2011年01月16日

メーサーイの郡庁舎で再度の爆発

 各報道によると、15日3:00前、チェンラーイ県メーサーイ郡内の郡庁裏手で爆発が発生し、ビルのドアやガラス等に被害をもたらしたが人的な被害は無かった。

 爆発と同時にナットが飛散するように製作された爆発物が犯行に使用されたと見られている。

 12月7日には、郡庁の敷地内にある郡長公邸前で爆発が発生しており、警察側は隣接する場所に所在するミャンマー領内でカジノホテルのオープンを計画している企業の事務所が狙われた可能性が高いと見て捜査を進めていた。

 警察は、2件の爆発との関係性や今回の爆発の背景に関しては捜査中であるとしてコメントを避けている。

posted by Jean T. at 08:55| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイクで走行中の独人男性が警官風の服を着込んだ2人に脅され現金を強奪される

 各報道によると、14日夕方、チョンブリー県パッタヤー地区に属するバーンラムン郡ノーンプルゥー地区の小路内で、バイクで走行中だったドイツ人男性(43)が、2人組みのタイ人の男に拳銃で脅され8,500ユーロ、約30万バーツ強の現金を強奪された。

 被害にあった男性によると、バイクで小路内を走行中に出くわしたボランティア警察官風の服を着込んだ2人組みからバイクを調べさせて欲しいと言われ応じたところ、2人組みが座席下に現金があることを見つけるや拳銃を取り出し脅してきたという。

 男性によると、現金は同国人の友人からタイバーツへの両替を頼まれていたものだったという。

* 報道動画
http://goo.gl/iGJft

posted by Jean T. at 08:54| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同僚殺害容疑で51歳男を逮捕、金の無心を断られた被害者の罵声がきっかけ

 各報道によると、首都圏警察本部タールゥア署は、バンコクのクローントゥーイ区内にある企業の駐車場内で同僚男性(35)を刃物で刺し死亡させた容疑で51歳の男を逮捕した。

 調べによると、男と男性は企業の運転手として働く同僚同士で、金銭の無心を断られた男性が男に向かって汚い言葉で罵った事をきっかけに両者間で激しい喧嘩となった際に、鉄棒で殴りかかってきた男性を男が刃渡り30センチの刃物で刺した。


posted by Jean T. at 08:52| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。