2010年11月19日

赤服6月24日グループ、来月11日の黄服集会を支持 - 趣旨を同じくする集会を同時開催

 各報道によると、赤服軍団6月24日グループ幹部のソムヨット・プルゥクサーガセームスック氏は18日、民主主義市民連合(黄服)が12月11日に計画しているタイ・カンボジア国境委員会枠組み合意メモの国会承認に抗議する為の集会に支持を表明した。

 先に連合は、枠組み合意メモによりタイ側が領土を失うおそれがあるとして同メモの承認に反対を表明すると共に国会承認された場合は抗議集会を開催する方針を明らかにしていた。

 ソムヨット氏は、国境問題に関しては連合側と同一のスタンスに立っているとした上で、12月11日に連合側が抗議集会を開催する場合は、赤服軍団側も別の場所で並行して抗議集会を開催する考えである事を明らかにした。

 一方、反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏が中心になって19日に計画している、強制排除6ヶ月目を記念したラーチャプラソン交差点での集会に関しては、同日9:00にクローンプレーム刑務所前を訪れ拘置中の同盟幹部等を激励した後に合流する方針である事を明らかにした。

 ラーチャプラソン交差点では、赤色の折り鶴を交差点周辺に結びつけたり、20羽の鳩を放つ活動を展開する予定で、1万人を超える赤服軍団が活動に参加する見通しだという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法改正審議国会、23日から24日の日程で開催 - 25日に決議

 各報道によると、与党、野党及び上院の国会対策委員会は18日行われた協議の席上で、憲法改正案審議の為の上下院合同議会を23日から24日の日程で開催し、25日に決議を行う方針を決定した。

 合同議会では、政府側から提出された下院議員の選出に関する条項及び条約締結事前承認を義務づけた条項の2件の改正案、ウェーン・トーヂラガーン氏(反独裁民主主義同盟幹部)を中心とした民主憲法改正推進団体提出の改正案及び下院議員102人の署名を添えて提出された改正案が審理の対象となる。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人女性研究者が観測塔から転落し重傷、ラムパーンで

 プーヂャッカーン紙によると、18日午後、京都大学研究者の日本人女性(34)が、ラムパーン県内の森林部にある気象観測用の塔から約20メートル下の地面に転落し重傷を負い病院に搬送された。

 報道時点では女性は依然意識不明で、病院当局はA型の血液の献血を呼びかけている。

 女性は約4年前頃からガセーサート大学でチークを中心にした品種改良の研究を行っており、当日はチークの光合成の状態を観測する為に1人で観測塔に上った後に誤って転落したと見られている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。