2011年01月17日

国民の66%が18歳未満者を対象にした"夜間外出禁止令"を支持、ドゥシット調査

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが全国1,476人を対象に行った調査で、首都圏警察本部が18歳未満者に対する22:00以降の夜間外出を禁止する方針を打ち出した事について62.87%の回答者が青少年犯罪防止に繋がると回答し、その多くが犯罪発生をある程度未然に防ぐことが出来る、青少年犯罪の温床となっている集合行為を阻止できる等の理由をあげる一方で、37.13%の回答者が保護者が子供を十分に監視する事ができるとは思えない、犯罪発生の根本的原因の解決に努めるべき等の理由をあげ、繋がらないと回答していた事が明らかになった。

 また、65.91%の回答者がこの措置を支持すると回答し、その多くが犯罪抑止や青少年の質の向上、家族関係の強化に繋がる事を理由にあげ、34.09%の回答者が支持しないと回答し、その多くが単なる末端部分での解決でしかなく根本的な問題の解決には繋がらない、23:00以降にするべき、地区に応じて柔軟に禁止時間を設定するべき、人権侵害行為である等の理由をあげた。

 一方、この措置により青少年の権利に影響を与える可能性に関しては、半数を超える52.27%の回答者が影響を与えると回答し、その多くが青少年の中には自分や家族を養う為に夜間に外出する必要がある者がいる、保護者が青少年を監視するべきである事を理由にあげ、47.73%の回答者が影響を与えないと回答し、その多くが青少年の多くが自宅内にいる時間である、青少年の安全を確保し、青少年犯罪の抑止を意図した青少年側にメリットがある措置である等の理由をあげた。

posted by Jean T. at 08:10| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

メーサーイの郡庁舎で再度の爆発

 各報道によると、15日3:00前、チェンラーイ県メーサーイ郡内の郡庁裏手で爆発が発生し、ビルのドアやガラス等に被害をもたらしたが人的な被害は無かった。

 爆発と同時にナットが飛散するように製作された爆発物が犯行に使用されたと見られている。

 12月7日には、郡庁の敷地内にある郡長公邸前で爆発が発生しており、警察側は隣接する場所に所在するミャンマー領内でカジノホテルのオープンを計画している企業の事務所が狙われた可能性が高いと見て捜査を進めていた。

 警察は、2件の爆発との関係性や今回の爆発の背景に関しては捜査中であるとしてコメントを避けている。

posted by Jean T. at 08:55| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイクで走行中の独人男性が警官風の服を着込んだ2人に脅され現金を強奪される

 各報道によると、14日夕方、チョンブリー県パッタヤー地区に属するバーンラムン郡ノーンプルゥー地区の小路内で、バイクで走行中だったドイツ人男性(43)が、2人組みのタイ人の男に拳銃で脅され8,500ユーロ、約30万バーツ強の現金を強奪された。

 被害にあった男性によると、バイクで小路内を走行中に出くわしたボランティア警察官風の服を着込んだ2人組みからバイクを調べさせて欲しいと言われ応じたところ、2人組みが座席下に現金があることを見つけるや拳銃を取り出し脅してきたという。

 男性によると、現金は同国人の友人からタイバーツへの両替を頼まれていたものだったという。

* 報道動画
http://goo.gl/iGJft

posted by Jean T. at 08:54| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同僚殺害容疑で51歳男を逮捕、金の無心を断られた被害者の罵声がきっかけ

 各報道によると、首都圏警察本部タールゥア署は、バンコクのクローントゥーイ区内にある企業の駐車場内で同僚男性(35)を刃物で刺し死亡させた容疑で51歳の男を逮捕した。

 調べによると、男と男性は企業の運転手として働く同僚同士で、金銭の無心を断られた男性が男に向かって汚い言葉で罵った事をきっかけに両者間で激しい喧嘩となった際に、鉄棒で殴りかかってきた男性を男が刃渡り30センチの刃物で刺した。


posted by Jean T. at 08:52| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

住宅地のエアロビクス会場で爆発物が回収される、コーンケーンで

 各報道によると、13日19:00頃、コーンケーン県県都中心部の住宅地内にあるエアロビクス会場で爆発物が発見され回収処理が行われた。

 回収された爆発物の下にはコミュニティー副議長と思われる人物が住宅地内の住民を引き連れエアロビクスをしている絵と共に5:00と書かれた紙切れが置かれていた。

 警察は、エアロビクスによる騒音により迷惑している者、ないしはコミュニティー副議長との間で何らかのトラブルを抱えている者が犯行に関与していると見て捜査を開始した。

* 報道動画
http://goo.gl/Le7PQ

posted by Jean T. at 10:01| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民支援策は選挙票の動向に影響を与えず、バンコク大調査

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールが首都圏在住者を対象に10日から11日にかけて行った調査で、先にアピシット首相が発表した9つの政策で構成された国民生活支援策について、62.9%の回答者が総選挙に於ける票の動向に影響を与える事が無いと回答する一方で、28.1%の回答者が政府側の得票数増に繋がる、9.0%の回答者が政府側の得票数減に繋がると回答していたことが明らかになった。

 また、政府側への得票数増に繋がると回答した者の多くが政策の対象となっている露天商関係者が占めるという結果になった。

 一方、回答者の58.9%がこの政策により利益を受ける事ができると回答する一方で、41.1%の回答者が利益を受ける事は無いと回答し、また利益を受けることができると回答した者の内91.1%の回答者が国民のニーズ通りの利益を受けることができると回答し、8.7%の回答者が国民のニーズ通りの利益を受ける事は無いと回答した。

 また、49.6%の回答者がこの政策により格差や社会的不公正が解消されるかについては分からないと回答し、31.2%の回答者が解消に繋がる、19.3%の回答者が解消には繋がらないと回答した。

posted by Jean T. at 00:16| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都圏警察、18歳未満者を対象に"夜間外出禁止令"

 各報道によると、首都圏警察本部は13日、18歳未満者を対象に22:00以降の合理的な理由の無い外出を禁止する措置をバンコクを対象に講じた。

 ピヤ報道官によると、この措置は深夜時間に外出したり仲間同士でたむろする青少年が犯罪の犠牲者や加害者になることを未然に防ぐ為の措置で、今後暴走行為目的やゲーム目的等の合理的な理由が無い外出をする18歳未満者の摘発を強化し、摘発された18歳未満者に対しては警察署に連行し調書を取った上で保護者に対して身柄の引き取りを要請する方針だという。

posted by Jean T. at 00:13| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無認可花火製造所で爆発、男女3人が死亡

 各報道によると、13日9:00前、アユッタヤー県プラナコン・シー・アユッタヤー郡内にある民家から爆発が発生し、男性1人及び女性2人が死亡し、2人が負傷した。

 また、この爆発の衝撃で爆発が発生した民家が全壊した他、隣接する3軒の民家が全半壊した。

 これまでの調べで、爆発が発生した民家が無認可で花火の製造所として使用されていたこと、小型トラックから花火用の材料の搬入作業が行われていた最中に爆発が発生した事が確認されている。

posted by Jean T. at 00:11| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

カンボジア、パニット氏等2人の保釈を許可

 カンボジアの司法当局は13日、違法入国等の容疑でカンボジア当局に身柄を拘束されていた7人のタイ人男女の内、民主党所属議員のパニット・ウィギセート氏等2人の保釈を許可した。

 尚、保釈が認められた2人は、違法入国容疑及び軍管制域への無許可侵入容疑の2件の裁判終了までプノンに留まる必要がある為帰国時期に関しては不明。当面在プノンペンのタイ大使館関係施設に滞在する予定。

 また、同日11:00過ぎまでに確認出来た報道では、残りの5人に対する保釈の有無に関しては確認出来ていない。

posted by Jean T. at 13:23| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服、23日の集会はラーチャプラソンに集結後に民主記念塔に向け移動

 反独裁民主主義同盟のウォーラウット報道官代行は12日、23日に予定されている集会では、13:00にバンコクのラーチャプラソン交差点に集結した後に15:00から隊列を組んで民主記念塔に向け移動を開始し、同所に演台を設置した上で同日24:00頃迄を目処に集会を開催する方針である事を明らかにした。

 また、ラーチャプラソン交差点のショッピングセンターを中心とした事業者団体が、ラーチャプラソン交差点上で集会が開催される事に対して懸念を表明した上でアピシット首相に対して適切な措置を講じるよう要求している事に関しては、同盟は平穏を旨に活動を展開しているとした上で、むしろ事業者側は同盟に対する措置を要求する前に同盟及び拘禁されている幹部に対する公正な措置を首相に要求するべきであると指摘した。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホテル住まいをしながら物乞いをして現金を騙し取っていた中国人3人を逮捕

 プーヂャッカーン紙によると、ナーン県の入国管理警察及び県都警察署の合同チームは12日までに、物乞いにより住民等から現金を騙し取っていた容疑で中国人の男3人を逮捕した。

 3人は、長距離バスターミナルや観光サービスセンター、観光地等で聾唖者を装いながら「車に轢かれ負傷しただけでなく母親は入院中で、妻は小さな子供を残し逃げて困窮している」といった同情を惹くような内容の文言が書かれた紙を見せながら住民等から現金を騙し取っていたとされる。

 調べによると、3人は今月1日にチェンラーイ県チェンセーン郡からタイに入国した後に、チェンマイ県内でコピー店を経営する華人系の男性に住民等に見せる同情を惹くための文言が書かれた紙を印刷して貰い、その後チェンマイ県で物乞いを行った上で11日にナーン県に移動しホテルに宿泊しながら物乞いを行っていた。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見せびらかしていた銃の暴発で愛人を死亡させた32歳男を逮捕

 タイラット紙によると、12日1:00頃、プラーヂンブリー県プラヂャンタカーム郡内にある電気修理店内で、経営者の32歳の男が愛人女性(21)に拳銃を見せびらかしていた際に拳銃が暴発し女性が死亡した。

 調べによると、男が、自宅の寝室に連れ込んだ女性に親戚の拳銃を見せびらかしていた際に発生した暴発により銃弾が女性の胸に命中した。

 男には妻がいるが、約2ヶ月前から付き合い始めた女性を毎晩のように車で迎えに行っていたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

76,000バーツ相当の高級チョコレートを万引きした19歳女を逮捕、子供のミルク代捻出の為と供述

76,000バーツ相当の高級チョコレートを万引きした19歳女を逮捕、子供のミルク代捻出の為と供述

 各報道によると、12日0:00過ぎ、チョンブリー県パッタヤー地区にあるカールフール・パッタヤー店内で、外国製高級チョコレート66本、総額76,098バーツ相当や女性用ショルダーバッグを万引きした19歳の女が店舗関係者により身柄を取り押さえられ警察に突き出された。

 女は取り調べに対して、2歳になる息子のミルク代捻出の為にバンコクからバスでパッタヤー地区に来て、ショッピングセンター内で万引きを働いていた。万引きしたチョコレートは雑貨店に転売するつもりだったと供述しているという。

 女は、昨年11月にサムットプラーガーン県にあるBig-Cバーンプリー店内で肌用ローションや歯ブラシを万引きしたとして逮捕され、保釈中の身だった。

* 報道動画
http://goo.gl/wXE8v
* 逮捕された女(19)と万引きしたチョコレート
http://goo.gl/kshbD

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服関係者が首を吊って死亡、そばには金銭貸借を巡る恨み言が書かれた遺書

 各報道によると、11日朝、プラーヂンブリー県プラヂャンタカーム郡内の民家内で、家主の38歳の男性が首を吊って死亡しているのが発見れた。

 男性は反独裁民主主義同盟のロゴが入った赤色の服を着て首を吊って死亡しており、また約3ヶ月前に別れた前妻(35)によると、男性は赤服軍団の熱烈な支持者だったという。
 
 また、遺体のそばには、ウェーンなる人物から言われたとおり妻と別れたにもかかわらず、ウェーンが約束通り金銭的支援をしてくれなかった事に対する恨みごとが書かれた遺書が置かれていた。

 男性の前妻によると、男性宅を訪問した際に男性が持って行った車の所在を聞いたところ、既に転売してしまったと言われ、その後男性から求められた関係を拒否したところ、家のドアを閉めると共に首を吊って死んでやると言っていたという。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

元有名男性モデルがデパートの駐車場内で誘拐、背景に賭博の借金返済を巡るトラブル?

 各報道によると、11日夜半、ノンタブリー県県都にあるザ・モール・ンガーム・ウォンワーン店の駐車場内で、元有名男性モデルのゲーン・メータスことメータス・スワンシリー氏(29)が警察官風の制服を着込んだグループに誘拐された。

 駐車場の警備員によると、高速警察隊の車で現れた同警察隊の制服風の衣装を着込んだグループがメータス氏を羽交い締めにしながら車に乗せ誘拐して行ったという。

 その後、メータス氏が電話で関係者に対して、サッカー賭博で負った800万バーツの借金返済を要求されており、駐車場に駐車してある1,100万バーツ相当のポルシェの鍵を引き取りにきた男に渡して欲しいと要請していた事が確認されている。

 メータス氏は、チョンブリー県パッタヤー地区の大物として知られるビーなる男との間で賭博の借金を巡るトラブルを抱えていたという。

 メータス氏は、2008年に未成年少女に対する性的暴行で5年の実刑判決を受け控訴の為に保釈中だった。

posted by Jean T. at 09:03| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒盛り中のグループに向けた銃乱射で職業訓練校生等2人が死亡

 各報道によると、11日21:00頃、バンコクのミンブリー区内の路上脇にある露店で酒盛り中だった若者グループに向けた銃乱射が発生し、酒盛り中だった21歳の男性と職業訓練課程校に通う17歳の男性が死亡し、職業訓練課程校卒業生の21歳の男性が重傷を負った。

 難を逃れた男性(17)によると、10人位のグループで酒盛り中に、バイク2台に分乗した4人組(報道により約3台のバイクに分乗した人数不明のグループ)が銃を乱射し逃走して行ったという。

 警察は、職業訓練課程校間の対立抗争が事件の背景にあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 08:35| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察大佐と名乗り警察官に麻薬取締用の検問所設置を命じた男を逮捕

 各報道によると、スラーッターニー県沖合のサムイ島の警察当局は11日、麻薬取締指揮官の警察大佐であると名乗り、地元の警察官に対して麻薬取締の為の検問所の設置を命じた容疑で24歳の男を逮捕した事を明らかにした。

 男は警察大佐階級の制服を着て麻薬検問所の設置を命じたが、警察大佐にしては男が若すぎる事を不審に思った警察官が麻薬防止取締局に照会した結果偽物である事が判明した。

 男は取り調べに対して、警察の制服に対するあこがれや、裕福な家庭に生まれた恋人の気を惹きたいとの重いから警察官に扮していたと供述しているという。

 男によると、恋人に対しても自分は警察大佐であると名乗っていたという。

posted by Jean T. at 00:29| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家警察のヘリが緊急着陸、着陸時の衝撃で2人が負傷

 各報道によると、11日9:00頃、国家警察本部所属のヘリコプターがチャチュゥンサオ県バーンナムプリヤオ郡内の田んぼに緊急着陸し、着地の際の衝撃により副操縦士の警察中佐(45)及びシリントーン王女関係プロジェクト担当職員の男性(44)が負傷した。

 当時当該ヘリコプターには正副操縦士及び整備士の3人を含む6人が搭乗していた。

 調べによると、国家警察本部所属のヘリコプター2機が王室関係者の移動ルートの下見を上空から行っていた際に、内の一機がエンジントラブルを引き起こし緊急着陸した。

posted by Jean T. at 00:27| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

タクシーに追突された交通警察官が後続の別のタクシーに轢かれ死亡、アソーク通りで

 各報道によると、11日5:00頃、バンコクのアソーク通り上で、タクシー車両に追突され路上に投げ出された交通警察隊に所属する巡査部長(54)が、後続の別のタクシー車両に轢かれ死亡した。

 死亡した巡査部長はアピシット首相私邸前の警戒作業についており、休憩中にバイクで食糧の買い出しに出かけていた際に事故にあった。

 現場で警察の到着を待っていた巡査部長を轢いたタクシーの運転手(30)は、あまりの突然の出来事だったためブレーキが間に合わず轢いてしまったと話しているという。

 尚、巡査部長が運転していたバイクに追突したタクシーは現場から逃走した。

posted by Jean T. at 11:55| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

回答者の70%近くが国民支援策は聞き覚えがある新味の無い政策と認識、ABAC調査

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、17県内在住の18歳以上の回答者1,138人を対象に行った調査で、アピシット首相が9日に放送された定例政見放送の中で発表した国民生活支援策について68.7%の回答者が、過去に同様な内容のものを聞いたことがある新味がない話であると回答し、これまでに聞いたことが無い新しい話であると回答した者が31.3%に留まっていた事が明らかになった。

 しかし、67.3%の回答者が、国民生活支援策は特定層に利益をもたらすような恣意的な施行が行われず、国民全てに等しく利益がもたらされるように施行されるものと確信していると回答し、32.7%の回答者が、国民全てに等しく利益がもたらされるとは思はないと回答した。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。