2010年12月05日

国王、各自が責務を理解し正しく行動することが国家に安定と平和をもたらす

 5日83歳の誕生日を迎えられた国王は、祝福の為に拝謁が許された国の要人を前にした訓話の中で、国民各自が己の責務を正しく理解し、正しく行動することが国家に安定と平和をもたらす鍵となると指摘された。

 訓話の中で国王は、失敗や損失をもたらす不注意な行いや、畏怖の概念をおろそかにさせる思慮を欠いた行いは、己だけでなく国家をも荒廃させる正当性を欠いた行いに繋がる最も危険な行為であると指摘された上で、国家に安定と平和をもたらす為に各自が己の果たすべき責務を正確に理解し、その責務に沿って慎重を旨に正しく行動するべきであると指摘された。

posted by Jean T. at 16:16| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党、政府が絡む120件以上の汚職疑惑を17日に公開

 各報道によると、プゥア・タイ党のヂーラユ副報道官は4日、政府結成2年間の間に確認された政府関連プロジェクトに絡む120件以上の汚職疑惑を17日に公開する予定であることを明らかにした。

 ヂーラユ副報道官によると、公開予定の汚職案件は、党政府職務監視グループが2年間に渡り収集してきた証拠に基づくもので、同日に予定されている政府の成果発表以上の国民の関心を呼ぶことになるだろうという。

 また、ヂーラユ副報道官は、政府に対して、17日に予定されている政府の成果発表の際に、これまで取り組まれてきた救国小切手や国外からの借款がもたらした経済的効果や不正汚職に関与した者に対する処罰の状況を含めて発表するよう要求した。

posted by Jean T. at 08:14| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。