2011年01月19日

スポーツ店内で万引きしたフィンランド人女が店員等に取り押さえられる

 パッタヤー・デイリー・ニュースによると、18日21:00頃、チョンブリー県パッタヤー地区にあるショッピングセンター内のスポーツ用品店内でナイキ製のスポーツ用衣料を万引きしたフィンランド人の女(30)が店員等に取り押さえられ警察に突き出された。

 店員によると、客を装って店内に現れた女が、3点の衣料品を持って試着室に入った後に2点の衣料品だけを元に戻し足早に店から出て行った為、不審に思い警備員に連絡しビーチ前の路上で女の身柄を確保したという。

 女は、盗んだ衣料品をスカートの下に身につけるという手口で万引きを図った。

* 逮捕された女と女がスカートの下に身につけて万引きした商品を手に指さす店員
http://goo.gl/rWnnl

posted by Jean T. at 12:58| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バス乗車中の22歳男性が銃撃され死亡、パホンヨーティン通り上で

 各報道によると、19日0:00過ぎ、バンコクのパヤータイ区内のパホンヨーティン通り上で、走行中の34番路線バスに乗車中だった22歳の男性が路上脇から撃ち込まれた複数発の銃弾を受け死亡した。


 バスの車掌の証言から、道路脇に潜んでいた何者かが男性に向け銃を発砲したものと見られている。

 現場は、パヤータイ・プラザ・ビルから約50メートル離れた路上で、男性は直前の停留所からバスに乗車していた。

 警察は、男性が絡む何らかのトラブルが事件の背景にあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 08:41| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体中作業中のRPGが爆発、廃品回収業関係者4人が負傷

 各報道によると、18日夕方、プラヂュアップキーリーカン県プラーナブリー郡内にある廃品回収業者の作業場から爆発が発生し、12歳の少年を含む回収業一家やミャンマー人従業員4人が負傷した。

 当時敷地内でRPG2発の解体作業が行われていた事から、何らかの作業ミスにより爆発が発生したものと見られている。また、現場からは2発の解体済みのRPG2や3発の使用済みのK60が回収されている。

 爆発が発生したRPGや現場で回収された爆発物は、約1年前に住民が換金の為に持ち込んだものだという。

posted by Jean T. at 08:39| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューウィット氏、新党を旗揚げ - チャルゥム氏合流の可能性は明言を避ける

 元風俗王でチャート・タイ党所属元下院議員のチューウィット・ガモンウィシット氏は18日、自らを党首とするタイを愛する党を設立した事を明らかにした。

 既に約5,000人の党員を確保しており、また所定の手続きを経て党の設立が承認されているという。

 一方、プゥア・タイ党からの離脱を示唆しているチャルゥム・ユーバムルン警察大尉との間で新党設立に向けた話し合いが行われていたとされている事に関しては、同警察大尉や元バンコク知事候補でコラムニストのニティプーム・ナワラット氏との間で新党設立に向けた話し合いが行われていた事を認めたが、合流の可能性等の詳細に関しては、まだ話すべき時ではないとして言及を避けた。

 チューウィット氏によると、同日夜に出席を予定しているチャルゥム・ユーバムルン警察大尉の長男の結婚披露宴の際に今後の新党設立に向けた動きの方向性が明確になる可能性があるという。

 尚、前後してチャルゥム警察大尉側も、チューウィット氏との間で新党設立に向けた話し合いが行われていた事を認めたが、今後の動きに関しては明言を避けている。

posted by Jean T. at 00:17| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア・タイ党のチャルゥム氏、党離脱・新党旗揚げを示唆

 プゥア・タイ党下院議員団長のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉は18日、党に突き付けた要求事項が受け入れられなかった場合は党を離脱し新党を設立する考えである事を明らかにした。

 これに先立ち、タクシン元首相からの後押しを受けているとされる、チャルゥム警察大尉とライバル関係にあるミンクワン・セーンスワン氏を不信任決議案審議進行のリーダーに据える動きが党内にあるのに対して、これまで同審議のリーダーを務めてきたチャルゥム警察大尉がミンクワン氏主導の審議への参加を辞退すると発言した事を受け、同警察大尉が党を離脱し新党を結党するのではないかとの憶測が広がっていた。

 チャルゥム警察大尉は、向こう3ヶ月間にわたり総選挙の際にタクシン元首相を全面に出すこと、バンコク票田の重視及び不信任決議案審議を初めとする党の取り組みへの新思考の導入の3つの要求に対する党側の態度を見極めた上で、党側が要求受け入れを拒否した場合は、党を離脱し新党"新選択肢党"を旗揚げする考えである事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:15| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。