2008年06月30日

ABACポール、首相・政府への支持率が上昇

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、全国18県内在住の5,453人を対象に行った調査で、52.0%の回答者が、サマック首相を支持すると回答し、48.5%だった前回調査より僅かに支持率が上昇していた事が明らかになった。

 尚、40.6%の回答者が、サマック首相を支持しないと回答し、7.4%が、回答を保留した。

 また、地域別でのサマック首相の支持率動向に関しては、東北地方が一番高く、同地区内の回答者の72.0%が、同首相を支持すると回答し、一方で、南部地方は、26.1%と最低の結果になった。尚、バンコクに関しては、半数を僅かに超える50.4%が、同首相を支持すると回答していた。

 更に、政府に関しても、半数を超える55.2%の回答者が、支持すると回答し、支持しないと回答した者は、37.4%、回答を保留した者は、7.4%という結果になった。

 一方、不信任審議の経過に注目していた首都圏在住の1,112人の、所謂政治に関する意識が高い層を対象に行った調査では、過半数が、野党(民主党)に対して不信任審議で合格の評価を下し、政府に関しては、合格・不合格の評価が拮抗する結果になった。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。