2010年12月13日

タクシン元首相の人権状況報告が来年に延期、招聘元の要請で

 各報道によると、タクシン元首相付法律顧問のノパドン・パッタマ氏は12日、今月16日にアメリカのワシントンで予定されていたタクシン元首相によるタイ国内の人権状況報告の日程が、招聘元の全欧安保協力会議側の要請により数週間先に延期になった事を明らかにした。

 招聘元から、新国会期間開始に向けた準備及び開始後に会議のメンバーに変更がある事が予想される事を理由に延期の申し出があったという。また、延期後の具体的な日程に関しては明らかにされていないが、来年1月中になる見通しだという。

 ノパドン氏によると、この延期により、新たに明らかになった反独裁民主主義同盟の集会参加者の死因に関する新資料等を報告内容に含める機会を得ることが出来たという。

posted by Jean T. at 08:15| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半数近くが2件連続の解党請求棄却により政治情勢が激化と指摘、ドゥシット調査

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが全国2,434人の回答者を対象に9日から11日にかけて行った、2件の民主党解党請求案件に対して連続して請求棄却の判決が下された事に関する調査で、回答者の47.92%の回答者が、二重基準や不公正感から政治情勢が激化すると回答し、45.15%の回答者が、長年続いてきた政治的対立の解決や緩和は困難である等の理由をあげ、情勢に変化は無いと回答していた事が明らかになった。

 また、2件の請求棄却判決後の政府に対する信頼に関しては、41.88%の回答者が、判決により民主党側に過ちが無い事が証明された、解党請求は単なる政治的ゲームでしかない等の理由をあげ変化は無し、30.14%の回答者が、今後政府が己の潜在力を証明する為に職務に邁進すると確信している等の理由をあげ信頼が向上したと回答する一方で、27.98%の回答者が、重要な部分に踏み込むことなく判決が下された、民主党側の提出資料が不明瞭等の理由をあげ信頼が低下したと回答した。

 一方、タクシン元首相がアメリカでタイ国内の人権状況を報告する予定になっている事に関しては、57.94%の回答者が、アメリカ側が同元首相に対するビザの発給を認めるか分からない、28.24%の回答者が、興味を引くために政治的にアメリカからの招待を利用し喧伝している、アメリカ側の態度を見極めた上で判断するべきである、13.82%の回答者が、己の潜在力や経験を誇示する絶好の機会であると回答した。

 また、タクシン元首相による報告がタイに与える影響に関しては、47.74%の回答者が、まだ報告内容が明確になっていない、同元首相の報告内容に関するマスコミ側の報道姿勢次第である等の理由をあげ良い点と悪い点が混在すると回答する一方で、35.39%の回答者が、政府攻撃や国際社会からの公正要求の機会として利用されるおそれがあるとしてタイに損害をもたらす、16.87%の回答者が、知識、才能を持つ経験上も優れている人物による報告であるとしてタイにメリットをもたらすと回答した。

posted by Jean T. at 08:13| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

補選 - プームヂャイ党が東北部で議席を増やす、4選挙区では党勢に変化無し

 各地方選挙委員会が発表した非公式集計によると、12日に5選挙区で行われた補欠選挙の内、バンコク第2選挙区では、民主党から出馬した元バンコク知事のアピラック・ゴーサヨーティン氏が70,356票と、30,382票を獲得したプゥア・タイ党のポンピスット・ヂンタソーポン氏を4万票近く引き離し当選を決めた。投票率は33.73%だった。

 また、コーンケーン県第2選挙区、ナコンラーチャシーマー県第6選挙区及びアユッタヤー県第1選挙区では、先の憲法裁判所の判決により下院議員を失職したプゥア・タイ党のプリーチャーポン・ポンパーニット氏、プームヂャイ・タイ党のブンヂョン・ウォントライラット氏(前副内務大臣)及ぶチャート・タイ・パッタナー党のグゥアグーン・ダーンチャイヤウィヂット氏(前運輸副大臣)がそれぞれ当選を決め議員への返り咲きを決めた。

 一方、スリン県第3選挙区では、プームヂャイ・タイ党から出馬したスパラック・クワンハー氏が、先の憲法裁判所判決により議席を失ったプゥア・ペーンディン党に変わり議席を獲得し、東北地区に於ける議席を1つ増やした。

posted by Jean T. at 22:42| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラートで政党の票取りまとめ役を買収容疑で逮捕

 各報道によると、ナコンラーチャシーマー県の県警察本部は11日、県内の第6選挙区で行われている下院議員補欠選挙戦に絡んで、フワイタレーン郡在住の票の取りまとめ役の男(45)を選挙票買収容疑で立会演説会場内で逮捕し、現金600バーツや各村の代表者の名前が記載された名簿、通話記録、VCD等を押収した事を明らかにした。

 男は取り調べに対して、ある政党候補者の為に有権者の票買収を請け負っていた事を認めているという。

 尚、選挙運動期間中に鑑み男が関係する政党や候補者の名前は公表されていない。

posted by Jean T. at 16:31| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、13日に日本大使館前 - 19日にラーチャプラソン交差点前に集結

 各報道によると、憲法記念日の10日にバンコクの民主記念塔前で集会を開催した反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は、赤服軍団と治安当局が衝突した4月10日に死亡した日本人カメラマンの死亡に関係する証拠資料を提出する為に日本大使館前に集結し、強制排除から7ヶ月目となる19日にはラーチャプラソン交差点前に集結する方針である事を確認した。

 日本人カメラマンの死亡に関しては、先に法務省特別捜査局が、強制排除の際に死亡した89人の内、ドゥシット動物園前、アヌソン交差点及びパトゥムワナーラーム寺での死亡者と同様に治安当局側が死亡に関与している疑いがあるとして法規程に則り国家警察本部に捜査を移管する手続きを行っていた。

 ロイターが入手した法務省特別捜査局のレポートによると、治安当局と赤服軍団が衝突した現場で取材中だった日本人カメラマン(43)の死亡に絡んで、軍の方向から銃撃による閃光が走ると同時にカメラマンが倒れたころが目撃されていたという。

 また、同レポートは、パトゥムワナーラーム寺内で高速弾により死亡した6人の内3人が、証拠や目撃証言等から当時任務遂行中だった治安当局側による銃撃により死亡した可能性が高いと指摘しているという。

参考
ロイターの記事
赤服集会期間中に死亡した89人、内4件の死因に当局が関与している疑い - DSI
posted by Jean T. at 16:28| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暫く更新が変則的になります

 本職の関係で暫く更新が変則的になると思います。ご理解のほどお願い申し上げます。
posted by Jean T. at 16:23| バンコク ☁| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

憲裁、民主党迂回献金疑惑絡みの解党請求を棄却

 昼過ぎまでに配信された各速報によると、憲法裁判所は9日、民主党の2億5,800万バーツの迂回献金疑惑が絡む解党請求を4対3で棄却する判決を下した。

 憲法裁判所は、先に請求棄却判決を下した民主党の2,900万バーツの政党助成金不正流用疑惑が絡む解党請求と同様に解党請求手続きに過失があったと判断した。

 政党登録承認責任者の合意を得ないまま選挙委委員会が解党請求を送検したことが法に定められていた要件を満たしていなかったと判断した模様。

 同日が迂回献金疑惑絡みの解党請求に対する初公判だったが、憲法裁判所は原告・被告側から提出された資料で十分であるとして審理を中断した上で判決文の朗読を開始したという。
posted by Jean T. at 14:36| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数日間更新をお休みさせていただきます

仕事の関係で数日間更新をお休みさせていただきます。
ご理解の程お願い申し上げます。
posted by Jean T. at 14:08| バンコク | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノパドン氏、政府がタクシン元首相のアメリカ行き阻止の為の働きかけを行っていると指摘

 各報道によると、タクシン元首相付法律顧問のノパドン・パッタマ氏は8日、タクシン元首相が反独裁民主主義同盟のデモ隊に対する強制排除に絡むタイ国内に於ける人権保護状況を16日にアメリカのワシントンで報告する予定になっている事に絡んで、政府及び外務省側が同元首相のアメリカ行きを妨害する為に同国当局の最上層部に対してビザを発給しないよう働きかけを行っている事を明らかにした上で、政府側は91人が死亡し2,000人以上が負傷した強制排除に関する真相を隠蔽しようとしていると非難した。

 また、ノパドン氏は、タクシン元首相を招待した全欧安保協力議会側が、同時にタイ政府の代表も招待している事を明らかにした上で、おそらく政府側はガシット外務大臣を代表としてワシントンに送り込むのではないかとの認識を示した。

 一方、タクシン元首相のアメリカ行きにより、自身の身を危険に晒す事になるのではないかと指摘されている事に関しては、同元首相は危険な要素が存在している事を承知した上で敢えてアメリカ行きを決断した事を明らかにした上で、既に同元首相が滞在している国にあるアメリカ大使館で査証の発給申請を行っている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクで45人のスリランカ人を含む51人の外国人を摘発、LITEとの関係は確認出来ず

 各報道によると、入国管理警察局は8日早朝、バンコクのバーンケーン区パホンヨーティン通りソーイ54にある4箇所のアパートで集中摘発を行い、45人のスリランカ人を含む51人の外国人を近隣住民に対する迷惑行為の容疑で逮捕した。

 この集中摘発は、スリランカ政府によるタミル・イーラム解放のトラ(LITE)に対する締め付け強化により多くのスリランカ人が第三国に逃亡する機会を窺うためにタイ国内に不法に滞在しており、中には
LITEに関係する者が含まれているおそれがある事を受けて行われたもの。

 入国管理警察局によると、初期段階での捜査では、逮捕された者とLITEとの関係は確認されていないという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

27歳女性、スウェーデン人の夫に新たな恋人が出来たことを悩み自殺

 各報道によると、7日夕方、チョンブリー県パッタヤー地区にある民家内で、ウドンターニー県出身の女性(27)が首を吊って死亡しているのが発見された。死後1日前後と見られている。

 女性の叔母(37)によると、女性はスウェーデン人の夫と共にスウェーデン国内で3年間暮らしていたが、夫に同国人の新たな恋人が出来たことがきっかけで喧嘩別れし、妊娠3ヶ月の身でタイに帰国していたという。

 警察は、女性が日頃から親戚や友人に夫に対する不満を口にしていたことから、夫との関係に悩み自殺したとの見方を示した。

* 報道動画 (気が弱い人は要注意)
http://goo.gl/pr5xR

posted by Jean T. at 00:00| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メーサーイ郡次官公邸で爆発、ターゲットを誤って爆破との見方

 プーヂャッカーン紙によると、7日深夜、チェンラーイ県メーサーイ郡の郡庁舎の敷地内にある郡次官公邸付近で爆発が発生し、自警組織の車等に被害をもたらしたが、幸い人的な被害は無かった。

 破壊力が弱い爆発物が犯行に使用されたと見られている。

 警察は、メーサーイ郡と国境を接するミャンマー領内にカジノホテルの開業を計画している企業の事務所が次官公邸近くにあることから、新規のカジノホテル進出に対して不満を持っているカジノ業者が脅迫目的で犯行に及んだと見て捜査を開始した。政治や郡庁関連プロジェクト絡みの犯行の可能性は極めて薄いという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

首相、ボウト被告と引き換えにタクシン元首相の身柄引渡を要求との憶測を否定

 各報道によると、アピシット首相は7日、死の商人ことボウト被告のアメリカへの身柄引渡と引き換えにタクシン元首相の捕捉及び身柄引渡をオバマ大統領に要求していたとの憶測を否定した。

 Wikileaksで公開されたアメリカの機密公電の中に、仮にタイ側がボウト被告の身柄引渡を拒否した場合は、将来アメリカを訪問するタクシン元首相の捕捉に影響を与える事になるとの記述がある事が明らかになった事に絡んで、アピシット首相とオバマ大統領との電話会談の際に交わされた密約に基き、タクシン元首相を陥れる目的で同元首相に対するアメリカへの招待が為されたとの憶測が広がっていた。

 アピシット首相によると、オバマ大統領との電話会談の際には"iPad"の話題しか出ておらず、ボウト被告とタクシン元首相の交換といった話は一切出ていなかったのだという。


posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不法滞在摘発と偽りインド人宅に押し入り金品を強奪した管轄外の現職警官等4人を逮捕

 各報道によると、バンコクの首都圏警察本部ルンピニー署は7日、不法滞在摘発目的だと偽ってインド人夫婦宅に押し入り、夫婦が所持していた現金10,000バーツや携帯電話2台、販売用のショートパンツ50本等を強奪した容疑で、首都圏警察本部プララチュワン署及び同バーンラック署に所属する一等及び二等巡査クラスの現職警察官2人、海軍出身の男及びタクシー運転手の男の計4人を逮捕し、逃走中の1人の行方を追っている事を明らかにした。

 逃走中の1人を含む5人は、6日23:00頃にパトゥムワン区のボーンガイ・コミュニティー内にある41歳と37歳のインド人夫婦宅に警察官であると名乗って押し入り、不法滞在の摘発目的であると偽って夫婦のパスポートをチェックした上で家宅捜索を装って金品を盗み逃走したが、夫婦の助けを求める声を聞き仲間と一緒にバイクで4人組みを追跡していた近所に住む男性(22)や男性から通報を受けた首都圏警察本部トーンロー署によりスクムウィット通り上で逮捕された。

 被害にあった夫によると、家に押し入った5人組みから不法就労や違法貸し付けを行っているとの難癖をつけられたが、自分自身はタイ国籍を取得しており何らやましいところはないという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性をラブホテルに連れ込み猥褻行為に及んだ僧侶を逮捕

 各報道によると、コーンケーン県県都の警察は6日、女性を県都内のラブホテルに連れ込み猥褻行為に及んだ容疑で、出家して40年になる僧侶を現行犯で逮捕した。

 警察が室内に踏み込んだとき、僧侶と女性は一糸まとわぬ姿だった。

 逮捕された僧侶は地区の主席僧侶を務めていた。

 僧侶は、女性とは、約2ヶ月前に寺をこっそり抜けだして出かけたマッサージ店で知り合い、小遣いをせびる電話を女性から受けては自ら車を運転して女性と一緒にホテルに入り、性的関係を持った後にサービス料として女性に1,500バーツを支払ってきたと話しているという。

* 報道動画
http://goo.gl/l4K6m

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

タクシン元首相、人権状況報告の為に中旬に米国を訪問 - 顧問が確認

 各報道によると、タクシン元首相法律顧問のノパドン・パッタマ氏は6日、タクシン元首相がアメリカの上院議員からの招待に基づきタイ国内の人権状況を報告する為に今月中旬に同国を訪問する予定であることを明らかにした。

 これは、アメリカの上下院議員9人や国務副長官等が参加する全欧安保協力会議からの11月23日付けの招待状に基づき、タクシン元首相が、90人以上の死亡者を出した反独裁民主主義市民連合のデモ期間中及び強制排除後のタイ国内に於ける民主主義や人権の状況を12月16日にワシントンで報告する予定になっており、またこの報告の際に、強制排除後のタイ国内に於ける政治状況を分析したブリュッセルに拠点を置く国際危機管理グループのアナリストが同席すると報じられていることを追認したもの。

 ノパドン氏は、この招待は、アメリカの上下院議員や指導者層に事の真相を知らしめる絶好の機会であると指摘した上で、民主党は、タクシン元首相による真相を明らかにする行為に対して国家を毀損する行為であると非難するべきでは無いと指摘した。

 一方、この件についてアピシット首相は、外務省に対して国際犯罪人引渡条約に基づくタクシン元首相の身柄引き渡し要求の可否に関する調査を命じた事は認めたが、タクシン元首相が事の真相報告の為にアメリカに行くとい言う話に関しては、これまで聞いておらず、人権侵害で同様な非難をアメリカ議会から浴びていた事に対する釈明の為にアメリカに行くのかも分からないと語った。

 尚、チャワノン外務大臣秘書官は、依然同元首相に講じられている入国禁止措置が有効で、全欧安保協力会議からの招待であろうとも同元首相に対する入国が許される事は無いとの認識を示しているが、外務省側は、同元首相の入国の可否はアメリカの行政側の判断に委ねられているとして可否に関する明言を避けている。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノンタブリーで暴走行為中の男性2人が銃撃され死亡

 各報道によると、6日6:00前、ノンタブリー県バーングルワイ郡で、バイクの2人乗りで路上を走行中だった23歳と21歳の男性がバイクに乗った2人組みに銃撃され死亡した。

 尚、報道によっては乗用車に乗った何者かに銃撃されたとするものもある。

 死亡した23歳の男性の母親によると、男性は女性を巡ったトラブルで徴集兵に暴行し重傷を負わせ、相手側から10万バーツの慰謝料を請求されているなど複数のトラブルを抱えていたという。

 警察は、前日深夜から死亡した2人を含む10人位のグループが周辺の路上で暴走行為を展開していた事から、暴走行為中にライバルグループから銃撃された、ないしは暴走行為に怒った住民から銃撃された可能性が高いと見て、男性が絡む複数のトラブル絡みの線も含めて捜査を行う方針である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名高級パブのマネージャーが射殺、女性の取り合いを巡るトラブルが背景?

 各報道によると、6日朝、ソンクラー県ハートヤイ郡中心部のレストラン前で、何者かが有名高級パブのマネージャー男性(27)等に向け銃を乱射し、男性が死亡し、一緒にいた37歳と28歳の男性が重傷を負った。

 調べによると、男性等3人がレストランから出てきたところで、近くに駐車してあった小型トラック内にいた4人組みの内の1人が車外に出るなり3人に向け銃を乱射した。

 警察は、事件の背景に男性グループが絡む女性を巡るトラブルがあると見て捜査を開始した。

 警察によると、男性等のグループと若者グループとの間で1人の女性の取り合いを巡るトラブルがあったという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーで見知らぬ外人に頭を殴られたオカマがスタンガンを突き付け騒動に

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、6日2:30頃、チョンブリー県パッタヤー地区で、面識が無い外国人男性に頭を殴られた事に怒ったニューハーフの男性がスタンガンを突き付け睨み合いを展開するという騒動が発生した。

 ニューハーフの男性によると、現場近くのビーチエリアに友人といた際に面識が無い外国人に頭を殴られただけでなく、一緒にいた友人が地面に押し倒され傷を負った為、自己防衛の為に友人が所持していたスタンガンを突き付けたが、押しつける事はしていないという。

 最終的に、スタンガンを突き付けられた事に対して不満を示していた外国人男性が、今回の件を事件にする考えが無い事を確認すると共にニューハーフの男性側に謝罪した事により騒動は落着した。

 警察は、スタンガンを押収すると共にスタンガンを使用した場合は法的処罰を受ける事になると警告した上で現場から引き揚げた。

* 報道動画
http://goo.gl/1WEiA

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

Facebook上で実在する美人女子大生になりすまして携帯代金を詐取した女を逮捕

 各報道によると、バンコクの首都圏警察本部フワマーク署は4日夜、有名大学のマーチングバンド・リーダーの女性になりすまして携帯電話を格安で販売すると騙し、4人から6万バーツを騙し取った容疑で23歳の女をノーンカーイ県のタイ・ラオス友好橋の国境検問所で逮捕したことを明らかにした。

 調べによると、女はネット上で調べ出したヂュラーロンコン大学のマーチングバンド・リーダーで美人としても知られる女性(22)になりすましてFacebookを開設し、友人登録をしたユーザーにブラックベリーの携帯電話を15,000バーツで販売することが出来ると騙し、4人から総額6万バーツを騙し取った。

 女は取り調べに対して、ナコンパトム県内の大学を2008年に卒業して以来未だに職が見つからなかった為、犯行を思いついたと供述しているという。

 女によると、Facebook上で家族や自分が病気でお金が必要な為、ブラックベリーの携帯電話をユーザーの言い値で買い取って欲しいと記述し、ユーザーが申し出てきた言い値に従って3万バーツから13万バーツを自分の口座に振り込ませ総額60万バーツを詐取し、それを生活費として使用していたという。

 また、言い値を言って来たユーザーの中には有名バンドの歌手もいたという。

* なりすました女性の写真付きFacebookのキャプチャー
http://goo.gl/xc3kN
* 逮捕された女と指さす被害者
http://goo.gl/HirLe

posted by Jean T. at 00:12| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。