2010年12月20日

政府及び首相の成果に対して落第点評価、バンコク大調査

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールが全国1,448人の18歳以上の回答者を対象に10日から14日にかけて行った調査で、政府の職務成果に対して10点満点中3.82点と、政府結成1年目の評価より0.05点下げる評価が下されていた事が明らかになった。

 また、個別の評価では、社会及び生活の質関連に対して最も高い評価が下される一方で、職務遂行や法律の執行関連に対して最低の評価が下され、政府の政策に関しては、15年間教育費無料化政策、高齢者支援政策、農産品価格保証政策の順で高い評価が下された。

 更に、与党第一党の民主党に対して4.11点の評価が下される一方で、連立与党に対しては、3.85点の評価が下された野党より低い3.42点の評価が下された。

 一方、アピシット首相に対しては、就任1年目の時点で行われた調査より0.26点落とす4.44点の評価が下され、また政府が新年の国民への贈り物として迅速な解決に取り組むべき事に関しては、19.9%の回答者が就労機会を創成する為の景気改善と回答し、12.8%の回答者が国内正常化、一致団結体制の実現、11.6%の回答者が議会解散及び総選挙の実施と回答した。

posted by Jean T. at 15:13| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、収監中の幹部等の保釈が実現するまで毎月19日に集会を開催

 19日、バンコクのラーチャプラソン交差点で集会を開催した反独裁民主主義同盟のヂャトゥポン・プロームパン氏は、収監中の幹部等の釈放が実現するまで毎月19日にラーチャプラソン交差点で集会を開催する方針である事を明らかにした。

 一方、集会は、治安当局側による銃撃により死亡した疑いが濃厚になっているパトゥムワナーラーム寺内での死亡者6人に対する追悼式等を終えた後に20:00過ぎまでに平穏裏に散会した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相の職務姿勢に最高点の評価も職務取り組みの遅さに対する不満も

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、17県内在住の18歳以上の2,078人の回答者を対象に1日から18日にかけて行った各閣僚の職務姿勢に対する満足度調査で、アピシット首相が10点満点中6.72点と閣僚内で最高の評価を得ていた事が明らかになった。

 また、ヂュリン公共保健大臣が6.02点でアピシット首相に続き、以下、ゴーン財務大臣(5.89点)、トライロン副首相及びプラディット副財務大臣(5.53)、ステープ副首相(5.44)、アロンゴン商務副大臣(5.37点)と続いた。

 また、アピシット首相が改善に取り組むべき点に関しては、最も多い61.3%の回答者が迅速な職務への取り組みをあげ、60.8%の回答者が取り巻きに注意し、リーダーシップを示すことにより取り巻きの犠牲にならないよう心がけるべき、59.2%の回答者が言葉より先に見える形で実績を上げるべきと回答した。

 一方、国民に知られていない閣僚に関しては、42.2%の回答者がナリサラー副教育大臣及びチャイヤウット工業大臣の名をあげ、以下、パンシリ副公共保健大臣(40.1%)、スパチャイ副農業・協同組合大臣(36.9%)、チャイヨット副教育大臣(35.8%)ち続き、また、国民に知られていない閣僚が今後改善するべき点に関しては、60.9%の回答者が具体的な職務成果を早急に上げることであると回答した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラートで日本人母子が首を吊って死亡、ベッドには2冊の聖書

 各報道によると、19日15:00過ぎ、ナコンラーチャシーマー県パークチョン郡内にある皮革製品販売店で日本人男女が首を吊って死亡しているのが発見された。死後8-10時間と見られている。

 死亡したのは、販売店経営者の日本人男性(41)とその母親(63)で、何れも足下に椅子が置かれており、またベッドには英語と日本語で書かれた聖書が2冊置かれていた。

 男性のタイ人妻(33)によると、男性が過去に結婚していたタイ人女性から騙されていたことが原因で、最近は疑いの目を自分にも向けるようになり殴られたり、山上の木に縛り付けられるなどの暴力を受けるようになっていたという。

 警察は、男性と妻との間の問題や妻からの金銭要求に悩み2人で示し合わせて自殺を図った可能性もあると見て捜査を開始すると共に、ベッド上に置かれていた2冊の聖書と2人の死亡の因果関係の解明を開始した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元妻に関係を強要した男性、元妻に一物を噛み切られた上で刺殺される

 各報道によると、19日0:00過ぎ、チョンブリー県サタヒープ郡内で、元妻の家を訪れ関係を強要しようとした男性(47)が、元妻(40)に局部を噛み切られた上で刺殺されるという事件が発生した。

 元妻も、男性と取っ組み合いになった際に刃物で重傷を負い病院に搬送されている。

 調べによると、男性が酒に酔った状態で元妻の家に上がり込み関係を迫ったが、生理中であるとして断られた為逆上し無理矢理自分の局部を喰わえさせようとしたした際に元妻に局部を噛み切られ、更に局部を噛み切られた事に怒った男性が刃物を取り上げ女性を刺し重傷を負わせたが、その後刃物を取り上げた元妻が男性の胸に刃物を刺した。

 両者は男性側の浮気性が原因で約7ヶ月前に離婚していたが、その後も2人の間に生まれた娘に会うために週2回のペースで男性が元妻宅を訪問していたという。

* 報道動画
http://goo.gl/KgQBJ

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猥褻ビデオを鑑賞中だったドイツ人男性(57)がショック死

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、18日、チョンブリー県パッタヤー地区にあるホテルの客室内で男性が下着一枚の姿で死亡しているのが発見された。死後約6時間と見られている。

 男性は心臓病を患っており、また室内には治療薬や血圧計等の他に大量の猥褻DVDが置かれていた。

 警察は、男性が寝転びながら鑑賞していた猥褻ビデオのクライマックスシーンの際に心臓発作を起こした、ないしは自分では処置の施しようが無いような突然の心臓発作に襲われ死亡したと見て司法解剖に付する方針である事を明らかにした。

 第一発見者でもあるホテルの警備員男性によると、男性は心臓病を患っていたが飲酒や喫煙を止める事は無かったという。

* 報道動画
http://goo.gl/GAkNN

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。