2010年11月26日

女性がBTS線駅から転落し死亡、病気に悩んだすえの自殺か?

 各報道によると、26日9:30頃、バンコクのパヤータイ区内在住の女性(24)が、BTS線サナームパオ駅からパホンヨーティン通り上に転落し重傷を負い、搬送先の病院で死亡した。

 女性の実兄(27)や叔母(37)の証言から、女性が患っている乳癌が末期の状態にあり、最近では女性が鬱ぎがちだったことから、病気に悩み自殺を図ったものと見られている。

posted by Jean T. at 15:47| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合同国会、国際条約の事前国会承認を義務づけた憲法条項改正案を可決

 各報道によると、25日21:00過ぎ、上下院合同議会は、政府が提出した国際条約の事前国会承認を義務づけた憲法190条の改正案を、上下院議員総数620人の半数を超える354票の賛成で可決した。

 19人が反対票を投じ17人が投票を棄権した。またプゥア・タイ党所属議員は議場から退場し投票に参加しなかった。

 これにより、政府から提出された2つの憲法改正案の両方が可決された。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家警察、M79発射絡みで更に2-3人の逮捕状を請求する用意

 各報道によると、国家警察本部のウィチヤン本部長は25日、先に反独裁民主主義同盟の集会期間中を中心にチェンマイやバンコク内12箇所でM79を発射した容疑で5人が逮捕された件に絡んで、主犯格のピッサヌローク県出身の男が関与を認めているチェンマイ県内4箇所で発生したM79発射に共犯として関与した2-3人の逮捕状請求を視野に証拠固めを進めていることを明らかにした。

 またウィチヤン本部長は、今回の逮捕に絡んで、ノンタブリー県バーンブワトーン郡内のアパート室内で発生した爆発事件との繋がりが浮かび上がっていることを明らかにしたが、詳細に関しては現時点では明らかにする事ができないとした。

 一方、デイリーニュース紙が、主犯格の男がボランティア救助隊員として所属していたウタラディット県県都内ターサオ地区行政本庁の首長の言として報じたところによると、男は反独裁民主主義同盟・赤服軍団の集会期間中に同盟の会員になると共にカッティヤ・サワディポン少将が統率していた自警組織員として活動していたという。

 尚、男は初期段階の事情聴取に対して、バンコクのボーべー市場内で働いていた2009年4月に軍による赤服軍団に対する仕打ちを目の当たりにし怒りを覚え、軍に対して報復する機会を窺うために赤服軍団のふりをして自警組織に所属したが、自分自身は同盟や赤服軍団とは無関係であると供述していた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売春をしていることに怒った彼氏の通報で麻薬パーティーを主催していた女が逮捕

 各報道によると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察は25日2:00頃、麻薬パーティーが開催されているとの通報に基づき民家内で強制家宅捜索を行い、パーティーを主催していた容疑で売春を生業にしているペーチャブン県出身の女(28)を逮捕し、麻薬ヤーアイス0.9グラムやヤーバー6錠等を押収した。

 当時パーティーに参加していた若者グループは警察の姿を見て散り散りに逃走した。

 女は取り調べに対して、自分がビーチエリアで外国人相手に売春をしていることが気に入らない恋人(報道により夫)により通報されてしまったと語っているという。

 女によると、自分が売春をしている事を巡って恋人と激しい喧嘩になったあとで、ストレス解消の為に麻薬を入手し従兄弟やその仲間を自分の家に呼んで麻薬パーティーを開いていた際に、恋人が警察官を連れて家に現れたという。

* 報道動画(ネーション76)
http://goo.gl/wsCC7

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッブリーの刑務所で携帯電話押収に怒った服役囚が暴徒化、夕方過ぎまでに鎮静化

 各報道によると、25日昼過ぎ、ロッブリー県の県中央刑務所内で約200人の服役囚が暴徒化し、宿舎棟や食堂棟を占拠し、布や食堂棟にあった衣服等に火を放つ事態になったが、同日夕方過ぎまでに当局側が刑務所内をコントロール下に置き事態は沈静化した。

 法務省矯正局によると、暴動は刑務所の外から投げ込まれた携帯電話が押収され、これに関係した服役囚が独房送りになったことを受け発生したもので、刑務所内に麻薬や携帯電話を持ち込んでいたとしてアユッタヤー県の中央刑務所から移送されてきた約50人の服役囚が暴動を扇動したという。

 尚、報道によっては、武器所持チェックの為に同日朝に各房内で一斉に行われた査察に怒り暴徒化したとするものもある。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。