2010年12月06日

24歳女性、恋人との関係に悩みビデオチャットを利用して公開自殺

 各報道によると、5日午後、バンコクのバーンーン区パホンヨーティン通りソーイ69にあるアパートの室内で、ナコンサワン県出身の24歳の女性が首を吊って死亡しているのが発見された。

 ビデオチャット中に女性が首を吊ったのを見た恋人男性からの通報を受けた警察が発見した。

 女性の遺体近くにあったコンピュータ上に立ち上げられていたビデオチャットプログラム"カムフロッグ”には、恋人男性との間で交わされた愛憎が絡む文章が残され、またカムは自分が首を吊った方向に向けられていた。

 現場に駆けつけた恋人男性(25)によると、女性とは約1ヶ月前にカムフロッグを通して知り合い付き合うようになったが、その後女性のヒステリックでキレやすい性格や、女性が昔の恋人とよりを戻したと言い出したことが原因で喧嘩が絶えなくなり、当日は、カムフロッグでチャット中に再度喧嘩になり、自分の方から別れを切り出したところ、女性から貴方がいたから生きてこれたが、貴方がいなくなったらどうしていいか分からないと切り返された後にチャット閲覧者に見えるように首を吊ったという。

* 報道画像 (気が弱い人は要注意)
http://goo.gl/ixI0G

posted by Jean T. at 00:09| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民家で爆発、更に爆発物処理班が点検中に再爆発し処理班3人が軽傷

 各報道によると、4日2:00過ぎ、サムットサーコン県県都内にある茹でトウモロコシ販売業の男性宅前で爆発が発生し、更に現場に駆けつけた爆発物処理班が不審物の点検中に再度爆発が発生し処理班3人が軽傷を負った。幸い最初に爆発が発生した男性宅には人的な被害は無かった。

 2回目の爆発は、男性が前日に自宅前で発見し、偽爆弾だと思ってゴミ箱に捨てた物が爆発したと見られている、

 10月28日に引っ越してきたばかりだという家主の男性(28)によると、自分の家が狙われるようなトラブルを抱えておらず、おそらく目標を間違えて爆発物が仕掛けられたのではないかという。

 警察は、人的な危害を加える目的で時限発火式の爆発物を現場に仕掛けたと見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:06| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

国王、各自が責務を理解し正しく行動することが国家に安定と平和をもたらす

 5日83歳の誕生日を迎えられた国王は、祝福の為に拝謁が許された国の要人を前にした訓話の中で、国民各自が己の責務を正しく理解し、正しく行動することが国家に安定と平和をもたらす鍵となると指摘された。

 訓話の中で国王は、失敗や損失をもたらす不注意な行いや、畏怖の概念をおろそかにさせる思慮を欠いた行いは、己だけでなく国家をも荒廃させる正当性を欠いた行いに繋がる最も危険な行為であると指摘された上で、国家に安定と平和をもたらす為に各自が己の果たすべき責務を正確に理解し、その責務に沿って慎重を旨に正しく行動するべきであると指摘された。

posted by Jean T. at 16:16| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党、政府が絡む120件以上の汚職疑惑を17日に公開

 各報道によると、プゥア・タイ党のヂーラユ副報道官は4日、政府結成2年間の間に確認された政府関連プロジェクトに絡む120件以上の汚職疑惑を17日に公開する予定であることを明らかにした。

 ヂーラユ副報道官によると、公開予定の汚職案件は、党政府職務監視グループが2年間に渡り収集してきた証拠に基づくもので、同日に予定されている政府の成果発表以上の国民の関心を呼ぶことになるだろうという。

 また、ヂーラユ副報道官は、政府に対して、17日に予定されている政府の成果発表の際に、これまで取り組まれてきた救国小切手や国外からの借款がもたらした経済的効果や不正汚職に関与した者に対する処罰の状況を含めて発表するよう要求した。

posted by Jean T. at 08:14| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

もう一つの民主党解党案件、9日に初公判

 各報道によると、憲法裁判所は3日、民主党の2億5,800万バーツの迂回献金疑惑が絡む同党解党請求に対する初公判を9日に開く方針を明らかにした。

 先に、憲法裁判所は、民主党が2,900万バーツの政党助成金を不正に流用した疑惑に絡む解党請求に対して、訴因に踏み込むことなく、選挙委員会側の解党請求手続きに過失があったと判断し請求棄却の判決を下していた。

posted by Jean T. at 08:54| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホテル客に扮し客室内にあった金品を盗んだ2人組みを逮捕、内1人は元ホテル従業員

 各報道によると、バンコクの首都圏警察本部ルンピニー署は3日、スクムウィット通りにある高級ホテルの客室に忍び込み金品を盗んだ容疑で33歳と28歳の男を逮捕し、金庫や旅行バッグ、現金5,000バーツ等を押収したことを明らかにした。

 調べによると、2人は、11月28日に宿泊客のふりをしてホテルに宿泊し、客室内にある金庫の開け方等を調べたり、宿泊している外国人の動向を観察しターゲットを絞り込んだ上で、同日深夜にターゲットにした客室内に忍び込み、金庫内にあった現金72,000バーツが入った旅行バッグを盗み出した。

 2人は刑務所内で知り合った中で、また入出所を繰り返していた主犯格の33歳の男は、ホテルに勤務しては客室内で盗みを働き逮捕され服役するという生活を送っていたという。

posted by Jean T. at 08:53| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア人実業家に薬物を仕込み1千万相当の金品を強奪した売春婦2人を逮捕

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、チョンブリー県パッタヤー地区の警察は2日、ロシア人実業家に薬物を仕込み意識を失わさせた上で、総額1千万バーツ以上の金品を盗み逃走した容疑でペーチャブーン県出身の21歳の女とナコンラーチャシーマー県出身の19歳の女を逮捕した。

 警察によると、2人の女はバンコクのフワイクワーン区内で美容師の仕事に就く傍らで、休日や土日にパッタヤー地区内で外国人旅行者相手に売春をしていたが、当日は被害にあった男性により連れ込まれたホテルの室内に高級品が沢山置いてあるのを見て犯行に及んだという。 

 また、男性から盗んだ品物は、マーブンクローンセンター内にある貴金属店等で換金し2人で分け合ったという。

* 報道動画
http://goo.gl/ULe5E
* 報道画像
http://goo.gl/XM2sS

参考
露人実業家が2人組みの女に薬物を仕込まれ1千万バーツの金品を盗まれる

posted by Jean T. at 08:50| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

連合、集会を来年に延期 - 世界遺産協定の破棄を要求

 各報道によると、今月11日に集会開催を計画していた民主主義市民連合(黄服)は3日、集会開催日を来年1月25日に延期することを明らかにした。

 先に連合は、タイ・カンボジア国境委員会合意メモの国会合意に反対する為に11日に集会を開催する方針を明らかにしていたが、王室関連行事直後であることや南部が依然洪水に被災している状況下で集会を開催することが不適切であること、更に集会開催前にタイが領土を失うそれがあることを訴える為の活動を全国的に展開し国民の理解を得る必要があると判断し延長を決定したという。

 陸軍本部前のラーチャダムヌゥン通りで開催が予定されている1月25日の集会では、カンボジアとの間で交わされた2000年覚書及び世界遺産協定の破棄を要求する活動を展開する予定で、政府の出方次第では集会の長期化も辞さない構えだという。

posted by Jean T. at 15:56| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、オバマ大統領からボウト被告引渡催促の電話があったとの疑惑を否定

 各報道によると、アピシット首相は2日、アメリカのオバマ大統領から死の証人ことビクター・ボウト被告のアメリカへの身柄引渡を催促する電話があったとの疑惑を否定した。

 これは、Wikileaksに公開されている在バンコクのアメリカ大使館の機密公電から、ボウト被告の身柄引渡実現の為にオバマ大統領自身が直接タイの首相に催促の電話をしていた疑惑が持ち上がっていることを受けたもので、アピシット首相によると、問題の文書か送信された時期にアメリカ大使から、ボウト被告案件への妨害工作に対する懸念が伝えられたが、オバマ大統領から身柄引渡の働きかけは受けていなかったという。

 公開されているアメリカ国務省や在バンコク大使館の機密公電によると、在バンコクのアメリカ大使は、ブート被告を支援する複数のロシア人により証人買収が行われていると確信しており、昨年2月に同大使がアピシット首相と面会した際に、ある証人に虚偽の証言をさせる為にタイ当局者が買収されていることを裏付ける証拠があると警告していたという。

 また、一審でブート被告のアメリカへの身柄引渡請求が棄却された際には、アメリカ大使は失望を表明していた上で、オバマ大統領自身が直接アピシット首相に電話をし働きかけることが最も効率的な解決手段であると指摘していたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米大使館、ロシア人マフィアがパッタヤーやプーケットで暗躍と機密公電で指摘

 各報道によると、Wikileaksに公開された在バンコクのアメリカ大使館の機密公電から、同大使館がタイ国内のパッタヤーたプーケットといったビーチリゾートでロシア人マフィアが暗躍していると指摘していたことが明らかになった。

 タイとの関係再活性化を図っているロシアと題された2009年12月4日に送信された機密公電の中でアメリカ大使館は、タイはロシア人旅行者の訪問者数急増の恩恵を受けている一方で、人気ビーチ観光地のパッタヤーやプーケットでロシア人犯罪組織が暗躍するという無用な副作用までもたらされていると指摘している。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー運転手を刃物で脅し現金を強奪した同業の男を逮捕

 各報道によると、1日21:30過ぎ、バンコクのワーントーンラーン区内で、客を装って乗ったタクシーの運転手を刃物で脅し現金1,200万バーツを強奪した容疑で、同業の男(42)を逮捕した。

 調べによると、男は、客を装って被害にあった男性が運転するタクシーに乗り込み、人気の無い路地に連れ込んだ上で、刃物で脅し1,200バーツを奪い逃走した。

 男は取り調べに対して、未払いになっていたタクシー車両のレンタル代を捻出する為に犯行に及んだと供述しているという。

 男によると、利用客が少なく日払いのレンタル代を支払えるだけの稼ぎをあげることができなかったため、約1週間分のレンタル代が未払いになっていたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペーチャブリーで車を運転中の副校長が銃撃され死亡

 各報道によると、1日深夜、ペーチャブリー県ターヤン郡内の路上で、車を運転中だった副校長代行の男性(54)が、車に乗った人数不明のグループに銃撃され死亡した。

 男性は、県都内で開催された友人の娘の結婚披露宴の出席を終え帰宅する途上だった。また、男性の妻によると、出かける前に男性が、披露宴の際に友人との間でトラブル解消に向けた話し合いをする予定だと話していたという。

 警察は、男性が絡む何らかのトラブルが事件の背景にあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッドホンをしながらバイクを運転していたラオス人が衝突事故を引き起こし死亡

 各報道によると、2日6:00頃、ラオス人男性(24)運転のバイクが別のバイクと出会い頭に衝突し、ラオス人男性が死亡し、51歳と33歳のタイ人夫婦が負傷した。

 調べによると、ラオス人男性がヘッドホンで音楽を聴きながら高速度でバイクを運転していた際に、2人乗りで高速度で走行中だった別のバイクと出会い頭に衝突した。

* 報道動画
http://goo.gl/Y8KSz

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノルウェー人男性が飼育していたコブラに噛まれ死亡

 各報道によると、2日午後、チョンブリー県パッタヤー地区にあるアパートの室内でノルウェー人男性(60)が死亡しているのが発見された。死後2-3日と見られ、室内から異臭がするのを不審に思ったアパート関係者が発見した。

 遺体のそばには、男性が3日前にペットとして持ち込んでいたコブラがとぐろを巻いていた。

 男性が部屋に持ち込んだコブラに噛まれて死亡したと見られている。

 アパート関係者によると、男性は2009年に騒音を巡ったトラブルでアパート関係者を刺し逮捕されたことがあるという。

* 報道動画
http://goo.gl/bSAZB

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

アリスマン氏、クーデターに備えよとするメッセージを支持者宛に送信

 各報道によると、反独裁民主主義同盟で現在国外逃亡中とされているアリスマン・ポンルゥアンローン氏と名乗る人物が、来るべきクーデターに備えるよう呼びかけるメッセージを赤服軍団支持者宛に送信していたことが1日までに明らかになった。

 現在、赤服関連のサイトやプラチャータイの掲示板等にメッセージが転載されている。

 アリスマン氏と名乗る人物はメッセージの中で、憲法裁判所の民主党解党請求棄却決定がクーデター実行に向けた最初の爆発で、11日に予定されている民主主義市民連合(黄服)の集会がクーデター実行の為の環境を整える為の2発目の爆発になると指摘した。

 その上で、クーデターの実行及び絶対王制型官僚主義者の息がかかった軍による反クーデター派の弾圧により大地は血に染まり、独裁に反対する反クーデター派は友好国に亡命政府を樹立し、政界各国に国民の闘いを訴えることになると指摘した上で、支持者に対して、クーデターが実行された場合は、国民の殺害を指示した人物の本当の名前を国際社会に伝える為に声高に叫ぶと共に真の民主主義を実現させる為にあらゆる手段を講じて闘っていくべきであると訴えた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M79発射で逮捕された男と訓練を受けていた男性は別人、赤服ガードが証言

 マティチョン紙によると、1日、反独裁民主主義同盟の自警組織に所属していた男性(27)がウタラディット県内で記者会見を開き、M79発射容疑で先に逮捕された男が自警組織員に施される訓練を受けていた証拠として公開された写真に写っている人物は自分であると訴えた。

 問題の写真は、民主党のテープタイ党首付報道官が公開し話題になっていた。

 男性によると、問題の写真は、2月24日に30人のメンバーと共に自警組織に施される訓練を受けた際に撮影されたもので、カッティヤ・サワディポン少将配下の人物が訓練講師を務めたが、訓練自体は参加者への便宜提供や交通整理手法の講習や身体能力の検査だけで一日で終了していたという。

 また、訓練日にはプゥア・タイ党のタヌサック・レックウタイ氏(副党首)やグリサナー・シーラック女史等が講師団出迎えの為に訓練会場に現れたという。

 会見は、グリサナー女史付秘書同席の上で行われた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻の浮気に怒った建設作業員、妻と浮気相手の同僚(17)を撲殺

 各報道によると、1日8:00頃、バンコクのポームプラームサタルーパイ区内にある改築中のショップハウス内で、40歳位の女性と17歳の男性が鈍器で殴られ殺害されているのが発見された。

 現場には、殺害された女性の夫が書いた、2人の殺害への関与を仄めかす2通の手紙が残されていた。

 これまでの捜査で、殺害された2人の男女及び女性の夫は、現場を仮宿所として改築作業に従事していたことが確認されている。

 警察は、夫が残した手紙等から、妻が同僚と浮気していると疑い2人を殺害したと見て夫の行方を追っている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

校長の本妻殺害を依頼した愛人を逮捕

 各報道によると、ローイエット県の県警察本部は1日、11月21日未明にパノムプライ郡の市場内で学校教師の女性がバイクに乗った2人組みに射殺された事件に絡んで、42歳の女を嘱託殺人容疑、44歳の女(報道により男)を狙撃ターゲットを指示した容疑、44歳の男を殺人実行役を手配した容疑、及び何れも23歳の男人を殺害の実行容疑で逮捕したことを明らかにした。

 殺害された女性は、教師の傍らで早朝に市場内で商いをしていた。

 警察はかねてから、殺害された女性の夫である校長の男性に未亡人の愛人がおり、過去に女性と愛人との間で口論等のトラブルが度々発生していたとの情報に基づき、男性が絡む女性関係が事件の背景にあると見て捜査を進めていた。

 調べによると、嘱託殺人容疑で逮捕された女は、自分に9万バーツの借金を負っている、狙撃ターゲットを指示した容疑で逮捕された女(報道により男)に失敗したら金利を倍付けにすると脅して殺人実行グループを探させ、25万バーツの成功報酬で殺害を実行させた。

* 報道画像
http://goo.gl/iBOHK

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

同盟、10日の憲法記念日に民主記念塔前で集会 - 6月24日グループは王室と憲法と題したセミナー

 各報道によると、1日午後、反独裁民主主義同盟議長代行のティダー・ターウォンセート女史と幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏が共同記者会見を開き、10日の憲法記念日にバンコクの民主記念塔前で集会を開催する方針を明らかにした。

 集会は、10日17:00から開催される予定で、今年4月10日に民主記念塔周辺で発生した衝突により死亡したデモ参加者への追悼関連行事や社会的公正を訴える活動を展開する方針だという。

 ティダー女史は、現在拘置中のウェーン・トーヂラガーン氏の夫人で、先週に同盟議長代行に就任していた。

 この発表に先立つ同日朝、赤服軍団6月24日グループのソムヨット・プルゥクサーガセームスック氏は、10日に予定されている集会の際に民主記念塔近くにあるラタナコーシン・ホテル(Royal Hotel)内で「王室と憲法」と題したセミナーを開催することを明らかにした。マティチョン紙が伝えた。

 セミナーには、タンマサート大学教養学部教授のソムサック・ヂヤムティーラサグン氏やヂュラーロンコン大学芸術学部教授のスターチャイ・イムプラスゥト氏等が出席する予定だという。

posted by Jean T. at 17:50| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲裁判決、多くが支持を表明も今後の情勢に関しては激化を懸念

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが1,041人の国民(報道まま)を対象に29日から30日にかけて行った、民主党解党裁判で請求棄却の判決が下されたことに関する調査で、46.15%の回答者が、憲法裁判所の審理過程を信頼している、憲法裁判所判事はこれまでに数々の重要案件をこなしてきた、被告たる民主党側の陳述が明確だった等の理由をあげ、同裁判所の判決を支持すると回答し、33.84%の回答者が、憲法裁判所の判事が様々な圧力を受けていた、二重基準に基づいた判決である、審理過程に何らかの干渉があった等の理由をあげ支持しないと回答していた事が明らかになった。

 また、40.23%の回答者が、判決を批判する権利は誰にもあるが最終的には今回の判決を受け入れるべきである、26.91%の回答者が、民主党が審理に対して万全の体制で臨んでおり、またチュワン前首相をチーム首班に据えていたことから、解党を免れると予想していた、23.47%の回答者が、解党請求提出の遅れだけでは十分な理由付けにはならず、予想とは反した判決だったと回答した。

 一方、判決後の政治情勢に関しては、36.29%の回答者が、対立構造に変化は無く今後激化の方向に向かう、25.11%の回答者が、政府は残された任期を大切にし、これまで進めてきた職務を全うさせるべき、18.32%の回答者が、政界内における解党訴訟ゲームに対する警戒感が強まり、各人が慎重に振る舞うようになる、13.26%の回答者が、タイの政治は二重基準により支配されていると見られるようになり、また判決に対する疑念が軋轢を生み出す要因になると回答した。

 また、今回の判決から学んだことに関しては、最も多くの回答者が、政治とは権力と利権を追及するものであるということと回答し、以下、公明正大に職務を遂行するべきであるということ、政治的利権の為に法の抜け穴が利用されているということ、国民が法律に興味を持ち、法律を学び、法律に対する理解を強化するべきであるということと続く結果になった。

posted by Jean T. at 00:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。