引く可能性があるとの認識を示した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保健相、高級官僚が関わるセクハラビデオの事実関係調査を指示

 各報道によると、ヂュリン公共保健大臣は17日、省内の高級官僚とされる人物が大学生の女性に対してセクハラ行為に及んでいるビデオに関する事実関係を調査するよう指示した事を明らかにした。

 問題のビデオは、公共保健省次官のパイヂット・ウォラーチット氏に極めて似た人物が大学生の女性に対してセクハラ行為に及んでいるところを隠し撮りしたもので、当のパイヂット氏は公式には否定の会見を開いていないが、関係者に対して別人であると語っているという。

 パイヂット氏は、病院医師等からの強力な反対に晒されている医療事故被害者保護法の草案作成の総責任者でもある。

 ヂュリン大臣は、隠し撮りビデオ公開の背景に省内官僚間の激しい対立がある可能性を遠回しに示唆したが、対立に医療事故被害者保護法が関係している可能性に関しては、省内の対立は同法起草以前から存在していたとして無関係であるとの認識を示した。


* 関連報道動画 (途中でビデオのキャプチャー画像を見ることができる)
http://goo.gl/O3HAT
posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議員失職の2大臣、補選出馬前の大臣辞職を表明

 各報道によると、先に憲法裁判所の判決により下院議員を失職していたブンヂョン内務副大臣(プームヂャイ・タイ党)及びグゥアグーン運輸副大臣(チャート・タイ・パッタナー党)の両名は17日、正式に党決定に則り自らの失職により行われる補欠選挙に出馬する事を確認した上で、選挙出馬前に大臣ポストから辞任する意向である事を明らかにした。

 尚、グゥアグーン運輸副大臣に関しては、前日の時点で既に補欠選挙出馬前に大臣から辞職する意向を非公式に表明していた。

 ブンヂョン内務副大臣は22日付け、グゥアグーン運輸副大臣は19日付けで大臣から辞職する予定。

 また、両名とも大臣辞職は個人の判断に基づいたものであると語り、何らかの辞職圧力があったとの憶測を否定した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性村長運転の車が走行中に爆発も村長は軽傷

 各報道によると、16日22:30頃、プレー県デーンチャイ郡内で、路上を走行中だった女性村長(45)運転の車から爆発が発生したが、幸い村長は軽傷ですんだ。

 警察は、何らかの爆発物が車に仕掛けられていたと見て回収された爆発物の破片と思われる物の解析を進め爆発原因の特定を急ぐと共に、爆発の背景に情勢扇動、ないしは村長選挙が絡む政治的利権対立のいずれかがあると見て捜査を進めている事を明らかにした。

 村長は12月23日に任期を終えた後に再任を目指して村長選挙に立候補する意向を示しているが、爆発物が仕掛けられるようなトラブルは思い当たらないという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人相手に15歳未満少年売春を斡旋していた男を逮捕、パッタヤー

外国人相手に15歳未満少年売春を斡旋していた男を逮捕、パッタヤー

 各報道によると、警察は16日22:30頃、チョンブリー県パッタヤー地区にある映画館内で40歳の男を13歳未満者に対する性的暴行及び15歳未満者に対する売春の強要容疑で逮捕した。

 調べによると、パッタヤー地区内でネットカフェを経営する男は、15歳未満の少年の売春を斡旋していたとされ、これまでに少年に対する性的暴行容疑で逮捕された複数の外国人に対する捜査から売買春の斡旋元として男が浮かび上がり、先月28日にパッタヤー地方裁判所から逮捕状が発行されていた。

 男は全面的に容疑を否認しているという。

 男は今年7月にも同様な容疑で逮捕されていたが、その後保釈されていたという。

* 報道動画 (ネーション76)
http://goo.gl/SZ0tE

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア人男性2人組みが同国人女性の取り合いで殴り合いの喧嘩、両者とも重傷

ロシア人男性2人組みが同国人女性の取り合いで殴り合いの喧嘩、両者とも重傷

 プーヂャッカーン紙によると、17日、チョンブリー県パッタヤー地区内にあるハイソー・ホテルのプール近くで23歳と24歳のロシア人男性同士の激しい喧嘩が発生し、両者とも重傷を負い病院に搬送された。

 ホテルの警備員によると、男性2人がプールサイドで酒を飲み交わしていた際に、途中から合流した同国人女性の近くにどちらが座るかを巡って喧嘩になったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。